南アルプス市。シェフ・ド・フランス。

時期をずらした夏休みを取りました。今回は郊外にちょっとお出かけ。山梨県側から雁坂トンネルを抜けて埼玉県の秩父に行くルートを車でぐるっと一周。

途中、二年前の大河ドラマで有名なった武田信玄の武田神社と甲斐善光寺を散策。長野の善光寺は小さい時から何回も行ったことがあるのだけど、今回、甲斐善光寺には初めて行きました。躑躅ガ崎館も初めて行きました。今年の大河ドラマでもちろっと出てきましたが;-)。

さてと。午前中に歴史的名勝を散策した後、お昼を食べに行くのですが、その昔に一度行ったことのあるお店に、今回再訪です。前回行ったときはまだこのブログは書いていないんですよ;-)。場所的には中部縦断自動車道白根ICと中央自動車道甲府昭和ICの間の川の流れているすぐ脇です。詳細はGPSポイントを参照してください(ふむ。地方の場合、この言い方は楽だ;-)。

川の畔にあるお店。「シェフ・ド・フランス」。おぉ。このブログ初のフレンチのお店です;-)。フランス料理をランチで頂くのでありました。ちなみにタイトルの「南アルプス」とは「南アルプス市」のことです。

お店の開店が11:30なのだけど、11:45頃に行ったら駐車場には結構車が止まっております(@_o)。店内に入ると何とか座れる感じで庭に面した一番奥のテーブルに通されたのでありました;-)。

IMG_0203_cfdfrns1.jpg

席に着いてメニューを眺めます。ランチのコースとランチ用フルコースがありますが、今回はランチコースにしました。昼からフルコースはちょっとヘビーかなぁ。と言う感じでして。

ランチは前菜・サラダ・メイン・アイスクリーム・コーヒーと出てきます。それなりに豪華です;-)。

写真はまず、前菜。

IMG_0183_sfdfrns2.jpg

しかーしっ!!こーいう写真がこのブログに掲載されるのかー・・。筆者としてもちょっと恥ずかしいですねぇ*^^*。

トリのテリーヌとイチジク。ソースはラズベリー。さすがは山梨。前菜は果物で攻めてくるのであります。ほんのり甘いイチジクと塩味が効いたテリーヌ、そしてスッぱーいラズベリーのソースが合わさって口の中にその味が広がるのでありました;-)。

パンが出てきました。フランスパンとバターロール。どちらもズッシリと重いパンで非常に食べ応えがある。テーブルの上のバターを付けて食べるのであります。あまりにも美味しいので、おかわりしてしまいました;-)。

続いてメインですが、今回はスズキのホイル焼きとその上にラタティーユ、ソースは地物野菜を海苔の風味で。んー。

IMG_0186_sfdfrns3.jpg

ホイルの中には魚ソースにからまってが入っています。三つがそれぞれ別々になっているので一皿で三粒のおいしさ。とでも言いましょうか。それぞれ個別に食べても美味しいのでありますが、ソースには海苔が入っているので海苔の風味が口の中に広がり何ともフランス料理とは思えない風合いなんだけど、そこはかとなくマッチしているような感じなのでありました。

この後、デザートのアイスクリームが出て来るのですが、この時期だと巨峰のフルーツパフェのオプションも選択できます。更にコーヒーを頂き時間的には約1.5時間。ゆっくりと頂いたランチなのでありました。

それにしてもこのお店、そこはかとなく混んでおります。週末や祝日に行く場合には予約をした方が良いかもしれません。

GPSポイント
Latitude: 35.637314º N
Longitude: 138.501484º E
Map: 35.637314,138.501484

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です