12月 17

秋葉原。たん清。(3)

今日は昨日に引き続き忘年会です。
今回はネット繋がりの忘年会です。なので場所は秋葉原です。

秋葉原でやたらと分厚い牛タン塩焼きを出してくれる、それなりに有名なお店ですね。「たん清」。

このブログでは今回が三回目の掲載になります。前回掲載したのが2010年12月なので、もう六年前になりますか。そして、前回掲載したときも忘年会のときの様子ですね。

前回も書いている通り、今回もどちらかというと『UNIX系OSの統合デスクトップ環境が好きな人たちの忘年会』でしょうかねぇ。UNIX系BSDライセンスのOSの忘年会は去年までずっと開かれていましたがそれに出なくなって久しいです。

とまぁ、どーでも良い話はここまでで、お店の前に19:00集合、19:10入店です。その前の宴会が19:00まであるようで、店内は完全入れ替え制のようです。

19:10頃に店員さんに呼ばれ、階段を降りていきます。今回は全部で13名予約した席に着席し、宴会のスタートです。このお店では宴会用のコース料理というのがないので幹事さんが代表で色々注文します。
僕は飲み物は生ビールを。お酒を飲まない人、やめた人など色々な人がいるので飲み物も色々出て来ます。

写真はキムチの盛り合わせ。

お肉が来る前にまずはこれが定番のメニューでしょうかねぇ。お肉が出て来てから焼き上がるまでこれをつまんでビールを頂きます。
キムチで辛いんだけど、そんなに辛くはなくて辛美味しいって感じです。

そーこーしていると、一品目にはやっぱり上タン塩ですね。これを食べないとここに来た気分にはなれません。

分厚いタン塩で、大体5-7mmくらいの厚さがあるでしょぅかねぇ。食べ応え十分です。まさしく、これを食べるためにこのお店で忘年会をする。って感じでしょうかね。
まぁ、アキバという地理的要因も幹事さんとしてはあるのかもしれないですが(幹事さんはそこはかとなくオタク的要素を持った人なのであります;-)。

料理はこのあともお肉が続きます。ロースは赤身でアブラがなくて、柔らかくて美味しいですね。そして最後はバナナ焼きに行くのでありますが、写真はもう終了です。

 
今回はこのお店に来たのも随分とご無沙汰なのですが、参加したメンバに会うのも随分とご無沙汰でした。皆さんそれ相応に年は取ったけど、元気そうで何よりでした。

昔話に花が咲いた忘年会だったのでありました。

その昔は年に2,3回は来ていたと思うのですが、最近はめっきりと足が遠のきました。次回、このお店に来るのは何年後になるのだろう?

 
GPSポイント
Latitude: 35.700189º N
Longitude: 139.775040º E
Map: 35.700189,139.775040

2月 28

亀有。肉の万世。(亀有店)。

環七沿いにあるお店です。フツーファミレスとは違ってちょっと高級でしょうか。あ。個人的な感想ですが(^^;;。

最寄り駅はJR総武線の亀有駅ですが、環七沿いにあるお店に行きました。「肉の万世」。

「肉の万世」と言えば秋葉原のお店が有名で、過去に一回だけ(レストランのほう)行ったことがあります。今回は亀有の街道沿いにあるファミリーレストラン風の「肉の万世」に行ってきました。

IMG_3617_kmar_nknmns_1

お店に着いたのは大体12:40くらい。一番混んでいる時間帯にたどり着いた。と、いうことですね。入り口でボタンを押して予約します。あとはお店の人が順番に呼んでくれるのでひたすら待ちます。大体八組くらい待ったでしょうか。時間にして20分くらい。呼ばれたのでそのままズズズと奥に行くのでありました。

テーブルに着席し、メニューを見ます。defaultのメニューとランチメニューがありましたが、今回はランチメニューからチョイスしました。ランチメニューはレギュラーメニューよりはちょっと安くて16:00まで有効なようです。

今回は二人で行ったので、メニューから選んだのは二品。ハンバーグとステーキの盛り合わせと、ハンバーグとトンカツの盛り合わせ。色々食べたいじゃん。と、いうとこーいうのになってしまうのでありますf(^^;;。
ランチの場合はご飯(おかわり自由。もっと心ときめく言葉で言うと食べ放題;-)と豚汁が付きます。漬物は出ないんだねぇ。あ。定食屋さんではないので当たり前かf(^^;;。

混んでいるので、しばし待って出てきました。その間に水をガブガブと飲んだりしましたが;-)。まずはハンバークとトンカツの盛り合わせです。

IMG_3611kmar_nknmns_2

鉄板の上に乗っています。ジュージュー音がしますが、トンカツの下にはスパゲティが。それにしても「肉の万世」でトンカツってのはちょっと違和感があるような気がしないでもありません。ソースをかけて頂きます。
ハンバーグのほうは180gのヤツをお願いしたのでちょっと贅沢ですね。

でもってこちらがハンバーグとステーキの盛り合わせです。

IMG_3613kmar_nknmns_3

ステーキは醤油風味のタレにしました。そして、ステーキの焼き加減はミディアムレアです。ステーキの量は確か70g、ハンバークは120gだった気がします。

ハンバーグはどちらも同じ味でした。ステーキは口の中に入れるとトロケるのでかなり美味しかったです。たまにはこーいう美味しいお肉を食べるのも良いですねぇ。
焼き肉で食べることはたまにあるのですが、ステーキで美味しいお肉を食べたのはなんか久しぶりでしたf(^^;;。

あ。今回は車でお店に行ったのでお酒は抜きです。その点がちょっと悲しいところかな。けどもまぁ、しょーがない。

 
今回行ったお店は環七沿いにあるので車で移動する場合には良く前を通るのですが、今回初めて入りました。『「肉の万世」と言えば秋葉原だろぉ。』って話もありますが、郊外にある「肉の万世」はこんな感じなんだなぁ。と、いうのが解りました。今度アキバに行った時にはちょっと寄ってこよう;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.770671º N
Longitude: 139.848296º E
Map: 35.770671,139.848296

8月 22

上野村。焼肉センター。

今日は自動車で実家に帰る途中、今まで通ったことの無い道を通って帰ってみました。秩父から佐久に出るルートでR299を通っていきます。群馬県の一番下の市町村を通過するルートで埼玉県の上の方から長野県の佐久市に出る山間部を走る国道です。

このルート、鉄道など走ってないので公共の移動手段としてはバスのみですが、最寄りの鉄道の駅からでも随分と時間の掛かるところに位置しているのではないかなぁ。僕は自分の自動車で初めて行ったんですけども。

と、いうことで初めて行ったところですが、当初の目標としては群馬県の上野村辺りでお昼を食べる予定でした。で、道の駅で色々見たのですが、この辺りでは『イノブタ』というのが名物らしいのでそれを食べることにしました。

食べ方としてはとんかつやカツ丼、カレーがあるようですが、焼き肉を出してくれるお店もあるようだったので、そこに行ってみることにしました。「上野村焼き肉センター」。

『イノブタ』を焼き肉で食べさせてくれるお店ですが、横に農協があります。そもそも『イノブタ』と
はフダとイノシシを掛けあわせてできた動物のようで豚肉より歯ごたえがあるけど、アブラが多いお肉になるそうです。

IMG_2376_uenmr_yknkcntr_1

早速中に入ってみましょう。

入り口で焼き肉にするか、カレーとか揚げ物にするか聞かれたので、迷わず焼き肉にします。と、答えました。
メニューはこんな感じ。

IMG_2377_uenmr_yknkcntr_4

今回は『猪豚バラ定食』と『ツイン焼き肉定食』にしました。後者はガッツリ系の定食で肉が二種類付いてきてご飯は大盛りです。

テーブルのコンロに火を付けてくれて、準備は整いました。テーブルから眼下に流れる川を眺めつつあとは出てくるのを待つだけです。

お。ドドドとテーブルに並びました。二人分です;-)。これを自分でジュージューと焼いて頂くのであります。

IMG_2381_uenmr_yknkcntr_2

当初焼いたのが出てくるのかと思ったのですが、自分で焼いて食べるスタイルです。こっちのほうが自由度高いし、焼いて食べる楽しみがあるので、なんか良いですねぇ。
車での移動なのでビールが飲めないのがチト痛いですが、ランチの焼き肉なのでそれはそれで良いかー。って感じになります;-)。

『ツイン焼き肉定食』はご飯が default で大盛りなのが嬉しいですね。

バラ肉は白い部分が多くてとろけるアブラ身。うひっ。レバーはちょっと甘めな感じがして、最初から『イノブタ』と解って食べているからかもしれませんが、豚レバとはビミョーに味が違って美味しかったです。レバ込みのセットにして大正解;-)。

テーブルの上にある付けタレは醤油ベースの特にヒネリも無いタレでしたが、これはこれで、もしかして、わざと、『イノブタの味を十分に楽しんでください。』って感じの味付けになっているのかもしれません。
小皿に付けダレを入れてバラ肉を付けて食べると付けダレにアブラの膜ができるくらいに濃厚なお肉でしたからねぇ;-)。

IMG_2383_uenmr_yknkcntr_3

いやはや。めったに口にできない『イノブタ』の焼き肉定食を頂いたのでありました;-)。ご飯もお肉の量もちょうど良い感じのお昼です。ガッツリ系のメニューが中々ぐーですね。
あ。それでも物足りない人は単品で追加オーダーも可能なので、大宴会も可能だと思われます;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 36.083446º N
Longitude: 138.746879º E
Map: 36.083446,138.746879

9月 07

帯広。駿香。

夏休みを利用して北海道に来ました。大洗港からフェリーさんふらわあに乗り、苫小牧港に着岸・上陸を果たし、そのまま自分の自動車で一路帯広を目指すのであります。今回の旅は札幌・小樽などには一切立ち寄らず道東方面を目指します。

そして、今回から数回に分けて北海道の旅で立ち寄ったお店が登場しますが、お付き合い頂ければと思います。

と、いうことで今回は第一回目。帯広の夜を満喫するのであります。駅・繁華街に比較的近いところに車を止めたので『帯広の夜』を十分に満喫できます。が、まぁ、地方の都市という感じがして、そこはかとなく寂れているような賑やかなような感じですが、”HIROKOUJI” (“広小路”かな?)の辺りが飲み屋街のようで、そこには マルヒロセンター や 北の屋台 とか 十勝乃長屋 などの屋台サイズの飲み屋街がドドドあります。

今回は『北海道に来たらジンギスカンだべ。』と、いうことで帯広の夜はジンギスカンを食べる気満々です。そんなときに見つけた 十勝乃長屋 のかどっこにあるお店ですね。「駿香」。

お店に入ったのは18:00を少し回ったところなので僕らが一番のお客さんです。お姉さん一人で切り盛りしているっぽいお店でした。

IMG_7745_obhr_syunka_1

カウンターに着席し、飲み物を注文すると目の前に七輪がドーンっと置かれます。自分で焼いて食べるんですね。

まずは色々な盛り合わせが乗っているのを注文しました。一緒に行った人は厚切りベーコンを注文します。あ。ちなみに飲み物はサッポロクラシックの生です;-)。

IMG_7739_obhr_syunka_2

グルッと時計回りに、豚サガリ・駿香ホルモン(レバとガツ)・豚タン・味付けジンギスカンです。

これらを目の前の七輪の上に乗せてジュージュー焼いて頂くのであります。ふむ。最近都内によくあるホルモン屋さんはとは違ってなんか良い感じ(気分)で頂けますねぇ。北の大地だからかな?;-)。

僕個人的にはレバとガツが上手かった。あ。サガリ肉も美味かったし、ジンギスカンも良かった。ってことは結局全部美味かった。と、いうことかぁ?;-)。

このお店というか、このあたりではさがり肉が人気なんでしょうかねぇ? このあと、北海道を旅したときに色々なところで『さがり肉』を見ました。とわ言いつつ帯広では豚丼だよねぇ。って感じかな? (今回は食べませんでしたが;-)

でもってこちらは厚切りベーコン。お店のお姉さんが「他のお店では倍の値段はするよー。」と申しておりましたが、確かにその感じはするだろうなぁ。と思うんですね。

IMG_7740_obhr_syunka_3

焼き始めるとアブラがしみ出てきてブワッと火が上がるんですよねぇ・・。それがまた良いねぇ;-)。

このあと、トントロなどを頂くのですが、写真はありません。ただひとつ言えることは、都内のお店で食べるのよりは美味しかった。切り身の見た感じとかアブラののり方がビミョーに違うのは原材料のせいか切り方のせいか、どこにあるんだろう・・。

 
帯広ではジンギスカンを食べたいと思いつつ夜の街を徘徊したのですが、しっかりと食べられて満足な夜なのであります。

さてと。次のお店、行きますかぁ;-)。

 
あ。ちなみに北緯42度を超えていますね。以前掲載したウラジオストクの「ノスタルジア」は北緯43度だったのでそれよりも南側にあることになります。しかし北国だぁ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 42.921168º N
Longitude: 143.204524º E
Map: 42.921168,143.204524

8月 13

西日暮里。牛列。

自称ホッピー友の会会長が「だめだぁ。夏バテだぁ。焼肉食べに行こう。」などといい、更に会長自らが店を見つけて来たので僕は後ろから付いていくだけで、焼き肉が食べられる。そんな嬉しいことはないですねぇ。と、いうことで西日暮里に焼き肉を食べに来たのであります。

今回行く(正確には連れて行ってもらえる)お店は西日暮里の「餃子の王将」と同じビルの五階にあるお店ですね。「牛列」。

一階にある「餃子の王将」の右側にエレベーターホールがあり、そこからスルスルっと五階にあがりお店の前に出るのであります。

IMG_7583_nsnpr_gyurt_1

今回はお店の開店の17:30ちょっと過ぎに入りました。お盆なのに営業していてくれるのは嬉しいですねぇ。ただし、ちょっと早く来過ぎたようで、店内はまだあたふたしているようですf(^^;;。一応予約はしておいたので席は確保されているのでそこに着席します。クーラー効いていたので、ふぅー。と、言いつつ涼みつつ、お店の準備が完了するのを待つのであります;-)。

このお店、お店自体は翌日の朝06:00までやっているそうで、開店から夜20:00くらいまでは色々なお肉を30-50%引きで提供してくれています。自称ホッピー友の会会長はどうやらそれを狙ったようですね。

まずは生ビールで乾杯し、肉や野菜やキムチなどを注文するのであります。

が、その前にお通しが出て来ました。小皿でしたが、四種類。自称ホッピー友の会会長曰く、韓国料理を食べるときにはお通しがドドドと出てくるんだよ。だそうです。このお店ではまず、お通しの小皿が四つ並びました。

さて。続いてドドドと注文します。最初に掲載する写真。

IMG_7575_nsnpr_gyurt_2

牛タンの、珍しく辛いタレのやつ、牛ゴロ、壺カルビ。その前にサンチェのサラダを注文しています。
牛ゴロは厚木ホルモンみたいに、腸の中にアブラがプルンプルンと入っているアレですね。僕はダメだったのですが、自称ホッピー友の会会長は大喜びで食べていました。

壺ガルビは『ずけ』でしたね。肉の切り身ではなく赤くなくて、たれに漬け込んで熟成されているような切り身でした。これが、焼いて食べると美味しい。自称ホッピー友の会会長が腸を食べている間に僕がこっちを食べ進むのでありました;-)。

次の写真行ってみましょう。

IMG_7578_nsnpr_gyurt_3

ロース・鳥のヤゲンナンコツ。上のほうにキムチ盛り合わせ。あと、写真はないですが、自称ホッピー友の会会長が大好きな豚トンロも注文しました。

ロースはサッパリ。ヤゲンナンコツは普段は串に打ってあるのは良く食べるのですが、焼き肉として食べるのは初めてでした。三角の上の部分に肉が付いているのですが、この部分が美味しいですね。噛むとアブラがじゅわーっと出て来ます。でもってヤゲンはコリコリ。これは上手いですねぇ。って感じなのでありました。

キムチはちょっと辛めでしょうか。僕は辛いのが苦手なので辛さの度合いは良く解らないんですけども。キュウリのキムチはつべたくて美味しかったです。大根のキムチはサクサクっとした歯触りだし。けど、辛い・・。

飲み物は生ビールからホッピーに移行し、注文したお肉と一緒に頂くのでありました。うひひ。

 
そーそー。このお店、ほぼ駅前の五階にあるので西日暮里の複雑に入り組んだ鉄道線路が良く見えるんですね。眼下には京成線の線路が見えるので京成線の鉄分の濃い人は青いスカイライナーを見ながら焼き肉が食べられるという絶好のロケーションだったりします。
他にも日暮里舎人ライナーや、ちょっと小さく見えますがJRなんかも見ることができます。中々良いですね;-)。

 
そんなこんなで焼き肉食べつつ、ビール飲みつつ、ホッピー飲みつつ暑い夏を乗り切ろうと二人で固く誓い合ったのであります(本当か?;-)

 
さてさて。毎回記載しているGPSポイントですが、餃子の王将と同じところになります;-)。

 
Latitude: 35.733223º N
Longitude: 139.768302º E
Map: 35.733223,139.768302

11月 26

錦糸町。かち馬。

今日は錦糸町に来ました。自称ホッピー友の会会長が「馬食べに行くべ。」と、いうのであります。馬といえば前回渋谷の「毘沙門天」でやはり馬刺し三昧しているのですが、今回はそれと似たような感じでしょうかね。渋谷の「毘沙門天」も今回行ったお店もクーポンが手に入ったので行ったのであります。

今回のお店は錦糸町にある馬肉主義なお店。「かち馬」。

お店の場所は以前、初めて錦糸町で飲んだお店である「きみちゃん」に近いところですね。そして、JRAの場外馬券売り場に近いところによく馬刺し屋さんがあるなぁ。と、ちょっとだけ競馬をやる僕もちょっと驚いてしまうのですがf(^^;;。スルスルっとビルの二階に上っていったところにあります。

IMG_6101_knsc_kcum_1

お店の雰囲気は居酒屋さんチックでしょうかね。一人で来ても大丈夫なようにカウンターがあり、テーブル席があったりで、アットホームな感じです。今回は二名だったのでテーブル席に着席し、宴会のスタート。お店指定のコース料理と飲放題で3,200yenだったかな。

まずはシーザーサラダとオイルとパンが突き出しに出てきました。この時点ではまだ馬は出てきません;-)。これらを食べている途中でレバテキが出てきました。軽く炙った馬のレバーの上にネギが乗っていて、ごま油と塩で頂きます。

IMG_6107_knsc_kcum_2

ふむー。馬のレバーはコリコリって感じがして良いですね。トロケるんだけど、コリッコリッって食感。面白いですね;-)。ここから馬肉が出てきます;-)。

次に出てきたのが刺し身の四点盛り。モモ・ロース・ヒレ・炙りタンでした。噛みごたえ十分でひたすらかんでいたい気分です。ノドの奥に流しこむのがもったいない;-)。

IMG_6103_knsc_kcum_3

このお店、刺し身のひと切れが随分大きいというか分厚いんですね。この間いった渋谷のお店で食べたひと切れより厚さが1.5倍くらいある。なので噛みごたえがあるのかもしれないですが、大きいのは嬉しいことです;-)。

このあとは鍋が出てきました。桜鍋ですね。お店の人は「すき焼きのようにして食べてください。」とのことでした。そもそも、僕は馬刺しは食べたことがあっても桜鍋というのは今回初めて食べました。今回食べた食べ方が桜鍋の食べ方なのか、僕にはよくわかりませんf(^^;;。

コースとしてはこのあと馬刺しのお寿司とデザートのアイスが出てきましたが、追加で注文してしみまいました;-)。
そもそも、クーポンで来たのですが、コース料理が既に破格な値段なので、コース以外の料理も食べたいなぁ。と、いう気分です。それはお客さんも嬉しいし、お店の人もクーポン以外での売り上げがあるのでWinWinですよね;-)。
そんなこんなで注文したのはたてがみ刺し身と馬刺しのユッケ。どちらも思う存分に馬肉が味わえるのであります。掲載するのはたてがみ刺し身。

IMG_6118_knsc_kcum_4

白い肉というかアブラの塊というか薄切りですね。アブラ好きの自称ホッピー友の会会長は大喜びでした。で、追加のメニューのこの刺し身も随分とひと切れが大きくて幸せな気分になれるのであります。
そーいえばメニューを見たんだけど『たてがみ刺し身』というのは掲載されていなかったような気がしたなぁ・・f(^^;;。

 
飲み物のことをちょっと書いておきます。飲放題のコースだったので有名ドコロの日本酒や焼酎というのはありませんが、食べ物にあった飲み物は一応あります。今回はビール(なんとっ!! モルツの瓶ビールっ!!) -> 日本酒冷や(一合 x2) -> ハイボール(四杯)って感じで頂いたのであります。

 
お店の雰囲気ですが、僕的に感じたのは「錦糸町にあるお店だねぇ。」って感じ。「今日は馬刺しが食べたい。」と思ったらフラっと入れる感じがしました。今回行った時もクーポンを利用しないお客様もいたり、一人カウンターに座って飲んでいる人とかがいたので割と『馬刺しを食べに行きやすいお店』って感じがしました。
値段もベラボーに高いというようなことはないので本当にフラっと行ける感じがしました。今度馬刺しが食べたくなったらここに来ようかなぁ。みたいな。

馬刺しが食べられて満足な夜だったのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.694635º N
Longitude: 139.813194º E
Map: 35.694635,139.813194

9月 27

渋谷。毘沙門天。

今日は会社の同僚五名で馬刺しを食べに行きました。ラクテンだかのクーポンでコース料理が半額らしいんですね。当初はメンバに含まれていなかったのですが、欠員が出たというので呼ばれました。僕、馬刺し好きだし;-)。

渋谷の百軒店通りのちょっと奥まったところにお店があります。場所的には「飯田屋」のちょっと手前辺りでしょうか。「毘沙門天」。

このお店、店名の他に「馬肉 Dining & Bar」という冠もついています。色々な馬肉の部位が食べられるお店で『馬肉専門店』と言っても良いと思います。
それにしてもお店には看板が出て無いのですっかりと見落としますが、お店は二階です。建物の脇にある階段を上がっていったところが入り口です。的確な場所はGPSポイントで確認して頂ければと思います。

IMG_5809_sby_bsmntn_1

さて。迷いに迷ってお店に到達しました。お店の雰囲気は僕の知っている『馬肉を出してくれる』お店にはほど遠くてずいぶんとオシャレな感じです。今回は席の都合でカウンターに五名並んでの宴会のスタートです。コース料理なので待っていれば料理は出て来ます。そして、飲み物は飲み放題。うひひ。まずは生ビールがスタートなのであります。

今回のコースは、馬刺し3種盛り・馬スジ肉煮込み・馬肉ウインナー三種盛り・桜肉ユッケ・辛子蓮根・馬肉シャブシャブサラダ・馬肉寿司2貫・本日のデザートでした。その中から写真を一枚掲載しましょう。

IMG_5797_sby_bsmntn_2

桜肉ユッケです。一人分が小皿に分けられて出て来ました。上に乗っているのはウズラの卵。量的にちょうど良い感じです。そして、赤々としていて美味しい。うふふ。

出て来るコース料理も馬の肉が色々な味で、色々な部位があったりして楽しかったです。あ。辛子蓮根には馬肉は使ってないですね;-)。

 
飲み放題メニューは生ビール->日本酒->芋焼酎ロックへと進んでいくのであります。お店自体は熊本の桜肉を利用しているそうなので、焼酎は九州のモノが色々ありました。それらを飲みつつコース料理を頂くのですが、そもそも、一部料理品目は違いまいすが、普段のコース料理の半額なので追加で色々注文してしまいました;-)。

刺身二点・更にレバ刺し。馬のレバ刺しはコリコリしていて中々美味しかったです。あとはご飯モノを頂きました。
写真を掲載するのはご飯ものですが、僕が注文したワケではないので解らないのですが多分、馬肉フレーク丼だと思います。

IMG_5807_sby_bsmntn_3

温かいご飯の上にコロコロと角切りが乗っています。まばらな量が乗っているんですけどね。けど、これを温かいご飯にかき混ぜると、あらまぁ。溶け出してご飯と混ざってすごいことに。一口食べると、うひょーっ!! って感じの美味さでした。こーいう食べ方もあるんですねぇ。

中々美味しくて、あと、カウンターに座ったからかもしれませんが、仲間内の話はちょっと分裂しましたが、板さんとかと話しつつ頂くのも中々良い感じだったのであります。
お店の雰囲気と出てくる料理の差がありすぎる、中々楽しいお店なのであります;-)。

久しぶりに行った馬刺しのお店、久しぶりに行った百軒店通りだったのでありました。

 
外から確認しただけですが「飯田屋」はまだ健在だったので、今度行ってみようかなぁ。などと思った次第であります。

 
GPSポイント
Latitude: 35.659226º N
Longitude: 139.696456º E
Map: 35.659226,139.696456

7月 28

大師前。トラジ亭。

今日は珍しく焼き肉を食べに行きました。普段からもつ焼きは良く食べるのですが、焼き肉というのは最近はアウトドアで通称”BBQ”としてなら食べるのですが『焼き肉屋さんへ行く。』というのはずいぶんと久しぶりなような気がします。

このお店、場所が移転したのですが、移転先に行ったのは初めてなのであります。「トラジ亭」。

以前は、今ある場所から500mくらい離れたところにありました。畳の部屋にテーブルがあって、コンロで焼いて食べる。って感じでちょっと古風なところが中々雰囲気で良かったんですけどね。

それが今の場所に移りました。以前はここには「味炉」があったのですが、それがこのお店に変わったのであります。

IMG_5294_disme_trjti_1

さてさて。店内に入ると玄関で靴を脱いで畳のテーブル席に着席します。以前のお店とは違い掘りごたつ形式になっています。
あと、「味炉」の雰囲気はもうまるで無いですね。すっかりと焼き肉屋さんです;-)。

テーブルに着席したらまずは瓶ビールを注文し、久しぶりに食べるお肉を注文するのであります。牛タン・トントロ・カルビをまずは注文し、あとはキムチとシーザーサラダを注文します。

瓶ビールが出て来たのでコプリと一口飲んでいる間にコンロに火を付けてくれます。そして、しばらくしたら出て来ましたねぇ。まずは塩味系の肉が;-)。

IMG_5287_disme_trjti_2

下側がタン塩、上がトントロ。すかさず網の上に乗せてジュージュー言ってきたらレモン汁で頂きます。久しぶりに食べる焼き肉は美味いですねぇ。タン塩なんてどれくらいぶりだろう?! f(^^;;。 普段、もつ焼きとかホルモン系は食べているのですが、焼き肉は一年以上ぶりでしょうかねぇ。トントロもスーパーでパックに入って売っているのとは大違いで美味しいですねぇ;-)。

更に追加でホルモンとかミノを頂きます。ミノは焼き肉屋さんに行かないと食べないですよねぇ。が、これらの写真はありません;-)。

でもって赤いお肉も色々頼んだのですが、リブロースの写真を掲載します。

IMG_5292_disme_trjti_3

ほど良い赤身とアブラがあって、中々美味しいのであります。こーいうのは中々食べられないよなぁ。みたいな感じで頂きます;-)。

 
このお店は以前の店舗のときには4,5回くらい行ったかな。そのたびに美味い美味いと思って食べていたんですけどもね。

お店の開店は17:00。今回は17:15頃に行ったら無事に座れたのですが、18:00頃には店内はもう満席状態でした。早く行くか二回転目を狙っていくかですね。日曜日の17:00くらいってお腹が空いていて、早くビールを飲みたい気分なので開店と同時にお店に入るのが、個人的には好きです;-)。

 
新しく移転した先でもやはり以前と変わらぬ美味さなのでありました。あと、今回は久しぶりの焼き肉なのでありました。美味かったー。

 
GPSポイント
Latitude: 35.779177º N
Longitude: 139.782829º E
Map: 35.779177,139.782829

8月 13

銀座。銀座松坂屋屋上ビヤガーデン・ジンギスカン麦羊亭。(4)

夏になると毎年恒例としているものがあります。それは銀座松坂屋の屋上にあるビアガーデンでビールを飲んでジンギスカンを食べることです;-)。今年も行って来ましたーっ!!

でもって、行くのはいつもの「ジンギスカン麦羊亭」。

このお店、今年が最後の営業です。松坂屋自体、ビルを解体して建て直すそうなので多分来年は無いと思います。新しいビルができたら再開するかもしれませんが少なくとも2,3年は食べられないのでは無いかと思われますので、ここに行きたい。と、思っている人は是非とも今年の内に行っておいた方が良いかもしれません。

IMG_3526_gnz_jngskn_1.jpg

今回は23名の宴会です。テーブルは全部で六個。あ。あと、このお店予約必須です。人数の多い少ないに関わらず予約した方が良いと思われます。

と、いうことでテーブルに着席し、宴会のスタート。店員さんに「始めてください。」と言うと、ビール・ジンギスカン・野菜の三点セットをドドドと持ってきてくれます。

この写真はジンギスカン三点盛り。それぞれの山で味が違います。

IMG_2934_gnz_jngskn_2.jpg

肉は一切れが5mmくらいある肉厚なヤツで、それでいて一切れが大きい。食べ応え十分です。もうこの肉(ジンギスカンですよ)が食べたいがために毎年ここに来ている。って感じです。

その肉をジンギスカン鍋の上に載せてジュージュー焼いて、頃合いを見計らって頂くのであります。

IMG_2938_gnz_jngskn_3.jpg

あとはひたすらジンギスカンとビールをおなかに流し込みます。この動作の繰り返しです;-)。そして満足するのであります。ふぅ。

大体一時間ほどすると落ち着いてきますかね。で、その頃になると周りの人とも会話が弾んでくるのであります;-)。

 
ちなみについこの間は上野の「精養軒」に行って来ました。あすこは涼しかったですが、食べ放題・飲み放題では無いので「そこはかとなく」という感じなのですが(どんな感じだ?;-)ここではいつもガッツリと飲んで食べられるのであります;-)。

 
最後にですが、上にも書きましたが、このお店、今年が最後です。あの美味しいジンギスカンがもう食べられなくなるのは非常に悲しいことです。ジンギスカン好きなら是非一度は行ってみてはいかがでしょうか。

僕は、今回思う存分食べてきました。ふぅ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.669918º N
Longitude: 139.764054º E
Map: 35.669918,139.764054

4月 20

大阪。ホルモン道場。(3)

大阪二日目です。2011/04/16土曜日になります。天気は小雨がぱらつくやや曇りの状態。今回の大阪の旅は珍しく観光などもしているのであります。午前中朝一で造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。色々な種類の桜の木があって花が咲いていてそれはすごかったです。大阪に行ったタイミングが良くて嬉しかったなぁ。

その後は四天王寺を見学します。大阪で神社仏閣巡りってちょっと違和感を感じましたf(^^;;。

さてさて。四天王寺まで来るとすぐそばには通天閣があります。

♪ 東京タワーだってあなたと見る通天閣にはかなわへんよ ♪

って歌があるくらいですからねぇ。通天閣の下を通り抜けて新世界方面と言うか駅のほうに向かうのであります。午前中はひたすら歩き続けたのでこれから腹ごしらえです。

目指すのはいつものホルモン屋さん。「ホルモン道場」。

IMG_0907_snski_dojyo3_1.jpg

「しの字」のカウンターのみのお店ですが、二人分席が空いているので着席できました。それも鉄板の近くの席です。おやっさんがカンカン言わせつつ焼くところを眺めつつ食べられる席です;-)。

歩き続けて喉が渇いたので瓶ビールを注文。でもって生キモも。前日は生のコブクロを食べて、キモはガマンしたのでここで頂くことにします;-)。

後は、ホルモンの盛り合わせを注文。ちょっとずつ色々な部位が入っているので口の中に入れた時の感覚が楽しい。

IMG_2028_snski_dojyo3_3.jpg

などと思っていたら、生キモが出てきました。相変わらずごま油に浸っていますねぇ。皿のスミのほうに塩を掛けて頂くのであります。うんうん。とろけます;-)。乾いたノドにビールが、胃には生キモが効きます;-)。

生キモ食べつつ鉄板の上を見ると僕たちのがジュージュー焼かれています。すばらしい光景ですねぇ;-)。お。できたかな。

IMG_0905_snski_dojyo3_2.jpg

モヤシの炒めたヤツとキャベツが脇に乗っています。ビールで頂くのであります。うーん。やっぱりこのお店のこのスタイルは良い感じだなぁ。と思うのでありました。更にホルモンをもう一個注文しその味を堪能するのでありました。

それにしてもこのお店、このブログでは三回目の掲載になりますね。最近大阪に行くとほぼ毎回顔を出すようになりました。

だからと言うわけでは無いのですが、ちょっと味が変わったかな?と思いました。まぁ、久しぶりに来たので気のせいかもしれないんですけどね。
一点だけ解るのは「文鎮が無くなった。」と言うこと。以前は焼いている最中に上から重い鉄の塊(文鎮みたいなヤツ)を乗せて焼いていたのだけど、今回はおやっさんがヘラで押しつけていた。それだけで味が変わるとは到底思えないのだけど「あの文鎮はどこに行ってしまったんだ?」と思ったのは素直な感想です。

それにしてもこのお店のホルモンは、僕の中では “大阪の味” であることには変わりはないんですけどねぇ;-)。

GPSポイント
Latitude: 34.650314º N
Longitude: 135.506322º E
Map: 34.650314,135.506322