長野市。万両。

ゴールデンウィークを利用して実家に帰ってきました。連休中ということと、実家に帰るので夜は外で食べに出る機会は無いのでお昼にラーメン屋さんに行ってきました。その時に行ったラーメン屋さんを書いてみたいと思います。

以前「なにものや」のエントリでコメントを頂き、是非とも行ってみたいものだ。などと思っていたお店に行ってきました。「万両」。

善光寺ではちょうど“花回廊”ってお祭りをやっていたので「それならば権堂から善光寺に行ってみよう。」となり、ちょうど良いタイミングだったのでありました。

実は、行ったところが権堂だったので「いむらや」するか今回のこのお店にするか悩んだのですが、どちらも開いていました。悩みに悩み、今回初めて訪れることにしたのでありました。

IMG_1012_gnd_manryo_1.jpg

しかしこのお店、訪れた時間が午後三時15分前位なのに人がどんどん入ったり出てきたりするんですな。すごい。店内に入ってみると座れる場所があります。人の出入りと言うか回転が良いんでしようかね。

僕はラーメン大盛りを注文します。店内にはラーメンのにおいがプンプンします。それはまるで「ホームラン亭」や「浙江亭」と似たような香りです。出てくる前からおなかがグーっとなってしまいましたf(^^;;。

お店から厨房は見えないのですが、2,3名でやっているのかな。接客はおばあちゃんがやってくれていました。ゴロゴロとワゴンの上にラーメンを載せてお客さんのところまで持ってきてくれます。このおばあちゃんが多分このお店の名物なのでしょうなぁ;-)。

僕のところにも出てきました。自分でワゴンの上から自分のラーメンを取ります。

IMG_1017_gnd_manryo_2.jpg

こんな感じのラーメンです。濁ったスープは本当に「ホームラン亭」や「浙江亭」に良く似ております。上に乗ったチャーシューの周りが赤いはちょっと違いますね。早速頂いてみましょう。スープをズルズルと。うんうん。続いて麺も頂きます。大盛りなのであふれんばかりなのであります;-)。

で、ですね。実はあれなんですよ。スープがきっちりと熱くないのと麺がちょっと茹ですぎちっくな感じのラーメンなのです。味は僕的には『ざッ。田舎のラーメン。』って味がするとろこは好きなのですけどね。今回初めてこのお店に行ったのですが、ずっと昔から愛されているお店なのだろうし、お客さんもひっきりなしにやってくるので、このお店のラーメンはこーいうものだ。と言う感じで皆さん頂いているのでしょうなぁ。大盛りだけど、特に汗をかくと言うこともなくズルズルと頂けたのでありました。

僕個人的には『懐かしい味のするラーメン屋さんがここにもあった。』と言うちょっと嬉しい気分でこのお店を後にするのでありました;-)。

GPSポイント
Latitude: 36.653474º N
Longitude: 138.190781º E
Map: 36.653474,138.190781

6 件のコメントがあります。 “長野市。万両。

  1. 万両に行きましたか!もっと権堂が華やかであった頃から、呑んだ後のラーメンは万両という感じだったそうです。麺が柔らかくて、スープは微妙で、チャーシューは縁が赤くて、丼にいっぱいの麺が入っていて、確かにズルズルと食べるのです。最近は、凝ったラーメンが多い中で、ここ万両は、私が幼稚園の頃には営業していました。こんなラーメン屋さんが残っているだけで、故郷に帰った時の懐かしさや嬉しさがこみ上げますね。権堂も本当に栄えていた時は、ニュー権(グランドクラブ)では毎日ショーが有ったりして、歌手のドサ回り的で、それは盛大な感じでしたよ。バーやクラブも多かったです。権堂のアーケードーは長野市一の繁華街でした。小学校の帰り道、権堂を抜けて帰る時は、何だかワクワクしましたね。そして大きな街だと思っていたのですが、大人に成って歩くと本当に狭いし小さい。そして昔有ったお店が無くなり、空き地と知らなお店ばかりになり寂しく思います。そんな中で万両は残っています。須坂のホームランもそうですよね。それ程美味くないと感じますが、子供の頃は本当に美味しく感じたのですが。万両を紹介して頂き有難う御座いました。

  2. manjiroさん。こんばんは。
    以前教えていただいたお店に行ってきました。ありがとうございました。
    このお店の麺は昔から柔らかめなのですね。なるほど。昔からの味を求めて人がこのお店に通うのですね。納得です。
    それにしても最近の権堂、僕も若い頃は須坂から友人とそこはかとなく行っていましたが、最近はめっきり行かなくなりました。須坂から行くと帰りは確実にタクシーになってしまいますしねぇ。
    今回権堂に行って驚いたのは色々新しいラーメン屋さんができていたことでした。ちょっとずつ変わっているんですねぇ。けど、ラーメンの味は変わらない。嬉しいことですね。

  3. ピンバッグ: もつ焼き・オリジナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です