根室。浅草軒。

今日の夜は根室の夜です。JR根室本線の根室駅よりも、根室港に近い広小路一丁目辺りに飲み屋さんがたくさんあるですね。今回はその先、もう少し海側にある(多分)本州最東端の「養老乃瀧」で一杯やったあと、フラフラと歩いたのですが。

あいやっ!! こんなところにラーメン屋さん。そしてそのお店の店名がすごいっ!! ここでラーメン食べて今日はおしまいにしましょうかねぇ。と思い立ち、すかさず入ったお店なのであります。「浅草軒」。

名前からしてなんか、頭の周りにハテナ(?)が五個くらい並びそうですよね。『北のこの街でどうして浅草ぁ?』みたいな。すかさずお店に入ったのであります。

IMG_7865_nmr_askskn_1

店内はテーブル席にお座敷席。今回は二人で行ったので入り口に近いテーブル席に着席し、僕は醤油ラーメン大盛りと、一緒に行った人は醤油味とは違うモノということで塩ラーメンを注文しました。あとは出てくるのを待つだけです。

僕らが入った直後にもう一人のお客さんが入って来ました。その人は醤油ラーメンとライスを注文していました。『おぉ。王道のラーメンライスだ。』などと思ったのは僕だけなんですけども。

そーこーそている間にラーメンが出て来ました。まずは醤油ラーメン大盛り。

IMG_7869_nmr_askskn_2

でもってこちらが塩ラーメン。

IMG_7867_nmr_askskn_3

ふむ。ズルズルと一口食べて解りましたが、このお店のラーメンは”札幌ラーメン”ではないですね。麺は黄色いちじれ麺(西山製麺風)のヤツではなく、むしろ都内で食べるラーメン屋さんの雰囲気があります。

醤油ラーメンのスープはけっこうアブラが浮いていました。こちらもフライパンで一旦炒める”札幌ラーメン”ではないですね。僕的には店名からして、浅草の「来集軒」に近いのかなぁ?とか思ったのですが、考えてみると「来集軒」には一回しか行ったことがないのでいまいちその味というものを覚えてないんですねf(^^;;。ただ、東京ラーメンの割にはずいぶんと脂っこいなぁ。という記憶がありましたが。
塩ラーメンはスープを一口もらってなめてみましたが、The 塩ラーメン。って感じの味でした;-)。

北の、最東端の街で、まさか”札幌ラーメン”ではない味のラーメンが食べられるとは思いもよりませんでした(札幌には家系ラーメンとかフツーにあるのでそんなに珍しいことではないか;-)。それにしても、中々美味しかったですねぇ。

 
帰りしな、お店のおやっさんに「お店の店名はどうして『浅草軒』なんですか?」と聞いたら「色々な人(お客さん)に聞かれるのですが、東京の”浅草”とは全く関係がありません。」とのことでした。
話すと話が長くなって面倒だから、聞かれたらそーいう風に答えるようにしているか、はたまた本当にそうなのかは定かではありませんが、北海道のラーメンらしからぬ店名と味で中々良い感じのお店なのでありました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 43.334296º N
Longitude: 145.580657º E
Map: 43.334296,145.580657

2 件のコメントがあります。 “根室。浅草軒。

  1. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。 » 釧路。和商市場。

  2. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。 » 紋別。いこい食堂。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です