8月 11

新松戸。喜多そば。

休みの日、クーラーのスイッチをオンしていない家でゴロゴロしているのはツライなぁ。と、いうことで電車の旅に出ました。近いんだけど中々赴きのある電車に乗ってきました。流鉄流山線と、いうJR常磐線から出ている私鉄です。その詳細については別のブログに「流鉄流山線に乗ってきました。」として書いたのでそちらを参照して頂ければと思います。鉄分の濃いぃ人は特に;-)。

と、いうことで、流鉄流山線に乗る途中の駅でおなかが空いたので駅ナカでおそばでも食べましょうかねぇ。となったのであります。

JR常磐線新松戸駅の島式ホームにある立ち食いのおそば屋さん「喜多そば」。

IMG_2894_snmtd_ktsb_1.jpg

「喜多そば」って他のどっかの駅にもあったよなー。とか、食べつつ思い出していたら、解りました。上野駅のコンコースの右側辺り、バス・タクシーのロータリーに行く途中に立ち食いそば屋さんがあって、あすこも「喜多そば」ではかなったかなぁ。と思い出したのであります。

お店に入り、食券を購入し、カウンターでできあがるのを待つのであります。

今回注文したのは夏場になるとこればっかり食べているのですが、冷やしたぬきそばです;-)。

IMG_2893_snmtd_ktsb_2.jpg

作っている最中、カランカランと氷水に浸している音がしたのできっちりつべたいのが出て来そうだ。などと思っていたのですが、果たしてその通りできっちりとつべたい冷やしたぬきそばだったのであります。

あと、めんつゆの味が濃いぃのも嬉しいですねぇ。このブログにまだ書いたことないですが、あちこちにある立ち食いそば屋さん「小諸そば」は良く食べるのですが、あすこはめんつゆが薄くて上から醤油三周くらい回したくなってしまうんですけども、ここで食べるそばは濃いぃ味も中々グーでした;-)。

 
JR武蔵野線から常磐線に乗り換えるタイミングでこのお店に入ったのですが、常磐線が中々来なかったので良かったですね。食べ終わって外に出て2,3分したら電車が来ました。

何もかも満足な一杯のそばだったのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.826143º N
Longitude: 139.921433º E
Map: 35.826143,139.921433

6月 20

中目黒。吉そば。

今日は祐天寺の「ばん」にふらっと行ってきました。きよしさん は支店のほうで頑張っていました。今日は支店は結構混んでいました。でもって僕は本店のカウンターで飲んだくれたわけなんですけどもね。後から常連さんと合流し、しこたま飲んだ後、帰投するのでありましたし。

あ。今回は「ばん」のお話ではありません;-)。

 
で、「ばん」で飲んだ後、東急東横線に乗って中目黒まで、そこから東京メトロ日比谷線に乗って北千住方面へズズズと移動するのであります。中目黒で電車を一旦降りるんですが、その間にトイレに行ったり、晩御飯を頂いたりするのであります。

中目黒駅の改札を出たらすぐ左側にある立ち食い蕎麦屋さん。「吉そば」。

以前、このブログでは渋谷のお店を掲載したことがありますが、渋谷のお店よりもこのお店のほうが歴史は長いですね。中目黒に「ばん」があったときからこのお店はありました。

IMG_2557_nkmgr_yssb_1.jpg

でもって、「ばん」に行った後にはよく食べていたんですけどもね;-)。お店に入って食券を購入しカウンターに出します。「大盛りでお願いします。」

今回食べたのは冷やしたぬきそばの大盛り。このお店、大盛りは無料です;-)。

店内に自分の陣地を確保し、出来上がりと同時にその陣地まで移動し、ズルズルと頂くのでありました;-)。

IMG_2556_nkmgr_yssb_2.jpg

それにしてもこのお店、というか、このチェーン店の冷やしの場合、きっちりとつべたく冷えていて美味いですね。『熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに。』ってのが僕の食に対する持論なのですが、このお店のソバはつべたいので体がクールダウンできて非常に嬉しい。暑い夏にピッタリです;-)。

ソバ自体はフツーの立ち食いのソバなのですが、きっちりと冷たいので美味く感じる。と、いうことですね;-)。

 
それにしても、中目黒に「ばん」があったときからこのお店に行っていて、祐天寺に移った後もきっちりとここでおソバを食べて帰るという、ある意味、飲んだ後は以前と変わらない動作をしている人が約一名ここにいるわけですね;-)。

さてとー。これから北千住もしくは竹ノ塚行きの日比谷線に乗って帰りますかねぇ。東武動物公園行きのに乗ってしまったらどこまで行くか、非常に怖いのでねf(^^;;。

 
GPSポイント
Latitude: 35.644364º N
Longitude: 139.698754º E
Map: 35.644364,139.698754

3月 13

北千住。そば処。(2)

金曜日は会社の人の送別会で一杯。そして土曜日は新宿で16:00から宴会

金曜日の送別会は飲み放題だったのでお刺身を日本酒で頂いたりしてその他色々飲んでしまい次の日は二日酔い。で、その「次の日」ってのが新宿で宴会だったのでありますが、JRで一路新宿を目指すので北千住の駅のホームで二日酔いの頭と胃袋におそばを流し込むのでありました。

JR北千住の駅のホームの中にある立ち食いそば屋さん。「そば処」。

このブログに掲載するのは二回目ですね。前回掲載したのは2007年07月ですか。ずいぶんとご無沙汰ですが、まぁ、駅ナカの立ち食いそば屋さんはそう何回も掲載しないかf(^^;;。

とわいえ、当時は確かJRを利用して田町辺りの会社に行っていたような気がしますが、その後職場が変わり北千住からJRに乗って都内に行く。ということはほんとになくなりつつあったので、僕も久しぶりにこのおそば屋さんでおそばを食べるのでありました。

IMG_1571_ktsnj_sbdkr2_1.jpg

JRの北千住駅には上りホームと下りホームの両方にこのおそば屋さんがあります。前回掲載時は下りポームのおそば屋さんみたいですね。今回は上りの島式ホームにあるお店で頂きました。

入り口で食券を買い、中に入って食券を出ししばし待ちます。とばし立ち食いそばなのでサクっと出てきて嬉しいのであります。

IMG_1569_ktsnj_sbdkr2_2.jpg

今回はたぬきそばではなく、がっつりと形のあるものが食べたい気分だったので天ぷらそばにしたのであります。ズルズルと頂く感じがこれまた良い。天ぷらもサクサク感があって、それを汁の浸して柔ら貸して食べる。
ふぅー。酔いが残った頭と胃袋にドーンと来ました。で、これからある新宿で宴会にも万全の体調で望めそうです;-)。

 
とわいえ・・。この後新宿の「宮川」で16:00から飲み始め、二軒目の「三田製麺所」でホッピー飲んで再度北千住に着いたのは00:00を回っている気配・・。実は松戸まで行って、一端戻ってきたりもしているんですけどね・・orz。

次の日曜日は死んでおりました・・。もう若くないんだから無理はあかんですなぁ・・。orz。

 
GPSポイント
Latitude: 35.749663º N
Longitude: 139.804871º E
Map: 35.749663,139.804871

12月 01

池袋。大都会。

今日は先週に引き続き池袋に来ておりますが、今回は今まで行ったことのない北口(詳細については下のほうで述べますけども)で飲んでおります。一軒目に「豊田屋」で飲んだあと「ラーメンでも食べて帰るかー。」となるのでありすますが、それならば駅前でおそばを食べて帰ろう。と、なったのであります。

で、北口のすぐワキの地下のお店を目指すわけですね。このお店、北口の駅から階段昇った辺りにあったのでそこはかと無くチェックしておいたのでありますが。そんな感じの本日二軒目なのであります。「大都会」。

ホテルの地下にあるお店、立ち食いそば屋さんみたいなんだけど、なんか違う。とりあえずカウンターに座ってメニューを眺めます。

IMG_0541_ikbkr_ditki_1.jpg

ほー。全ては店内にある自動券売機で食券を購入してからの注文。と言うシステムなのですな。ふむふむ。それにしても色々なつまみもあるので “立ち食いそば屋さん” てこともなく “飲み屋さん” って感じもしますね。

と、言うことで食券を購入。酎ハイ四杯1000yenのところ、今だとキャンペーン中で700yenになっているので、それ行きます。後、刺身四点盛り650yenというのでそれと、タレ焼きチキン、メンチカツの食券を購入。後は順番にタイミングを見計らって店員さんに渡すと自分で作成するコース料理になるんですね。

まずは単価に直すと一杯200yenもしない酎ハイで「あ。いや。どーもどーも。」などと再度の乾杯をしつつつまみが出てくるのを待ちます。

こちらはこのお店的には多分ちょっと贅沢に刺身の四点盛り;-)。

IMG_0533_ikbkr_ditki_2.jpg

マグロ・イカ・タコ・ホタテの四点盛り。いやはや、値段相応かと思ったんですがタコは生ダコが出てきましたね。このクニャクニャ感がたまりましぇんなぁ;-)。これで酎ハイを頂きます。その後、他の食券も小出しで出したりして、まぁそこそこの宴会の雰囲気というのは楽しめるのでありました。

最後におそばでも食べて帰りましょうかね。食券を買いに行ったらかけそば(たぬき可)が100yenとあったので、それを二人分購入。うひひ。

まぁ、立ち食いそば屋さんのおそばが出てくるのでそれはそれで割り切りで良いのであります。

IMG_0539_ikbkr_ditki_3.jpg

飲んだあと、もう一軒行って、その後にラーメン食べて帰ってくることを想定した場合、二軒目であわせておそば(それも一杯100yenですよっ!!;-)も食べてこられたんだからそれはそれで嬉しいことです。

そして、このお店は24時間営業だそうです。仕事の徹夜明け、早朝に利用出来そうなお店をまたまた一軒発見してしまった。このブログで掲載したことのある24時間営業のお店は、この間行った御徒町の「釧路」。鶯谷の「信濃路」。そしてここですかー;-)。

あと、もう一点。僕は多分池袋の北口というのは昭和と呼ばれていた時代に行って以来、ずいぶんと久しぶりに行った(と、いうくらい池袋には行ったことがない;-)のですが、その昔、この辺りには今回行ったお店と同じ店名である「大都会」と言う名の炉端焼き屋さんとか無かったですかねぇ?多分、僕の記憶では2,3回行ったことがあるので「池袋と言えば『大都会』」と勝手に決めている部分があるのですが・・。

今回、といういか、最近池袋に行ってみて「炉端焼き」と言う看板を出しているお店を見ないので僕の思い違いでしょうかねぇ?池袋で昔からあるもしくは昔はあった炉端焼きのお店の情報をお持ちの方いらっしゃればコメント頂ければと思います。

 
GPSポイント
Latitude: 35.731794º N
Longitude: 35.139.711125º E
Map: 35.731794,139.711125

11月 04

渋谷。吉そば。

朝、渋谷駅で地上に出て(筆者は地下鉄で渋谷に到着するのであります)、ちょっとワキを見たらあれあれあれ?渋谷にも出来たんだー。と、思う立ち食いそば屋さんがありました。今日はそこでお昼ご飯を食べたのでありました。

中目黒にあるお店には良く行っていたんですけど、渋谷にも出来たんですね。「吉そば」。

お店の場所はGPSポイントで確認してくださいー。

IMG_0029_sby_yssb_1.jpg

入り口で食券を購入して店内のカウンターに出します。今回食べるのは冷やしたぬきそぱの大盛り。

以前やはりこの近くの渋谷の立ち食いのおそば屋さん「信州屋」を書いているんですが、このお店は茹でたてのおそばが出てきて美味い(ような気がする)んだけど、いかんせん量が少なすぎる。

その点このお店は「大盛り無料サービスっ!!」バンっ!!(机を叩いた音;-)良い響きだねぇ。「おーもりむりょーっ!!」バンバンッ!!;-)。

と、いうことで冷やしたぬきそぱの食券を350yenで購入したあと、カウンターに出すときに「そばを大盛りでお願いします。」と言えば後は出てくるの待つだけなのであります;-)。

IMG_0028_sby_yssb_2.jpg

いやー。幸せだなぁ。ズルズル。美味いなぁ。ズルズル。きっちりとつべたくて美味いなぁ。ズルズル。などと思いつつ食べ進むのでありました。

まぁ、僕個人的な問題かもしれないのですが、朝食べるとしたら電車の中が暑すぎるので冷やしを注文し、お昼にここまで食べ来るとしても歩いて体温上がっているのでやはり冷やしを食べてしまう。それにしてもこのお店、そろそろさぶい季節に突入しているのにきっちりと冷やしそばをおいていてくれるので嬉しくなってまたズルズルと行ってしまうのでありましたf(^^;;。

麺の量も多くてたべごたえあって、きっちりとつべたくて。大変に嬉しいおそば屋さんなのであります。

 
あ。このお店って中目黒で飲んだあとに食べたりしましたなぁ。後は池尻大橋にもあったはず。今回新たに渋谷にもできたようで、それがこのお店ですね。渋谷にできてくれてちょっち嬉しい;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.658899º N
Longitude: 139.698415º E
Map: 35.658899,139.698415

9月 07

南牧村。最高地点。

そもそも「南牧村」というのはどこにあるのか?と言えば、長くちゃんと書くと「長野県南佐久郡南牧村」になるのであります。そこに「野辺山」と言う地名があって、そこまで来ると、あ。八ヶ岳の麓、清里の上ねー。となるのであります。

実家に帰ったついでに長野県内を色々旅しているのであります。長野のどの辺りを旅してきたについてはこちらを参照して頂ければと思います。また、美ヶ原高原での写真はもつ焼き写真館のほうにも掲載しましたので是非ご覧ください。
そんなこんなで JR最高地点にたどり着きました

お蕎麦が食べたいと思い車で走っていたらお店を発見。お昼ちょい過ぎなのでそのままお店に行くのであります。「最高地点」。

お店のすぐ近所にJR最高地点があるのでそれがそのまま店名にったのでしょうなぁ。安直と言えば安直;-)。お店の建物は山小屋ちっくなのですが・・。

IMG_1853_nbym_sikchitn_1.jpg

店内に入るとそこはかとなく混んでおります。窓際のテーブル席に着席します。僕はも盛りそば大盛り、一緒に行った人はソースカツ丼を注文していました。

うちの実家では「カツ丼」と言えばソースカツ丼でした。近所の食堂で食べると卵とじカツ丼が出てくるのですが、うちの母が作るのはソースカツ丼でした。なので、子供心に食堂で食べるカツ丼が随分と珍しいと思った覚えがあります。

混んでいるのでそこはかとなく待ちますが、順番に出てきているので「お。次はうちらの番だね。」となり、果たしてその通り目の前にドーンと出てきたのでありました;-)。

IMG_1847_nbym_sikchitn_2.jpg

こちらは僕が注文した盛りそばの大盛り。けっこう量が多くてうふふ状態。お腹も空いているしで嬉しい量です;-)。早速ズルズルと頂くのであります。

ん?ん! こう言っては大変失礼なのですが、このお蕎麦けっこうと言うかかぁなり美味しい;-)。建物がとんがり帽子の山小屋チックなお店、しかも街道筋のお店だったのであまり期待していなかったのですが、それを見事に嬉しいほどに裏切ってくれるのでありました。ズルズル止めどなく頂くであります。

そしてこちらはソースカツ丼。

IMG_1846_nbym_sikchitn_3.jpg

フツーに食べるとんかつ定食の大きさのカツが真ん中で分かれてドンブリの上にドーンと乗っている、つまり一切れフルに乗っているのでカツがたくさんあります。そしてソースで軽く煮込まれ、ご飯の上に敷いたキャベツの千切りの上に乗っているのであります。

こいつぁー食べ応えありそうですね。そして食べてみるとカツ自体もこれまた美味いのであります。

いやはや。お蕎麦もソースカツ丼も非常に美味しゅうございました。盛りそばの場合そば湯も出てきたので、最後にそれを頂いてこのお店に十分満足しつつ後にするのでありました。

目の前には「JR最高地点」という観光名所があるのでお店の駐車場に車を止めたまますかさず見学し、鉄っちゃんとしても十分に楽しめるのであります。鉄分ちょっと多めのお蕎麦屋さん。って感じでしょうかね;-)。

さてとー。今から滝沢牧場に行くかねぇ。

GPSポイント
Latitude: 35.945990º N
Longitude: 138.454180º E
Map: 35.945990,138.454180

6月 19

南鳩ヶ谷。卯どん亭。

この間、@nifty:デイリーポータルZ を見ていたら「鳩ヶ谷ソース焼きうどん紀行」という記事がありました。ふむ。鳩ヶ谷はうちからはそんなに遠くないよなぁ。などと思いつつ、頃合いを見計らって焼きうどんでも食べに行くかなぁ。などと頭の隅のほうで思っていたのですが、今回ようやっと行く機会に恵まれました。

鳩ヶ谷のB級グルメである焼きうどんを出してくれるおうどんのお店です。「卯どん亭」。

自宅から車でスルスルーっと行ってしまったので デイリーポータルZ の記事みたくナンギはしなかったんですけどもね。あと、お酒も飲まないので車で。みたいなf(^^;;。時間的には13:30くらいでしょうか。お店の脇に車を止めて早速店内に入るのでありました。

あ。最寄り駅は多分埼玉高速鉄道の南鳩ヶ谷駅だと思います。車で行ったのでいまいち良く解らないんですけどもf(^^;;。

今日はB級グルメにあんまり興味が無い自称ホッピー友の会会長も一緒です。うどん、食べたかったんでしょうかねぇ?

IMG_1335htgy_udnt_1.jpg

手打ちうどんを出してくれるお店です。フツーのうどん屋さんで、鳩ヶ谷のB級グルメは、街を盛り上げる感じで出しているんでしょうかね。鳩ヶ谷にはブルドックソースの工場があるみたいですしね。

と、言うことでメニューを見て早速注文します。二人いるので、一人は鳩ヶ谷名物の焼きうどん。もう一個はこのお店の名物あつもり肉汁うどん。うどんはフツー盛りだと400g、大盛りだと100yen増しの600gうひっ!! そして、ご飯サービスだそうで;-)。

IMG_1333htgy_udnt_2.jpg

こちらが焼きうどん。写真じゃ解らないですが、お皿はかぁなり大きめです。うひ。
ソースはブルドックのを使っているんでしょうなぁ。味は濃いめです。焼きそばの場合ってなんとなくボソボソ感があるのですが、これはネットリとした感じです。で、味がしっかりと付いている。

そー言えば、この記事書いていて写真見て思い出した。焼きうどんには紅ショウガは付かないのねぇ。横手の焼きそばだと福神漬け(と卵焼き)だし、富士宮の焼きそばには福神漬けだねぇ。何かしら箸休めがあっても良いのではないかなぁ。と思いました。

続いてこちらはあつもり肉汁うどん。

IMG_1334htgy_udnt_3.jpg

注文するときにお店の人が「うどんはつべたいのと熱いのどっちにしますか?」と聞いてくれました。ありがたい。夏に熱いのはちょっと手強いでねぇ。と、言うことでつべたいうどんにしてもらいました。

あとは肉汁に付けてズルズルと頂くのであります。濃いめの味で太めのうどんをズルズルと頂きます。そして、更に味が薄いと感じた人用に追加でめんつゆが用意されているのも嬉しいですね。

うどんは手打ちですが、さぬきうどんほど麺が固くないです。柔らかめのうどんでした。けど、立ち食いで食べるうどんよりは堅くて美味いですよ;-)。うどんと言うのは生き物なので、ゆであがった直後が一番美味いと言われているので、行く時間、タイミングによって味が全然違う。というのはあの名本「恐るべき讃岐うどん」の中で何回も書かれていましたね;-)。

あ。このお店のうどん。長いんですよー。これはすごいっ!!ヅルヅルヅルヅルって感じで口の中に入っていくんです;-)。ほどほどにお腹が膨らんで気分もニコニコなのでありました;-)。

こんどはうんとさぶーい時期に別のうどんも食べに来たいなぁ。そして、天ぷらも食べたいなぁ。などと思ったのでありました。

家から車でサクッと行けるB級グルメの旅なのであります;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.812822º N
Longitude: 139.748150º E
Map: 35.812822,139.748150

12月 24

渋谷。信州屋。

今日は朝ご飯を家で食べてこなかったので会社に行く前に立ち食いそばでも食べるかねぇ。となったのでありました。夏の暑い季節は盛りそばとかになってしまうのですが、この時期、温かいそばが美味いのであります。

と、言うことでたまーに行く立ち食いのおそば屋さんに行くのでありました。「信州屋」。

京王井の頭線乗り場の脇のパチンコ屋さんの辺りにあります。

IMG_0825_sby_snsy_1.jpg

今回はかぁるくたぬきそばの大盛りにします。このお店、値段はそこはかとなく安いのですが、量が少ないんですよね。なので、大盛りがフツーのよりちょっと多い程度みたいに、僕は感じるので大盛りにするのであります;-)。

IMG_0823_sby_snsy_2.jpg

ここのおそばはゆでてあるのを湯がいて出すのではなく、ちゃんと生そばを茹でてだしてくれます。味噌玉みたいな円柱形のソバの塊を機械の中に入れるとグニューっと細かい穴から出てきてお湯の中に落ちて、それがゆであがっておそばになります。最新式の機械を導入しているんですな。

なのでそばはいつもゆでたてを頂くことができるのであります。

あと、もう一点言わせてもらうなら、店の雰囲気。

IMG_0824_sby_snsy_3.jpg

これは店内に飾ってあった、写真(の多分印刷したやつ)ですが、戸隠奥社ですね。でもって七味唐辛子が善光寺七味、正確には「八幡屋磯五郎」の七味唐辛子を利用しているのであります。もしかしたら缶だけがそうで中身は違うのかもしれないですけどねーf(^^;;。僕はそこまでは解りません。

と、言うことで、長野県人にとっては割となじみやすいおそば屋さんなのであります。

ちなみに、僕の実家は長野、父親は戸隠の人間なのでソバにはウルサイのであります;-)。

今年の秋から冬にかけてはJRの「デスティネーションキャンペーン」は長野でした。吉永小百合も戸隠奥社に行っていて、戸隠はむちゃくちゃ混んでいたみたいです。と、言う話を最後にし終わりにしましょうかね。

GPSポイント
Latitude: 35.658943º N
Longitude: 139.699343º E
Map: 35.658943,139.699343

12月 03

三河島。三松。

さて。散策しております。谷根千・日暮里・西日暮里は比較的近い距離にありますよね。日暮里駅前でご飯の無い(注文しなかった)定食を「いづみや」で頂いた後、三河島方面へ更に移動し散策します。

それにしても三河島と言う駅、以前田町の会社に行っていた時は電車に乗っていて降りたのは一回だけか。このブログでは「山田屋」焼き肉を食べに行った時以来の登場ですねぇ。

駅前の写真;-)。

IMG_0150_3matsu_3.jpg

さて。この辺りで、ほんとうにちょっとご飯でも食べましょうかねぇ。などと思い探すんですけど、この辺りって専ら焼き肉屋さんが多いんですよね。なので開いているお店ってあまり無いかな?

と、駅をちょっと通り過ぎたら立ち食いそば屋さん発見。ここでお昼を食べることにしましょう。「三松」。

駅からほど近い、でもって交番のすぐ横って立地です。のれんをくぐり中へ入ります。

IMG_0152_3matsu_1.jpg

まぁ、時間が時間なので僕以外お客さんがいないと言うのもうなずけますf(^^;;。空いているカウンターに陣取り注文します。

おそばを食べようかと思ったのですが、ラーメンがあるみたいなのでそれにします。後、セットもあるので、天丼・ラーメンセットにしてみました。天丼はかき揚げ丼のことですね。こーいうのが良いのですよー;-)。

かき揚げ丼が先に出てきたので頂くことにします。でもって、一口食べたところでラーメン登場。んだばこの辺りでパチリ;-)。

IMG_0502_3matsu_2.jpg

ちょっとピンぼけチックなのはお許しください;-)。

かき揚げ丼の天ぷらをちょっとラーメンの中に入れたりして、自分でカスタマイズしつつ楽しみながら頂くのでありました。

ふぅ。満足満足。って感じでこのお店を後にするのであります。

それにしても「ふつーの立ち食いそば屋だろー。」とか思わないでくださいねー。そもそも三河島駅近辺と言うのはあまり来ない所なんです。なので、こー言うお店にふらっと入ると記事にしてしまいたくなるのですよーf(^^;;。

そー言えばこの辺りには確か、怒濤のようなチャーハンを出してくれるお店があったような気がしますが、それはもっと遠いか。次回にとっときましょうかね;-)。

本日訪れたのが二回目の「三河島」だったのでありました。あ。そーそー。「三河島」って地名は今は無いそうです。なので、「三河島に行ってきた。」って言うのはつまるところ「駅に行ってきた。」と言うことになるんですね。けど、フツーの三河島・新三河島の二つがあるのでございます;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.733484º N
Longitude: 139.778518º E
Map: 35.733484,139.778518

10月 16

大師前。小松庵。

西新井辺りで飲む時、「みかく」と言うもつ焼き屋さんでヘベレケになるまで飲むのですが(いつもじゃないよ;-)、その後、そのお店で仲良くなったお客さん同士でおそばなどを食べに行くこともちらほらとあるのであります。

ラーメンを食べる時もあるのですが、おそばも食べたい時もある。そんなとき、飲んだ後に行くのでありました。「小松庵」。

西新井大師の近辺では割と有名なおそば屋さんでしょうか。お昼から夜遅くまでやっているので、飲んだ後でもまだ開いていてくれるので助かります。

IMG_2678_kmtsuan_1.jpg

00:00 を回ってもまだやっているのですが、ガラガラと扉を開けると店内にはお客さんがそこはかとなくいるのであります。すごいなぁ。

一緒に行った人たちとテーブル席に着席し、もう既にたくさんのんでいるにも関わらず、更に瓶ビールを注文したり天ぷらを注文したりするのですが、僕はもういいです。盛りそばの大盛りにします。となるのでありました;-)。

ビール飲みつつ、酔った仲間同士でほぼ永久ループな会話しつつ、ここのお店で時間をつぶすのでありますが、最後にはやはりおそばを頂くのであります。

IMG_0016_kmtsuan_2.jpg

出てきた盛りそば大盛りはこんな感じ。フツー盛りはせいろが二つ。大盛りの場合は三段になって出てきます。うひひひ。食べ応えがあるのでズルズルと行くのでありました。このお店はつなぎにたまごを利用しているようです。ちょっとなめらかな感じかなぁ?

それにしても「小松庵」と言う店名は湯島天神の近くで一軒見たことがあるのですが、「砂場」などと一緒で巨大チェーン店(のれんわけと言った方が良いか;-)なんでしょうかねぇ?

後、このお店で特筆すべき点は天かすが無料で持って帰れます。このお店、天ぷらも十分に美味しいのですが、その時に出た天かすは袋に入って「ご自由にお持ち帰りください。」って書いてあるんですね。なので、一袋頂いていって、次の日に自宅でおそばを作って、その天かすを上に乗せて頂くのでありました;-)。

一粒で二度美味しいお店なのであります;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.782693º N
Longitude: 139.782679º E
Map: 35.782693,139.782679