稲荷町。喜多方食堂。

今日は三浦半島のほうにマルイカ釣りに行ってきました。その帰り、普段であればラーメンを食べて帰るのですが、三浦半島のほうは裏道を抜けてきた影響もあり、ラーメンを食べることができませんでした。

あ、いつも釣り仲間と釣りに行くとラーメンを食べて帰ってくるんですけどもね。で、今回は首都高を上野で降りて、一緒に釣りに行った人の会社の近くにあるラーメン屋さんに寄ることになりました。

僕は初めて知ったんですけども、車を駐車場に入れたすぐ近所にはあの、開化楼がありました。「へー。開化楼ってここにあったんだー。」みたいな感じです;-)。

目指すお店はそこから近くて、浅草通り沿いにあるラーメン屋さんです。「喜多方食堂」。

喜多方ラーメンを出してくれるお店で、メニューにあるのは醤油ラーメンと味噌ラーメンのみ。あ。サイドメニューにカレーがあるか;-)。

IMG_7228_inrc_ktktskd_1

お店に入ったのは14:30頃でしたが店内にはお客さんがちらほらといて、三名で行ったのですが、何とか座れた状態だったのであります。

僕は醤油ラーメンの大盛りにトッピング無料の背脂とタマネギみじん切りをのせたまったり喜多方ラーメンというのを大盛りで注文しました。

他の二人は一人がフツーの喜多方ラーメンの醤油味、もう一人がまったりな喜多方ラーメンの醤油味を注文ました。あとは出てくるの待つだけですが、このお店、注文してからラーメンが出てくるまでちょっと時間がかかります。なのでその間に店内をきょろきょろしたり、一緒に行ったメンバで今日の釣果などについて話をしているのであります。

で、出てきたのがこんな感じ。

IMG_7234_inrc_ktktskd_2

トッピングにチャッチャな背脂とタマネギのみじん切りが載っております。喜多方ラーメンに背脂が載っているのはなんか斬新な気がします。
スープは豚骨ではなく、ほんのり和風ダシの味がするに背脂ドドド。中々面白いです;-)。背脂をどんぶりの奥に押しやり、できたスペースからスープをレンゲですくいズズズと飲むと、あ。喜多方ラーメンのスープの味だぁ。みたいな;-)。

麺は喜多方から直送しているらしく平打ちちぢれの太麺です。スルっとノドを通っていく、舌触りがツルっとした麺でした。大盛りは100yen up ですが、麺の量は多いと感じました。食べ応え十分な量があります。

 
そまぁ、そんな感じで、喜多方ラーメンを頂くのでありました。このお店、朝07:00からやっているので”朝ラー”も可能なお店です;-)。ちなみに閉まるは17:00ということでちょっと早めですね。

家が近所にあれば朝ラーも試したいんですけどもね;-)。なんか、久しぶりに食べた喜多方ラーメンなのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.710599º N
Longitude: 35.710599º E
Map: 35.710599,139.785644

2 件のコメントがあります。 “稲荷町。喜多方食堂。

  1. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。

  2. ピンバッグ: 稲荷町。喜多方食堂。(2) | もつ焼きオリジナル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です