9月 08

湯沢町。いまい。

なさ休みで、新潟に来ました。このブログでは『新潟県』というカテゴリが今まで無かったんですね。それはそれでちょっと驚きですが、今回から追加されました;-)。

越後湯沢の隣の駅の岩原スキー場前駅辺りが今回の宿泊地ですが、そこから上越新幹線も停車する越後湯沢駅辺りには飲み屋さんもたくさんあるので晩ご飯を兼ねてそこまで行くのであります。アプローチはバスや電車がありますが、本数が少ないので注意が必要です。

さて。越後湯沢駅界隈ですが、僕は冬でも2,3回くらいしか行ったことが無いんですね。スキーは地元(実家)でするので。と、いうことで駅の回りを散策すると、山側(新潟方面を向いて左側)が温泉街で川側(当然ながら新潟方面を向いて右側)が商店街などがある街でした。

今回は温泉街側でいっぱいやることにしました。てくてく歩いて行くと中々シブイ感じのお店を見つけたので今回の一軒目はここにしましょう。「いまい」。

IMG_2461_ecgyzw_imai_2

時間は17:15くらいでしょうかねぇ。今回は二人で行ったのですが、僕らが最初のお客さんでした。店内はちょっとくらい雰囲気かなぁ。
おやっさんがお座敷の席を勧めてくれたのでそこに着席し、宴会のスタートです。

このお店、メニューはあるのですが、おやっさん曰く『無いモノもあるのでねぇ・・。』などと言いつつ出してくれました。飲み物は日本酒(新潟の地酒)を冷やで注文。二種類をお願いして徳利で出て来たのでそれで乾杯し、宴会のスタートです。

メニューから注文するのがことごとくないので『マスターのお勧めをください。』というとアユがあるとのことだったのでそれを注文しました。

小アユの素揚げです。

IMG_2458_ecgyzw_imai_1

味が既に付いているのでそのままガブリと行きます。あぁ。美味しいですねぇ;-)。鮎は小さいんだけど口が大きいので多分天然の鮎なんだろうなぁ。と思いつつホクホクと頂きます。

もう一品。もうメニューを見ないでお勧めを注文します;-)。揚げ物の連チャンですが、今度は川エビの唐揚げを。

IMG_2459_ecgyzw_imai_3

こちらは身がふっくらした川エビで、なるぼとー。確かにお勧めだよなぁ。と思いつつ頂きました。このあと日本酒をもう一種類注文し、このお店はとりあえず終了したのであります。

 
このお店は、観光客向けというよりは地元の常連さん向けのお店の雰囲気がしました。飲んでいる最中、多分常連さんから連絡があり、これから来るとのこと。
そして、僕らが飲んでいる最中に年配の女性の方が来たのですが、カウンター(の多分定位置)に着席し、マスターと世間話などを始めました。そして、そのお客さんにはカボチャの煮物などを出していたので、地元のお客さんはスルスルっと入って来て飲んで楽しめるお店なのだろうなぁ。などと思ったのであります。

こーいうお店ってカウンターはお客さんの定位置があるので、今回の僕らのような一見さんはお座敷席のほうが良いのでしょうなぁ。

常連さんの迷惑にならないように、今回はこれで終了。

ちなみに冬の、人が大勢いるときはどんな雰囲気になるのかなぁ?ちょっと気になりました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 36.938705º N
Longitude: 138.806318º E
Map: 36.938705,138.806318

6月 10

西新井。加賀屋。(4)

今日はJRの東京駅は八重洲口辺りにある「加賀屋」の東京駅前店に一軒目に行きました。結局頼んだ料理の出てくるのが遅かった(注文してから20分待ったっ!!)のでキャンセルしてお店をあとにしてきたのですが、どーしようかいのぉ。もぅ一軒行こうかいのう・・。などと思いつつ八重洲地下街に入ったのですが、結局東京駅から離れ地元に戻ってきました。

地元で一人でもう一杯飲むべ。あのお店で。などと思い向かったのは「加賀屋」の西新井店。

うひひ。「加賀屋」のハシゴだぜぃ;-)。
そー言えば、上野広小路店の「加賀屋」のエントリでコメントしてくださった方も加賀屋のハシゴした。と、書かれていましたが、今回の僕もまさしくそんな感じでしょうか;-)。

とわいいつつ、このお店と東京駅のお店では雰囲気やメニューがまるで違います。はっきり言って別のお店に来たと言っても過言ではありません;-)。
ちなみに西新井の「加賀屋」は今回が四回目の登場です。前回は2014年 08月にエントリを書いていますね。

と、いうことでいつも行っているお店の扉をガラガラと開けたら、あいや、常連さんが誰もいない。っていうか、お客さんは僕だけだぁ。状態でした。時間は22:10くらいかな。ホッピー飲んでサクっと帰るぜぃ。って感じです。

IMG_1983_nsari_kgy4_1

カウンターに着席し、今日の出来事をマスターと女将さんに話した(僕は一応常連さんだと思うので、名前を覚えられている;-)のですが、なんとっ!! 西新井の「加賀屋」のオープン時に東京駅前店の店長が応援に駆けつけてきてくれていたそうで、良くご存じでした。そして、お店の近況などを色々話してきました。

 
さて。西新井の「加賀屋」ですが、写真が何枚かあるので今回掲載します。

まずはこのお店の代名詞でしょうか『ち・れ・と・ろ・き』です。あれ?もしかしたら順番が違うかな?。『と・れ・ち・き・ぴ』が正解か? f(^^;;。

IMG_1926_nsari_kgy4_3

常連さんは『ち・き』とか注文したりします。自分の好きなモノだけを食べたいのでしょうなぁ・・。上からタバスコをたらして食べると美味しさ倍増ですが、辛いですf(^^;;。

西新井の「加賀屋」は焼き物・煮込み、簡単に皿に盛ったモノが主なメニューで揚げ物や刺身がありません。開店当初の「加賀屋」の本店のメニューはこんなだったんだよ。と、いうのはマスターの弁です。

もう一品。この店は以前レバ刺しがあったのですが、最近は無くなってしまいました。このお店では炙りレバーが正規のメニューですが、時々こーいうのも出してくれます。

IMG_1838_nsari_kgy4_2

レバーのタタキですね。タレはレバ刺しと一緒でニンニク・ショウガ・ごま油と塩で頂きます。これが、今出せるギリギリのメニューなのかもしれないですねぇ。
もつ焼きで言えば半頃状態です。

 
とまぁ、ホームグラウンドの「加賀屋」で更にホッピーをもう一杯。って感じだったのですが、今回はたまたまお客さんが僕一人で、マスター・女将さんとじっくりと話す機会ができました。最近他のお店でやっている『50周年イベント』についても聞いてきました。西新井のお店ではやっていませんが;-)。

小さいお店というのは店員さんとお客さんの距離が近いのが良いですね。カウンター越しにフツーに話ができる距離がなんとも良い感じです;-)。

 
お店はそろそろ閉店フェーズに移行しているようで、お客さんは僕だけです。ほろ酔い気分で帰投しましょうかねぇ。

「加賀屋」をハシゴした夜だったのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.775956º N
Longitude: 139.790576º E
Map: 35.775956,139.790576

6月 09

東京。加賀屋。

自称ホッピー友の会会長がとあるお店の500yen分の金券を手に入れたらしいので、東京駅の八重洲口に集合です。
僕は勤務地が渋谷なのでJRの東京駅というのは非常に不便なところです。しかし、八重洲方面となると東京メトロ銀座線のほうがアクセスは良いんですね。

と、いうことで今回東京駅八重洲口にあるお店の前に集合したのでありました。「加賀屋」。

今回行ったのは「加賀屋」の”東京駅前店”というのになりますね。

最近は「加賀屋」ばっかり行っているじゃーん。とか、ツッコミ入りそうですが、まぁ、それはそれ、色々なお店に行くのでありますf(^^;;。

IMG_1967_tokyo_kgy_1

ちょっと見た感じカッコ良い雰囲気のお店ですね。早速中に入りましょう。今回は自称ホッピー友の会会長が席だけ予約しているようだったので特に慌てることも無く、テーブル席に着席したのであります。

ふむ。普段良く行く「加賀屋」の雰囲気とはずいぶんと違いますね。テーブルや椅子が豪勢で、こー言ってはなんですが、ワンランク上の雰囲気を醸しだしております。

僕は瓶ビール(アサヒスーパードライの大瓶)と、自称ホッピー友の会会長はサンガリアを注文しました。サンガリアはワインに果物がドドドと入ったピッチャーで出てくるのかな?と思ったのですが、グラスで出てきました。ピッチャーでも頼めるのかな?
一口味わいましたが、柑橘系の味が濃いですかね。冬の季節だと(手作りであれば)リンゴなどが入るかと思いますが。

 
メニューを見て料理を注文しようかと思いましたが、メニューには日本酒・焼酎の色々な銘柄が載っていて中々料理まで辿りつけません;-)。

今回の注文は焼きは豚バラを二本を、他には牛すじのワイン煮、そして鶏皮ポン酢を注文しました。
どれも他の「加賀屋」では中々見られないメニューですねぇ;-)。

厨房を覗くと”シェフ”っぽい人がいました。その方が洋風のメニューの担当なのかな?

豚バラの写真はありません。一枚目の写真は牛すじのワイン煮です。

IMG_1980_tokyo_kgy_2

牛すじが入っいる器は小さいんだけど味が濃くて牛すじがトロケる旨さです。でもってパンも一緒に出てきたのでその上に乗せて食べることも可能です。ちょっと、普段行く「加賀屋」の味ではないですねぇ;-)。

瓶ビールが終わったので僕はホッピーに移行します。ホッピーは「加賀屋」の定番メニューですねぇ;-)。

そして、二枚目の料理の写真は鶏皮ポン酢です。
この料理、あちこちのお店で頼んだりするのですが、ここのは一味違いました。

IMG_1982_tokyo_kgy_3

ネギが多いのですが、鶏皮は火で炙ってあるので風味が良いですね。ぐにゅ。って歯触りではなくパリっとしていて、茹でてあるのとはまた違った味がしました。そして器が高級料理っぽい;-)。

このあと、ホッピー中を注文したりして過ごすのでありました。

 
実はこのあと、もう一品、アボガドの天ぷらなる料理を注文したのですが、出てこないので結局食べずに出てきてしまいました。

お店の雰囲気は他の「加賀屋」とは違って圧倒的に贅沢な感じでメニューもちょっとお高めです。もう一個、他の「加賀屋」と違う点があります。それは料理の出てくるのが圧倒的に遅い。と、いう点でしょうかね。

商品単価が高いのでお客さんの回転を速くする必要は無いんでしょうかね?

もう少し料理の出てくるのが早いほうが、僕は好きだなぁ。

と、いうことでなんか尻切れトンボぎみにこの店を後にするのであります。

今回は『こーいう「加賀屋」もあるんだねぇ。』と、いう、あくまで”取材”でしょうかね;-P。

 
次の店、どっかいくかねぇ・・。

 
GPSポイント
Latitude: 35.678683º N
Longitude: 139.769386º E
Map: 35.678683,139.769386

6月 06

御徒町。加賀屋。

今日は秋葉原に来ました。世の中はボーナスが出るようで、お店でもボーナスセールなどをやっていました。まぁ、日本の人はボーナスが出るのかも知れませんが、それとは別に海外からの人もたくさんいるわけでして、そーいう人々にボーナスセールというのはあまり関係ないでしょうかねf(^^;;。

適当にパソコンショップを覗き色々見物したりして、アキバを後にします。今日はそんなに暑くは無いので健康のために歩こうかと思い、上野方面を目指してずんがずんがと進むのであります。

途中ノドが乾いたのでちょっとだけ「たきおか」に寄って瓶ビールで喉を潤します。うひひ。となりで飲んでいたおやっさん長野県は上田の人のようで『あ。僕の実家は菅平を超えた向こう側ですよ。』などと話したら固い握手を交わし、新幹線が出発するので。と、いうので帰って行きました。
この辺り(上野の飲み屋界隈)では長野の人が多いですねぇ。以前「大統領」で突然信濃の国を歌い始めたこともあるねぇ;-)。

と、いうことで、時間はそろそろ17:00です。そー言えばこの界隈にもあのお店があったねぇ。と、いうのを思い出し、とりあえず足は上野松坂屋のほうに向くのであります。

お。あったあった。場所的、最寄り駅的には御徒町なのですが、店名としては”上野広小路店”ですね。「加賀屋」。

時間は17:01くらい。店に入った一番の客は僕でした。お店は地下にあります。

IMG_1934_uen_kgy_1

一人だったのでカウンターに着席すると、店内はクーラーも効いて無くて『暑いかな?』とか思っていたのですが、その後だんだん涼しくなってきました。ふむ。一番のお客だねぇ。僕は。などと再確認しつつ、ホッピーを注文するのであります。

ここのお店ではもつ焼きは三本一皿です。そのシステムが解って無くて、店員さんに「タン・カシラ・レバーください。」と、注文してしまいました。で、メニューをヨクヨク見てみるとどうやら合計九本出てくるみたいで、慌てて『あー。済みません。そんなに食べられないのでこの三本セットにしてくださいf(^^;;。』とお願いしました。ギリギリセーフでした。

と、いうことでもつ焼きの写真はありません。もつ焼きの他に頼んだモノを掲載します。まずはハモの梅肉。もうハモが出回っているんですねぇ。季節モノなので注文しました。あ。黒板メニューです。
出て来たのはこんな感じ。

IMG_1937_uen_kgy_2

今年の初モノです。去年食べたかなぁ?ホロホロとした身に梅肉を付けて頂くのであります。
今回食べたのは小骨のイメージはあまり感じられませんでした。
あと、たまに醤油を付けて食べると味が変わって楽しいのですが、やはり梅肉で頂くのが一番美味しいのかもしれません。

一回目のホッピーは中身も終わったので二回目のホッピーは黒を注文し、料理ももう一品注文します。今回も黒板メニューから注文したのですが、クジラの刺身があるのでそれを。他にはホヤの刺身もあり、どっちにしようか迷ったのですが、クジラの刺身にしました。

出て来たのはこんな感じ。

IMG_1941_uen_kgy_3

凍った状態ではない形で出て来ました。赤身が鮮烈でした。醤油とわさびで頂きます。
切り身からは赤いのが出てくるので大根に付けて落とします。そして口の中に入れるのですが、コリコリっとした感じのクジラの刺身です。なに鯨なのかな?僕は山の人間なのでいまいち解りませんが。しかし、ネットリしたモノとは違い中々美味しいのでありました。

 
と、いうことで、今回このお店は初めて来ました。「加賀屋」はアキバにもあるのですが、僕はアキバを散策している時間帯、まだお店が開いてないんですね。なので今回はテクテクと歩きつつ、このお店に行った。と、いうことなんですけどもね。
それにしても、今の季節、いろいろと美味しいものがあって嬉しいですねぇ;-)。

さてと。もう少し歩きましょうかねぇ。今度は三ノ輪辺りを目指して歩き恥じることにしましょうかねぇ。

 
GPSポイント
Latitude: 35.706472º N
Longitude: 139.773353º E
Map: 35.706472,139.773353

5月 01

松本市。風林火山。

ゴールデンウィークを利用して松本に来ました。05/01に都内から中央道を利用して移動したので渋滞にはまるというようなことは特になくスルスルと松本へ。ただし、全部高速道路で走ると料金が随分高くなるのと、天気が良かったので途中で下におり八ヶ岳の麓の道を走りつつの現着となったのであります。
松本ではホテルを予約していたのでチェックインし、一日目は移動のみで終了。夜は松本駅前の散策に向かう準備を整えるのであります。

そんなこんなで17:00を回ったので駅前辺りを散策します。今回行ったお店は松本駅から放射状に伸びる道の一本、ちょっと奥にあるお店にしました。「風林火山」。

店名からして中々アレですが、松本では有名なお店のようですねぇ。17:30開店ですが、開店前に入り口にお客さんがいます。僕ら(今回は二名で松本散策)は17:32頃お店に入ったのですが、予約のお客さんとか、既にお座敷席で宴会を始めている人もいます。そして、18:10くらいには全席一杯になってしまいました。うひー。出遅れていたら座れなかったんだねぇ。と、なるのでありますが。

IMG_1524_mtsumt_frnkzn_1

お座敷席の奥のテーブルに通され、着席し、一段落したら注文します。このお店、地酒が色々あるので最初から地酒を頂きます。

注文した料理は長野産のサーモンと馬肉の盛り合わせです。どちらも地のモノであり、それが一つのお皿に載っています。両方注文する必要が無いのが嬉しい;-)。が、写真はありません。

メニューはテーブルの上に紙に書かれたものがあります。レギュラーメニューの他に本日のお勧めがドドドと書かれているヤツですね。そのメニューを眺めたり色々選ぶのも楽しい作業です。

写真を掲載するのは鹿肉ステーキ。俗に言うジビエですね。

IMG_1516_mtsumt_frnkzn_2

色はあまり美しくないですね。あと、結構サッパリしています。そして、ちょっと堅め。ワインソースが垂れています。ステーキのうしろにある野菜も美味いです。鹿肉と野菜を食べる感じでしょうかね。

しかし、ジビエです。中々食べられないかなぁ。などと思い頂くのであります。そー言えば、今から20年くらい前に北海道をバイクで旅していた頃にラーダーズハウスでジンギスカン鍋で鹿肉(蝦夷鹿)をごちそうしてもらったことがあります。ガッツリ食べるのはそれ以来かな?

 
もう一品注文しました。今度は山賊焼きを注文します。鶏モモを丸ごと揚げたような感じでしょうかねぇ。

IMG_1520_mtsumt_frnkzn_3

食べると確かに美味しいですね。鹿肉がサッパリめだったのでそのあとにこれを食べるとジューシー感が感じられます。

しかし、僕は長野県の北信地方の出身なんだけど、松本は今回初めて来ました。松本って昔から(“昔から”というのは僕がちっこい頃からという意味です;-)の名物だったかなぁ? 馬刺し を食べる文化は北信には無く、中信以南で食べられてたのは知っていたけど。最近流行のB級グルメかな?

 
飲み物は珍しい長野の日本酒を飲みつつこれらの料理をつつくのであります。

今回食べたのは一応全てが郷土料理かな? 中々良い感じのお店で、長野の中信の味を満喫できたのであります。

 
明日は朝早くから松本城を散策します。

長野県は長野と松本は仲が悪い。と、言われていましたが、それに感化されたわけではありませんが、今回初めての松本だったのであります。ただ、大宮と浦和ほど仲が悪いようには思えないんですが、それは間を取り持った『信濃の国』があったからかな?;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 36.231340º N
Longitude: 137.965935º E
Map: 36.231340,137.965935

4月 17

勝どき。なかむら。

今日は仕事で勝どきに来ております。館詰め状態ながらもお昼は「トンテキラート」で頂きました。そして、午後も精力的に仕事をこなし;-)、ようやっと18:30くらいには帰るメドがついたのであります。

勝どきでの仕事が終わり、普段であればそのまま月島まで歩いて行ったり、はたまた門仲(門前仲町)とか森下辺りに行ってしまうのですが、今日は『せっかくなので勝どきのお店にでも行ってみるかなぁ。』となったのであります。

勝どきは駅の上に立派な建物ができたのですが、その前辺りには昔ながらの飲み屋さんがあるので今回はその一角にあるお店に入ってみました。「なかむら」。

同じ並びにある「ひろ藤」には過去に行ったことがあるのですが、今回はそこから三軒ほど隣にあるお店です。
それにしても「ひろ藤」も写真がちっこい頃に行って以降行ってないので再訪しないとなぁ。

IMG_1376_kcdk_nkmr_1

入り口をガラガラと開けると左側が小上がり、右側がテーブル席となっておりました。カウンターがなかったのであやや。とか思ったのですが、お店の人が『どこでも好きなところに座ってくださいー。』と、いうので入り口に一番近い四人がけのテーブルに一人で着席し、宴会のスタートなのであります。

僕よりも一足早く宴会を始めているチーム(五名くらい)がありました。小上がりでそこそこ盛り上がっているようだったので、僕もスルっと座れて、小さく宴会のスタートですね;-)。

 
このお店、瓶ビールは中瓶のようだったので、最初からホッピーを注文しました。と、いうか、ちゃんとホッピーがあるのが嬉しいですね。

ホッピーがテーブルの上に届いたときに料理を注文。おすすめメニューは月間のようですが、とり皮の生姜焼きというのがあったのでそれを注文しました。

女将さんが奥に行ってからジャージャーと炒める音が始まったのでもうすぐ出てくるでしょう。ホッピーと一緒に出てきたお通しをつまみつつのんびりとお店の風景を眺めたりメニューを見たり、のどが渇いたのでホッピーをカブガブと行きます;-)。

そして、出てきた一品目の料理はこんな感じ。

IMG_1369_kcdk_nkmr_2

ほー。カリカリのとり皮炒めですね。でもって醤油味ベースの生姜焼きの味がちゃんとします。豚の生姜焼きと違いカリカリ感が良いですね;-)。

今回は瓶ビールを頼んでないのでホッピーのペースが早いです。中→新規→中と続きますね。そして、もう一品。マグロのサイコロステーキというのを注文しました。

出てきたのはこんな感じです。

IMG_1372_kcdk_nkmr_3

なるほどー。四角いマグロがゴロゴロとお皿の上に山盛りですね。味は醤油ベースのタレで頂きます。牛肉のステーキと違って油っこくはないので体に良いかな? ワサビをつけつつ、つーんっ!! と華に抜けるからさを楽しむのでありました。

 
このお店、壁にはレコードがジャケットと一緒にかざってあります。女将さんは雰囲気が日本人ではないような気がするのですが、喋っている言葉は流暢な日本語です。中々品が良さそうな雰囲気も醸しだしております。でもって飾ってあるレコードはビートルズが多いので、たぶんそっちの国の人かなぁ?などと、勝手に思っただけで、実際には確認していませんf(^^;;。

それにしても、ウィ・アー・ザ・ワールドのLPジャケットなんて初めて見たよー。確かCDやiTMSからダウンロードする楽曲では見たことあると思うんだけど。あ、そー言えばうちの兄ちゃん(実兄)はバンド・エイドの『Do They Know It’s Christmas?』はレコードで持っていたなぁ(うちの兄ちゃんはアメリカよりもヨーロッパ系アーティストのほうが好きだった。ちょうど80年代の洋楽バリバリの時期ですね;-)。などと、一人飲みながらもこのお店の店内を眺めているだけでも十分に楽しめるのでありました。

さてと。別のお客さんが来たようなので、一人で一個のテーブルを占拠している僕はそろそろおいとますることにしましょうかねぇ。

 
古いモノと新しいモノがまざり合っている街勝どき。僕はもっと古い方のお店に色々行ってみたいなぁ。と、そんな風に思った勝どきの夜なのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.658990º N
Longitude: 139.776064º E
Map: 35.658990,139.776064

1月 28

渋谷。天空の月。(2)

今日は渋谷で新年会でした。

総勢10名の新年会。それにしても一月中に開催できてよかったです。と、いうことで、僕が幹事さんが指定したお店にテクテクと歩いて行くのみで良いので楽ちんですね。

渋谷の道玄坂の交番のすぐ近くにあるビルの三階にあるお店です。「天空の月」。

このお店は、このブログでは二回目の登場になります。前回ここに掲載したのは2008年05月でしょうかね。掲載後は二回くらい行っていると思うんですけどもね。しかし、随分とご無沙汰の掲載です。

エレベーターを3Mの表示で降りたらちょっと階段を登ったところにお店の入り口があります。

IMG_0733_sby_tnkunmoon2_1

写真はエレベーターを下りたところで撮りました。

そのまま店内に入り、宴会場へ向かうのであります。このお店の良い所は個室が充実している点。大勢の宴会なども周りの人に気兼ねなく宴会ができる。と、いうところでしょうか。

今回はコース料理ではなく、席だけ予約だったので、食べ物や飲み物はメニューを見て色々選びます。幹事さんの好きなモノの他に他の人も食べたいものを色々注文できます。

まずは刺身を。今回は10名の宴会だったので何でも二つづつ注文しました。

IMG_0734_sby__tnkunmoon2_3

マグロのトロとスズキ、そして、お刺身盛り合わせには珍しくウニが載っています。ウニの下にはトゲトゲの殻があるので、身を取ったのが上に載っているんでしょうなぁ。ふむー。とろける;-)。

もう一品は焼き鳥盛り合わせ。こんな感じで出て来ました。

IMG_0736_sby_tnkunmoon2_2

この他にシーザーサラダなども出て来ましたが、写真はありません。が、ここで食べるシーザーサラダは味が濃いですね。こんな濃いぃシーザーサラダを食べたのは初めてで、そして美味い。チョーこってりしたカルボナーラを食べている雰囲気でした。

他には鳥カラが出てきました。あと、ジャガイモの煮っ転がし風色々な野菜載っているヤツ)僕が注文したわけでは無いので名前はわからないf(^^;;)などなど、どれも非常に美味しいものを頂いたのであります。

 
10名の宴会なので飲み物も各自好きなモノを注文していきます。焼酎ロックが好きな人やひたすら生ビールを飲み続ける人など。

色々話つつ、色々食べつつ色々飲みつつ時間は経過していくのであります。
お店は19:00から宴会スタートだったのですが、お開きになりお店の外に出たら23:30でした。うひっ。大急ぎで駅に向かったのですが、随分と長い時間の宴会でした。それだけ居心地が良いのでしょうなぁ;-)。

 
さてさて。最後にですがこのお店、真剣に食べて飲んでいると一人当たりの単価が随分と高いモノになります。それはそーでしょうなぁ。出てくる料理がしっかりしていると思うし、多分値段相応だと思われます。

あと、今回の宴会の参加者はほぼ全ての人が40代に突入しているので、こーいう落ち着いた雰囲気の中で個室で和気藹々と美味しいものを頂く。と、いうのがそろそろ似合ってきているのだと思われます。

これが20代の頃たと『高ぇなぁ。』などと思うのかも知れないですけどね。けど、高いと感じたのは長い時間食べたり飲んだりしていたからかな? と、いう気がしないでもありませんf(^^;;。

たまには大人の雰囲気のお店も良いのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.657150º N
Longitude: 139.695499º E
Map: 35.657150,139.695499

1月 04

浅草。鐡屋。(2)

今日は浅草に来ました。なんてったって、普段は01/05に行われるJRAの金杯が日曜日に開催される。ってんでね;-)。駅の売店でニッカンスポーツ新聞を購入し、北千住からつくばエクスプレスで浅草に向かうのであります。
電車の中では新聞を開いている人を多数見かけました。まぁ、僕もそのうちの一人でもあるんですけどもねf(^^;;。

まず最初に向かったのは地下から出てちょっと歩いたところにある「安兵衛」。立ち飲みのお店なのですが、店内もテラス席(道路バタで立ち飲み。とも言う;-)も随分と混んでおります。瓶ビールと塩味の牛すじ煮込みを注文し、新年の浅草を満喫するのであります。

この「安兵衛」というお店はおけら通り(競馬をやらない人はホッピー通りと呼んでおりますが)のお店と随分と値段が違います。座れないけど安くて美味しいお店です。

 
さてと。僕は浅草に馬券を買いに来るのは随分と久しぶりです。7,8年ぶりくらいじゃないかなぁ。以前は年に20回くらい浅草に来ていた時代もあったけど。

と、いうことで、僕的には『競馬の予想を立てるのであればあのお店で。』と、いうところがあったのでそこに行きました。

おけら通りの出口に近い辺りにお店ですね。「鐡屋」。

IMG_0519_asks_krgny2_1

このお店は以前このブログで掲載したことがありますが、随分と前になりますね。まだ写真がちっこい頃ですね。と、いうことでそれくらいご無沙汰しているのであります。

店内は人が溢れているのですが、お店の人に声をかけるとカウンターに一個席が空いている。とのことでしたのでそこに着席し、ホッピーと牛すじ煮込みを注文するのであります。

ホッピーを待っている間に新聞を引っ張りだし自分のスタイルを構成しつつ、テレビから流れている競馬中継を確認しつつ随分と懐かしいスタイルで呑みのスタートです;-)。

IMG_0514_asks_krgny2_2

今回は中山9,11、京都9,10,11とやりましたが、見事に惨敗。一個だけ、中山9レースの初日の出賞の一着7番 ベルゲンクライ の予想はズバリ的中。ただ、馬券は筋違いで購入していたので当たらなかったのですが、読みはバッチリと当たったのでありました。が、それだけですかねぇ・・f(^^;;。

おっと。このブログは競馬の話を書く場所ではないですねf(^^;;。

出てきたホッピーと牛すじ煮込みと競馬新聞の図。週末の浅草おけら通り(何回も書きますが、競馬をやらない人はホッピー通りと呼んでおります;-)の店内の様子ですね;-)。

 
その後、再度ホッピーをお代わりします。そして、ハムチーズなどを。

IMG_0518_asks_krgny2_3

デザインが中々美しいですねぇ。これらをつつきつつ、競馬新聞に目を通し、iPhoneで馬券を購入し、店内のテレビでレースを観戦するのであります。

まぁ、正月から贅沢なことですねぇ;-)。ただ、どのレースもひとつも当たらなかったのが非常に悲しいのでありますが・・。orz

 
さてと。一応メインレースが終わったのでこのお店を出ましょうかねぇ。太陽はようやっと西日になり始めたところでしょうかねぇ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.713769º N
Longitude: 139.794155º E
Map: 35.713769,139.794155

12月 10

小川町。志波多。

会社の帰り道、東京メトロ半蔵門線の神保町駅を降りると、そこからは御茶ノ水に歩いたり、小川町、淡路町など、比較的アプローチが良くて、そして歩いていて中々楽しい界隈なのでありますね。
今回は新御茶ノ水辺りに用事があったのでそこまでテクテク歩き『スキーシーズンだねぇ。』などと、スポーツ用品屋さんがたくさんある通り(靖国通りで良いのかな?)をズズズとトラバースなどしていくのであります。

で、用事が終わったので、ちょっと一杯やっていこうかねぇ。などと、思い、通り沿いから一本路地に入ります。そこには中々シブい雰囲気のお店があったのでちょっと入ってみたのでありました。

路地裏に輝く赤い看板の居酒屋です。それにしてもなんと読むのかな?「志波多」。

入り口を入ると右側に大きなテーブル席、左側に四人がけのデーブル席が二つ。その奥が厨房とカウンターになっております。今回は二人だったので四人がけのテーブル席に着席し、宴会のスタートです。

IMG_0362_ogwmc_sbt_1

店内、大きなテーブルには五人のお客さんが、カウンターには一名、で、僕ら二人。という布陣です。
まずは瓶ビールを注文しましたが、お。赤星が出てきました。中々良いですね;-)。

二人でビールをフパーっと飲みつつ喉を潤し、料理などを注文するのであります。

まず最初はチーズフライ。そして、煮込みを注文しました。チーズフライはこんな感じでした。

IMG_0356_ogwmc_sbt_2

思っていたのは餃子の皮にくるまれたチーズが揚がっている、あちこちのお店で出てくるようなヤツなのかと思いましたが、今回出てきたのは、雰囲気的にはちくわの磯辺揚げ、それのチーズ版。と、いう雰囲気がします。一口食べると確かにチーズフライなのですが、青のりの風味もする。これはこれで中々面白い食感というか、食べ物ですね;-)。

そのあとに出てきたのは煮込み。まぁ、今回行ったのは居酒屋さんで、もつ焼き屋さんではないのし、なのでこーいうのでも良いですね。ビール飲みつつこれらを突くのであります。

IMG_0357_ogwmc_sbt_3

具はモツ・豆腐・こんにゃく・人参・大根・ごぼうなど、煮込みの具としてはほぼオールスターキャストですね。七味をパラリとかけて頂くのであります。

 
飲み物はホッピーもあったようですが、瓶ビールが終わった後は酎ハイに移行しました。一緒に行った人はライムサワー、僕は梅サワーを注文しつつ、料理はそのあと、カワエビの唐揚げなどを注文し、ズイズイと進むのであります。
酎ハイは濃い味ですね。シロップがたくさん入っているので濃い感じのする飲み物でした。

 
さてと。お店の雰囲気をちょっと書いておきましょうか。
時期的に、シャバ(わかりますよね?とある方面の『業界用語』だと思うんですけども;-)は忘年会シーズンです。でもって時間的には一次会が終了し二次会に行く人がたくさんいる状態でしょうかね。
ここで飲んでいるときも、六名とか、10名なんですけど。って、人が来たりしました。皆さん二次会の酒場難民なんですねぇ。

しかし、お店の人は『今日はもうお客さん来なくてもジューブンだもんねぇ。』みたいな感じ(この辺り、シーナ誠のマネちっくに昭和軽薄体な文章で;-)で、そこはかとなくおっとりと構えているんですね。ドタバタしてないし、お店にギューギュー詰め込む気もないみたいだし。中々面白いお店だなぁ。などと思ってしまいました。

お店は女将さんともう一人の店員さんで切り盛りしているようでした。

うちらはもう既に店内に入って一杯ヤっているので、どちらかと言うと、ドドドと大人数が入ってきても困るなぁ。と考える側にいる立場なので、その気持ちをじゅーぶんに解ってくれているのか、まぁ、とにかく中々面白い雰囲気のお店だったのでありました。

 
普段、この辺りでは中々飲む機会というのは無いのですが、今回行ったこのお店は中々楽しい(面白い)雰囲気の中でお酒が飲めたのでありました;-)。

会社帰り、神保町から新御茶ノ水辺りは徒歩で動き回れるので今後はあちこちに行ってみようかなぁ。などと思ったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.695557º N
Longitude: 139.766152º E
Map: 35.695557,139.766152

11月 19

品川。夢や。

今日は品川にやって来ました。古いお友達が、大阪から東京に出張でやってくる。と、いうので、同じく東京に住んでいる古い友人が集まり、帰りに楽ちんなところで宴会です。

それにしても、最近の品川駅というのは人が多くて驚きました。僕が田町の会社に行っていたころ(20年くらい前かぁ?)にはもっと人が少なかったような気がするのですが、歴史というか、時代は流れているのですねぇ。

と、そんなこんなで宴会の開始は18:00。僕はちょっと遅れて海側の階段を降りて怪しい細道に入ったところに煌々と輝く看板を発見しました。今日の宴会はこちらでやるようですね。「夢や」。

IMG_0218_sngw_yumeya_1

入り口を入ったところにあるテーブル席で懐かしいメンバの顔が見えました。生ビールで乾杯したところで後一名来る。と、いうので三階のお座敷席に移動します。本日は大阪からの出張一人を含む全部で五名が集まりました。

やーやーやー。などと言いつつ乾杯です。
今回のメンバは日本酒好きが多いですし、僕も含めてその昔 “日本酒ML” に入っていた(知っている人は知っていると思いますけど、インターネット聡明期に日本の企業がJUNETに接続していた頃のお話です;-)人もいたので日本酒にドドドと流れていきます。そして、このお店にはさまざまな日本酒があるのでちょうど良い;-)。久しぶりに清泉なんかも飲みましたしねぇ。

と、いう、ことで日本酒に合う料理というか、おのおのが食べたい料理を注文して行くのであります。

まずは簡単に思いつくところでもつ煮込みなどをいただききます。写真はこんな感じ。

IMG_0220_sngw_yumeya_2

それなりに大きめな器でモツにはアブラプルルンな部分がついていて中々美味しいですねぇ。七味をパラリとかけて日本酒と一緒に頂くのであります。

今回は五名での宴会でしたが、いろいろな日本酒を飲みいろいろな肴を注文していきます。その中から料理の二枚目の写真はこれ。

IMG_0225_sngw_yumeya_3

まぁ、例のごとくというか、いろいろなお店で食べたり、自分で作って写真を掲載したりしてますが、しめ鯖。基本的に好きなんですよねf(^^;;。
ここのしめ鯖もキラキラと輝いているので中々美味しそうです。こーいうのが日本酒にピッタリですねぇ;-)。

 
さてさて。日本酒はいろいろ頼みましたがトックリに冷で出てきました。今回、一緒に飲んだメンバの中に、空いた徳利をわざわざ倒す人がいたんですが、まぁ、確かにそーですよねぇ。僕もそれには賛成;-)。空っぽなとっくりを取っておちょこに傾けても何も出てこないのは悲しい。で、一目でカラだとわかるしねぇ。

とまぁ、いろいろ、ウダウダとお話しつつの懐かしいメンバでの飲み会だったのでありました;-)。
しかし、どんな日本酒を飲んだか書かれていない。と、いうのは本当にあれ、飲んだくれオヤジですねぇ・・f(^^;;。俗に『覚えない。』とも言いますが・・。orz

 
GPSポイント
Latitude: 35.629055º N
Longitude: 139.742499º E
Map: 35.629055,139.742499