6月 08

伊豆市。駅の奥の蕎麦屋。

今日は伊豆市に来ました。”伊豆市”と言ってもピンと来ませんかねぇ? (僕だけか?;-) 修善寺に来ました。修善寺には伊豆箱根鉄道の駿豆線の駅があるんですけども。今回久しぶりに行ったら駅の改修工事の完了間近で新しくなっていて驚きました。

修善寺駅の詳細については別のブログに書いたのでそちらを参照して頂ければと思います。

今回、修善寺駅に来た目的は『駅の中にある立ち食いそば屋さんでソバでも食べるべーっ!!』だったのですが、駅舎自体がリニューアルしていてあれ?そば屋さんは健在かぁ? などと思ってしまったのでありますが、売店の奥のほうにちゃんと有りました。ほっ。「駅の奥の蕎麦屋」。

お店の名前がこれで良いのかよく判りませんf(^^;;。お店の雰囲気は駅が新しくなったのでピッカピカで綺麗です。そして、以前よりも色々な人がおそばを食べやすくなったのではないかなぁ。などと勝手に思ってしまったんですけどもね。

新しい修善寺駅の改札の斜め向かいにおみやげ屋さんのスペースがあります。今回はこんな感じで写真を撮ってきましたが;-)。

IMG_4417_sjnz_ekoksb_1

おみやげ屋さんの奥におそば屋さんがあります。券売機で食券を購入し、カウンターの椅子に着席し、食券を出します。
都内の立ち食いそば屋さんとは違って蕎麦はその場で茹で始めます。おぉっ!! しばし待って出てくるのであります。

今回注文したのはしいたけ蕎麦でした。熱い蕎麦にしました。都内であれば冷たい蕎麦にするんてすけどねぇ。出てきたのはこんな感じ。

IMG_4415_sjnz_ekoksb_2

しいたけの煮込んだような佃煮ちっくなのが上に載っているのであります。ギャバンの一味唐辛子をパラリとふりかけ、ズルズルと頂くのでありました。蕎麦自体の味もちゃんとするし、汁は濃い目の色(味はそんなに濃くない。と、僕は思う;-)なのでこれで380yenだと中々良い感じですねぇ。しいたけは地元産で名物ですしね。

 
伊豆の旅に行くと毎回書いているのですが、朝ごはんを出してくれるお店が異様に少ないです。都内を早朝に出た場合、伊豆半島で朝ごはんを食べたい気分なのですが、お店が開いていない。今回行ったこのお店は09:00からの営業となります。

 
僕は、老後は伊豆半島の上のほうで朝食を出す定食屋さんをやろうかなぁ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 34.979209º N
Longitude: 138.950289º E
Map: 34.979209,138.950289

2月 27

外苑前。信越そば。

今日は仕事で打ち合わせがあり、東京メトロ銀座線の外苑前駅で降りました。まぁ、過去に数回は来たことがあるのですが、中々降りる機会のない駅の一つでしょうか。駅を地上に出て信号を渡るとその先に立ち食いそば屋さんがあるのですねぇ。
「いつかは、一回くらいは入ってみたいものだ。」などと、立ち食いそば屋好きな僕としては思っていたんですけども、今回ようやっとその機会に恵まれました。

まぁ、「ようやっとその機会に恵まれました。」などと大げさに言わなくとも、全然良いのですけどねぇf(^^;;。

駅の階段を上がって、そのちょっと先(その辺りは”青山”と呼ばれるところなんですけども)にある立ち食いそば屋さんですね。「信越そば」。

お店には店名が書かれてないんですよ。けど、多分の名前は合っていると思います;-)。

IMG_6602_gienme_snetsb_2

基本立ち食いのおそば屋さんなので入り口はいつもオープンです。でもって店内に入るとズズズとカウンターが続いております。今回はお昼時に行ったのでそこはかとなく混んでおりましたが、そこは立ち食いそば屋さん。お客さんの回転は早いですね;-)。
お店の右側に二台ある券売機で食券(というか、色の付いた札)を購入し、カウンターに出してあとは待ちます;-)。

今回はもりそば大盛りにしました。僕の記憶が正しければフツーのもりそばは380yen。大盛りにすると一玉追加で150yenアップ。

しばし待って、出てきたのがこんな感じでした。
もりそばの券を購入したつもりだったのですが、上にノリが乗っていますね。するっていどざるそばになるんですけども。まぁ、そんなことはどーでも良いですかねf(^^;;。

IMG_6600_gienme_snetsb_1

今日はそこはかとなく暖かったので熱いそばは注文しなかったのですが、天ぷらなど、一品モノを注文するとカウンターの奥に貼りだされているメニュー、どれでも好きなの一品が選べるようです。次回チャレンジしてみたいと思います;-)。

と、いうことでカウンターでズルズルともりそばの大盛りを頂くのでありました。大盛りなので食べ応え十分。味的には、まぁ、フツーの立ち食いそば屋さんの味。ってんでしょうかね;-)。

打ち合わせの時間に間に合うように急いでいたので良い感じで食べ終わりました。

それにしても青山(正確な住所的には”北青山二丁目”でしょうかね;-)で立ち食いそば。中々良い体験ができました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 139.716406º N
Longitude: 139.716406º E
Map: 35.670013,139.716406

1月 04

久喜。奥会津。(2)

新年明けましておめでとうございます。最近はめっきりと書くペースも落ちてきているのですが、あちこちに良い店が色々と発見できて、それらのお店にメインで行くようになったので、新規開拓がなくなって、それでもって書く機会が少なくなってきた。と、いう感じでしょうかね。

さてさて。2014年一発目は、おそば屋さんです。それも今回が二度目の掲載になるんですけどもね。

前回もそうでしたが、温泉帰りにフラっと、空いていれば立ち寄るお店です。「奥会津」。

このお店を前回掲載したのは2010年02月27日ですからほぼ四年ぶりの掲載です。でもって四年ぶりの再訪です。温泉は「森のせせらぎ なごみ。」に行くのですがその帰り道にラーメン屋さんに寄ったりここでおそばを食べたりするんですけどもね。

新年のお店の開店は01/04からだったので非常にグッドタイミングでした。でもってお店にたどり着いたのは11:20頃。お昼にはまだちょっと早い時間だったのでスルスルっと店内に入り、着席することができたのであります。

IMG_6352_kuki_okaiz2_1

今回のお店の写真は裏口の写真です。裏にある駐車場に車を止めた場合、ここから入って行くことになります。運動公園側の入り口とでも言えば良いでしょうかね。

さてさて。テーブルに着席したのでメニューで注文するモノを決めます。今回は二人で行ったのですが、僕は盛りそばの中盛り。もう一人の人は天丼セットにしました。あとは出てくるのを待つだけですが、それにしてもほんのタッチの差でドドドと店内はいっぱいになってしまいました。新年早々、ここのおそばを食べ炊くと来る人がたくさんいる。と、いうことなんですねぇ。

と、いうことで、まずは天丼セットが出てきました。

IMG_6345_kuki_okaiz2_3

大きなエビが一個真ん中にドーンとあるようですね。僕はこれを食べてないのでよくわからないのですが、他にも色々上に天ぷらがのっているようでした。セットなのでうどんとサラダがつくようです。ミカンはお正月のお年玉のようでした;-)。

で、僕が頼んだ盛りそば中盛りはというとこんな感じです。

IMG_6350_kuki_okaiz2_2

前回食べたのは大盛りでした。そして、全部食べられるわけもなく、一緒に行った人が2/3ほど食べたのですが、今回は中盛りにして一生懸命食べ進むのであります。

が・・。やはり一人で全てを食べられるワケもなく、一緒に行った人は天丼セットを一人で全て平らげたあと、この盛りそばの下の部分をドドドと食べ進んで行ってくれるのでありました。ふぅ。一応完食です・・。

それにしても、この写真の後ろに「そばづゆ」と書かれたポットが写っていると思いますが、これだけ蕎麦の量が多いとめんつゆが足りなくなるだろうと思うのですが、こうしてテーブルの上にドーンっと大量のそばつゆがあると安心して蕎麦を食べ進むことができます。その点はうれしいですね。

 
それにしてもこのお店、量が多いのでそーそーちょくちょく行く必要は無いかなぁ。3,4年に一度くらいのタイミングで行くのが良い感じです;-)。今日も腹一杯。ふぅーーーっ。

 
GPSポイント
Latitude: 36.055830º N
Longitude: 139.665112º E
Map: 36.055830,139.665112

7月 26

北千住。小諸そば。

東武日光線の上りホームには立ち食い蕎麦のお店があるのですが、以前は「夢や」というお店でした。しかし、ちょっと前につぶれて、新しいお店に変わったんですね。

駅ではやはり立ち食い蕎麦のお店は重宝しますよね。新しく変わったお店は「小諸そば」。

都内のあちこちにあると思うんですが、駅構内でのお店はここだけしか、今のところ見ていません。

IMG_4649_htsnj_kmrsb_1

お店の作りとはは以前のお店とほぼ一緒です。東武線の下りホームといえば、日光・鬼怒川辺りへの長距離優等列車の停車駅でもあるから、きっと東武鉄道としても立ち食いソバ屋の重要性というのは認識されてるいんでしょね。

今回、というか、夏に食べるお蕎麦は “これ” と決めています。どこで食べても『冷やしたぬきソバ』。

IMG_4648_htsnj_kmrsb_3

大盛り券があるのでそれを30yenで購入して麺大盛りにします。「小諸そば」の色々なお店にあるのでいつも食べている。と、いうか。

土曜日に秋葉原に行ったときはいつも食べています。涼しい気分になれるので夏はやっぱりグーです。ラーメンやカレーは夏には無理ですからねぇ・・f(^^;;。

と、いうことで北千住駅のホームにはJRの駅も含めて全部で三店舗あります。今日はどこで食べようかなぁ。などとじっくりと悩める駅なのであります。あ。そー考えるとJR名古屋駅できしめん食べるのといっしょーだー;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.749066º N
Longitude: 139.805290º E
Map: 35.749066,139.805290

6月 09

名古屋。住よし。

今回は名古屋に遠征してきたときのことを数回に分けて書いて行きたいと思います。

出発したのが日曜日の朝なので、夜にどこかに飲みに行こうとしてもそこはかとなくお店が開いてないのではないか、と思ったら果たしてそのとおりだったのでありますが、まぁ、それは夜の話なのであります。

まず新幹線で名古屋に着き、最初に向かったのは駅のホームにあるきしめんのお店。「住よし」。

名古屋駅ってのはすごいですね。各ホームに必ずと言ってよいほどきしめん屋さんがある。立ち食い蕎麦の感覚で食べられます。今回行ったお店が名古屋駅の各ホームにあるのですが、それはまさしくJR東日本の品川駅のホームにある「常磐軒」のようなのであります;-)。

IMG_3864_ngy_snys_1.jpg

まぁ、名古屋に着いたらまずは朝ごはんにきしめんだべ。と思っていたので早速券売機でチケットを購入し、店内のカウンターの上に置くのでありました。

カウンターからオープンキッチンを眺めていると、冷凍麺を湯がき始めます。ふむふむ。冷凍うどんというのは案外美味いのよねぇ。とか思いつつ、その横で揚げているかき揚げも冷凍食品でした。つまりは冷凍モノを駅のホームで茹でたて・揚げたてしているんですね。まぁ、駅のホームは速さが勝負なのでそれはそれで良いことです;-)。

さてさて。僕の注文した天ぷらきしめんが出て来ました。こんな感じ。

IMG_3869_ngy_snys_2.jpg

名古屋に降り立ったのは初めてなので、駅で食べるきしめんはどんな感じなのだろう? と思い熱いのを注文したのですが、汁は関東風の濃い醤油の味でした。みそ味ではないし、関西風でもない;-)。

その上にネギとかき揚げが乗っていてその上に鰹節がドドドと乗っていました。これをズルズルと頂くのであります。

汁のダシはそんなに鰹節(さば節含む)風味は無いですね。なので上から鰹節を乗せるのかな?とか思ったりもしたのですが、それはそれ、トータルで美味しければ良いのであります;-)。名古屋到着後一発目の『名古屋めし』なのであります。うひひ;-)。

 
さてさて。新幹線で名古屋到着後、新幹線の改札を出たあとに、今回は三・四番線ホームに有るお店に行きましたが、隣のホームにもありました。これが名古屋の味だぁ。どんと来い。みたいな感じで;-)。

と、いうことで名古屋の徘徊スタートなのであります。今回はタイミングが良く、前日に行われた総選挙においてSKE48のダブル松井が”神7″になったのでさぞかし盛り上がっているんだろうなぁ。と思いつつあちこちうろつくのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.169852º N
Longitude: 136.882736º E
Map: 35.169852,136.882736

5月 02

上田市。刀屋。

ゴールデンウィークを利用して実家に帰ってきたのですが、そのとき、途中の街でお蕎麦を食べました。長野県上田市に『大盛りで有名なお蕎麦屋さんがある。』と耳にしたので、それならば実家への帰りに一回寄って食べてみよう。と、なったのであります。

しなの鉄道上田駅からほど近いところにあるお蕎麦屋さんを目指すのであります。「刀屋」。

今回お店には自動車で行きました。お店の近所、斜め向かいの建物の一階部分に駐車場があるのでそこに止めます。空いていない場合にお店が混んでいる。と、いうことですね。諦めるか空くのを待つか、はたまた近所のコインパーキングに止めるのが良いかと思われます。

IMG_4781_ued_ktny_1.jpg

お店の入り口には日除けで日陰が作られています。その奥に椅子があるのでここに座って待ちました。

店内に入ると一階のテーブル席及び二階のお座敷席に案内されます。お座敷席は相席になりました。
そしていよいよ注文するのであります。今回は二人で行ったので大盛り一個と普通盛りを一個注文しました。大盛りを注文するとお店の人は「うちの大盛りはご存知ですか?」と聞いてきます。うひひ。知ってますよー。みたいな;-)。

注文が終りしばし出てくるの待ちます。

メニューは少ない量から 中盛り→普通盛り→大盛り の順です。もりそばなので基本的に出てくるのが早いですね。で、出てきたのがこんな感じ。

まずは普通盛りの写真から。

IMG_4784_ued_ktny_3.jpg

でもってこっちが大盛りの写真。

IMG_4786_ued_ktny_2.jpg

ふむ。明らかに大盛りは量が多くて山盛りですね。以前、久喜にある「奥会津」という、やはり大盛りで有名なお蕎麦屋さんに行ったことがあるのですが、そこのよりはさすがに量は少ないです。

ちなみに僕は普通盛りのほうを食べました。一緒に行った人は大盛りを食べました。僕は量的には普通盛りのほうで十分でしたね。お腹いっぱいになりました。大盛りを食べた人も全てを食べ尽くしたのですが、「まだ食べられるな。」とか恐ろしいことを行ってました。まぁ、大盛りを食べた人は以前、花の巻の「金婚亭」でわんこそばを84ハイ食べた人なので、まぁそれはそれで恐ろしいというか・・。

 
さてさて。お蕎麦の味ですが、長野県にある蕎麦のお店だけあって美味しかったです。同じ大盛りのお店「奥会津」よりも美味しいと感じました。が、しかし、蕎麦ってのはそんなにたくさん食べられないですね。今回頼んだのは盛りそばだったのですが、途中からは天ぷらとか、なにか味を変えられるものが欲しいと思ってしまいました。

 
大盛りのお蕎麦のお店。次はどこに行こうかなぁ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 36.398332º N
Longitude: 138.253981º E
Map: 36.398332,138.253981

12月 15

大師前。さぬき茶屋。

前回の「かどや」に続き、西新井大師の初詣に来られた時用にもう一個、掲載しましょう。まぁ、裏を返すとローカルで非常に申し訳ないんですけどもねf(^^;;。そして、正月三が日では多分やってないと思われるんですけどもねf(^^;;。

バス通り沿いにある、お昼どきには行列のできるうどん屋さんです。「さぬき茶屋」。

お店の名前からしてうどんを出してくれるお店です。僕的には「いつも混んでいるなぁ。」と、いうイメージがあるのですが、店内に入るとドドドーっと奥に長いカウンターとそのうしろにテーブル席があるお店なのです。

IMG_3420_disme_snkjy_1.jpg

今回はカウンターに座り、盛りうどんの大盛りを注文したのであります。カウンターに着席するとうどんを茹でいる場面に巡り会えます。でもってうどんはお店で打っています。ただ、お昼に行くと打ってないです。その前に打ち終わっているんですけども。

待っている間にお漬け物と水が出て来ます。それをポリポリ食べつつ、更に待ちます。で、混んでいる店内ですが、待っているとスルスルっと出て来ました。僕の頼んだ大盛りうどんが;-)。

IMG_3418_disme_snkjy_2.jpg

うどんのすみにワカメと飾り包丁の入ったゆで卵半身、付け汁は関東風の黒いつゆではなく、ちょっと透き通った感じです。ここにうどんを、どっぷりと漬けてズルズルと頂くのであります。

うどんは讃岐で食べるような歯触りではなく、ほどほどに色々な年代・人に食べやすい感じです。とわいいつつ決して(うどん通の人の用語として)クサッテいるとかシンでいるってことはなく、ズルズルと頂けるのであります。ノドを流れていく。って感じでしょうかね;-)。

カウンターとか、テーブルの上には天かすがあるのでそれをパラパラとかけて、ちょっとコクを付けて残りの半分を頂いたりします。

このお店、四国香川のうどん屋さんとは違い、天ぷらが盛り合わせしかないのが残念なところですね。が、まぁ、お客さんがひっきりなしにあとからあとから来ているので、それはそれでしょーがないのかなぁ。とか思いまずけど。人が注文した天ぷら盛り合わせを見たらエビ二本とか乗っていて非常に豪華に見えましたね。まぁ、そこで出た天かすをうどんのしるに入れて頂いているんですけどもね;-)。

いやはや。西新井大師の初詣の時には是非立ち寄ってみたい感じですが、あ。お店の開いているのは以下のようです。

IMG_3421_disme_snkjy_3.jpg

土曜日が狙い目でしょうかね。ただ、お昼ドキは混んでいるんですけどもね。

新年、西新井大師に初詣に来たときにはうどんをズルズル?;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.781402º N
Longitude: 139.783650º E
Map: 35.781402,139.783650

9月 13

西日暮里。讃岐 ぶっかけや。

今日は自称ホッピー友の会会長と二人で西日暮里界隈で飲んでいるのであります。でもって一軒目は「かしわ屋」に行ったわけですが、その後、もう一軒飲みに行くか悩んだのですがやめました。で、ラーメンを食べに行くべ。とは思っても西日暮里には指食の湧くラーメン屋さんというのが少ないので「それではうどんを食べに行こう。」と、なったのであります。

まぁ、ついこの間水沢うどんを食べてきたからということは特には無いのですが、コシの強いうどんが食べたいというのもまた事実でありまして。そして、ここ西日暮里には以前から行ってみたいうどん屋さんがあったのでそこに行くことにしたのであります。

日暮里舎人ライナーのエレベータのすぐ横にあるうどん屋さんです。「讃岐 ぶっかけや」。

IMG_3164_nsnpr_snkbkky_1.jpg

入り口には大きく “うどん” と書かれています。こののれんをくぐり、まずは席に着席するのであります。このお店、セルフのお店ではないので、テーブルの上にあるメニューから食べたいモノを決定し、店員さんに注文すると、できあがったときに持ってきてくれるシステムです。

メニューはこんな感じ。

IMG_3159_nsnpr_snkbkky_2.jpg

ぶっかけは default で大根おろしがオンステージしているようなので、僕はかけのほうを注文しました。「かけのひやひや大で。あと、げそ天一個。」これが僕の注文したうどんです。自称ホッピー友の会会長はトリカラぶっかけうどんを注文したようです。

あとはうどんが出てくるまで待つだけです。メニューを見るとお酒の種類が豊富にあったり、おつまみも色々あるみたいですね。事実店内を見回すとうどん屋さんで宴会開いているお客さんもいて中々面白い店内の雰囲気です。僕らは今回お酒はナシで、うどんに勝負をかけるのであります;-)。

などと思っていたら出て来ました。僕の頼んだうどんが。

IMG_3161_nsnpr_snkbkky_3.jpg

そーいえば、このお店、トッピングも default で乗っていて、量を自分で調整できないですねぇ。「丸亀製麺」なんかは揚げ玉とかネギ・ゴマ・鰹節などはドバドバ入れらルのですがそれはそれ。このお店はチェーン店ではないようなのでそんな贅沢は言えないですね(ゴマは自由にかけられます;-)。

出て来たかけのうどん麺・汁ともにつべたい「ひやひや」です。汁は関西風というかあちらの色をしていますね。味が薄かったので醤油を二周ほど回しましたが。うどんはこしがあってこの間の水沢うどんとは明らかに違います。大盛りなのでうどんの量も多くて十分に満足な一杯だったのでありました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.733523º N
Longitude: 139.767800º E
Map: 35.733523,139.767800

9月 06

渋川市。三升屋。

夏休みの群馬県散策もいよいよ佳境に入って参りました。あ。そー言えば今の時期、群馬県では観光キャンペーンを展開していましたね。その割には色々な道で道路工事をやっていた記憶がありますが、まぁ、それは群馬県、各市町村のそれぞれの都合というのがありますしねぇ。

さて本題。群馬県の右上をうろちょろしてそろそろ帰投という段階においては「せっかくなので日本三大うどんの一つである水沢うどんでも食べて行くべ。」となったのであります。

今回訪れたのはうどん街道のほぼど真ん中にあるお店です。「三升屋」。

事前に調べてみると『水沢うどん』ってのはずいぶんと(値段の)高いうどんなんですね。そもそも日本三大うどんというのは秋田の稲庭うどん、香川の讃岐うどん、そしてここ水沢うどんですが、平均的価格だと水沢うどんはオーバー 1kyen な金額になります。

うどんの他に default で天ぷらとか炊き込みご飯とか前菜とかついていたらそーなりますよね。けど、本当のうどん好きはそんなんはオプションでええんですよ。と、いうことで今回はこのお店に行ってみることにしたのであります。

IMG_3734_sbkw_3msy_1.jpg

お店にたどり着いたのはお昼の12:00の五分ほど前辺りでしょうか。僕らが行ったときにはお店にはお客さんがいませんでした。一番最初のお客さんかな?だとしたら出てくるうどんは十分に期待できます;-)。

テーブル席に着席し、メニューを見ました。このお店かぁなり潔いです。メニューは讃岐うどん風に言うと”冷や”と”熱”だけ;-)。あ。僕はちょっと前に四国お遍路さんしていたことある(まだ一回りしていない状態f(^^;;)ので、ちょっとだけ讃岐うどんにうるさいです。あと「恐るべき讃岐うどん」も愛読書ですしね;-)。

IMG_3093_sbkw_3msy_2.jpg

で、こちらがそのメニューです。今回僕は大もりうどんを注文しました。注文してからうどんを切って、そして茹でるのでかぁなり期待できそうです。ですが、その分待ち時間も長いですが;-)。

待っている間、窓の外の斜め向かいのお店を眺めていたら車がどんどん入って行きます。こちらのお店は僕の後に三組がいらっしゃいました。一応駐車場はいっぱいになったようです。

などと思っていたら僕のうどんができたようです。

IMG_3729_sbkw_3msy_3.jpg

ざるの上にのったうどんですね。薬味と、香の物と一品が付きました。油モノ無しのさっぱり系です。ちょっと薄味の付け汁にうどんをどっぷりと浸してズルズルと頂くのであります。

ふむ。作り置きのうどんではなく茹でたてのうどんですが、ずいぶん柔らかいうどんですね。讃岐うどんとはほど遠い味です。これがきっとこのお店の味というかうどんの堅さなのでしょうなぁ。

僕のあとから来たお客さんは赤ちゃんを連れた若夫婦、その後に来たお客さんは品の良い感じの老夫婦。で、店を出て止まっている車を見たら全部圏内(群馬)ナンバー。なるほどーねー。このお店は地元の人に愛されているお店なのねー。

などと思ったのでありました。まぁ、他のお店は高いうどんを出すお店なので多分行かないとは思いますが、色々な意味で『水沢うどん』というのはインパクトのあるうどんなのですなぁ。

群馬県と言えば「上州の三大うどん」とかあり、館林・桐生なども有名だし、高崎は大盛りスパゲティで有名だし、麺類が強い県なんですなぁ;-)。

さてと。そんな群馬県の旅もいよいよ終わり。クソ暑い東京へ戻りますかねぇ。

 
GPSポイント
Latitude: 36.479236º N
Longitude: 138.947436º E
Map: 36.479236,138.947436

9月 03

片品村。尾瀬温泉かもしか村。

夏休みを利用して涼しいところに来ています。前日に「鎌田食堂」で肉丼とラーメンを食べた後、温泉に入り、その足で 奥利根水源の森 というところにあるキャンプ場でキャンプするのであります。キャンプ地の詳細についてはリンクをクリックしてください;-)。

さてさて。このキャンプ場は電気・水道無しな状態、携帯はSoftBank・docomoの電波が入らない(auは持ってないので解らない)、本当に山の中なのであります。なので、そのままズルズルとキャンプサイトで過ごすか、今回のようにちょっと都会に出て、お昼ごはんでも食べましょうかねぇ。と、なるのであります。

しかしっ!! 都会と言ってもそこは尾瀬戸倉温泉界隈。いやー。山の中なので十分に涼しい風が吹くのであります;-)。
今回は山の奥から出て来てお昼ご飯を頂きます。尾瀬沼へのアプローチの街、戸倉温泉にあるおそばが食べられるお店です。「尾瀬温泉かもしか村」。

しかし、山の天気は変わりやすい。とは良く言ったモノで晴れていたら突然の雨、はたまた尾根の向側は晴れていたりと天気がコロコロ変わります。今回はちょうどご飯を食べている最中に雨が降ってくれたので助かりました;-)。

平日の山間部のお店、お客さんがいないなどと思っていたら、座った瞬間にドドドと後からお客さんが入ってきて店内はけっこう賑やかになりました。まぁ、時間はたっぷりあるんだし、じっくりとメニューを決めましょう。

IMG_3594_ktsn_kmskmr_1.jpg

僕は天ぷらそば大盛り、一緒に行った人はかっくるみそばというのを注文しました。「かっくるみそば」というのは初めて聞いたので、どんなものが出てくるのか楽しみです;-)。ここでもつべたくて美味い水を飲もうかと思っていたら、ほうじ茶が出て来ました。気候の影響でしょうかねぇ。まぁ、涼しいところなので熱いお茶も結構です;-)。

などと思っていたら出て来ました。うひひ。こちらは天ぷらそばのセットの大盛りです。

IMG_3588_ktsn_kmskmr_2.jpg

ざるの上の蕎麦の量は大盛りなので当たり前ですが、それでも多い気がしますね。あと、横に付いてきた天ぷらが山盛りなのに驚きます。店内をキョロキョロしてみると、天ぷらが付いてくる蕎麦を頼んだ皆さんが目を大きくして驚いておりました;-)。

天ぷらの下にあるのは、番茶だと思っていたらソバつゆでした。食べ終わった後にお茶を飲もうとしたらブッと吹いてしまいましたf(^^;;。

そして、こちらが謎な蕎麦(あ。『謎』というのは僕個人的なものです;-)である「かっくるみそば」です。

IMG_3592_ktsn_kmskmr_3.jpg

前面に野菜が載っております。その下にサラダみたいな感じ。でもって上げた豆腐とその上に大根おろしが載っておりました。中々珍しいと思いました。僕の天ぷらとちょっとづつおかずを交換してかっくるみそばを味わうのでありました;-)。

どちらもボリューム満点で中々美味かったです。このお店、お蕎麦には「田舎そば」と「手挽そば」の二種類から選択可能です。僕が思うにそば粉にするときの手段によって、多少値段に変化が出るのかなぁ。と思いました。

 
今回のお客さんの中には登山の装備の方もいらっしゃいました。この辺りは尾瀬散策のベースキャンプになるんですね。

水も美味いだろうし、なかなか美味しいお蕎麦なのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 36.836609º N
Longitude: 139.244794º E
Map: 36.836609,139.244794