赤羽。だるまや。

今日は田舎から友人が、仕事がらみで来る。と、いうので赤羽に行きました。その友人は赤羽が宿泊先で駅前のホテルに泊まっている。っていうんですね。まぁ、僕自身、赤羽も久しぶりだったので一杯飲みに行くかねぇ。って感じなのでありますが。

JR渋谷駅から赤羽駅までは随分と早く付きますね。渋谷駅の改札から埼京線のホームに出るまでのほうが時間がかかったりして;-P。 赤羽駅では比較的すんなりと待ち合わせできました。水の出ない噴水の前、木の下。とかで解りますね;-)。

そんなこんなで合流し、目指すは一番街の飲み屋さんなのであります。で、テクテクあちこち歩いて、お店を吟味するのですが、今回一軒目に入ったの OK 横丁の入り口にあるお店ですね。「だるまや」。

IMG_7285_akbn_drmy_1

OK 横丁は一往復したのですが、色々なお店があったんですけど、ここにしました。

それにしても店内はお客様が大勢いました。入り口付近のテーブル席がちょうど空いたようなのでそこに着席し、すかさず生ビールの大ジョッキを注文し、二人で乾杯するのであります。

それにしても普段、僕は生ビールというのは飲まないのですが、大ジョッキは中々減らないので良いですね。中ジョッキクラスの350mlしか入ってないジョッキは10秒程度で終わってしまうので、大ジョッキってのにはちょっと感激です;-)。

そんなこんなで、店員さんを捕まえて料理を注文します。まずはパッと目に止まったどじょうの丸煮と牛タンワイン煮を注文しました。でもってこれらは出てくるのがあんのり早くはないだろう。と、思い、シブいところでカニ味噌を注文しました。あ。カニ味噌したのは友人です。
ちなみにこの友人、この間実家に帰ったときに「六味亭」に一緒に行った人です;-)。

で、話をもとに戻しつつ、それをつつきつつ、メインが出てくるのを待ちますが、最初に出てきたのは牛タンワイン煮でした。

IMG_7279_akbn_drmy_3

じっくりと煮こまれて柔らかくなったのが出てくるのだと思いましたが、ちょっと違いました。どちらかいうと中身がウェルダンちっくでちょっと生の部分が残る焼き肉みたいで、それでいてずいぶんと厚切りだし、これはこれで中々惜しいですねぇ。福岡の屋台を思い出しました;-)。

もう一品。こっちはどしょうの丸煮ですね。最近は色々なところに飲みに行ってどじょうの料理があると注文するのですが、今回もしかりですね;-)。

出てきたのはこんな感じ。

IMG_7282_akbn_drmy_2

見た感じ柳川鍋です。食べ進むとどじょうだけにマルのまんまでガシガシ食べます。ここのお店のオリジナルなのかも知れませんが、ゴボウではなく、ナスが入っていました。柳川鍋みたいなんだけどそーではない。中々面白いですね;-)。

 
さてさて。飲み物の話もしょーしょー。今回は生ビールの大ジョッキを飲んだあとに『赤羽ハイボール』というのを飲みました。『下町ハイボール』ではないですね。で、出てきたのはウイスキーハイボールちっくな味で焼酎ベースではありませんでした。

お店の人には「どうしてこれが赤羽ハイボールなのですか?」とは聞かなかったのですが、メニューにはジョニーウォーカー赤があったので、パッと思ったのは「これを炭酸で割ったら『赤羽ハイボール』になるんじゃね?」などと友達と話していたのであります;-)。

 
今回は赤羽に来て初めてのお店に行きました。二人で話つつ飲み、そこはかとなくお店の雰囲気が味わえたような気がします。長いカウンターがあるお店なので一人でフラっと来ても大丈夫そうですね。

ふぅ。かぁるく飲んだで時間調整もできました。では、二軒目に、赤羽の”あの”お店に行ってみましょうかねぇ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.779935º N
Longitude: 139.720390º E
Map: 35.779935,139.720390

1 件のコメントがあります。 “赤羽。だるまや。

  1. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。 » 赤羽。まるます家。(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です