9月 18

花巻。金婚亭。

さてと。花巻に行って、一軒目のお店で早速カウンターパンチを食らいます。観光案内所のお姉さんからもらったパンフレットを頼りに一人でもわんこそばができそうなお店に電話で確認しますが「大丈夫ですよ。」というお言葉を頂いたのでそこに行くでありました。

捨てて踏みにじる神あれば拾う神ありとはまさしくこのことでしょうか;-P。自称ホッピー友の会会長が悔しそうにしていて今にも泣きそうだったので本当に助かりました。向かったお店は「金婚亭」。

お店は花巻空港ICのそばのR4沿いにあるけっこうおおきなお店で、バスツアーの団体さんなんかが訪れるお店です。

素直に書きます。最初は色々な意味で「大丈夫かな?」と思ってしまいましたf(^^;;。

IMG_3173_hnmk_knknt_1.jpg

一階の奥に食堂があります。二階は団体さんの昼食用の食堂があるみたいで、僕ら二人は一階の食堂に行き「一人は盛りそば、一人はわんこそばに挑戦したいのですが大丈夫ですか?」とお店の人に言いました。「確認してくるのでちょっとお待ちください。」その後しばらくして「準備に15分ほどかかりますが大丈夫ですか?」と言うことで一人でもわんこそばがチャレンジできることになりました。嬉しいですねぇ。

IMG_3174_hnmk_knknt_2.jpg

準備ができるまでしばし待ちます。自称ホッピー友の会会長はそれはもう大喜びですが、併せて緊張で顔が引きつってきたようですf(^^;;。で、お店の人が「準備が整いましたのでそれではこちらへどうぞ。」と二階に連れて行ってくれます。

なんとっ!!わんこそばは団体さんと一緒の食堂でチャレンジするのだそうです。団体さんが昼食をたべているテーブルからちょっと離れたところで自称ホッピー友の会会長は頑張るのであります。題して「全日本一人わんこそば選手権大会」。って感じでしょうか。でもってギャラリーがすごいたくさんいるんです。団体旅行で昼食食べている人が一斉に自称ホッピー友の会会長に注目するわけです。

僕はその横で盛りそばを食べつつ取材に徹するワケですが、ある意味、僕のほうが恥ずかしいのかな・・f(^^;;。最初は恥ずかしいと思うのですが、そのうちに声援を頂けたりします。こーいうのもなんか面白いかも;-)。

IMG_3142_hnmk_knknt_3.jpg

これが食べるの一式です。薬味が随分と多いですね。あ。僕はもう既に一回チャレンジしているのでよーく知っているのですが。でもって左のおおきな器は残った汁をあけるためにあります。

と、言うことでいよいよ戦いの火ぶたが切って落とされたわけであります;-)。テーブルの前ではお店の人が次々におわんの中にそばを入れてくれます。でもってそれを自称ホッピー友の会会長が食べていくわけです。昼食中の団体さんは自分のごはんを食べるのも忘れて、この「全日本一人わんこそば選手権大会」を注視しているわけです。ときどきおじいさんがやって来て「がんばれー。」などと声援を送ってくれます;-)。いやー。嬉しいですねぇ。

おそばを入れてくださる店員さんは、わんこそばの由来とか歴史とか説明してくださり、それを聞きながら食べるのもまた良いのであります。すごーい良い雰囲気の中で食べ進むのであります;-)。

が・・。最初は絶好調で飛ばしていた自称ホッピー友の会会長も50杯辺りからペースが落ちて、結局84杯でこの選手権大会は終了したのでありました。

IMG_3167_hnmk_knknt_4.jpg

ここのお店では食べたお椀がちゃんと目の前に形となって残るので嬉しいですね。お店の人も一目で分かるし。僕が以前チャレンジした「嘉司屋」(今回行ったけど、断られたお店ですね)では自分の食べた数はマッチ棒を右から左に動かして自分で管理する必要があったので、そんなことは正確にできるワケもなく。と、考えるとこっちのほうがシステム的には優れているかなぁ。と思った次第です。

それにしても戦い終えた自称ホッピー友の会会長、その後はまるで力石と戦った矢吹ジョーのごとく放心状態となっていたのが印象的でした。お疲れ様でした。

それにしても、一回奈落の底に落とされた花巻、最後は満足・満腹で後にするのでありました。東北の旅も、この後の仙台でいよいよフィナーレです;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.415043º N
Longitude: 141.126573º E
Map: 39.415043,141.126573

9月 17

花巻。嘉司屋。

東北の旅もそろそろ佳境に入ってきました。花巻でわんこそばにチャレンジするんだー。と自称ホッピー友の会会長は前日の晩ご飯もセーブして、朝ご飯も抜いて花巻入りしました。

ちなみに花巻に入ったのは09/10の金曜日です。この日から花巻市内はお祭りだったようですが、その情報、僕らは仕入れて無くて、ただ単に「わんこそば食べるぜい。」って感じで花巻に乗り込んだのでありました;-)。

その昔、バイクで東北一周のツーリングをした時に行ったお店「嘉司屋」に目星を付けて、今回も開店前(11:00五分前くらいかな)から行ったのでありました。僕は前回既にこのお店でわんこそばを体験しているので、自称ホッピー友の会会長のみがわんこそばに挑戦し、僕は「もりそばでも食べるべ。」とか思っていたので、僕だけは朝ご飯にわさびそばを食べていたわけです。

で、実際にお店に行って、「わんこそば一人お願いしたいんですが。」と声をかけたわけです。

このお店です。

IMG_3138_hnmh_kjy_1.jpg

するとお店の人は「すみません。わんこそばは二人からなんです。」と言います。あれ?数年前に来た時は僕一人でもわんこそばやってくれたんだけど・・。なんか、イメージが違うので一旦店の外に出ます。僕は既にそば一杯食べているのでわんこそばやっても負ける確率が高い・・。

一旦はわんこそばをあきらめて仙台に向かおうかと思ったんだけど、自称ホッピー友の会会長があきらめきれない様子で、くやしそうな顔をしているので「それなら駅にある観光案内所で他のお店を紹介してもらおう。」と言うことになり、駅を目指すのであります。

で、観光案内所のお姉さんに「一人でもわんこそばできるお店教えてください。」って言ったら、この「嘉司屋」を勧めます。僕がそのお姉さんに「あ。いや。さっきそこに行ったら、一人だとダメだと言われて断られたんですよー。」と言ったら「おかしいですねぇ。ほらね。このパンフレットには一名様からでもOK。って書いてあるでしょ。私が電話して交渉してあげましょう。」と、なんとすばらしいことを言ってくれ、すかさずお店に電話してくれたのでありました。

個人的感想ですが、お祭りを知らずに行った僕らも悪いけど、このお店のおかげで花巻のイメージがガクンと落ちて(なんてったって、足立ナンバーの車が店の前に乗り付けたのにそれを門前払いするお店だからね)いたところに、この観光案内所のお姉さんがもとに戻してくれます;-)。パチパチパチ。

結局、電話に出てたお店の人はすげーイヤがっていたようですが、このお姉さんのごり押しでこのお店で一人でもわんこそばが食べられることになりました。が、再度お店を訪れ、丁寧にこちらから「もう結構ですので。」お断りました。店員さんはすげー喜んでいました。orz。

なんか、12:00から団体さんが入っていたようです。まぁ、そーいうのも全て見越して開店直後と言うか、開店前からお店に行っているんですけどね・・。

観光案内所でもらったパンフレットには花巻市内には全部で四つのお店でわんこそばが食べられるそうです。「やぶ屋本店」さんはパンフレットにちゃんと「二名様から」って書かれているので、こーいうのは良いですね。あきらめがつきます。一名様からOKよ。ってパンフレットに書かれているのに却下されるとは。トホホ。って感じだったのでありました・・。orz

と、言うことで、このお店「嘉司屋」に行く時には、何があっても事前に電話で確認することを強くお勧めいたします。

GPSポイント
Latitude: 39.385795º N
Longitude: 141.119814º E
Map: 39.385795,141.119814

9月 16

遠野。みやもり道の駅。

宮古でお昼に海鮮丼を食べた後、遠野に行きます。宮沢賢治の童話の世界を体験しようかと思った次第であります。

カッパ淵とかめがね橋をじっくりと眺めるのであります。

遠野の街道筋のスーパーでホヤとかカジキの刺身を買って遠野の道の駅で晩ご飯にするのですが、次の日、花巻方面に移動します。途中で休憩したのはみやもりの道の駅。ここで「銀河鉄道の夜」のめがね橋の写真を撮るのでありました。

IMG_3103_tono_wsbsb_1.jpg

で、朝ご飯がまだだったので、道の駅に「そば・うどん」のかんばんがあったのでそのお店で朝ご飯を食べることにしたのでありました。

IMG_3121_tono_wsbsb_2.jpg

お店は立ち食いそばチックな雰囲気です。で、メニューを見たら「わさびそば」って言うのがあるのでそれをたべることにしました。300yen。おそばはフツーの立ち食いそばチックな感じです。ただ、「わさびぞば」って言うのがどんなのか、非常に楽しみなのであります;-)。

出てきたのはこんな感じ。

IMG_3100_tono_wsbsb_3.jpg

天カスはオプションで好きなだけ乗せられます。が、まぁホドホドに;-)。それにしても「わさびそば」の正体とわ。ほー。わさびの茎が入っているのですね。わさびの茎はどうやって味付けしているんだろ?たまり漬けかなぁ?と、思うのですが、早速頂きましょうか。朝ご飯ですしねぇ;-)。

それにしても、実際に食べると辛いっ!!ツーンと鼻からわさびの風味が抜けます。なるほどー。わさびそばだ。これは七味唐辛子が必要ないですね。今回は温かいそばを食べたのですが、わさびの風味が残っていて、これはこれで美味いのでありました;-)。

この道の駅のある宮森辺りはわさびが名産になっているようで、その茎をうどんやそばに乗せて食べるんだそうです。つべたいおそば、温かいおそばのどちらにもあうんだそうです。へー。って感じでズルズルと頂いたのでありました。

さてとー。花巻に行ってわんこそば食べるぞー;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.346146º N
Longitude: 141.351643º E
Map: 39.346146,141.351643

9月 14

宮古。りきさん亭。

まだまだ東北の旅は続くのであります。本州最北端にようやっと到達できたのでここからが折り返しでいよいよ南下の旅になるのであります。

青森の夜をもつ焼きで満喫した当初の予定では八戸でこんどは魚料理を満喫しようと思ったのですが、本州最北端から八戸までは遠かった・・。三沢辺りで断念したのでありました。が、三沢は夜でもジェット機がガンガン飛び回っていてそれはそれで中々楽しいのでありました。”夜”とは行っても21:00には全機帰投していたようでですが。

と、言うことで、三沢から太平洋に出ます。いっきに岩手県入りして宮古に行きます。本州最北端は青森の大間町、本州最東端はここ岩手県宮古市のとどケ崎らしいのですが、車を止めたあと、灯台まで片道4kmほど歩く必要があるみたいだったので断念しました。次回来たときにはちゃんと行くからねぇ。と、堅く心に誓うのであります。

と、言うことでお昼は海鮮丼でも頂くことにしましょう;-)。最初は宮古湾に近い道の駅で食べようかと思ったのですが、予定を変更し、宮古市魚菜市場に行くことにしました。その中にある定食屋さんで海鮮丼を頂くことにしました。

IMG_3088_myk_rksnt_1.jpg

最初に写真を出してしまいますが、ここには食べ物屋さんが二つありました。一軒は「まんぷく食堂」、もう一軒が「りきさん亭」。どちらも海の幸があるようです。筆者は自称ホッピー友の会会長にどっちに行くか任せたのですが、会長は真剣に20分くらい両方の店を行ったり来たりして悩んでいました。orz。 で、ようやっと決めたのが今回のお店。「りきさん亭」。

中に入って壁に書かれているメニューを見ますが、店の入り口にもメニューがあったので本当はもう既に何を食べるか決まっているでねぇ。

僕が頼んだのは板さんのおまかせ丼、自称ホッピー友の会会長は海鮮丼を注文しました。僕のはこんな感じ。

IMG_3084_myk_rksnt_2.jpg

色々な具が載っていて賑やかなのであります。自称ホッピー友の会会長の海鮮丼にはここにボタンエビがどーんっと載っていました。
僕は大盛りを頼んだのですが、かぁなり「あっと言う間」に終わってしまいました。やっぱり美味い所で食べると、終わるのも早いですねぇf(^^;;。

ちょっとここからは一般論になるのですが(それも当たり前の;-)、それにしても前回食べたマグロ丼と言い、ここで食べた海鮮丼と言い、ご飯はどちらもドンシャリ(酢飯ではないフツーのご飯)なんですねー。お寿司屋さんで食べるちらし寿司、例えば渋谷の「台所家」で食べるのは”丼モノ”ではなく”ちらし寿司”なのでご飯は当然シャリ(酢飯)なんだよなー。シャリな丼モノを食べたい時にはお寿司屋さんに行くべきなんだなぁ。と思った次第なのであります。

後、ここは市場内にあります。市場の風景はこんな感じ。

IMG_3090_myk_rksnt_3.jpg

けっこう広くて、クール便での配達にも対応しているお店がたくさんあったので、ここでお土産を購入するのもアリかなぁ。と思ったのでありました。

八戸に寄られなかったので、宮古で海鮮丼を頂いたのでありました;-)。

GPSポイントですが、うぎゃーっ!!宮古まで来たら北緯40度線を通過してしまったーーっ!!

GPSポイント
Latitude: 39.646279º N
Longitude: 141.946063º E
Map: 39.646279,141.946063