高崎。ホルモン大学。

さてと。前回に引き続き高崎のネタになります。前回はお昼のスパゲティだったのですが、今回は高崎の夜の街を堪能することにします。

高崎と言えば名物は「モツ」とのことですが、今回行くまで、恥ずかしながら僕は知りませんでした。煮込みのパックが名物らしいのですが、今回はホルモン焼きを食べます。

高崎駅西口の太い道を進み二個目の信号を右側に曲がり約39mほど進んだ右側にあるお店。「ホルモン大学」。

歴史的背景では一回閉店して復活したお店みたいですが、僕はそれについは知らないのであります。駅から近い。と言うことで選択した感じなのであります(^^;;。お店についたのが開店直後チックなので一番乗りです。しかし、その後ゾロゾロとお客様が入ってきました。

IMG_0096_hrmndigk1.jpg

「名店なのかな?」と言う雰囲気ですが、もう着席したのでビールを注文することにします。ホルモンにはビールだしぃ;-)。そして、メニューを見ると・・。あれまー。サントリープレミアムモルツの中ジョッキが480yenですか?(o_@)。今日は生ビールにしましょう;-)。

生ビールが届く前にひちりんがテーブルにセットされたので、いよいよホルモンを色々注文することにします。まずはブタのミノ・生ホルモン・白レバ(出てきたのは赤かったのだけど、新鮮な鳥のレバは白いそうです)を注文。野菜はネギ、後、おもしろいところでミョウガのナムル。

写真は生ホルモンにします。当然焼く前の状態です;-)。

IMG_0102_hrmndigk3.jpg

これらは380yenからと手頃な値段なので「ホルモン屋さんだなー。」と言う感じにさせてくれます;-)。一杯目の生ビールはあっと今に終わってしまい更に生ビールを注文し、他にも何か焼き物を。生ではないホルモン・ドーナツ(軟骨の輪切りのスライス)・ヤゲン軟骨など行きます。

IMG_0108_hrmndigk3.jpg

色々焼きつつ野菜盛りも注文しバランス良く頂くでありました。

それにしても「高崎モツ」。本場で食べているらしいのだけど、どこが本場でどこのが美味いっ!!ってのがイマイチ解らないのだけど、美味いモノは美味いのであります;-)。後、都内でたべるより飲み物が安いのが嬉しいかなぁ。そこはかとなく幸せな気分になれるのでありました;-)。

高崎の夜はまだまだ続きます。僕の実家と一緒で海がない街なので海の幸類はあまり無いとは思うのですけど、地のモノ頂きましょう;-)。

GPSポイント
Latitude: 36.323026º N
Longitude: 139.008873º E
Map: 36.323026,139.008873

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です