4月 29

西新井。ゆうき。

世の中ではゴールデンウィークというのは今日から始まったのでしょうか?僕の場合は5/1,2は出勤(あ。5/1はヤボ用があるので有休取得だ;-)なので、実質的には5/3からが休みですね。

で、今日は普段、マラソンというか、ランニングを一緒にするメンバーと軽く走ったあと、もんじゃ焼きを食べに行こう。と、いうことになったので、約50分くらい走ったあと、体を拭いて、もんじゃ焼き屋さんに行くのでありました。

多少汗臭くても大丈夫。もんじゃ焼き屋さんに行けば体にもんじゃ焼きその他の匂いが付くのでっ!!僕はもんじゃ焼き屋さんを出たあとにシャツを着替えました;-)。

今回、もんじゃ焼きを食べたお店は「ゆうき」というお店です。このお店にたどり着くためにはずいぶんと苦労するのではないかと思われます;-)。

お店は幹事さんが予約済み。全部で3個の鉄板がキープされておりました。と、いうことは総勢12名か;-)。

料理はコースではなく、幹事さんが既に3,4品を伝えてあったらしく、座ったらビールよりも先に出て来ました;-)。

最初はビールで乾杯。ホタテ焼きと一緒に頂きます。写真はもんじゃ焼きです。乾燥したイカの細切りがドドドと上に乗っています。
こいつをもんじゃで食べるとイカの風味が口全体に広がって美味かったぁ;-)。

こちらは、多分、幹事さんのオリジナルメニューだと思います。幹事さんはこのお店のおやっさんとお友達なのでけっこう何でも話せるようでして・・。

卵、エビ・餅・豚肉で、カレー粉がアクセントになっています。これはお好み焼きですね。

このあともどんどん注文します。もんじゃではないモノでは豚キムチとかですね。

もんじゃはカレー粉三倍増しとか、チーズ入り、シーチキン入りなど、色々なモノが出て来ましたf(^^;;。お店の人と仲が良い人と行くと色々楽しめます;-)。

 
飲み物は最初、生ビールだったのですが、そこから焼酎梅割に移行していったりと、こちらもほぼ飲み放題ちっくな雰囲気で飲みます。が、ここの酎ハイは焼酎が濃いですね。気をつけないとあきまへん。

 
それにしても、このお店は過去に何回か行っているのですが、全体的にもんじゃ焼きは安いです。海のほうにある街にドドドとあるお店で出してくれるモノの値段とはずいぶんと違います。
もんじゃってのは安いのが基本だぁ。などと幹事さんもおっしゃってましたし、土手を作るとは何事だぁっ!!などとも申しておりました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.773268º N
Longitude: 139.791574º E
Map: 35.773268,139.791574

4月 30

入谷。三島屋。(2)

さてさて。祝日の昼間、浅草に来ております。温泉に入ったあと、立ち飲みの「安兵衛」で風呂あがりの一杯を満喫したところであります。

このあと、どーすんべかねぇ。などと思い、とりあえず南千住などを目指してテクテクと歩くのであります。お散歩ですね。雨も降らずに日も当たらずに本当に良いお散歩日和ですねぇ。ひさご通りをぬけてそのまま千束方面へとずんがずんがと突き進むのであります。

さてさて。そーいえばこの辺り、確かたこ焼きと焼きそばを出してくれるお店があったような気がしたなぁ。などと思うのであります。今回は自称ホッピー友の会会長と一緒なのですが、会長はこの辺りについて異様に詳しいので僕が「あすこに行きたい。」と、言えば「あいよー。」とは言わずにぶーぶーモンク言いつつも連れて行ってくれるのであります。

と、いうことで交差点のかどっコのお店にたどり着きました。たこ焼きと焼きそばを出してくれるお店です。「三島屋」。

IMG_7016_iry_3smy_1

実はこのお店、このブログでは今回が二回目の登場です。前回掲載したのは2008年01月ですかー。随分とご無沙汰していますねぇ。と、いうのも、僕一人ではこのお店にたどり着くことができないんですねf(^^;;。

入り口のトビラを開けて店内に入ったら、あいや。驚きました。チョー満員です。空いている席はカウンターのみの状態。すごい混んでおります。カウンターに着席し、お店の人のお手すきのタイミングで「たこ焼きと焼きそば大盛りください。」と、すかさず注文し、あとは出てくるのを待つのみ。な状態にします。

 
カウンターに着席すると作っているところが一望できるのが良いですね。店内が混んでいるのでたこ焼き及び焼きそば、あとお好み焼きなどをお店の人がどかどか作っています。
今回初めて解りましたが焼きそばは”焼く”というよりも蒸している。感じが強いです。野菜・ソバをドンと山盛りにしたあと、スープをドバってかけてあとは鉄板の上にフタをしてほっといてあります。
たこ焼きのほうもドバーとたこ焼きのもとを穴に入れたあとタコと野菜・紅しょうがなどを投入したあと、しばらくほっといてあります。
ふむー。このお店のヤツはこうやって作るのね。などとじっくりと観察できました;-)。

 
と、いうことでまずはたこ焼きが出てきました。これもたこ焼き用鉄板の上に随分と長い間置かれていた感じがあるのですが、食べてみると中はトロトロで熱くて、けど、決して外側は焦げていなくてハフハフ言いながら食べるのであります。

IMG_7009_iry_3smy_2

続いて出てきたのは焼きそばです。店員さんがお皿に盛ってくれる時に「焼きそばも注文していたよもねぇ?」て聞かれたので「えぇ。大盛りで注文しました。」と答えました。最初に麺を投入したのがおやっさんで、お皿に盛り分けてくれたのが女将さんなので正確に伝えました;-)。

で、出てきたのがこんな感じ。

IMG_7011_iry_3smy_3

うひひ。嬉しいくらいに大盛りですねぇ;-)。たこ焼きも焼きそばも自称ホッピー友の会会長と一緒に半分ずつ頂きました。

焼きそばのほうは作り方で味がだいたい想像できました。鉄板で焼くソバではないですね。蒸した感じの麺でしっとりした感じでした。人によって好き嫌いはあるとは思いますが;-)。

 
とまぁ、こんな感じでたこ焼きと焼きそばを頂き、更に散策は続くであります。

浅草->南千住までのお散歩は色々あって楽しいですね。このあとは浅草釣具に行ったり(火曜日は定休日)「天羽飲料製造」の前を通ったり(祝日でお休みでした)「ほりい」の前を通ったり(お店は営業していました;-)と、色々と楽しめるのであります。

それにしても今日は有意義な一日だったのでありました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.721071º N
Longitude: 139.793089º E
Map:35.721071,139.793089

9月 06

横手。出端屋。

九月の第二週に夏休みを頂きました。今年の夏はひたすら暑いのでどこか涼しい所に行きたいものだ。などと思ったので東北に行くことにしました。これから数回に分けて東北で立ち寄った所を書いて行きたいと思います。

自分自身、最近、都内のお店に行ってないなぁ。もしくはここに書いてないなぁ。などと思うんですけどもねf(^^;;。

今回は食べ物系のネタはこのブログに、そーでも無いネタはもう一個のブログ「よろずなブログ。」の同時進行で行きたいと思います。実はもう既に一個「ほっとゆだ温泉。」というのを書いているのですけどもね;-)。

と、言うことで、朝一番に「ほっとゆだ温泉」でひとっ風呂浴びたあと、そこからほど近い横手の街に行くのであります。ここは “B級グルメ” な街ですね。焼きそばで有名な街なのですが、お店はほとんどが11:00もしくは11:30開店のお店がほとんどなので、「09:00頃から開いているお店はないのか?」と思って探していたら、秋田ふるさと村と言うところで09:00からやっているお店があるみたいなのでそこに行くことにしました。「出端屋」。そして「秋田ふるさと村店」。

東北を北に目指しているので朝の早い時間からやっていてくれて本当に助かりました。ふぅ。

IMG_2825_idhy_1.jpg

ちなみに横手で焼きそばを食べるのは今回が二回目です。前回は駅のそばの焼きそばやさん「ふじわら」で頂いていますねぇ。焼きそばの上に卵焼き、後、横には紅ショウガではなく福神漬けが載っているのであります;-)。

注文してから出てくるまでにちょっと時間がありましたが、その間に色々観察します。雰囲気的にはスーパーなどの食堂(フード)スペースに似ている感じでしょうか。

IMG_2824_idhy_3.jpg

最初に注文した人から出てきたようです。僕のもできたようですね。ふふふ。

IMG_2827_idhy_2.jpg

見た目はやはり「横手の焼きそば」ですねー。そー言えば今年の初めにやはり “B級グルメ” と言われている「富士宮焼きそば」を食べてきたんだった。今年は焼きそばに縁があるのかなぁ。などと思いつつズルズルと行くのでありました;-)。

目玉焼きは半熟で、太麺に絡めて頂きます。ソースとかがあるので味が薄い場合にドバドバとかけて自分の好みにカスタマイズして頂くであります;-)。

それにしても食べた場所がフードコートみたいな感じだったのでいまいち雰囲気は出ないのですが、それにしても09:00と早い時間からやってくれていて助かりました;-)。

さてと。この後はガンガン北上します;-)。

以下は例のごとくGPSポイントですが、おっ!! 東経140度超えました;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.293209º N
Longitude: 140.546229º E
Map: 39.293209,140.546229

4月 04

浅草。染太郎。

今回は浅草の街を歩いているのですが、王道を行きます;-)。一軒目でどぜうのお店「駒形どぜう」に行ってきました。山椒がむちゃくちゃ効いていました;-)。

もう一軒、浅草で、どこかに行きましょう。と、言うことになったのですがここはいっちょ、お好み焼きをかぁるく食べることにしましょうかねぇ。と、言うことでそっち方面に向かいます。場所的には「たぬき」のちょいと向こうにあるお店です。「染太郎」。

こちらのお店は混んでいたので外で約五分ほど待つ事になりました。それにしても「染太郎」は北千住のコンコースにもあるのですが、ここの支店だと思います。行ったこと無いのですけどね(^^;;。

IMG_1620_smtaro_1.jpg

席が空いたようなので靴を脱いで置くの方にテクテク歩いて鉄板の前に座るのでありました。このお店は奥にひたすら長いようであります。すごいですねぇ。

まずは瓶ビールを注文。でもってこのお店の名物 しゅうまい天 をまず注文します。後は ブタ天を。しばし待って出てきたのでありますが、 しゅうまい天 というのはイマイチ作り方が分からないので、お店の人が準備をしてくれました。

IMG_1624_smtaro_2.jpg

まず、お餅で四角い土手を作ってその中にアンを流し込みます。脇からちょっとはみ出るのですが、そんなのはお構いなしです;-)。お餅が柔らかくなってきたらひっくり返して焼きます。完全にお餅が柔らかくなったら食べ頃です。ソースをかけて頂くでありました。

味は山芋たくさんで中に挽肉かなぁ?が入っていて、食べた食感はホクホクって感じで中々ぐーなのでありました。しかし、どうしてこれを「しゅうまい」と言うのだろう?挽肉が入っているからなのかなぁ?お店の人に聞けば良かった。

この後、ブタ天 を焼いて食べるのですが、オプションでマヨネーズと鰹節を頂き、上からふりかけて頂くであります。ハフハフ。

鉄板焼きの場合、最後のシメは焼きそばですかねぇ。

IMG_1627_smtaro_3.jpg

ここの焼き方はまた中々おもしろいです。出てきたのをひっくり返して鉄板の上に載せます。鉄のお皿を蓋代わりにして蒸らします。しばし待って蒸らしが終わった段階で鉄板の上で焼いて、味を付けて頂くでありました;-)。

じんわりと味わいつつ頂くでありました。ビールが終わったので酎ハイをもらいつつ焼きそば食べつつ浅草の名物を二軒のお店で頂くでありました。

それにしても浅草に行ったのに桜はあまり見なかったなぁ・・f(^^;;。

GPSポイント
Latitude: 35.711953º N
Longitude: 139.790940º E
Map: 35.711953,139.790940

1月 15

富士宮。さの食堂。

冬のこの時期、関東の郊外に出かけると雪が心配なので北を目指すのにはちょっと勇気が必要になります。なので、今回は西を目指すことにしました。

まずは富士宮で「B級グルメ」と呼ばれている「富士宮焼きそば」を食べることにしましょう。

ちなみに、今回の旅は事前に情報は一切仕入れていません。全てはiPhone3Gで現地で情報を仕入れることにしました。食べログAppであるとか30min.、googleなどを利用して、現地で行き当たりばったりの旅にしてみました;-)。

で、11:00頃に富士宮に着いたら早速iPhone3Gを取り出すわけですが、駅前に車を止めて検索すると、11:30からのお店があったので、そこに行くことにします。ちなみに食べログでトップポイントのお店はどこかに出店しているらしくてお店がお休みでした。

時間が早くて開店までまだ時間があるので「浅間大社」にお参りに行きます。どっちが主目的だかわから無いですね(^^;;。この神社、日本全国の浅間神社の総本山らしいですね。僕は今回行って初めて知りました。

お参りし終わって、いよいよ富士宮焼きそばとご対面です。目指したお店は「浅間大社」から近いお店です。「さの食堂」。

IMG_0941_sanoya1.jpg

ほぼ、開店と同時に入ったのですが、僕たちの他にもう一組、スーツ姿の二人組がやはり、開店と同時に入ったのでありました;-)。

注文し、しばし待って出てきたのがこんな感じです。富士宮焼きそばの大盛り;-)。

IMG_0944_sanoya2.jpg

見た感じ、上にサバ節の細かいのが掛かっている。って感じでしょうか。

ここのお店のはキャベツが細く切ってあるので麺と一緒に口の中に入っていくという感じです。他に具としてモヤシ・天かす・万能ネギ、トッピングに紅ショウガが載っている感じです。味はそんなに濃くないので自分でテーブルの上にあるソースをかけて調整しました。

ただ、麺がすごい。歯ごたえのある麺ですが、丸い麺ではなく、ラーメンの麺みたいに角がちゃんと立っている断面が四角い麺でした。

今回は富士宮で一軒しか行かなかったので食べ比べと言うか、地元の味がどんなか、いまいち把握できなかったので帰り道の高速道路のサービスエリアで売っていたのを買って食べてみました。

IMG_1029_sanoya3.jpg

上から降ってあるサバ節の量が少ないのでちょっと悲しかったのですが、味はやはり薄めだったのと、後、麺はやはり角が立っていたっぽいのが印象に残りました。

予備知識一切無しで食べたし、これを書いているのだけど「富士宮焼きそば」のポイントはその辺りにあるってのであってます?

ところで、地方の焼きそばとしてはその昔、横手の焼きそばを食べに行ったことがあります(去年のB級グルメ選手権第一位でしたっけか)が、こちらは目玉焼きと福神漬けのインパクトが大きかったので、富士宮焼きそばの場合は上に載っている粉が名物になるのだろうなぁ。などと思ったのでありました。

それにしても僕個人的な考えですが「B級グルメ」と言う言葉、あんまり好きではないんですよねぇ。食べる人にとってはそれが美味しい、最高な食べ物になるるので。と、いつも思うんですけども。

さてとー。次は静岡を目指しましょうかねぇ。今日の夜はおでんです;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.223185º N
Longitude: 138.610468º E
Map: 35.223185,138.610468

10月 24

三ノ輪。しづ。

今日は明るい時間に秋葉原に時計の修理に行ってきたのですが、アキバはWindows7一色の世界でした。

その後、一路三ノ輪を目指します。そこで自称ホッピー友の会会長と合流し新開地、今の名前はジョイフル三ノ輪を散策し、どこかか良いお店があればそこに入りましょう。となったのでありました。それにしても土曜日の三ノ輪、「あいちゃん」と「ほりい」はお休み「中ざと」と「栃木屋」は17:00からかな?16:40くらいについた筆者には非常に悲しいのでありました・・(g_g)。

そしてそこに、自称ホッピー友の会会長は遅れて来ると連絡が入ったので、もうこうなったら「弁慶」に行くしかあるまい。と思い時間調整のために瓶ビールと煮込み四本をかぁるくつまむのでありました。

さて。「弁慶」を後にし、自称ホッピー友の会会長と合流した後、ジョイフル三ノ輪の商店街を散策します。「今日は人があまり出ていない」と。自称ホッピー友の会会長は江戸っ子で生まれがこの辺りらしい。なので「新開地」と呼ばれていたときからこの通りは良く知っているんだそうな。

そんな、この辺りに詳しい自称ホッピー友の会会長が連れて行ってくれたお店は「今日はもんじゃ焼き食べるよ。」と言うことで都電を向こう側に渡って細い路地を約52m入ったところにあるお店。「しづ」。

IMG_5662_shizu1.jpg

「昔はねぇ、おばあちゃんががんばっていたんだよー。」とのことですが、その「昔」というのは何年前のお話なんでしょう?店は今も健在です。が、代替わりしたかも。だそうです。

店内に入るとまだ席は空いていたみたいで全面畳張りの店内に入り着席します。もんじゃ焼きと言えばビールでしょー。と、言うことで瓶ビールを注文。おぉ。一番搾りが出てきた;-)。食べ物はー。まずはおつまみ系で「カキバター」と「ホルモン炒め」を注文して、鉄板の上でジュージュー焼い頂くのでありました。ちなみに僕的には今シーズン初物のカキなのでありました;-)。

その後は「豚天」行きましょう。ちょっと厚めの豚バラの薄切りが細切れ上に切ってある(どんな状態だか想像つきますか?(^^;;)のをキャベツと一緒にウリャーっとかき混ぜて鉄板の上へ。今まで僕が食べてきたのは先にながぁーい豚肉を鉄板の上で焼いて火を通してから上からお好み焼きのもとをかけて焼いていたのだけど、ここのは全部かき混ぜて焼いて食べました。ふー。とは言いつつまだ写真はありません;-)。

食べ物の写真はこの次に頼んだものです;-)。カレーもんじゃ。

IMG_5672_shizu2.jpg

実は店内に入ったとき、店内はカレーのにおいであふれかえっていて、是非とも食べたいものだ。などと思っていたのでありました。「五味鳥」の店内もそうだけど、カレー粉って火が通ると良いにおいがしますねぇ。

自称ホッピー友の会会長はドテを作ることもなくいきなりドバーっと鉄板の上にもんじゃをあけたのでありました。その後、ホフホフ言いながらカレーもんじゃを頂くのでありました。

最後に焼きそば行きましょう。と言うことになりました。あの太麺の焼きそば。うんうん。って感じです。

IMG_5684_shizu3.jpg

お肉と野菜をまず鉄板で焼いて、後から麺を投入。そして、コップの水をジョバーっとあけてソースで味をつけてできあがり;-)。

上に青のりをのせて、マヨネーズをつけて食べるのでありました。そー言えばこのお店には鰹節が無かったなぁ。あれは関西の文化なのかしら?

実は僕はもんじゃ焼きは三回くらいしか食べたことないような気がします。食べ方と言うか焼き方もいまいち解ってないような気がしますが、まぁ、よしとしておきましょう;-)。

それにしても、こー言うお店を出た後というのはなかなか笑うことができないですな。だって歯に青のりがたくさんついているんだもの(^^;;。けど、それがまた良いのよ。ねっ。

GPSポイント
Latitude: 35.732631º N
Longitude: 139.790511º E
Map: 35.732631,139.790511

10月 21

町屋。浜作。

今日は町屋でお好み焼きを食べましょう。何やら、町屋のもんじゃは月島のもんじゃとはひと味違うらしいです。今回は尾竹橋通りを日暮里方面にちょっと行った二階にあるお店。「浜作」。

階段、もしくはエレベータに乗って二階を目指します。入り口はテーブル席フロアとお座敷フロアの二つありますが、今回は手前のテーブル席フロアに行きます。

CA340029_hmsk1.JPG

席に着いて、瓶ビールを注文。ホームページからサービス券を印刷して持って行くと瓶ビール一本サービスしてくれます。けど、僕は印刷した紙を忘れて来てしまったので本当かどうかはさだかでは有りません。

まずは、前座でカキでも食べましょう。そろそろシーズンに入るかと思いますが、ここのはネギと一緒に出て来て鉄板の上にどばーーーーっ!!とあけます。後はジュージュー焼くだけ。ぷりっぷりのうちにホクホク言いながら食べることにしましょう。

CA340031_hmsk2.JPG

続いて鴨ネギを注文。これもジュージューと焼いて食べます。アブラがどどどーーっと出て来て中々良いです。食べても美味いですねぇ。

などと、二つほど食べた後、お好み焼きでも行ってみますかー。魚介のお好み焼きをまず行きます。続いて豚玉。海系と丘系のお好み焼きを満喫。ふむ。中々ですねぇ。小麦の玉はそんなに固くはなく、具と良く混ざります。

などと書いても、お好み焼きについては、僕、ほとんど知識ゼロ。食べたときの感じが美味いかそうでないかしか良くわからないのでした(^^;;。

最後に真打ち登場。もんじゃです。僕的にはベビースターもんじゃが食べたかったのだけど、自称ホッピー友の会会長は「そんなのイヤだ。」と言うので却下されたので、焼きそばの入ったもんじゃを注文。かき混ぜた後どばーーっと鉄板の上に流します。

町屋のもんじゃと言うのはドテを作らないようです。かき混ぜた後ダイレクトに鉄板の上へ。大体こんな感じになります。

CA340037_hmsk3.JPG

これが町屋流なんかなぁ?江戸っ子ではない僕にはいまいち良くわからないのですが、焼けて来たところをちょっとづつすみのほうからコテで取って食べて行くのでした。

町屋で食べるもんじゃ。月島とはちょっと違うのかな?月島でももんじゃは一回しか食べたことが無いので僕には良くわからないのでした。ただ、「大木屋」もドテを作らずにどばーーっと行ったなぁ。

まぁ、美味しく、堪能できればそれはそれで十分なのでございます;-)。

7月 10

日暮里。大木屋。

日暮里に怪しげなもんじゃ焼き屋さんがあるらしい。と言うのはハナチョーさん(この方、僕のブログでは「おっちゃん」とか呼ばれてよく登場しています;-)から聞いていたのですが、今回、彼にそのお店連れて行ってもらいました。

集まったのは総勢六名。日暮里駅北口で待ち合わせ、一路谷中商店街を目指し、その入り口をかくんと右に曲がり、看板の電気の消えた、何やら怪しい雰囲気のお店にたどり着きました。そこが「大木屋」。

扉には「予約制」と書いてあります。

CA340001_ooky1.JPG

しかし、良く見ると、ガラスに「予約制」と書いてあります。それでは良く見えないのでしょうね。店の内側から白い紙が貼ってありました。あ、怪しすぎ・・(^^;;。

店内に入るともう別のグループが初めていました。鉄板は全部で四つ。私たちの席も確保されていたのでした。

今日はコース料理。出て来た順番に書くと、カツオのタタキ・肉の塊・ホタテ焼き・ビックメンチカツ・もんじゃ焼きと言う順番。今日はこの中で「肉の塊」と「もんじゃ焼き」の写真を用意してみました;-)。

まずは肉の塊ですが、こんな感じ。でかいのがどどんと鉄板の上に乗ります。焼くのに大体18分。じっと我慢の子です。肉の塊だけに「にくじゅうはち。」18分待つらしいです。店のおっちゃん談。

CA340004_ooky2.JPG

厚さが約5cmくらいあり、焼くのに時間がかかるのですが焼き上がると包丁で切ります。切っている図は大体こんな感じ。

携帯で撮ったので美しくはないのですが、ストリーミングでどうぞ;-)。





食べてみるとこれが柔らかくて大変美味い。失礼な言い方たけど、最初肉の塊を見たときアメリカ牛やオーストラリア牛のあの赤くてひたすら固いのを想像してしまったのだけど、食べてみると全然違いひたすら美味い。いやはや。

後は最後に食べるもんじゃ焼き。直径60cmはあるボールに具材が入っていてそれをかき混ぜて鉄板に投入。ダイナミックです。鉄板一杯に広がるその光景は大変ワクワクさせられるのです;-)。

CA340016_ooky3.JPG

この位のを二回やってボールの中はすっかり空になるのでした。

それにしてもこのお店、セルフサービスだったして中々面白いです。飲み物のお話は今回書いてないのですが、このお店に行って是非体験して頂きたいものです。なんせ、ウーロン杯飲みたいので注文したら「氷は自分で買って来て。」ってお使いに行くんですから。ハナチョーさんが;-)。

いやはや。大変楽しいお店なのでした;-)。

2月 16

大阪。日本一大たこ。

大阪と言えば道頓堀です。道頓堀と言えばかに道楽本店とかありますが、そんなものはどうでも良くて、まずはたこ焼きを食べるのです(きっぱりっ)。

って・・。今回の大阪ミナミも実は一番最初に「二色」にふらっと・・。17:30に行ったらちょうどのれんをかける所で一番のお客様なのでした。でもって二色で串カツ・おでんなどを食べた後にたこ焼き屋に向かいます。

道頓堀にあるたこ焼き屋で有名な所と言えば、橋のたもとにある屋台。「日本一大たこ」。

708sc-0001_oodc1.jpg

この店、昼間の明るい時間に行くと行列が長過ぎて全然食べる気がしないのだけど、夜のトバリが降りる頃に行くと行列が短くもしくは無いので比較的容易にたこ焼きにありつけます。今回もそんな時間に行ったのでした。

ちょっとだけ並び、自分でもたこ焼きを作る筆者としては焼いている所もしっかりと見学しなければなりません;-)。ふむふむ。やはりプロは手つきが違うねぇ。などとしっかりと観察するのでした。

708sc-0002_oodc2.jpg

でもっていよいよ僕の番が回ってきました。今回は10個500yenコースです。これは量もちょうど良い。うひひ。ってか、ここのたこ焼きふつーの大たこと呼ばれる店のより大きさが小さいねぇ。

708sc-0003_oodc3.jpg

いやね。たこ焼きの大きさ、実は僕も気になっていたんですよ。関東で食べる大たこと呼ばれるたこ焼き屋ってたこ焼き自体がうんと大きいのよ。3.5cmくらいあるかなぁ。まぁ、中に入っているたこが大きいのは良いのだけど、粉の部分も多いので一口では口の中に入りきらない。なので割ってから食べなければならなかったり熱くて半分くらいしか食べられないみたいな状態になってしまうのですよ。

けどもこの店のたこ焼き、一回りちっこいのでまぁ、食べやすい大きさと言うんですか。でもってたこもまあまあ大きいのでそこはかとなく口になじんできます。

しかーーし。こないだ筆者が作ったたこ焼きには中に紅しょうが・天かす・小エビが入ってちょー豪華だったのよ。今回は、僕の勝ちだな。ふっふっふっ。

などと、一人幸せな気分に浸っている筆者だったのでした;-P。けど、それって邪道なの?f(^^;;。

2月 10

大阪。田の家。

大阪・堂島にもうちょっと居るのでした。今日は「おやじ焼き」で、堂島界隈で超局所的な人々に有名な店だと思います。「田の家」。堂島三丁目交差点のすぐ脇、バス停の真ん前にあるたこ焼き屋さんなのです。

CA340036_tanoya1.JPG

このお店の名物は「おやじ焼き」。なんかこのブログの筆者のような感じやな。って気がしないでも無いのやけど、どんなものか食べてみたいものです。と、言うことでのれんをくぐって店内へ入ります。

焼き場の前、店の外にはテラス席があるのですが雪が降るサブさなので店内に入ってしまうのでした。で、店内に入って焼いていたおばちゃんに「写真撮っていいですか?」と、関東の言葉で聞いたら、「え?何?照れるやんかぁ。私を撮ったらあかんよぉ。」だって・・f(^^;;。いやぁ。さすがは関西のおばちゃん。美味し所持っていきよる;-)。

で、しばし待って出てきた「おやじ焼き」がこれ。五個で350yen。

CA340034_tanoya3.JPG

なんで「おやじ焼き」と言うのかと聞けば、おばちゃんがみいんな焼きながら説明してくだはりました。たこ焼き焼く鉄板の穴の中にまずウズラの卵を落とします。その上からたこ焼きの汁をたらしてたこ入れるので出来上がりは「目玉おやじ」になるわけです。で「おやじ焼き。」フムー。確かに「おい。鬼太郎っ。」って声が聞こえてきそうですけど。

中にはタコの他にこんにゃくが入っていました。なるほどーなのでした。

CA340035_tanoya2.JPG

堂島三丁目をうろつく人は必ず一度は足を運ぶであろうたこ焼き屋さんなのでした;-)。