花巻。金婚亭。

さてと。花巻に行って、一軒目のお店で早速カウンターパンチを食らいます。観光案内所のお姉さんからもらったパンフレットを頼りに一人でもわんこそばができそうなお店に電話で確認しますが「大丈夫ですよ。」というお言葉を頂いたのでそこに行くでありました。

捨てて踏みにじる神あれば拾う神ありとはまさしくこのことでしょうか;-P。自称ホッピー友の会会長が悔しそうにしていて今にも泣きそうだったので本当に助かりました。向かったお店は「金婚亭」。

お店は花巻空港ICのそばのR4沿いにあるけっこうおおきなお店で、バスツアーの団体さんなんかが訪れるお店です。

素直に書きます。最初は色々な意味で「大丈夫かな?」と思ってしまいましたf(^^;;。

IMG_3173_hnmk_knknt_1.jpg

一階の奥に食堂があります。二階は団体さんの昼食用の食堂があるみたいで、僕ら二人は一階の食堂に行き「一人は盛りそば、一人はわんこそばに挑戦したいのですが大丈夫ですか?」とお店の人に言いました。「確認してくるのでちょっとお待ちください。」その後しばらくして「準備に15分ほどかかりますが大丈夫ですか?」と言うことで一人でもわんこそばがチャレンジできることになりました。嬉しいですねぇ。

IMG_3174_hnmk_knknt_2.jpg

準備ができるまでしばし待ちます。自称ホッピー友の会会長はそれはもう大喜びですが、併せて緊張で顔が引きつってきたようですf(^^;;。で、お店の人が「準備が整いましたのでそれではこちらへどうぞ。」と二階に連れて行ってくれます。

なんとっ!!わんこそばは団体さんと一緒の食堂でチャレンジするのだそうです。団体さんが昼食をたべているテーブルからちょっと離れたところで自称ホッピー友の会会長は頑張るのであります。題して「全日本一人わんこそば選手権大会」。って感じでしょうか。でもってギャラリーがすごいたくさんいるんです。団体旅行で昼食食べている人が一斉に自称ホッピー友の会会長に注目するわけです。

僕はその横で盛りそばを食べつつ取材に徹するワケですが、ある意味、僕のほうが恥ずかしいのかな・・f(^^;;。最初は恥ずかしいと思うのですが、そのうちに声援を頂けたりします。こーいうのもなんか面白いかも;-)。

IMG_3142_hnmk_knknt_3.jpg

これが食べるの一式です。薬味が随分と多いですね。あ。僕はもう既に一回チャレンジしているのでよーく知っているのですが。でもって左のおおきな器は残った汁をあけるためにあります。

と、言うことでいよいよ戦いの火ぶたが切って落とされたわけであります;-)。テーブルの前ではお店の人が次々におわんの中にそばを入れてくれます。でもってそれを自称ホッピー友の会会長が食べていくわけです。昼食中の団体さんは自分のごはんを食べるのも忘れて、この「全日本一人わんこそば選手権大会」を注視しているわけです。ときどきおじいさんがやって来て「がんばれー。」などと声援を送ってくれます;-)。いやー。嬉しいですねぇ。

おそばを入れてくださる店員さんは、わんこそばの由来とか歴史とか説明してくださり、それを聞きながら食べるのもまた良いのであります。すごーい良い雰囲気の中で食べ進むのであります;-)。

が・・。最初は絶好調で飛ばしていた自称ホッピー友の会会長も50杯辺りからペースが落ちて、結局84杯でこの選手権大会は終了したのでありました。

IMG_3167_hnmk_knknt_4.jpg

ここのお店では食べたお椀がちゃんと目の前に形となって残るので嬉しいですね。お店の人も一目で分かるし。僕が以前チャレンジした「嘉司屋」(今回行ったけど、断られたお店ですね)では自分の食べた数はマッチ棒を右から左に動かして自分で管理する必要があったので、そんなことは正確にできるワケもなく。と、考えるとこっちのほうがシステム的には優れているかなぁ。と思った次第です。

それにしても戦い終えた自称ホッピー友の会会長、その後はまるで力石と戦った矢吹ジョーのごとく放心状態となっていたのが印象的でした。お疲れ様でした。

それにしても、一回奈落の底に落とされた花巻、最後は満足・満腹で後にするのでありました。東北の旅も、この後の仙台でいよいよフィナーレです;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.415043º N
Longitude: 141.126573º E
Map: 39.415043,141.126573

1 件のコメントがあります。 “花巻。金婚亭。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です