稲荷町。喜多方食堂。(2)

今日は釣り仲間三名で釣り道具屋さん巡りをしたあと、お昼をちょっと回った時間にラーメンを食べに行きました。最初は三ノ輪にある行列のあるお店に行こうとしたのですが、行列が長すぎるので断念。なので、以前に行ったことがあるお店に行くことにしました。

稲荷町の駅のそばにあるお店です。「喜多方食堂」。

このお店、今回が二回目の掲載です。前回掲載したのは 2014年06月でしょうかね。

IMG_3378_inrc_ktktskd2_1

どうして二回目を掲載するのだ?と、言われると、まぁ、様々なお店はもう何回も掲載されていることもあるんですけど、このお店のラーメンは、喜多方ラーメンなのに背脂ちゃっちゃなコッテリラーメンがあるんですね。
で、前回はそのコッテリなラーメンを食べたのですが、今回はサッパリ、フツーの喜多方ラーメンを食べたのでそれを掲載しようと思い、こうしてエントリを書いているんですね;-)。

と、いうことで今回注文したのはフツーの喜多方ラーメンの大盛りです。出てきたのがこんな感じ。

IMG_3376_inrc_ktktskd2_2

前回食べたのは本当に背脂がたくさん浮いていたのですが、今回はそーいうのがありません。しかし、あれ? と思ってしまいました。と、いうのも喜多方ラーメンというのはスープが透き通ってないかい? と、思ったんですね。店内にも喜多方のラーメンのポスターが貼ってあるのですが、そのポスターのスープは透き通っています。が、今回出てきたラーメンのスープは濁っている。なので、見た瞬間”あれ?”ってなってしまったんですけどもね。

この感じ、どこかで見たことあるなぁ。と思いました。そーですね。うちの実家で有名なラーメン屋さん「ホームラン亭」のラーメンに似ているんですね。

しかし、見れば見るほど「ホームラン亭」のラーメンに見えるのですが、一口食べると味は確かに喜多方ラーメンの味でした。ふむ。こーいう喜多方ラーメンもあるのねぇ。などと思いつつズルズルと食べ進んだのでありました;-)。

コッテリのラーメンと比べて味はどうだ?と言われると、そもそもビジュアル的に全然違うので、味も全く違うもの。もしくはそこはかとなく違うもの。と、いう感じでしょうか。どちらが好きだ?と聞かれたら、今回食べたラーメンのほうが喜多方ラーメンっぽくて僕は好きですね。

 
さてさて。このお店、朝07:00からやっているそうなのですが、今回、僕らが食べ終わったのは13:20くらいでしょうか。新しいお客さんが入ってこないなぁ。と思っていたのですが、お店の外に出てみたら「スープが無くなったので閉店です。」という札が立っていました。上の店の写真にも写っていますが。

うひ。ギリギリセーフで食べられたんだなぁ。と、行った三名で話していたんですが『もしスープが二人分しか無かったらひとり食べられなかったなぁ。』などと、誰かが行っておりましたf(^^;;。

 
GPSポイント
Latitude: 35.710599º N
Longitude: 35.710599º E
Map: 35.710599,139.785644

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です