9月 30

五反野。加賀廣。(2)

今日は五反野で、ぶらり途中下車。とは言っても「五反野」ってどこ?って人が多いかもしれないですね。東武伊勢崎線の北千住から二個目の駅です。

ここで降りて、もつ焼きを食べてホッピーでも飲もうかなぁ。と言う感じなったのであります。五反野でもつ焼き・レバ刺し・ホッピーと言えば、僕が真っ先に思い浮かぶあのお店。「加賀廣」。

このお店、このブログでは二回目の登場ですねぇ。僕個人的にはもう何度も行っているのですが、前回の掲載は2007年09月ですかー。いやはや。久しぶりですねf(^^;;。

と、言うことで冬はさぶいので店の入り口にシートがかかっているのですが、夏は暑いのでこれまたシートがかかっているみたいですねぇ。なのでお店の写真は看板です;-)。シートの隙間からスルスルっと店内に入ることにしましょう。

IMG_3254_gtnn_kghh2_1.jpg

今日は、いつもハラペコな自称ホッピー友の会会長と一緒です。この人と一緒にいると食べ物がドンドン無くなっていくんですけどね。ま。いっか;-)。テーブルに座りつつ食べたいものを注文するのであります。

まずは瓶ビールを注文して、もつ焼き(カシラとタン)とレバ刺しを注文します。うしし。写真はレバ刺しのほうにしましょっか。先に出てきたしね。でもってもつ焼き待ちつつこいつでビールをグビリと頂くのであります。

IMG_3242_gtnn_kghh2_2.jpg

上にゴマの化粧もしているねぇ。でもって口の中に入れると、とろけるレバ刺しだぁ。となるのであります。うひひ。

そーするともつ焼きもできあがってみたいですし、これらを食べている途中で瓶ビールも無くなったのでホッピーに行きます。今回は珍しく自称ホッピー友の会会長もホッピー飲むみたいです。最近ほんとうにホッピー飲んでないので珍しい光景です。

後は、ガツの辛子和えみたいなの行ったり、もつ焼きのレバとシロをタレで頂いたりするんですが、写真はありません;-)。

写真を掲載するのは「加賀揚げ豆腐」ってヤツにしましょう。まずは写真を;-)。

IMG_3245_gtnn_kghh2_3.jpg

厚揚げが揚がっているのは当然ですね。と、言うか、多分このお店で豆腐を揚げて、厚揚げを作っているんだと思います。でもって上にタルタルソースがかかっているのであります。そして、その上には揚げニンニクのツブ。こいつがサクサクしていてこれまた美味い。ちょっと意外。って感じがするんですが美味い。でもってホッピーともあうのであります。ちょっと驚きなのであります。

自称ホッピー友の会会長に全部食べられないように僕もヒコヒコとこっそりと頂くのでありました。んーまい;-)。

さてとー。もつ焼き食べてレバ刺し食べて堪能したぞーっ!!ぼかー幸せだなぁ。状態でこのお店を後にするのであります。

今日はここから歩いて帰るかなぁ。けど、途中には「珍来」が待ち伏せしているぞー。困ったぞー(嬉しい困り方;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.765876º N
Longitude: 139.809308º E
Map: 35.765876,139.809308

9月 28

大師前。味炉。(6)

さて。だいぶ更新が滞っていました。最近、ThinkPadX100eを購入したのでそっちばっかりに気を取られていたのですが、こつちもガシガシ行くことにしましょう;-)。

今回は僕が普段から良く行っているお店ですね。「味炉」。

今回はhttp://30min.jp/place/532264での詳細情報掲載記念みたいな感じですかねぇ。このお店、住所と電話番号が掲載されました。コメントは僕のしか無いみたいですけどねぇf(^^;;。パチパチパチ。

と、言うことで今日も会社帰りにフラっと立ち寄るのでありました。

IMG_0016_ajiro6_0.jpg

ガラガラと扉をあけるといつもの顔があるか、もしくはゆったりと座れるかなのであります;-)。カウンターに陣取り、今日も黒板を眺めておすすめの料理を吟味しつつ、瓶ビールを注文するのであります。

今日は本マグロの良いところが入っているようなのでそれを注文します。

IMG_0008_ajiro6_2.jpg

半分とろけるんだけど、赤みっぽいようなトロみたいな味でグーです。口の中に入れると、あのマグロの風味が口の中いっぱいに広がり鼻のの穴から抜けていきます。ふー。

マグロと瓶ビールなのですが、それが終わると焼酎に切り替えます。僕はこのお店にボトルが入っているのでそれをロックもしくは水割りでチビチビと頂くのであります;-)。

次は何に行くか迷ったのですが、最近、このお店によくあるクジラを頂きます。このお店ではクジラは刺身・ユッケ・ショウガ焼きで頂けます。後、鯨ベーコンもあるかな。

IMG_0218_ajiro6_1.jpg

今回は刺身で頂くことにしました。見た感じ、マグロの赤身みたいですが、一口食べると。ふむー。クジラだわー。でもって脂っこくはないんだけど、ネットリしていて舌の上でとろけていく感じなのであります。

馬肉(馬刺し)ともびみょーに違うしね。これはこれで美味いのであります。ニンニク・ショウガなどで色々味をカスタマイズして頂くであります。

本来なら写真は三枚まで。と決めているのでこれで終わりなんだけど、今日はもう一枚行って見ましょう。穴子の天ぷら。このお店にしては「珍しいものがあるなぁ。」と思い注文しましたが、出てきたのを見てアゼン。すげー量が多いのであります(@_o)。

IMG_2606_ajiro6_3.jpg

おやっさんに聞いたところ、自分でさばいて、開いて天ぷらにしている。とのことです。すげー。と、言うか、このお店、出てくるのがちょっと遅かったりするんですが、それはそれ、注文もらってから色々やります。

例えばお刺身の場合、カツオが一匹あったとして、初めて注文したお客さんがいたときに開き始める。この穴子も注文してからさばき始める。あと、驚いたのが枝豆を頼んだら、注文を受けてから茹で始める。なので枝豆は出てきた時は温かいんですね。このお店で初めて「温かい枝豆」と言うのを食べました。

なので、まぁ、注文してから作ったりするので出てくるまで、しばし待つことにしましょう;-)。

で、今回の穴子天ぷらですが、でかいっ!!でもって肉厚。食べ応えが十分にあってこれまた焼酎が進むのでありました。

これで暇を見つけてはおやっさんと釣りの話でもりあがったりするのであります。時間がどんどん過ぎていくーf(^^;;。今日も満足で、でもってほろ酔いなのであります。ふふふ。

さて、このお店。30min. に掲載されたので、僕の名刺を屋店の壁に貼って頂いてもらいました。もし、僕の名刺を見かけたら「あ。この人知っているよ。」ってお店の人に伝えてください;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.779177º N
Longitude: 139.782829º E
Map: 35.779177,139.782829

9月 26

竹ノ塚。珍来。

さてと。前回で東北の旅で立ち寄ったお店については全て終わりました。今回からネタは再び東京のに戻るわけであります。宜しくお願いします。東北の旅のネタを書いていたらここに書くネタがだいぶたまってきました;-)。

と、言うことで今日は明るい時間から竹ノ塚に行く用事ができたのでサクっと行ってサクっと帰ってこようかと思ったのですが、あれまぁ。こんなところに、あのラーメン屋さんがっ!!そんな感じ入るのでありました。「珍来」。

僕は「カミヤ」の全店制覇はもくろんでいても「珍来」の全店制覇をするつもりはサラサラないわけです。しかし、見つけるとついつい入ってしまいたくなってしまうんですねぇ。困ったものですf(^^;;。と、言うことで今回行ったのは「珍来」の竹ノ塚店。

IMG_0005_tknzk_cnri_1.jpg

場所は大踏切から近いですが、R4とは反対側のちょっと脇に入った細道にあります。けど、赤い看板は健在。比較的容易に見つけられるんではないでしょうか;-)。

一人なのでカウンターに座り、例のごとくラーメン大盛りを頂きます。出てくるまでしばし待ちますが「珍来」はどちらかと言うと早く出てくる感じがします。

などと思っていたら来ましたねぇ;-)。

IMG_0003_tknzk_cnri_2.jpg

見た感じも麺の量も他の店と違いは特に感じられません。また、ズルズルと頂いた時の味も東京風のサッパリ目で、こちらも「いつもの味」って感じで頂くのでありました。「いつもの味」ってのはある意味安心感がありますよね。「あすこに行けば確実に『あの味』が食べられる。」ってヤツですね;-)。僕なんかの場合「ラーメンショップ」がそれに当たりますね。

珍来」梅島店は直営店らしいのですが「珍来」です;-)。ここは直営店ではないみたいですが、これまた「珍来」です;-)。

これからも赤い「手打ちラーメン」の文字を見たら入ってしまいそうな予感です;-)。

あ。後、時期的にもそろそろラーメン復活ですね。今年の夏は本当にラーメンは食べなかった。暑すぎて食べたいとは全く思わなかった。ラーメンの季節到来ってのは嬉しいことです;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.794077º N
Longitude: 139.789267º E
Map: 35.794077,139.789267

9月 23

仙台。旨味太助。

さて。仙台の夜を満喫した後、いよいよ今日は東北旅行最後です。この後、松島を見て帰投するのであります。いやぁ、一週間マルマル東北にいました。岩手県内でもう少し遊ぶのであればあと二日は必要になったかと思います。そー言えば今回、福島・山形は素通りでした。すると東北六県でじっくり遊ぶとしたらまだまだ日程が足りないぞぉ。

みたいな感じですが、仙台と言えばやはり牛タン食べずに帰るわけにはいきません。ホテルでの朝食はパスしてお昼に食べる牛タンに懸けるのであります;-)。

ホテルのチェックアウトは11:00だったのですが、10:30くらいにチェックアウトし、仙台の街を散策しつつ、目的のお店に行こう。などと思っていたのですが、そのお店、開店30分前にして既に行列ができています。(@_o)。こらー、僕らも並ばないとーっ!!って感じで11:00をちょっと過ぎた辺りから行列に加わるのでありました。

開店の11:30よりちょっと前にのれんが掲げられお店がオープンしました。牛タンのお店。「旨味太助」。

IMG_3239_sndi_ummtsk_1.jpg

このお店、仙台の牛タンの元祖らしいです。なので行列ができているのでしょうなぁ。

二人で行ったのですが、開店前から並んだ甲斐がありました。導かれたところはカウンター。牛タンを焼いている真ん前なのであります;-)。最初に店内に入った人の分はもう網の上で焼かれています。その向こう側には熟成させるために山と化した牛タンの山があります。いやー。ここは特等席だわー。みたいな感じで、待っている間も全然ヒマしないのでありました;-)。

IMG_3234_sndi_ummtsk_2.jpg

お店の人に許可を頂いて写真を撮っておりますが、こんな感じで焼いております。サッと焼いてお皿にもって出して、また次の人の分の牛タンを乗せていくのであります。

そんなこんなで僕たちの分もできたみたいです。二人でこのお店に来ると、お皿に二人分載ってきます。なのでちょっと豪華に見えますが;-)。

IMG_3237_sndi_ummtsk_3.jpg

牛タンの向こう側に漬け物があります。後、麦ご飯とテールスープ。これが「牛タン定食」です。全部揃ったところで頂くのであります。んー。仙台の味だー。みたいな;-)。牛タンには包丁でスジが入っています。刺身で言うところの飾り包丁って感じでしょうか。歯でかんで切ってもさくっと切れるのでありました。

僕自身、仙台で牛タンを食べるのはニ回目ですね。

そー言えば以前、福岡に行ったときに寄ったお店のネタ「十徳」や「味府」の中で、仙台の牛タンについて書いているのですが、いやはや。仙台で食べる牛タンも十分に美味しいのであります。ちょっと反省します。すみませんでした。ご当地で食べる。と言うのは十分に美味しいのでありますね。はいっ!!

と、言うことで麦ご飯をおかわりして、自称ホッピー友の会会長と半分ずつわけあって、牛タンを頂くでありました。漬け物も美味いし、テールスープも美味い。テールスープは半分飲んだあと、そこにコショウをちょっとふりかけて、味を変えて頂くのでありました。

んー。これで東北の旅は本当に最後です。明日からまた東京に戻ってあの暑さに耐えなければならないというのは本当にウンザリするのですが、総括すると、青森で一軒、カミヤに行きそびれているのでこれはまた東北の旅に出なければなるまい。と心に固く誓って帰投するのでありました。

皆さん、長々とおつきあいくださりありがとうございました。次回からはまた東京のネタにもどります。

GPSポイント
Latitude: 38.264889º N
Longitude: 140.869789º E
Map: 38.264889,140.869789

9月 22

仙台。鳥紀。

東北の旅の最後の夜です。仙台にいます。前回のエントリーでは仙台の酒場事情みたいな感じのを書いたのですが、その中で一番最後に書いた、仙台駅前からアーケードに入って、すぐに左側辺りの建物の細道に入るのであります。この辺り、隠れた(と僕は思っているのだけど;-)お店がたくさんあるのであります。

この辺り(一番下のGPSポイントをgoogleマップに食わせてあげてください)を徘徊して僕的、このブログ的に良さそうな感じのお店を探すのであります。で、ここはどうだろう?と思い入ったお店は地下にありました。「鳥紀」。

IMG_0199_sndi_toriki_1.jpg

階段をスルスルっと降りて地下に行きます。トビラを開けるとそこには広いお店の空間が広がっております。それもかぁなりシブい感じの雰囲気です;-)。

このお店を訪れたときは一人だった(自称ホッピー友の会会長は84杯のわんこそばの影響がまだ残っているらしい;-)のでカウンターに着席し、瓶ビールなどを注文するのであります。このお店、メニューを眺めたり、壁に貼られた短冊を見る限りもつ焼き屋さんちっくです。けど、お刺身もあったりするし、大衆酒場ちっくでもあるし、フトコロが深いとでも言いましょうか;-)。

と、言うことで、せっかく仙台にいることだし、とか思い、サンマのお刺身を注文するのでありました。

IMG_0201_sndi_toriki_2.jpg

なんか、切り身の並び方がガンダムのコックピットみたいだぞぉ。などと思いつつ頂くのでありました;-)。んー。とろけるー。

飲み物はウーロン杯に移行しつつ、もう一品頂きましょう。せっかくもつ焼きと言うか、焼き鳥のメニューがあるので鳥のハツを頂くのでありました。が、写真はありません。代わりにメニューの写真を載せましょう。

IMG_0203_sndi_toriki_3.jpg

カウンターの上の写真ですが、こんな感じなのであります。ただ、もつ焼きと言うか焼き鳥はそんなには安くない感じですかねー。鳥のハツは二本で500yenですし。きっと比内地鶏かなんかのだろう。などと思って頂くのですが、店の雰囲気からするとそんな感じはあまりしない(失礼っ!!)ですしね。

ただ、このお店で感じたのは値段設定が面白い。一番最初に飲んだ瓶ビールは中瓶だったのだけれど値段は330yen。飲み物安く焼き鳥高く。って感じなのかなぁ?サンマの刺身は確か480yenだったような気がします。

それにしてもお店の雰囲気は中々良いし、店員のお姉さんは美人だし;-)。フラっと街に出て散策しつつ、フラっとこー言うお店に入ってチビチビ酒を飲むと言うのもまた良いのでありました。

そこはかとなく仙台の夜、はたまた東北の旅最後の夜を過ごすのでありました。

GPSポイント
Latitude: 38.261460º N
Longitude: 140.879874º E
Map: 38.261460,140.879874

9月 21

仙台の酒場事情。

過去にこのブログで似たようなタイトルで 金沢の酒場事情。富山の酒場事情。 ってエントリーを書いていますね。今回はその仙台版です。

しかし、一言断っておきますが「仙台にたまにやってきた旅人の戯れごと」だと思ってください。また、多少の間違いはおおめに見てください。あくまで旅人目線の感想文です。

仙台の街は、どちらかと言うと西口のほうが繁華街かと思います。でもって駅前から「T字型」にアーケード通りがあります。”T”の字一番下が仙台駅と思ってもらえれば良いわけですね。はい。

でもってアーケード通りは “ハピナ名掛丁” -> “クリスロード” -> “マーブルロードおおまち” と来てドン突きのT字路になり、左に曲がると “サンモール一番街” 、右に曲がると “ぶらんどーむ一番町” となるわけですね。基本的に「T字型」のアーケードなので比較的簡単に覚えられます。

まず、仙台の夜を楽しむのが平日であれば「T字型」アーケードの左側の棒の部分に行くと良いかもしれません。ここには “壱弐参横町” や “文化横町” など、があったりします。歩くだけでも随分と楽しいです。雰囲気的には新宿の花園神社の裏辺りって感じでしょうか;-)。

壱弐参横町。

IMG_3178_sndi_match_1.jpg

文化横町。

IMG_3187_sndi_match_2.jpg

この辺りで楽しむのもまた良いかと思われます。ちなみに僕はこの通りのお店で飲んだことは無いのでありますが・・。f(^^;;。

「T字型」アーケードのドン突き右側に行くと Apple Store 仙台があったり、東北初進出の餃子の王将があったりします。仙台の繁華街。って感じです。まっすぐ進むと三越があります。ちょうど「T字」の右側の棒の辺りですね。そのちょっと上辺りがこれまた夜の繁華街。新宿歌舞伎町のような感じです。夜遅い時間に行くと良いかもしれません:D:D。

IMG_3207_sndi_match_3.jpg

ちなみに一軒目に行った「こちらまる特漁業部」の国分町店‎はこの辺りのちょっとはずれに位置します。

とまぁ、そんな感じで仙台の夜を遊べば良いのではないかと思います;-)。

最後にですが、仙台の街の飲み屋街は、実は他にもまだあるんですねぇ。僕はどちらかと言うとそっちのほうが好きなのであります。この次に書く予定のお店はまさしくその辺りにあるのであります。

『その辺り』ってのはどの辺りだぁ?! って声が聞こえてきそうですが「T字型」アーケードを仙台駅から入ってすぐ左側に折れた辺りですね。”ハピナ名掛丁” の左側辺り。この辺りが、実は僕が一番好きだったりするのであります;-)。

仙台って色々なところで楽しめそうなので、旅行で来た時や、仕事で来たけど、夜は自由時間が持てる人にとっては天国ですよねぇ;-)。

今回はGPSポイントはありません;-)。

9月 20

仙台。こちらまる特漁業部。

花巻で全日本一人わんこそば選手権大会が開催され、その終了後に、東北自動車道をひたすら南下し、いよいよ今回の東北の旅の最終目的地である仙台に入るのであります。

僕自身、仙台には何回か来たこともあり多少の土地勘もあります。また、楽天イーグルスの試合も観戦に行ったこともあるでねぇ;-)。

と、言うわけで仙台ではホテルに宿泊します。仙台には手頃な値段のホテルがたくさんありますね。これも楽天イーグルス効果なんでしょうかね。「はるばる仙台まで楽天イーグルスを応援に来たんだから泊まっていってよ。」って感じなんでしょうかね。

ホテルの部屋ではインターネットが利用できるので、そこにfonを接続してiPhone4は無線LANで利用します。でもって夜行くお店の目星を付けるのあります。そんな感じでホテルで一旦休憩した後、市内散策にでかけます。

自称ホッピー友の会会長はわんこそば84杯の影響でハラいっぱいらしいので、ほぼ、僕の好きなお店に行くことになるのですが、この会長、やたらとウルサイ。自分はそば食べ過ぎであんまり飲んだり食ったりできないんだから黙って付いてくればいーのにさ。ブツブツ・・。

と、言うことで向かったお店は魚介類を豊富に出してくれるお店。「こちらまる特漁業部」。

このお店、山形市内の大沼デパートのそばにあるお店には2,3回行ったことがあるので、そこでこのお店の良さを体験しているのですが、あ。そーだそーだ。仙台にもあったねぇ。と言うことで行くことにしたのでありました;-)。

東北のみのチェーン店かと思ったら、最近は東京にも進出していて二店舗ほどあるみたいですね。驚きーっ!!

IMG_3205_sndi_kcrmrtkggb_1.jpg

エレベータで四階まで上がったところにこのお店があったのでありました。早速店内に入ります。お店の雰囲気的には海鮮居酒屋っぽいでしょうかね。

席に着席した後、瓶ビールを注文し、魚介類をドドドと注文します。なんてったって、東北の旅の最後の夜ですからねぇ;-)。まずはカニ肩半分、刺身の盛り合わせなど。

IMG_3194_sndi_kcrmrtkggb_2.jpg

写真は刺身盛り合わせです。全部で四点ですね。今回は珍しく瓶ビールが終わった後、日本酒に行くのであります。はやり魚には日本酒でしょー。みたいな;-)。でもって他にもエビのチーズ揚げ・キンメの唐揚げなど行きます。

後は入り口を入ったところに魚屋さんコーナーみたいなのがあります。こんな感じですね。

IMG_3197_sndi_kcrmrtkggb_3.jpg

ここで「何にしようかなぁ。」などと悩むでありますが、貝好きな僕としてはホッキ貝を刺身で頂くでありました。うひひ。が写真はありません。

それにしても、今回の旅で、飲み屋さんで海の幸を肴に日本酒を一杯やるのは今回が初めてだったのでありました。それにしても、まだ他のお店にも行きたいのでここであまり酔っ払ったり、お腹を一杯にしたくはないと思う気持ちが本当に悩ましい・・。

このお店はどちらかと言うと軽めに切り上げて、仙台の夜はもう少し続くのであります;-)。

GPSポイント
Latitude: 38.263288º N
Longitude: 140.868545º E
Map: 38.263288,140.868545

9月 18

花巻。金婚亭。

さてと。花巻に行って、一軒目のお店で早速カウンターパンチを食らいます。観光案内所のお姉さんからもらったパンフレットを頼りに一人でもわんこそばができそうなお店に電話で確認しますが「大丈夫ですよ。」というお言葉を頂いたのでそこに行くでありました。

捨てて踏みにじる神あれば拾う神ありとはまさしくこのことでしょうか;-P。自称ホッピー友の会会長が悔しそうにしていて今にも泣きそうだったので本当に助かりました。向かったお店は「金婚亭」。

お店は花巻空港ICのそばのR4沿いにあるけっこうおおきなお店で、バスツアーの団体さんなんかが訪れるお店です。

素直に書きます。最初は色々な意味で「大丈夫かな?」と思ってしまいましたf(^^;;。

IMG_3173_hnmk_knknt_1.jpg

一階の奥に食堂があります。二階は団体さんの昼食用の食堂があるみたいで、僕ら二人は一階の食堂に行き「一人は盛りそば、一人はわんこそばに挑戦したいのですが大丈夫ですか?」とお店の人に言いました。「確認してくるのでちょっとお待ちください。」その後しばらくして「準備に15分ほどかかりますが大丈夫ですか?」と言うことで一人でもわんこそばがチャレンジできることになりました。嬉しいですねぇ。

IMG_3174_hnmk_knknt_2.jpg

準備ができるまでしばし待ちます。自称ホッピー友の会会長はそれはもう大喜びですが、併せて緊張で顔が引きつってきたようですf(^^;;。で、お店の人が「準備が整いましたのでそれではこちらへどうぞ。」と二階に連れて行ってくれます。

なんとっ!!わんこそばは団体さんと一緒の食堂でチャレンジするのだそうです。団体さんが昼食をたべているテーブルからちょっと離れたところで自称ホッピー友の会会長は頑張るのであります。題して「全日本一人わんこそば選手権大会」。って感じでしょうか。でもってギャラリーがすごいたくさんいるんです。団体旅行で昼食食べている人が一斉に自称ホッピー友の会会長に注目するわけです。

僕はその横で盛りそばを食べつつ取材に徹するワケですが、ある意味、僕のほうが恥ずかしいのかな・・f(^^;;。最初は恥ずかしいと思うのですが、そのうちに声援を頂けたりします。こーいうのもなんか面白いかも;-)。

IMG_3142_hnmk_knknt_3.jpg

これが食べるの一式です。薬味が随分と多いですね。あ。僕はもう既に一回チャレンジしているのでよーく知っているのですが。でもって左のおおきな器は残った汁をあけるためにあります。

と、言うことでいよいよ戦いの火ぶたが切って落とされたわけであります;-)。テーブルの前ではお店の人が次々におわんの中にそばを入れてくれます。でもってそれを自称ホッピー友の会会長が食べていくわけです。昼食中の団体さんは自分のごはんを食べるのも忘れて、この「全日本一人わんこそば選手権大会」を注視しているわけです。ときどきおじいさんがやって来て「がんばれー。」などと声援を送ってくれます;-)。いやー。嬉しいですねぇ。

おそばを入れてくださる店員さんは、わんこそばの由来とか歴史とか説明してくださり、それを聞きながら食べるのもまた良いのであります。すごーい良い雰囲気の中で食べ進むのであります;-)。

が・・。最初は絶好調で飛ばしていた自称ホッピー友の会会長も50杯辺りからペースが落ちて、結局84杯でこの選手権大会は終了したのでありました。

IMG_3167_hnmk_knknt_4.jpg

ここのお店では食べたお椀がちゃんと目の前に形となって残るので嬉しいですね。お店の人も一目で分かるし。僕が以前チャレンジした「嘉司屋」(今回行ったけど、断られたお店ですね)では自分の食べた数はマッチ棒を右から左に動かして自分で管理する必要があったので、そんなことは正確にできるワケもなく。と、考えるとこっちのほうがシステム的には優れているかなぁ。と思った次第です。

それにしても戦い終えた自称ホッピー友の会会長、その後はまるで力石と戦った矢吹ジョーのごとく放心状態となっていたのが印象的でした。お疲れ様でした。

それにしても、一回奈落の底に落とされた花巻、最後は満足・満腹で後にするのでありました。東北の旅も、この後の仙台でいよいよフィナーレです;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.415043º N
Longitude: 141.126573º E
Map: 39.415043,141.126573

9月 17

花巻。嘉司屋。

東北の旅もそろそろ佳境に入ってきました。花巻でわんこそばにチャレンジするんだー。と自称ホッピー友の会会長は前日の晩ご飯もセーブして、朝ご飯も抜いて花巻入りしました。

ちなみに花巻に入ったのは09/10の金曜日です。この日から花巻市内はお祭りだったようですが、その情報、僕らは仕入れて無くて、ただ単に「わんこそば食べるぜい。」って感じで花巻に乗り込んだのでありました;-)。

その昔、バイクで東北一周のツーリングをした時に行ったお店「嘉司屋」に目星を付けて、今回も開店前(11:00五分前くらいかな)から行ったのでありました。僕は前回既にこのお店でわんこそばを体験しているので、自称ホッピー友の会会長のみがわんこそばに挑戦し、僕は「もりそばでも食べるべ。」とか思っていたので、僕だけは朝ご飯にわさびそばを食べていたわけです。

で、実際にお店に行って、「わんこそば一人お願いしたいんですが。」と声をかけたわけです。

このお店です。

IMG_3138_hnmh_kjy_1.jpg

するとお店の人は「すみません。わんこそばは二人からなんです。」と言います。あれ?数年前に来た時は僕一人でもわんこそばやってくれたんだけど・・。なんか、イメージが違うので一旦店の外に出ます。僕は既にそば一杯食べているのでわんこそばやっても負ける確率が高い・・。

一旦はわんこそばをあきらめて仙台に向かおうかと思ったんだけど、自称ホッピー友の会会長があきらめきれない様子で、くやしそうな顔をしているので「それなら駅にある観光案内所で他のお店を紹介してもらおう。」と言うことになり、駅を目指すのであります。

で、観光案内所のお姉さんに「一人でもわんこそばできるお店教えてください。」って言ったら、この「嘉司屋」を勧めます。僕がそのお姉さんに「あ。いや。さっきそこに行ったら、一人だとダメだと言われて断られたんですよー。」と言ったら「おかしいですねぇ。ほらね。このパンフレットには一名様からでもOK。って書いてあるでしょ。私が電話して交渉してあげましょう。」と、なんとすばらしいことを言ってくれ、すかさずお店に電話してくれたのでありました。

個人的感想ですが、お祭りを知らずに行った僕らも悪いけど、このお店のおかげで花巻のイメージがガクンと落ちて(なんてったって、足立ナンバーの車が店の前に乗り付けたのにそれを門前払いするお店だからね)いたところに、この観光案内所のお姉さんがもとに戻してくれます;-)。パチパチパチ。

結局、電話に出てたお店の人はすげーイヤがっていたようですが、このお姉さんのごり押しでこのお店で一人でもわんこそばが食べられることになりました。が、再度お店を訪れ、丁寧にこちらから「もう結構ですので。」お断りました。店員さんはすげー喜んでいました。orz。

なんか、12:00から団体さんが入っていたようです。まぁ、そーいうのも全て見越して開店直後と言うか、開店前からお店に行っているんですけどね・・。

観光案内所でもらったパンフレットには花巻市内には全部で四つのお店でわんこそばが食べられるそうです。「やぶ屋本店」さんはパンフレットにちゃんと「二名様から」って書かれているので、こーいうのは良いですね。あきらめがつきます。一名様からOKよ。ってパンフレットに書かれているのに却下されるとは。トホホ。って感じだったのでありました・・。orz

と、言うことで、このお店「嘉司屋」に行く時には、何があっても事前に電話で確認することを強くお勧めいたします。

GPSポイント
Latitude: 39.385795º N
Longitude: 141.119814º E
Map: 39.385795,141.119814

9月 16

遠野。みやもり道の駅。

宮古でお昼に海鮮丼を食べた後、遠野に行きます。宮沢賢治の童話の世界を体験しようかと思った次第であります。

カッパ淵とかめがね橋をじっくりと眺めるのであります。

遠野の街道筋のスーパーでホヤとかカジキの刺身を買って遠野の道の駅で晩ご飯にするのですが、次の日、花巻方面に移動します。途中で休憩したのはみやもりの道の駅。ここで「銀河鉄道の夜」のめがね橋の写真を撮るのでありました。

IMG_3103_tono_wsbsb_1.jpg

で、朝ご飯がまだだったので、道の駅に「そば・うどん」のかんばんがあったのでそのお店で朝ご飯を食べることにしたのでありました。

IMG_3121_tono_wsbsb_2.jpg

お店は立ち食いそばチックな雰囲気です。で、メニューを見たら「わさびそば」って言うのがあるのでそれをたべることにしました。300yen。おそばはフツーの立ち食いそばチックな感じです。ただ、「わさびぞば」って言うのがどんなのか、非常に楽しみなのであります;-)。

出てきたのはこんな感じ。

IMG_3100_tono_wsbsb_3.jpg

天カスはオプションで好きなだけ乗せられます。が、まぁホドホドに;-)。それにしても「わさびそば」の正体とわ。ほー。わさびの茎が入っているのですね。わさびの茎はどうやって味付けしているんだろ?たまり漬けかなぁ?と、思うのですが、早速頂きましょうか。朝ご飯ですしねぇ;-)。

それにしても、実際に食べると辛いっ!!ツーンと鼻からわさびの風味が抜けます。なるほどー。わさびそばだ。これは七味唐辛子が必要ないですね。今回は温かいそばを食べたのですが、わさびの風味が残っていて、これはこれで美味いのでありました;-)。

この道の駅のある宮森辺りはわさびが名産になっているようで、その茎をうどんやそばに乗せて食べるんだそうです。つべたいおそば、温かいおそばのどちらにもあうんだそうです。へー。って感じでズルズルと頂いたのでありました。

さてとー。花巻に行ってわんこそば食べるぞー;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.346146º N
Longitude: 141.351643º E
Map: 39.346146,141.351643