9月 23

仙台。旨味太助。

さて。仙台の夜を満喫した後、いよいよ今日は東北旅行最後です。この後、松島を見て帰投するのであります。いやぁ、一週間マルマル東北にいました。岩手県内でもう少し遊ぶのであればあと二日は必要になったかと思います。そー言えば今回、福島・山形は素通りでした。すると東北六県でじっくり遊ぶとしたらまだまだ日程が足りないぞぉ。

みたいな感じですが、仙台と言えばやはり牛タン食べずに帰るわけにはいきません。ホテルでの朝食はパスしてお昼に食べる牛タンに懸けるのであります;-)。

ホテルのチェックアウトは11:00だったのですが、10:30くらいにチェックアウトし、仙台の街を散策しつつ、目的のお店に行こう。などと思っていたのですが、そのお店、開店30分前にして既に行列ができています。(@_o)。こらー、僕らも並ばないとーっ!!って感じで11:00をちょっと過ぎた辺りから行列に加わるのでありました。

開店の11:30よりちょっと前にのれんが掲げられお店がオープンしました。牛タンのお店。「旨味太助」。

IMG_3239_sndi_ummtsk_1.jpg

このお店、仙台の牛タンの元祖らしいです。なので行列ができているのでしょうなぁ。

二人で行ったのですが、開店前から並んだ甲斐がありました。導かれたところはカウンター。牛タンを焼いている真ん前なのであります;-)。最初に店内に入った人の分はもう網の上で焼かれています。その向こう側には熟成させるために山と化した牛タンの山があります。いやー。ここは特等席だわー。みたいな感じで、待っている間も全然ヒマしないのでありました;-)。

IMG_3234_sndi_ummtsk_2.jpg

お店の人に許可を頂いて写真を撮っておりますが、こんな感じで焼いております。サッと焼いてお皿にもって出して、また次の人の分の牛タンを乗せていくのであります。

そんなこんなで僕たちの分もできたみたいです。二人でこのお店に来ると、お皿に二人分載ってきます。なのでちょっと豪華に見えますが;-)。

IMG_3237_sndi_ummtsk_3.jpg

牛タンの向こう側に漬け物があります。後、麦ご飯とテールスープ。これが「牛タン定食」です。全部揃ったところで頂くのであります。んー。仙台の味だー。みたいな;-)。牛タンには包丁でスジが入っています。刺身で言うところの飾り包丁って感じでしょうか。歯でかんで切ってもさくっと切れるのでありました。

僕自身、仙台で牛タンを食べるのはニ回目ですね。

そー言えば以前、福岡に行ったときに寄ったお店のネタ「十徳」や「味府」の中で、仙台の牛タンについて書いているのですが、いやはや。仙台で食べる牛タンも十分に美味しいのであります。ちょっと反省します。すみませんでした。ご当地で食べる。と言うのは十分に美味しいのでありますね。はいっ!!

と、言うことで麦ご飯をおかわりして、自称ホッピー友の会会長と半分ずつわけあって、牛タンを頂くでありました。漬け物も美味いし、テールスープも美味い。テールスープは半分飲んだあと、そこにコショウをちょっとふりかけて、味を変えて頂くのでありました。

んー。これで東北の旅は本当に最後です。明日からまた東京に戻ってあの暑さに耐えなければならないというのは本当にウンザリするのですが、総括すると、青森で一軒、カミヤに行きそびれているのでこれはまた東北の旅に出なければなるまい。と心に固く誓って帰投するのでありました。

皆さん、長々とおつきあいくださりありがとうございました。次回からはまた東京のネタにもどります。

GPSポイント
Latitude: 38.264889º N
Longitude: 140.869789º E
Map: 38.264889,140.869789

9月 22

仙台。鳥紀。

東北の旅の最後の夜です。仙台にいます。前回のエントリーでは仙台の酒場事情みたいな感じのを書いたのですが、その中で一番最後に書いた、仙台駅前からアーケードに入って、すぐに左側辺りの建物の細道に入るのであります。この辺り、隠れた(と僕は思っているのだけど;-)お店がたくさんあるのであります。

この辺り(一番下のGPSポイントをgoogleマップに食わせてあげてください)を徘徊して僕的、このブログ的に良さそうな感じのお店を探すのであります。で、ここはどうだろう?と思い入ったお店は地下にありました。「鳥紀」。

IMG_0199_sndi_toriki_1.jpg

階段をスルスルっと降りて地下に行きます。トビラを開けるとそこには広いお店の空間が広がっております。それもかぁなりシブい感じの雰囲気です;-)。

このお店を訪れたときは一人だった(自称ホッピー友の会会長は84杯のわんこそばの影響がまだ残っているらしい;-)のでカウンターに着席し、瓶ビールなどを注文するのであります。このお店、メニューを眺めたり、壁に貼られた短冊を見る限りもつ焼き屋さんちっくです。けど、お刺身もあったりするし、大衆酒場ちっくでもあるし、フトコロが深いとでも言いましょうか;-)。

と、言うことで、せっかく仙台にいることだし、とか思い、サンマのお刺身を注文するのでありました。

IMG_0201_sndi_toriki_2.jpg

なんか、切り身の並び方がガンダムのコックピットみたいだぞぉ。などと思いつつ頂くのでありました;-)。んー。とろけるー。

飲み物はウーロン杯に移行しつつ、もう一品頂きましょう。せっかくもつ焼きと言うか、焼き鳥のメニューがあるので鳥のハツを頂くのでありました。が、写真はありません。代わりにメニューの写真を載せましょう。

IMG_0203_sndi_toriki_3.jpg

カウンターの上の写真ですが、こんな感じなのであります。ただ、もつ焼きと言うか焼き鳥はそんなには安くない感じですかねー。鳥のハツは二本で500yenですし。きっと比内地鶏かなんかのだろう。などと思って頂くのですが、店の雰囲気からするとそんな感じはあまりしない(失礼っ!!)ですしね。

ただ、このお店で感じたのは値段設定が面白い。一番最初に飲んだ瓶ビールは中瓶だったのだけれど値段は330yen。飲み物安く焼き鳥高く。って感じなのかなぁ?サンマの刺身は確か480yenだったような気がします。

それにしてもお店の雰囲気は中々良いし、店員のお姉さんは美人だし;-)。フラっと街に出て散策しつつ、フラっとこー言うお店に入ってチビチビ酒を飲むと言うのもまた良いのでありました。

そこはかとなく仙台の夜、はたまた東北の旅最後の夜を過ごすのでありました。

GPSポイント
Latitude: 38.261460º N
Longitude: 140.879874º E
Map: 38.261460,140.879874

9月 21

仙台の酒場事情。

過去にこのブログで似たようなタイトルで 金沢の酒場事情。富山の酒場事情。 ってエントリーを書いていますね。今回はその仙台版です。

しかし、一言断っておきますが「仙台にたまにやってきた旅人の戯れごと」だと思ってください。また、多少の間違いはおおめに見てください。あくまで旅人目線の感想文です。

仙台の街は、どちらかと言うと西口のほうが繁華街かと思います。でもって駅前から「T字型」にアーケード通りがあります。”T”の字一番下が仙台駅と思ってもらえれば良いわけですね。はい。

でもってアーケード通りは “ハピナ名掛丁” -> “クリスロード” -> “マーブルロードおおまち” と来てドン突きのT字路になり、左に曲がると “サンモール一番街” 、右に曲がると “ぶらんどーむ一番町” となるわけですね。基本的に「T字型」のアーケードなので比較的簡単に覚えられます。

まず、仙台の夜を楽しむのが平日であれば「T字型」アーケードの左側の棒の部分に行くと良いかもしれません。ここには “壱弐参横町” や “文化横町” など、があったりします。歩くだけでも随分と楽しいです。雰囲気的には新宿の花園神社の裏辺りって感じでしょうか;-)。

壱弐参横町。

IMG_3178_sndi_match_1.jpg

文化横町。

IMG_3187_sndi_match_2.jpg

この辺りで楽しむのもまた良いかと思われます。ちなみに僕はこの通りのお店で飲んだことは無いのでありますが・・。f(^^;;。

「T字型」アーケードのドン突き右側に行くと Apple Store 仙台があったり、東北初進出の餃子の王将があったりします。仙台の繁華街。って感じです。まっすぐ進むと三越があります。ちょうど「T字」の右側の棒の辺りですね。そのちょっと上辺りがこれまた夜の繁華街。新宿歌舞伎町のような感じです。夜遅い時間に行くと良いかもしれません:D:D。

IMG_3207_sndi_match_3.jpg

ちなみに一軒目に行った「こちらまる特漁業部」の国分町店‎はこの辺りのちょっとはずれに位置します。

とまぁ、そんな感じで仙台の夜を遊べば良いのではないかと思います;-)。

最後にですが、仙台の街の飲み屋街は、実は他にもまだあるんですねぇ。僕はどちらかと言うとそっちのほうが好きなのであります。この次に書く予定のお店はまさしくその辺りにあるのであります。

『その辺り』ってのはどの辺りだぁ?! って声が聞こえてきそうですが「T字型」アーケードを仙台駅から入ってすぐ左側に折れた辺りですね。”ハピナ名掛丁” の左側辺り。この辺りが、実は僕が一番好きだったりするのであります;-)。

仙台って色々なところで楽しめそうなので、旅行で来た時や、仕事で来たけど、夜は自由時間が持てる人にとっては天国ですよねぇ;-)。

今回はGPSポイントはありません;-)。

9月 20

仙台。こちらまる特漁業部。

花巻で全日本一人わんこそば選手権大会が開催され、その終了後に、東北自動車道をひたすら南下し、いよいよ今回の東北の旅の最終目的地である仙台に入るのであります。

僕自身、仙台には何回か来たこともあり多少の土地勘もあります。また、楽天イーグルスの試合も観戦に行ったこともあるでねぇ;-)。

と、言うわけで仙台ではホテルに宿泊します。仙台には手頃な値段のホテルがたくさんありますね。これも楽天イーグルス効果なんでしょうかね。「はるばる仙台まで楽天イーグルスを応援に来たんだから泊まっていってよ。」って感じなんでしょうかね。

ホテルの部屋ではインターネットが利用できるので、そこにfonを接続してiPhone4は無線LANで利用します。でもって夜行くお店の目星を付けるのあります。そんな感じでホテルで一旦休憩した後、市内散策にでかけます。

自称ホッピー友の会会長はわんこそば84杯の影響でハラいっぱいらしいので、ほぼ、僕の好きなお店に行くことになるのですが、この会長、やたらとウルサイ。自分はそば食べ過ぎであんまり飲んだり食ったりできないんだから黙って付いてくればいーのにさ。ブツブツ・・。

と、言うことで向かったお店は魚介類を豊富に出してくれるお店。「こちらまる特漁業部」。

このお店、山形市内の大沼デパートのそばにあるお店には2,3回行ったことがあるので、そこでこのお店の良さを体験しているのですが、あ。そーだそーだ。仙台にもあったねぇ。と言うことで行くことにしたのでありました;-)。

東北のみのチェーン店かと思ったら、最近は東京にも進出していて二店舗ほどあるみたいですね。驚きーっ!!

IMG_3205_sndi_kcrmrtkggb_1.jpg

エレベータで四階まで上がったところにこのお店があったのでありました。早速店内に入ります。お店の雰囲気的には海鮮居酒屋っぽいでしょうかね。

席に着席した後、瓶ビールを注文し、魚介類をドドドと注文します。なんてったって、東北の旅の最後の夜ですからねぇ;-)。まずはカニ肩半分、刺身の盛り合わせなど。

IMG_3194_sndi_kcrmrtkggb_2.jpg

写真は刺身盛り合わせです。全部で四点ですね。今回は珍しく瓶ビールが終わった後、日本酒に行くのであります。はやり魚には日本酒でしょー。みたいな;-)。でもって他にもエビのチーズ揚げ・キンメの唐揚げなど行きます。

後は入り口を入ったところに魚屋さんコーナーみたいなのがあります。こんな感じですね。

IMG_3197_sndi_kcrmrtkggb_3.jpg

ここで「何にしようかなぁ。」などと悩むでありますが、貝好きな僕としてはホッキ貝を刺身で頂くでありました。うひひ。が写真はありません。

それにしても、今回の旅で、飲み屋さんで海の幸を肴に日本酒を一杯やるのは今回が初めてだったのでありました。それにしても、まだ他のお店にも行きたいのでここであまり酔っ払ったり、お腹を一杯にしたくはないと思う気持ちが本当に悩ましい・・。

このお店はどちらかと言うと軽めに切り上げて、仙台の夜はもう少し続くのであります;-)。

GPSポイント
Latitude: 38.263288º N
Longitude: 140.868545º E
Map: 38.263288,140.868545