10月 18

新宿。ささもと。

新宿。思い出横町。ウゴウゴルーガでは「恋で横町」ってなっていたけどねー。その中の名店。支店だか本店は銀座にあるんだけど。「ささもと」。

通称、しょん横。けど、トイレはキレーだよーって・・。そんなことはどーでも良くて、この「ささもと」、店には看板が有りません。埼玉屋パートワンとパートツーの間に挟まれた店です。JR新宿駅、さくらや側から入ると上に店名一覧があるのでそこで確認すると良いでしょう。

でもって入り口には味噌な鍋がぐつぐつと煮立っていて、でーーんっ。と構えています。

CA340002_ssmt1.JPG

でもって、もつ焼きも有るんだけど、この店は串に打ってあるもつ煮。これが目当てで行くのであります。このブログも過去に三ノ輪橋「弁慶」・北千住「藤や」・町屋「小林」と攻めていますが、今回が四店目であります。

って・・。都内に、串に打ったもつ煮を出してくれる店って後何件あるんだろ・・?

しかし、この店、銀座にも店があるだけあってひじょーに高いです。串一本190yen。焼いても煮ても同じ値段。今回はふあとなんだか忘れてしまったけど(^^;;、二本頼みました。

CA340001_ssmt2.JPG

しかし、串に打ってある煮込みが食べられる店は都内でも残り少ないので、取材だと思って行ったのであります。味もまぁ、いけます。上がりに串に打ったキャベツの煮たのを食べたのですが、こーいうのが、お客様を引きつけるんだろうな。高いのに満員、外にも行列が出来ているのでした。すごいなぁ。

お酒の話もしましょう。写真は焼酎なんだけど、「宇ち多゛」みたいに冷えてない焼酎をどばどばっとグラスに注いで、ほんの一滴だけ梅シロップが垂れたやつが出てきます。ここでは金宮焼酎なんだけど、常温の焼酎をぐびりと頂くのでした。

CA340003_ssmt3.JPG

この店は長居しては行けません。焼酎は二杯まで。ぱっと呑んでぱっと帰る。で、次の人に席を譲る。それがこの店のシステムです。

けど、正直に言うと、多分この店はもう行くことは無いと思います。今回は本当に取材のために行ったようなものだなぁ。串打ち煮込みの名店なので一回位は足を運ばないとねぇ・・。

最近のしょん横も随分と高い気がするしねぇ・・。やはり僕には「弁慶」の雰囲気のほうが好きかもしんない。

10月 13

新宿。カミヤ。

新宿歌舞伎町。コマ劇場の裏を区役所通り方面に歩いて行った所にあるお店。「カミヤ」。

「カミヤ」ってチェーン店だったのね。と知る一瞬である。このブログでは過去に南千住新橋のカミヤを制覇しているけど、今回はその三店目。なんか、加賀屋に似ているかぁ?(^^;;。

CA340008_shinjuku_kmy1.JPG

新宿の店も他の店と一緒でもつ焼きは10本単位での注文。いやぁ、ここのはでかい。南千住のよりも大きくて食べゴタエが有る。しかし、今回はもつ焼きの写真はなし;-)。

他に頼んだレバ刺しがすごい。10本のもつ焼きもインパクトあるんだけどこっちのほうがインパクトが大きかった;-)。どどどっと皿の上に載っているのを、ごま油と塩で頂きます。

CA340010_shinjuku_kmy2.JPG

でもって、この新宿のカミヤ、なんと張り紙がしてありました。カミヤは全部で7店舗あるみたいです。本店は人形町らしいですこれは是非行かなければっ。

今迄行ったカミヤは新橋がお気に入りなのだけど、お腹がすいたら新宿のカミヤもなかなか良いかもぉ。

と、言うことでちとピンぼけなんですけど張り紙を一応写真におさめてきました。

CA340009_shinjuku_kmy3.JPG

全店制覇を目指す方は是非参考にしてみてください;-)。

5月 12

下北沢。あきつ。

連発の下北沢ですが、これで最後;-)。「あきつ」。

僕にはなかなか似合わない、ちょっと贅沢なお店。近所の品の良さそうなご夫婦が今日はあきつでちょっと贅沢な晩酌を。って感じで来られています。

IMG_1349.JPG

マスターのじゅんちゃんは気さくな人で話すのが好き。カウンター越しによく話しかけられます。しかし、鉄っちゃん;-)。

出て来る料理はどれも一級品。毎朝築地に仕入れに行っています。今回食べたのはヒラメ。これが柔らかくてなかなか美味かった。

IMG_1361.JPG

今回は黙っていたら日本酒が一本出て来た;-)。あきつとお付き合いのある福島の酒蔵「大木代吉本店」の吟醸雫「もろ美酒」。本醸造タイプの吟醸酒でほんのり濁っている。これがまた料理と合う。ついつい一本開けてしまったのでした・・(^^;;。

IMG_1353.JPG

たまぁに贅沢したい。そんな時間にもきっちり応えてくれるお店なのでした。

5月 09

下北沢。珉亭。

下北沢。「珉亭」。すみません。「みん」と言う字が出ません。「王民」と言う字です。

IMG_1347.JPG

酒飲んだ後にラーメン食べるよね。そんな時に最高です;-)。最近の下北沢はいろいろなラーメン屋がありますが、こー言う昔から有るような食堂的なラーメン屋さんのラーメンはいいですねぇ。

僕は醤油ラーメン。酔っている時に食べるのでその内容を覚えていない所が僕だなぁ(^^;;。

5月 08

下北沢。ずんでこ。

下北沢の「ずんでこ」。本当は「陣太鼓」って感じで書くんだけど、「ずんでこ」と呼びます。九州方面の読み方らしいです。

IMG_1346.JPG

もつ焼き屋さんで、串にはそれぞれ戦国武将の名前が付いています。例えば、豚バラは「秀吉」とか;-)。店で是非確認してみてください。

カウンターの真ん中に焼き場があり、マスターがパフォーマンスしながらモツを焼いています。塩の降り方で踊りを踊ります。

お店は二階にあり、階段を上った所にあります。お父さん・お母さん・息子の家族でお店を切り盛りしています。通うようになれば良さが十分に解るお店なのです。

5月 07

下北沢。新雪園。

若者の街下北沢。なんちゃらのタマゴの街下北沢。

美味しいお店が沢山あるんだけどね。今日は「新雪園」。

IMG_1344.JPG

中華屋さんなんだけど、カテゴリー的には ラーメン・餃子 に入れてしまいました(^^;;。ここはソース焼きそばがうまい。麵にからむようなソースの味が何とも言えない。

飲んだ後に食べるラーメンが美味いと思うけど、ここのソース焼きそばもなかなか侮れません;-)。

入り口はフツーの店構えなんだけど、奥に長くて、でもって地下もあるので収容人数は見た目と違ってかぁなり多いです。

4月 01

下北沢。八峰。

さてさて「椿」に行った後の続き。一軒目でかぁなり感動した三人組はその後、「ホッピー飲もうっ!!」と言うことで店を探すんですけど、はなから行く所は僕の中で決まっていて、じゃ、「八峰」に行きましょう。と言うことになった。

ここも下北沢においては非常に良い雰囲気を醸し出しているお店なのです;-)。某写真家も御用達のお店。この日もしっかりといらっしゃいました;-)。

CA340003_yatsu1.JPG

カウンターに三人座ってまずはホッピーを注文。その後もつ焼きを注文。ここはつくねが絶品。うまいよーー。基本的にはもつでは無く鳥です。焼き鳥のお店。

CA340004_yatsu2.JPG

「いやぁ。下北沢ええですねぇ。再認識しました。」と言うのは大徳寺さんのお言葉。でしょぉぉ。と、いいつつ下北沢まで来たのにおしゃれなお店には行ってない我らなのでした(^^;;。

しかし、この後、もう一軒行きましょう。と言うことで急な階段を上ったバーに行ったのでした。そのお店、床が傾いていてカビ臭いなんともふーりゅーなお店なのでした。;-)。

以上、下北沢散策は終了なのでした。

3月 29

下北沢。椿。

本当は書きたくない店です。 下北沢の「椿」。場所はややこしい所にあるので自力で探してください;-P。

最初は 大徳寺さん と二人で「五反田辺りで飲もうか。」とか話していたのですけど、デビルマンのような;-P 姐さん が「下北沢の行こうとした所が閉まっていたよぉ。合流させてぇぇ。」と、メールが飛んで来たので「じゃ、下北沢で飲もうか。」と言うことになったのでした。

CA340001_tsubaki.JPG

その一軒目にいったのが「椿」。土曜日に行くと早い時間には串が無くなってしまう店。今日は思う存分、もつ焼きが堪能できました。他に、オリーブで〆めたレバーとレバー薫製は最高っ!!お店にはワインもちゃんとスタンバっています。

でもってもつ焼きがうまい。たれがむちゃくちゃうまい。焼酎は宇ち多゛みたいな感じで出てくるのだけど、レモンがしぼってある。

こー言う雰囲気のお店が城南地区にあるのが信じられない。なんか下町に来たような雰囲気が思う存分に、下北沢で堪能できるお店です。懐の深い下北沢に乾杯。

とは言いつつ、ここ一軒で終わるはずのない三名様御一行。次に向かうお店もすばらしいお店なのでした。

つづく。