浅草橋。西口やきとん。(2)

土曜日に秋葉原を俳諧した後は浅草橋に行く。と言うのはほぼ決まりなのです。けど、「養老乃瀧」と言う案も無いワケではないのですが;-)。

その「養老乃瀧」の前をひたすら歩き約15分。本日もやって参りました。「西口やきとん」。

今日は16:40頃着いたので一番乗りではありません。けど、炭の燃えているすぐ脇に陣取るのでありました。

KC3N0054_nsgcyhtn2_1.JPG

17:00前に行くとまだもつ焼きは出てこないのでそれではないものを注文するのですが、このお店、夏場はレバ刺しが無いみたいなので、何か別のものを・・。

早く出るのが良いので、皿なんこつを頂きます。後は蒸し暑いのでビールをごぼんごぼんと喉に流します。ふぅ。落ち着いた;-)。

KC3N0048_nsgcyktn2_2.JPG

通称「皿ナン」を突っつきつつ、もつ焼きがReadyになるのをしばし、ビールを飲みつつ待ちます。そうこうしている間にもお客さんはどんどん店内に入って来て、店内はどんどん人で埋まっていくのであります。ふむー。

焼き場のお兄ちゃんから声が掛かりました。では早速注文しましょう。赤獅子・タン・うずらの卵・豚バラを注文。ここには赤獅子・白獅子と言うメニューがありますが、獅子は「ししとう(獅子唐辛子)」のこと。でもって赤獅子の場合はハツの間にそれがはさまっています。一応名物みたいなので頂きます。

KC3N0053_nsgcyktn2_3.JPG

写真は赤獅子と豚バラ。焼いているお兄ちゃんのすぐ脇にいるので焼けた順番に出してくれるので全部まとまった写真は無いのであります;-)。

瓶ビールはとうの昔に終わっているので、ここではホイスを飲みます。そこはかと無く濃い味がするのでここのホイスは好きなのであります。結局三杯飲んでしまいました(^^;;。

さてとー。土曜日の明るい時間、早い時間帯の夕方。暑いんだけどふーと一息つける時間なのでありました。このまま家に帰って、今日のアキバでの戦利品で遊ぶか、はたまた、もう一軒行ってしまうか、悩むところなのであります。

そんな感じの土曜日の午後夕まずめなのでありました;-)。

2 件のコメントがあります。 “浅草橋。西口やきとん。(2)

  1. 初めまして、ここ1年位ROMさせて貰って頂き色々参考にさせて頂いています。
    普段はただただ楽しく読ませて頂いているのですが、
    あまりにも目に余る出来の記事だったので(しかも一番大好きな『西口やきとん』さんの記事)
    失礼ながら色々突っ込まさせて頂きます。
    まず赤獅子はありますが青獅子はありません。白獅子です。
    そして『獅子』は獅子唐辛子の事です。ハツの事ではありません。
    いきなりの投稿で失礼な事を書きましたので、お気をを悪くされたのならば、削除されても結構です。
    出来れば訂正だけは希望します。

  2. きーさんさんこばんは。
    ありがとうございます。僕も酔った状態でメモなど取っているのでもしかしたら間違っていることもたくさんあるかもしれません。今後とも突っ込みなど是非お願いします。
    青獅子ではありませんね。済みません。白獅子でしたか。済みません。考えてみればししとうがはさんであるので確かにそうですね。
    今後ともどんどんコメント頂ければと思います。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です