カップ麺。再び。

以前、緑のたぬきの関西風をネタに書いたら、何をどう血迷ったか、自称ホッピー友の会会長が「北京風のどん兵衛があったよ。」と、行ってわざわざ買って来てくれた・・。

をいをい。関東の人が関西で関西風のものを食べることに意味があるのに、北京に行ってもいないのに北京風のもの食べても意味ないじゃん。とか、思うんだけど、「絶対に書いてね。」と言うので・・。

CA340001_cm1.JPG

どこが北京風か解らない、ただ単にあんかけのうどんだったのでした・・。

って、このままでは話が終わってしまうので、せっかくなのでもう一個カップ麺のネタを・・。

マルちゃんの「和風だしで食べる山菜らーめん」。会社の近所のスーパーで安かったので買って来たのだけど・・。一口食べて思った感想。「ワンタンめん激麺の麺に緑のたぬきのスープを入れた味」って感じ。緑のたぬきの麺を変えただけ。あれまー。

CA340003_cm2.JPG

上に乗っているのは山菜とエビ玉なんだけど、これはオリジナルか?とか思い、マルちゃんのホームページで調べてみると、実は知らないだけで、結構な種類のカップ麺を出しているのねぇ。と、感じた。

出来上がったのはこんな感じだけど・・。

CA340004_cm3.JPG

と、言うことで、麺は「麺づくり」のを使ってほしかったけど、フライ麺、スープは緑のたぬきのやつ。でもって具はと言うと、ありましたよー。「山菜乱切りそば」。でもって北海道限定らしい。

と、言うことはなにかい?この「山菜らーめん」と言うのは余った材料で作っただけ。と言うことになるのかい?すんごいなぁ。「和風スープと中華麺の出会いは意外に美味!」って書いてあるんだけど、大体こんな感じかい?

秋葉で新品のPCパーツ買って来て新しいマシンを組んだ。でもって余ったパーツで更にもう一台組んだらこれが意外に美味!

って感じかい?いやはや。たとえがすごいけど、多分そんな感じなのだろう。と一人で納得している自分は一体・・。

お後がよろしいようで・・。

2 件のコメントがあります。 “カップ麺。再び。

  1. hagyさん。
    おぉ。コメント頂きありがとうございました。もつ焼きのブログにカップ麺のネタ書いてどうすんだ・・。とか思ったのですが、この一言で救われたような気がします(^^;;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です