7月 28

大久保。土地。

JR大久保駅。知らない人は知らない駅かな?山手線の新大久保駅はメジャーなんだけどねぇ。でもって、新宿よりの改札を出てテクテク歩いて行った所にある韓国料理屋さん。「土地」。

ここ、それなりにとある筋では有名な店らしいですねぇ。今回はコース料理に飲み放題のコースでした。それが4,000yen。このコース中々えかった。また、行きたいですねぇ。って感じ;-)。

CA340009_tochi1.JPG

ここの名物と言えば、なんと言っても、ピザのようなチヂミ。チヂミの上にチーズがたっぷり乗っています。ピザのように。でもってふかふか、ホットケーキみたい。いやぁ。食べるとこれがまた美味い。とろーーーっとチーズが溶けて行きます;-)。

CA340006_tochi2.JPG

フツーのチヂミもコース料理の中で出るんだけど、こっちもふかふかしていて気持ちいい。なんか、ふつーの居酒屋で食べるような薄っぺらいチヂミって何だろ?って思ってしまう。

ただ、僕は本場の本当のチヂミは食べた事無いので本物はどっちなのか良くわからない(^^;;。

CA340008_tochi3.JPG

でもってこちらも美味かったなぁ。最初出て来た時は山盛りで出て来るんだけど、煮詰まって来たらドバドバと山を崩して行きます。こちらはプルコギ。牛肉も味がしみ込んでいて美味かった。

料理はそれなりに多いです。後、飲み放題込みで4,000yenの割にはなかなか美味しいお酒が飲めて良かったです。

韓国料理って辛いも・焼き肉って言う先入観があったのですが、ちょっと考え直さなければなりません。中々すばらしいお店でございました;-)。普段、韓国料理ってあんまり食べないからなぁ。ちょっと甘めのコメントとなったようです(^^;;。

7月 26

北千住。大升。

北千住の飲屋街。「永見」の前を通り過ぎて12m位行った所にあるお店。「大升」。

ほぼ年中無休でやっているお店。土曜日・日曜日でもやっているお店。ふふふ。

CA340007_oomasu1.JPG

入った瞬間、ムスっとしたおっちゃん(店員さんです(^^;)がいてちょっと恐怖を感じます。僕の隣に座っておったおっちゃん(こっちはお客さん)は「あんた飲み過ぎだからもう帰りなさい。」とか言われているし・・(^^;;。

しかし、この店、煮込みが渋いですね。豆腐と牛筋で塩っ辛い感じはまるで「大はし」で食べるような感じ。けど、大はしのより量が多くてネギが載っている。

CA340005_oomasu2.JPG

北千住って言うのは牛筋煮込みが多いのかなぁ。この店の味も中々捨てがたいものがありました。

後、普段店に置いてないような、みりん干しとか、炒め物が充実しているのがいいかなぁ。値段も大衆酒場の値段だしねぇ。

日曜日、他の店が開いていない時には重宝しそうです;-)。

7月 25

船橋。アジアン・ヌードル。

船橋のらーらーぽーと。の中にあるお店。「アジアン・ヌードル」。

あぁ・・。ここにこんなお店載せるなんて・・。と、ちょっちがっくくり来てしまうんだけど、まぁ、食べたので書いちゃうぞー。みたいな感じ;-)。

CA340014.JPG

お昼の時間をちょっと外したんだけど、やはり観光地の食堂は混んでいるのでございます。

しかし、このお店、外で並んでいる人にもメニュー何にしますか?と聞いてくれるので、店内に入って、座ってしばらくすると頼んだものがサッと出て来るので回転が早い。

今回頼んだのカレー味の焼きそば。シンガポール焼きそばって言うんですかねぇ?これが中々いけました。

CA340013_aga2.JPG

量もそんなに少なくなくて僕にはまぁ、腹八分目的でぼちぼちですかねぇ。春巻きとセットで十分楽しめたと言う感じです。

スーパーでフツーの焼きそばの麺を買って来て、カレー粉で味付けしたらこんなになるんかなぁ?とか思い、その後家で試したら、ふむー。中々いけるやんけ。決め手はどうやら魚醤の様です。あのしょっぱさと風味がなんかアジアンテイストです;-)。

あ。このお店。一回位は入ってみるもの良いかも。IKEAに行ったついでにさ;-)。

7月 23

秋葉原。村役場。

秋葉原の日比谷線駅を上がって来てちょっと外に向いた所にあるお店。「村役場」。

そのすぐ横には町役場があります。ビルの地下一階にあるお店。このお店はお友達がどっぷりはまっているんだけど、今回はそれとは非同期で行って来た。

カテゴリー的には居酒屋さん。刺身もあれば煮込みもあると言う感じで食べ物はたくさんあるよー。値段も手頃だよー。

と、言うことで、まずは刺身の盛り合わせ;-)。

CA340020_murayakuba1.JPG

これを頼むとやはり日本酒が恋しくなりますなぁ。この店、美味い日本酒も置いてあるので一応は安心です;-)。

でもって、ついつい煮込みも頼んでしまうこのブログ的性格(^^;;。

CA340019_murayakuba2.JPG

まぁ、こちらのほうは「居酒屋」と言うことでありきたりな味であったかな。まぁ、無理して煮込み食べんでも他にも美味しいものがたくさんあるのでー;-)。

でもって、一番上に書いたけど、このお店にどっぷりはまっているお友達。「今日はおるかなぁ?」とか思って行ったら、きっちりとおったんですねぇ;-)。さすがですよー。僕自身はそのお友達とは久々だったのですが、「店の主」とお会いできるのはやはり嬉しいものです。

次回会った時も宜しくお願いしマース。

7月 22

五反野。珍来。

東武伊勢崎線の「五反野駅」ってほぽ無名の駅ですよね。「たけしくんはいっ。」のふるさとなんですけどねぇ。

そんな街にあるラーメン屋さん「珍来」。この店はチェーン店で足立区の川向こうの最寄り駅やR4沿いに結構たくさんあります。今回僕が行ったのは「手打ちラーメン・珍来・五反野一号店」と言うのが正式名称なお店。

CA340012_chinrai1.JPG

でもって食べたのはフツーのラーメン。味は醤油ラーメン。その大盛り。通称「ラーメン大盛り」ってやつですね;-)。出て来たのはこんな感じ。

CA340013_chinrai2.JPG

味は東京風の醤油ラーメンかな。けど、大盛り;-)。しかし、ここの大盛りラーメンはすげーー麺の量が多い。僕はそこはかとなくラーメンにはうるさいんだけど、多分一玉150g位ある。

フツーのラーメン屋で「麺の量が多いな。」と感じるは120〜150gと言われているけど、ここの大盛りは麺二玉入っているので随分と食べゴタエがある。大食いな人にはもってこいなお店;-)。

ちなみに僕が麺の量が一番少ないと感じたのが、松濤の旧山手通り沿いにある「砦」と言う九州ラーメン屋。ここは100g無いね。多分90gくらい。でもって替え玉が150yenもしてもーべらぼーにコストパフォーマンスが悪い。二度と行かない店のベスト3に入ってます;-P。

で、話を戻して珍来のラーメンですけど、麺の量がべらぼーに多くて480yen。大盛りにすると150yenアップ。邪魔だけどそこに消費税が付いて661yenなのでした。

まぁ、1yenは邪魔なんだけど、麺の量の多さに免じて許してあげましょう;-)。

あー。僕は「ラーメンのdefaultは醤油ラーメンだ。」と思っているだけで、この店にはたくさんの色々な味のラーメンがありましたよ。

7月 20

渋谷。天狗。

渋谷のマークシティーの横の地下一階にある店。大手チェーンの居酒屋。「天狗」。

取り立てて書く事も無いとは思ったのですが、一応書いておきます。

僕は専ら瓶ビール党なんだけど、どこの店に行っても席に座ったとたんに「瓶ビール一本」って感じです。生ビールのほうが断然良いのは解っているのだけど、僕の場合、生ビールって30秒位で中ジョッキが空いてしまうので非常にコストパフォーマンスが悪いのよ。なのでいつも瓶ビール;-)。

なんか、変な書き出しになってしまったけど、前回行った「永見」の二階で赤星が飲めなかったことを心のどこかで根に持っていたのでしょうなぁ;-P。
でもってこの店、いつもの様に瓶ビール頼んだら、なんとなーーっ!!赤星が出てくるじゃないのさ。「お主中々やりおるのぉ。」などと悪代官風に心の中で思ってしまったのだけど;-)。

CA340009_tengu1.JPG

チェーン店の居酒屋でちょっとした感動。料理はまぁ、あれですよ。色々お好みでどうぞ。って感じで;-)。

CA340011_tengu2.JPG

一枚だけ写真撮ってきましたが、アスパラに豚肉巻いて揚げたもの。ひたすら長いトンカツ。みたいな感じでしょうか;-)。

それにしてもこの店、テンポが良いですねぇ。店の奥では宴会やっている人がいたり、テーブル席もそれなりに混んでいるのにテンポよく注文したものが来るんですよ。店員さんを呼べばすぐ来るし、注文したものは青筋が立つ(こんな感じ「(-.-#」ね)前に出てくるし。

天狗ってどこもこれくらい感じが良いのかなぁ?

7月 19

田町。くろ○。

JR田町駅を降りて、東京タワー側に出て、歩道橋をテクテク歩いて行った所にある店。「くろ○」。

雰囲気はオシャレな居酒屋っぽいんだけど、なかなか良いものを出してくれます。さすがは働いている人が多い街の飲み屋さん。渋谷のちゃらちゃらしたいいかげんなものを出す居酒屋とは全然違います。

CA340001_kuromaru1.JPG

今回は4,300yenの飲み放題コース。このコースはなんとなーっ!!三時間飲み続けていられるコースです。でもってビールはちゃんと一番搾りの生ビールが出てきます。発泡酒じゃないよっ!!

出て来る料理もそこそこ行けます。宴会コースにしては良いもの出してくれます。

CA340002_kuromaru2.JPG

こっちが刺身の三店盛りです。奥にサケとホタテがあるのですが、エビが前面にどーーん;-)。

CA340005_kuromaru3.JPG

こっちが豚バラの串焼きです。

味はまぁ、ふつーなんですけど、この二点を見た時にパッと思ったのが、「見てくれって大事なんやなぁ。」(大阪弁で考えてるのか?<ヲレ(^^;)ってこと。どちらも奇麗に整然と並んでおります。

三時間ひたすら飲み続けているとつまみもちょうど良い具合に終わり、「料理少ないよね。」と言う人もおらず、でもって出て来たお皿の上はほぼ奇麗に片付いていると言う。無駄の無い料理。

こう言う大人のお店って良いなぁ。「大人」ってのは店の雰囲気・メニュー・対応とお客さんがって意味です。こう言う店での宴会っていいなぁ。

7月 18

上野。にしき。

上野アメ横商店街。「大統領」より一本上野駅よりのガード下の通りにある店。それが「にしき」。

ガード下でお刺身も出してくれるけど、煮込みももつ焼きもきっちりあるのでそっち方面にはしる事も十分に可能;-)。

CA340007_nishiki1.JPG

なので、まずはもつ焼きを注文。これがまた鳥・豚の連合軍で押し寄せて来るのでいろいろな種類が食べられる。

CA340009_nishiki2.JPG

でもって煮込みもあるのでついつい注文。これも中々いけます。豆腐が入っているし、後、久々にジャガイモの入った煮込みを食べたような気がするです。

CA340010_nishiki3.JPG

「大統領」より店内にゆとりがあるので、喧騒の中でもそれなりにゆったりと飲める雰囲気がある店。そんな感じがする店なのでした。

7月 16

大師前。味炉。(2)

僕の良く行く店。大師前の「味炉」。前回の味炉の記事の後第二弾。

この店、何が良いかと言うと、都内の刺身屋さんの1/3の値段で食べられること。

今回は新さんま。早いねぇーー。もうさんまが食べられます。それも刺身で;-)。もうほくほくですよー。

CA340001_ajiro2_2.JPG

今回、これが600yen。多分都内のそれなりの店なら1,000yen程度するんでないかなぁ。初物価格だし。それを下町で十分堪能できる幸せ。

CA340010_ajiro2_1.JPG

こちらは柳だこ。たこの刺身を頼んだのだけど、「なんじゃこらーーーっ!!」タコブツ頼んだみたいにでーんでーんとお皿の上に載っているじゃないのさー。

やはり地元はいいねぇ。まぁ、地元でも良い店を見つけなければならないんだけどね。けど、ピタっと自分の好みにはまるといいねぇ。

7月 14

北千住。そば処。

JR常磐線・北千住駅のホームにある立ち食いそばのお店。

のれんには「そば処」としか書いてないんですけど、「そば処・北千住下り店」と言うのが正しい名称かな。常磐線・北千住駅には上りホーム、下りホームの両方にJRキオスク系列のお店があります。

JR東日本の駅の立ち食いそばの店と言えばNRE直営の「あじさい茶屋」が幅を利かせていて全然面白くないんだけど、「あじさい茶屋」意外の立ち食いそば屋を見つけるのは非常に楽しい作業です;-)。

CA340013_kitasenju1.JPG

見た目はまぁ、ふつーの立ち食いそば屋です。出て来るそばもふつーの立ち食いそばです(^^;;。

CA340012_kitasenju2.JPG

かけそばが一杯200yen。今回頼んだ天ぷらそばは300yen。安いですねぇ。ええですねぇ。

なんの変哲もない駅中の立ち食いそば屋なんですけど、通勤時に食べても「旅」を意識させる「何か」を持っているような気がするのが「駅の立ち食いそば屋」だと思うのは僕だけでしょうか・・(^^;;。

北千住駅は東武伊勢崎線の上りホームにも立ち食いそば屋があります。こちらもおいおいレポート出来ればと思っています;-)。