5月 21

上野。串揚げじゅらく。

今日は上野に来ました。ちょいとアメ横辺りを散策です。でもって「大統領」などを覗くのですが、到底そう易々と入れるものではありませんねぇ。そして「大統領・支店」は以前あった場所から「たきおか」の前辺りに移動したみたいです。この辺り、本当に最近は激戦区になっていますねぇ。昼間から上野でちょっと一杯。と言うには持ってこいの通りになりました;-)。

そんなこんなで「大統領」の前の道を、以前あった支店方面に進むのですが、おやまぁ、串揚げ屋さんが新しくできているようです。でもってその名前が “聚楽” と来ている。やぱり上野と言えば “聚楽” と言うのは外せませんねぇ。
上野を起点として地方に戻る人、例えば「上野発の夜行列車降りたときからぁ♪」なんてのを口ずさむ人にとっては「上野と言えば “聚楽”」なのであります。信越本線を利用する人も上野起点なんですよねぇ;-)。

そんな感じで入るのであります。「串揚げじゅらく」。

上野で “聚楽” と名前の付く、最新のお店ではないでしょうかねぇ?実際どうなんだろ?店内の席が空いていたのでズイズイと入ってテーブル席に着席するのでありました。

IMG_2126_ksag_juraku_1.jpg

着席したらただちに瓶ビールを注文しました。そしたら瓶ビールと一緒に塩昆布と塩味ドレッシングのかかったキャベツが出てきました。これがお通しですが、おかわり自由だそうです;-)。パリパリパリ。

お店が串揚げのお店なので、基本的には”大阪の味”のお店。って感じでしょうか。串揚げ10本セットを行きます。そして、早く出てきそうなので、酢モツを。

両方とも出てくるまではキャベツをパリパリしていれば良いので嬉しいですねなどと思っていたら出てきました。

IMG_2122_ksag_juraku_3.jpg

ハチノスベースの酢モツというのも珍しいですね。上に大根おろしが載っていて、その上に更にdefaultで唐辛子が載っています。こーいうのってビールが進むのよねぇ。サッパリと、そしてヒーヒーと頂くでありました。

味わっていたら本日の真打ち登場です;-)。串揚げ10本。

IMG_2124_ksag_juraku_2.jpg

瓶ビールはもう終わってしまったので、飲み物をホッピーに切り替えます。串揚げとホッピーの飲み合わせ。考えてみるとなんか新鮮かな?大阪にはホッピーって無いからねぇ;-)。

ソースを一回だけ付けて、あぢあぢと言う人と化してホクホクの串揚げを頂くのでありました。僕、レンコン好きなのよー。みたいな感じで。出てくるモノはセットなので基本的にはお店の人のおまかせです。けど、それはそれで何が出てくるのかハラハラワクワクドキドキで楽しいのであります;-)。

それにしてもホッピー中おかわりして、おかわり自由なキャベツを一回おかわりしたので、もう少し串揚げを頂きましょうか。でもってホッピー再度新規で・・。などと泥酔の泥沼化への道をまっしぐらに邁進するのでありましたf(^^;;。

上野と言えばやっぱり “じゅらく” だね。西郷さんの下にある(あった) “じゅらく” はいつ復活するのかなぁ?酔った頭でそんなことを考えつつホッピー最後の一口をコプリとノドに流し込むのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.710661º N
Longitude: 139.774821º E
Map: 35.710661,139.774821

4月 21

大阪。大万。(2)

大阪の新世界辺りは非常に楽しいのであります。一番面白いのは将棋を打っている人を、窓の外から眺めることかなぁ。あ。違うや。将棋の手を見るのが楽しいんだ;-)。

で、「ホルモン道場」を出た後、将棋を眺めつつ、地下鉄御堂筋線と堺筋線の二つが交差する動物園前駅を目指すのであります。

今日もやっていると嬉しいなぁ。と言う気持ちで訪れたお店。「大万」。

この前回訪れたと言うかこのブログに掲載したのが2007年05月ですかー。その後確かもう一回くらい行っているような気がするのですが。

IMG_0911_snski_ooman2_1.jpg

それにしても、信号のこっち側からお店を眺めたら驚きました。「本当にやっているの?」って。だって、お店の看板が無いんだもの・・。のれんはかかっていたのでそのままくぐってみました。そしたら、おぉ。おばぁちゃんが相変わらず「いらっしゃーい。」って迎えてくれたのでありました。

瓶ビールください。後、ホルモン焼きを五本。と、注文。焼いている最中に看板のことを聞いてみました。

「看板無くなっていたのでちょっと焦りましたよ。」
「あぁ。とれそうだったのでご近所さんに手伝ってもらって取ったのよー。」

だそうです。看板がなくともこのお店はまだまだ健在です;-)。

お。ホルモン焼きができたようですね;-)。

IMG_0908_snski_ooman2_2.jpg

これを二人で食べるので比較的容易に、ペロッと平らげるのでありました。続いて串カツをやはり五本注文します。焼いたのとおなじのにコロモを付けてカラっと揚げてくれるのであります。それも目の前で;-)。

お。できたようですね。

IMG_0909_snski_ooman2_.jpg

これを食べつつ、話に花が咲くのでありました。

滞在時間は瓶ビール一本分なので大体20〜30分程度でしょうか。僕らが椅子に座ったときはお客さんが一人いました。その後帰って行きましたが。で、帰る間近になって二人程入ってきました。

おあいそしてもらったら800yen。瓶ビール大瓶で400yen。串は一本40yen。ふむー。大阪(の、この辺り)ですねぇ。と、うなってしまうのであります。

約三年ぶりくらいに訪れたこのお店、次回大阪に来たとき、それはいつになるのか全く解りませんが、変わらぬ感じで残っていてくれると嬉しいなぁ。などと思いお店を後にしたのでありました。

この後、動物園前一番街からスーパー玉出に寄って萩之茶屋本通りに入って、あの辺りの濃いぃ大阪を満喫するのであります。土曜日の15:30前後って、ちょっと凄いですね。あの辺り;-)。

GPSポイント
Latitude: 34.648355º N
Longitude: 135.505633º E
Map: 34.648355,135.505633

4月 06

築地。小田保。

今日は仕事で勝どきにきました。そこで一日中作業になるのですが、ホッと一息付けるのがお昼の時間なのであります。一緒行った同僚が「築地場内でなんか美味しいモノでもたべましょうかねぇ。」と言うのでかちどき橋を渡り一路築地を目指すのでありました。

築地と言うところ、実はあまり行ったことなくて、今回が多分三回目くらいだと思います。その昔行ったのは場外の「きつねや」ですなぁ。と、言うくらいつまりは行ってない。と言うことですねえf(^^;;。

今回は築地市場の場内に足を運びました。時間はお昼時だったので市場としての活気はそんなにありませんでした。が、しかし、食堂がある辺りは行列ができているお寿司屋さんとかがありました。僕らはグルッと一周した後、混んでいるお寿司屋さんの横の定食屋さんに入るのでありました。

のれんには “とんかつ” って書いてあるですねぇ。「小田保」。

IMG_1905_odaho_1.jpg

店内の席の数はそんなに多くはないですね。八名くらいが入ると一杯になってしまう感じでしょうか。僕はカジギのショウガ焼き、同僚はカキの盛り合わせを注文しました。出てくるまでちょっとお話します。仕事の話とか、築地の話とか;-)。

まず最初に出てきたのが同僚のカキの盛り合わせ。写真が無いのが残念ですが、カキはバター炒めとカキフライ、それぞれ三個ずつ載っています。いやーカキ一個がでかいのでボリューム満点です。カキフライ一個頂いてしまいました。ありがとうございました;-)。

僕のは大体こんな感じです。

IMG_1906_odaho_2.jpg

僕は基本的に生のカジキとか好きで食べたりするのですが、今回はショウガ焼き。大きいのドーンとお皿の上に乗っているのであります。味はゼツミョーって感じでしょうか。ただ、ちょっとと言うか、僕的にはかぁーなり 薄いっ!! って感じましたね。なのですぐに終わってしまう。ご飯は大盛りにはしていないのですが、お茶碗一杯分の量でした。ちょっと悲しい感じだったかな・・。

魚の切り身ってのはもっと分厚いほうが美味いですぜぃ。 > お店の人。その分値段高くなっても良いからさぁ。まぁ、夜にはガッツリと行くつもりなのでハラ八分目辺り(本当は五分目にもなってない)がちょうど良いということにしておきましょうかねぇ。

この後、腹ごなしに場外を散策し、職場に戻り作業を継続したのでありました。

しかし、お昼時にあの辺りをご飯を食べるついでに散策するのは本当に良い季節になってきました。桜もちらほらと咲き始めていますしねぇ。楽しいお昼の時間なのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.663707º N
Longitude: 139.769642º E
Map: 35.663707,139.769642

3月 19

業平橋。なりひら。

直通運転中止中の東京メトロ半蔵門線と東武伊勢崎線です。なので、押上駅から業平橋駅まで歩くのですが、その途中のお店にちょっと立ち寄ってみましょう。そんな感じで一軒目は「松竹」に行ってもつ焼きとホッピーをちょいと味わったのであります。

その後、浅草通り沿いを歩き、業平橋の駅まで行くのですが、途中に「ん?」と思えるようなお店を発見しました。店の作りは日本料理の定食屋さんちっくなのですが、外にあるメニューを軽く眺めたら目が行ってしまいました。「鳥わさ400yen」うん。ここに入ってみることにしましょう。

そんな感じで入る、浅草通り沿いのお店。お店のすぐ裏にはスカイツリーがあります。「なりひら」。

IMG_0796_nrhrbs_nrhr_1.jpg

上のほうのお店の名前の横には 鳥・肴・日本料理と書いてあります。お店に入ると店内はそんなに広くは無い感じでしたが人がまばらだったのでテーブル席に着席させて頂きました。

黒板のメニューとか見ても手頃な値段です。テーブルの上のメニューには定食のメニューなんかもありますが、1,000yenな割りには豪華絢爛な定食です。ふむー。

とりあえずさぶかったので熱燗の大どっくりを注文します。後は刺身の盛り合わせ。先ほどもつ焼きを食べたので今度は魚介系を頂きましょうか。と言う感じになったのであります。

IMG_0793_nrhrbs_nrhr_2.jpg

五点盛りであります。メインがカツオでした。左側の奥にマグロ。今日のイチオシがメインを取っているのかな?とか思いました。どれも大きくて美味しかったです。これで確か680yenだったかな?お店の入り口の雰囲気からするとお手頃な値段で驚きました。

後、自称ホッピー友の会会長は鳥カラのポン酢おろしのっけを注文しておりました。メニューには (五カン) と書かれていました。つまりはお皿の上に五個載っているのね。って感じでしょうか。”カン” と言う単位を使う辺り日本料理屋さんですねぇ;-)。出てきた鳥カラはサクサク、でもって中はジューシー、そこにおろしポン酢。ふむ。良い感じですねぇ。が写真はありません。

この後、手作り薩摩揚げとカレイの煮付けを注文しました。薩摩揚げは具がたくさんあってぐー。醤油をちょっと垂らして頂きました。あ、日本酒、もう一本いきましょうかね。でもって写真はカレイの煮付けです。

IMG_0794_nrhrbs_nrhr_3.jpg

比較写真にしなかったのでアレですが、随分と大きいんですよ。でもって黒板には カレイ唐揚げ700yen(品切れ)・煮付け450yen とか書かれていたのですが、出てきたものを見たら信じられないような値段が付いています。
実際に食べてみると煮汁の味がちょうどよいしょっぱさで中々美味い。日本酒が更に進むのでありました。これならもう少し高くても全然OKだよぉ。みたいな。

一軒目の「松竹」でビール及びホッピーをちょっとだけでもお腹に入れたので、次にこのお店に来て、日本酒飲みつつ、日本料理味わえたのでこれは良いっ。て気分になれたのでありました。出てきたものも美味くて中々よかったです。

それにしてもこのお店は定食屋さんなのかなぁ?つまみも色々あったので今回はほぼ “酒飲み” と化してしまったんですけども;-)。
普段、このブログでは中々掲載しない(つまり、僕が普段からこのような感じお店にあまり行かないと言うことかf(^^;;)感じのお店だったのですが、そこはかとなく満足したのでありました;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.709031º N
Longitude: 139.809330º E
Map: 35.709031,139.809330

2月 14

赤羽。串かつでんがな。

まだまだ赤羽にいるのであります。「のんき」でもつ焼きや刺身系を食べたのですが、自称ホッピー友の会会長にとってはまだまだ足りないようで、ガッツリ食べたい。と申しております。

なので赤羽の飲み屋さんのたくさんある辺りをうろつくのであります。それにしてもあの辺りも最近は随分と新しいお店ができたり、建物が建て変わったりしているのですなぁ。時代を感じます。

そんな新しい感じのお店に入ったのでありました。「串かつでんがな」。

この間、北千住の「天七」に行ったばっかりのような気がするんですが、ガッツリと大阪の味を楽しむことにしましょうかねぇ。幸いにして席も空いているようですしね;-)。

IMG_0590_akbn_ksktdngn_1.jpg

窓際のテーブル席に着席し、宴会のスタートであります。まずは飲み物ですが、大阪のお店なのにホッピーがあるようですねぇ。ではそれにしましょうかねぇ;-)。そして、串揚げの五本セット、そしてドテ焼きにしましょうかねぇ。店名からしてもコテコテちっくな大阪のお店みたいですしねぇ。

と、言うことで串揚げ(大阪ではカツでなくとも『串カツ』って言うのかな?)の写真はありません。そのかわりドテ焼きの写真いきましょうきねぇ。

IMG_0582_akbn_ksktdngn_3.jpg

ショウガとネギが乗っかるらしいのですが、一個はサラの状態でもらいました。パラパラと七味を掛けて頂くのであります。味噌はちょっと甘い感じてしょうかね。けど、ネットリとしていて中々良いっ!!って感じです。

串揚げ食べつつ、これ食べつつホッピー飲みつつ。けど、アブラっぽいのが好きな自称ホッピー友の会会長がいるのでこの手の食べ物はあっと言う間に終わってしまうのであります。

もう一回、串揚げ注文しつつ、今度は牛スジを頂きましょう。またまた串揚げの写真は無いのでありますが;-)。

IMG_0586_akbn_ksktdngn_2.jpg

味的には牛すじ酢って感じでしょうか。皮ポン酢の牛すじ版ですね。さっぱりしていてこれはこれでグーです。でもって先ほどのドテ焼きの余った味噌をつけて頂いたりするのでありました。

ふむー。大阪の味に触れるとなんか、またまた大阪に行きたくなりました。天満橋辺りで一杯飲みたいなぁ。そんな感じでこのお店で過ごすのでありました。串揚げとドテ焼きも再度追加で注文したりしてるんですけどね。

ちなみに、このお店の裏の辺りにも新しい、似たような感じのお店がありました。赤羽もどんどん変わっていくのでしょうかねぇ。まぁ、それは良い意味でも悪い意味でも両方なのですけどもね。

自称ホッピー友の会会長もタラフク食べたようで満足げな顔をしております。さてと。そろそろ帰投の準備に入りましょうかね。

GPSポイント
Latitude: 35.779559º N
Longitude: 139.721126º E
Map: 35.779559,139.721126

2月 09

北千住。天七。

今日は北千住に来ました。まぁ、ただ単に会社からの帰り道なのですけどもね。自称ホッピー友の会会長と待ち合わせて「飲み屋横町辺りにでもちょっと行こうか。」などととなったのでありました。

ズズズっと飲み屋横町を奥まで行きます。「大升」はちょっとスルーして更に奥に進み「五味鳥」に行くのですが、既に店内は人であふれかえっているので断念。元来た道を戻るのでありました。orz。

と、言うことで入り口まで戻ってきました。それにても「永見」のすぐ横の立ち飲みのお店、前はすげー良く通るんですが、一回も入ったことが無い。このお店にちょっと入ってみましょうか。そんな感じで入ったのでありました。「天七」。

IMG_0551_ktsnj_ten7_1.jpg

このお店も北千住では有名なお店ですね。でもって立ち飲みの串揚げ屋さん。なんで今まで一度も入ったことないんだろ?って感じで入り口で空いている席があるか聞いたら店の奥のカウンターがあいているそうなのでそこで頂くのであります。

まずは、瓶ビールを注文。後はひたすら串揚げを注文するのみです。システム的にはラクチンで良いですね。目の前のソースの横にはキャベツがあるのでそれをバリバリと食べつつ出てくるのを待つのであります。

まず頼んだのはウズラのタマゴ・キス・エビです。一本160yenから190yenくらいの値段で二本セットで注文します。なので二人で行くと色々食べられて良い感じでしょうか。

IMG_1401_ktsnj_ten7_2.jpg

目の前のお皿に載せてもらったら、ソースを一回つけて自分のお皿に載せ、その後でガシガシと頂くのであります;-)。あ。ソースの二度付けはアカンですよ。

あ。そーそー。写真を撮るときに店員さんに「写真撮って良いですかー?」と聞いたら「厨房は撮らないでください。自分の料理はOKですよー。」とのことでした。なので料理の写真は大丈夫です;-)。

サクサク・ホクホクしていて美味いですねぇ。ウズラのタマゴは揚げたてで熱くて中々良かったです。

この後、飲み物は酎ハイに移行しつつ、もう一回注文します。イカ・豚カツ・鳥カツ。ちょっと時間がかかるものが多いのでまたまたキャベツをバリバリ行きます;-)。

IMG_1403_ktsnj_ten7_3.jpg

これは鳥カツですが、ホネの部分が串になっていて、中々オシャレです。お店によってはこーいう感じの鳥カラを「チューリップ」って言う場合ありますよねぇ。

そんな感じでこの時間を過ごすのでありますが、こう言うお店は長居をしてはいけませんね。次の人のために席を空けることにしましょうかね。

それにしても、飲み屋横町の一番入り口にあるお店なのに今回行ったのが初めて。やはり「揚げ物」ってのが自分の中で引っかかっていたのかな?ちなみに東京で “串揚げ屋さん” に行ったのは田町の「串揚げたけちゃん」以来でしょうなぁ。どっちにしても随分と久しぶりに串揚げ屋さんに行ったのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.749339º N
Longitude: 139.804107º E
Map: 35.749339,139.804107

11月 27

秋葉原。かんだ食堂。

秋葉原に行くと、最近はお昼を食べることろが色々あるのですが、それでも昔からやっているお店にはついつい足が向いてしまうモノです。とは言いつつ、僕が今回掲載するお店に入るのは実は初めてだったりするのでありますf(^^;;。

僕がアキバに通い出した頃、秋葉原駅の裏には駐車場があったりバスケのコートがあったりしたのですが、かつては市場があったのですね。その名残は今でもあって、今回お昼ご飯を食べたお店とか「関取ラーメン龍軒」の辺り、UDX の前辺りにはその面影が今でも残っているような気がします。

そんなこんなで土曜日にアキバに行ったときにお昼を食べるのは黄色いヒサシのお店。「かんだ食堂」。

いかにも「ご飯をたらふく食べるところ。」ってのが全面に押し寄せています。上にも書きましたが、僕は今回初めて入ります。前々から入ってみたいとは思っていたのですが、ついついラーメンなどに目がくらんでしまうのですよねぇf(^^;;。

IMG_0037_akb_kndskd_1.jpg

入り口やお店の横には色々なメニューが貼り巡らされています。のりんをくぐり中に入ると、お昼時、お客さんで店内はあふれかえっております。テーブル席に相席で着席します。

こー言う雰囲気のお店に来たらなぜか「とんかつ定食を食べなければならない。」と思い込んでしまいしまい、果たしてそれを注文してします。ご飯はフツー盛りで。なんかいかにも「飯場」って感じがしたのであります(活気があったりして良い意味でですよ;-)。

前に座っている若者は鶏の唐揚げ定食を食べています。僕のはもうじき出てきます。お。来た来た。

IMG_0033_akb_kndskd_2.jpg

キャベツ山盛りですね。うしっしっ。後、ご飯がフツー盛り出よかったって感じがしました。大きな丼にナミナミ入っています。大盛りにしなくて良かったー;-)。以前、市場があった頃から営業しているお店らしく、市場で働く人のためにモリモリ働いてもらうためにご飯はフツー盛りでも量が多いのだとか。ふむ。すごいっ。

ソースをボトボト垂らして、口の中にカキき込むようにガツガツと頂くのでありました;-)。

とんかつ自体はまぁ、フツーな感じです。多めなキャベツがまた良い。ただ、欲を言えばたくあん三切れくらいあったら嬉しかったかなぁ。と思いましたが、きっとその場合は「おしんこ」を注文する必要があるのでしょうなぁ。

お昼ご飯はガッツリ食べてお腹が一杯になりました。この後散策するにはちょうど良いかもしれないですね。さ。いこいこーっ!! ガッツリ歩き回るぞぉ;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.701028º N
Longitude: 139.772079º E
Map: 35.701028,139.772079

9月 14

宮古。りきさん亭。

まだまだ東北の旅は続くのであります。本州最北端にようやっと到達できたのでここからが折り返しでいよいよ南下の旅になるのであります。

青森の夜をもつ焼きで満喫した当初の予定では八戸でこんどは魚料理を満喫しようと思ったのですが、本州最北端から八戸までは遠かった・・。三沢辺りで断念したのでありました。が、三沢は夜でもジェット機がガンガン飛び回っていてそれはそれで中々楽しいのでありました。”夜”とは行っても21:00には全機帰投していたようでですが。

と、言うことで、三沢から太平洋に出ます。いっきに岩手県入りして宮古に行きます。本州最北端は青森の大間町、本州最東端はここ岩手県宮古市のとどケ崎らしいのですが、車を止めたあと、灯台まで片道4kmほど歩く必要があるみたいだったので断念しました。次回来たときにはちゃんと行くからねぇ。と、堅く心に誓うのであります。

と、言うことでお昼は海鮮丼でも頂くことにしましょう;-)。最初は宮古湾に近い道の駅で食べようかと思ったのですが、予定を変更し、宮古市魚菜市場に行くことにしました。その中にある定食屋さんで海鮮丼を頂くことにしました。

IMG_3088_myk_rksnt_1.jpg

最初に写真を出してしまいますが、ここには食べ物屋さんが二つありました。一軒は「まんぷく食堂」、もう一軒が「りきさん亭」。どちらも海の幸があるようです。筆者は自称ホッピー友の会会長にどっちに行くか任せたのですが、会長は真剣に20分くらい両方の店を行ったり来たりして悩んでいました。orz。 で、ようやっと決めたのが今回のお店。「りきさん亭」。

中に入って壁に書かれているメニューを見ますが、店の入り口にもメニューがあったので本当はもう既に何を食べるか決まっているでねぇ。

僕が頼んだのは板さんのおまかせ丼、自称ホッピー友の会会長は海鮮丼を注文しました。僕のはこんな感じ。

IMG_3084_myk_rksnt_2.jpg

色々な具が載っていて賑やかなのであります。自称ホッピー友の会会長の海鮮丼にはここにボタンエビがどーんっと載っていました。
僕は大盛りを頼んだのですが、かぁなり「あっと言う間」に終わってしまいました。やっぱり美味い所で食べると、終わるのも早いですねぇf(^^;;。

ちょっとここからは一般論になるのですが(それも当たり前の;-)、それにしても前回食べたマグロ丼と言い、ここで食べた海鮮丼と言い、ご飯はどちらもドンシャリ(酢飯ではないフツーのご飯)なんですねー。お寿司屋さんで食べるちらし寿司、例えば渋谷の「台所家」で食べるのは”丼モノ”ではなく”ちらし寿司”なのでご飯は当然シャリ(酢飯)なんだよなー。シャリな丼モノを食べたい時にはお寿司屋さんに行くべきなんだなぁ。と思った次第なのであります。

後、ここは市場内にあります。市場の風景はこんな感じ。

IMG_3090_myk_rksnt_3.jpg

けっこう広くて、クール便での配達にも対応しているお店がたくさんあったので、ここでお土産を購入するのもアリかなぁ。と思ったのでありました。

八戸に寄られなかったので、宮古で海鮮丼を頂いたのでありました;-)。

GPSポイントですが、うぎゃーっ!!宮古まで来たら北緯40度線を通過してしまったーーっ!!

GPSポイント
Latitude: 39.646279º N
Longitude: 141.946063º E
Map: 39.646279,141.946063

9月 13

青森。鶴亀屋食堂。

さて。東北の旅に出ています。でもって昨日は青森のディープなもつ焼きの夜は最後はラーメンで終わったわけであります。

で、明けて次の日、いよいよ本州最北端に向けて出発であります。ホテルでは朝食は食べなかったのであります。これから行くお店でマグロ丼を食べるつもりだったでねぇ。と、言うことで向かったのはR4号で浅虫温泉辺りを目指します。駅前と言うかR4沿いにある “ドライブIN” て書いてあるお店に行くのであります。「鶴亀屋食堂」。

このお店、開店が08:00からなので朝早くから移動する旅人には非常に嬉しいのであります。

IMG_3000_aomr_tsurkmy_1.jpg

僕らは大体 10:00 頃に行ったのですが、先客のお客さんが一組いたのであります。壁にはマグロのシールがペタペタ貼ってあります。注文したのはマグロ丼の小とウニ丼。

これがマグロ丼です;-)。手前にiPhone4を置いたのは比較のためであります。

IMG_3009_aomr_tsurkmy_2.jpg

twitterとwassrに先に写真を掲載してしまったので見ている人はもう既に見ていると思いますが・・。

ちょっと説明すると、田舎のお父さんがご飯を食べるような、ちょっと大きめのお茶碗にご飯がフツーに入っております。その上は全てがマグロ。一番上がほほ肉かなぁ。次が赤身、右側の一番下のがあばらの部分(中落ちか?)だと思います。でもって茶碗からはみ出た上の部分は全てマグロ。中にご飯は一切入っておりません(@_o)。

お店の人が持ってきてくれると、醤油差しのお皿(おてしょう)と取り分けるためのちょっと大きめのお皿が出てきます。上のマグロをお皿に置いて、それで頂くと言う感じになるのであります。

で、こちらが自称ホッピー友の会会長が注文したウニ丼。

IMG_3010_aomr_tsurkmy_3.jpg

黄色いウニが非常に美味しそうに見えるのであります。でもってこちらはお茶碗ではなくちゃんとドンブリ飯なんですね。でもって「ご飯とマグロを交換しよう。」二人の間で商談成立;-)。マグロの量の割にはご飯の少ないマグロ丼、ちょっとご飯を分けてもらってマグロと一緒に頂くのでありました。

いやー。二人で別のモノを頼んで良かったー。って感じなのでありました。

ちなみに、僕らの後から来た人はマグロ丼の中盛りを頼んでいたのですが、このウニ丼と同じサイズのドンブリの上にマグロが山盛りだったので、ご飯もマグロも僕が食べたのより遙かに量が多く、それはまるでマッターホルンのごとくだったのでありました。

ちなみに、マグロ丼小を頼んだ僕でさえ「もう当分マグロはいーかなー。」と思ったほどなのでありましたf(^^;;。

と、言うことでこの後、マグロ一本釣り、本州最北端の大間を目指します。でもってそこは本州杯北端の地だったのでありました。わーーいっ。

それにしてもハラ一杯だーーーっ;-)。

GPSポイント
Latitude: 40.894327º N
Longitude: 140.861013º E
Map: 40.894327,140.861013

6月 05

秋葉原。カレキチ。

最近、自分の中では「秋葉原に行ったらカレーを食べよう。」と言う気持ちがあるのであります。「カレーの市民 アルバ」や「ゴーゴーカレー」に行ったからでしょうかね。そんな感じで秋葉原に来たらやはり今日もカレーを食べるのでありましたf(^^;;。

とわいえチェーン店ですねぇ。秋葉原には、TWOTOP の前辺りとかにもカレー屋さんはあったと思ったのでそのうちに行ってみたいと思います;-)。

と、言うことで、今回行ったのはガード下にあるカレー屋さん。「カレキチ」。

雰囲気的には「まつ屋」とか「すき家」とかと似たような感じでしょうかねぇ?早速入ってみましょう。

IMG_1875_carekichi_1.jpg

店内に入るとまず食券を購入する必要があります。「秋葉原でカレー」と言えば、僕の中ではなぜか「カツカレー」になってしまうので、ここでもカツカレー大盛りの券を購入し、カウンターに着席するのであります。

ここでしばし待ちのですが「まつ屋」とか「すき家」みたいなお店をどうしてこのブログのネタとして取り上げるのだ?と思った皆さん、まさしくその通りなのであります。

がっ!! 頼んだカツカレーが出てきたようです。これを見た瞬間、「これはブログに是非取り上げなければっ!!」と思った次第なのです;-)。

IMG_1873_carekichi_2.jpg

店員さんが持ってきてくれたカレーです。写真を撮った後、スプーンを右手に持って(僕は右利き)ハタと思いました。「出し方が左右逆じゃん。」と・・。カレーの場合ってフツー、ライスが左側に来ると思うのですが、このお店では右側に来ています。お昼に定食を食べてご飯と味噌汁の位置が逆な状態を思い浮かべていただけれは良いかと思われます;-)。

どうしてだろう? このお店はこうなのかな?とか思い、僕の後に注文した人にカレーが届けられたのを見るとその人にもライスが右側で出していました。

ふむー。このお店はライスを右側にして出すのを奨励しているのか・・。などとちょっと不思議な思いで、自分でクルっと回してから、頂くのでありました・・。

味は「まつ屋」で食べるカレーと同じ味がしたので「カレーの市民 アルバ」や「ゴーゴーカレー」とはやはり違いますね。まぁ、値段も確かに全然違って牛丼屋ちっくな値段設定でもありますしね。

それにしても出されたカレーの向きがミョーに気になったお店なのでありました;-)。

秋葉原でのカレー紀行はまだまだ続くよー。けど、これから暑い季節に突入だ・・。

GPSポイント
Latitude: 35.698571º N
Longitude: 139.770749º E
Map: 35.698571,139.770749