南千住。淀屋酒店。

今日はちょいと南千住辺りを散策します。南千住の駅から泪橋交差点辺りを目指し、明治通り沿いなどを散策するのであります。三ノ輪からこの辺り(正確に言うと今回の辺りは子供の頃は絶対に来てはいけない区域だったそうな)は自称ホッピー友の会会長のテリトリーなので、銭湯とか駄菓子屋、小さい頃に通っていた保育園、お友達のおうち、そろばん塾などを案内してくれるのでありました。

人は一泊1,000yen、ペットは800yen。各部屋冷暖房完備カラーテレビ付き。って看板のあるホテルなどもあるのであります。ペットと人の差が200yenて・・。みたいなf(^^;;。

泪橋の交差点から明治通りを白髭橋方面に進むとローソンが出てくるのですがその手前の道を左に折れて約53mほど進むと酒屋さんが現れてきます。ちょうど南千住のJR貨物のターミナルの反対側辺りでしょうか。僕もたまたま見つけたんですけどね。

その酒屋さんの前には 15:00 前だと言うのに自転車がバババーと並んでいるわけです。「ん?ん?」状態となるのですが、とりあえずは行ってみましょう。「淀屋酒店」。

IMG_0304_ydysktn1.jpg

酒屋さんです。お店の左側は広いホールみたいになっていてテーブルと椅子があり、人がたくさんいます。カテゴリは「立ち飲み」に入れてしまったのですが、全然立ち飲みなんかじゃありません。ちゃんと座って飲めます。

ただ、酒屋さんなので、おつまみは乾き物です。今回は缶ビールと焼酎水割り、後、サラミを入り口入ってすぐのところにいるマスターから購入します。でもって好きな空いている席に着席するのであります。全部併せて520yen。ふむー。原価だ;-)。

IMG_0306_ydyskyn2.jpg

こんな感じの宴会です。「角打ち」ってんですか?そんな感じです。

それにしてもこのお店、おかしいのよ。酒屋さんの横にホールがあるのはなぜ?でもってこのホールの壁沿いには立ったときにちょうど良い手すりがついている。「この手すりは何に使うのだろう?」みたいな感じです。バレエ教室?みたいな・・。

しかし、まぁ、なんと言うか、今回の二人は完全に浮いておりました。そりゃそーです。ドヤ街のど真ん中の酒屋の酒場。ドカジャンとか野球帽が似合うお客さんがたくさんいます。このお店に行くにはそれそーおーのファッションで行ったほうが良いと思われます。

最後にですが、自称ホッピー友の会会長がどうしても(個室?に)行きたいと言うのですぐ近所のサイゼリアに行ったのですが、そこで見たお客さん、ワインのマグナムボトル(1.5Lの瓶)を空けた後(料理も注文していると思うのでけどね)、トイレに行って内側からカギかけて扉ドンドン叩いて壊しちゃったみたいで、近所の交番からと所轄署からパトカー二台が来て大捕物劇の現場を目撃してしまったのでした。あれはきっと無銭飲食だな。で、扉壊してご用になって踏み倒そう。みたいな感じだと僕は思うのですけどねぇ。ふむー。さすがは「この辺り」だなー。などと思ってしまったのでありましたf(^^;;。

GPSポイント
Latitude: 35.729879º N
Longitude: 139.801841º E
Map: 35.729779,139.801841

5 件のコメントがあります。 “南千住。淀屋酒店。

  1. 初めまして。
    南千住在住のいさ王と申します。
    簡易宿泊所の件ですが「ペット」ではなく「ベッド」かと。
    個室が1,000円で、ベッド(多分2段ベッド)が800円じゃないかと思うのですが・・・。

  2. いさ王さん。こんにちは。
    あぁ。なるほどー。「ペット」ではなく「ベッド」なのですねー。看板の文字が半分くらい落ちていたので見間違いは十分にありそうですねf(^^;;。
    すっかりと「ペット」だと思い込んでいました。有り難うございました。

  3. 2度目まして!
    こーです。
    今回はあの地区へ行かれたんですね!
    現在も何かとパンチきいてる人がたくさんいる地区ですが、私の住まいは泪橋交差点から近いです。
    住めば都とは言ったもんで、今ではそんな珍しい景色ではなくなりました。
    「淀屋酒店」があるのは知っていました。店の前を通ったこともありますが、如何せんあの店構え・・・チラ見する程度でしたが、入る勇気がありませんでした。
    ってか飲める場所なんですね?
    酒好きの友人と今度チャレンジしてみます。
    ではまた・・・。

  4. こーさん。こんばんは。
    この辺りの方だったのですねぇ。「おでん屋」さんはまだ行ってないですー。
    次回、是非行ってみてください。そして、手すりはなんのためにあるのか、聞いてきて頂けませんか;-)。
    あー。ちなみに今回は浅草からひさご通り経由で酉の市に行って、そこから三ノ輪に抜けて南千住辺りを散策したのでありました;-)。

  5. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。 » 南千住。淀屋酒店。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です