2月 26

鬼怒川温泉。らいふ。

今日は東武線沿線の温泉街に来ました。つまりは鬼怒川温泉界隈まで来たのですが、実際にはその先の川治温泉のお風呂にどっぷりとつかって、今までの疲れをじっくりと落としてのんびりとしよう。などと思ったわけなのであります。

鬼怒川温泉駅までのアプローチは東武の優等列車 “スペーシア” を利用しました。ゴージャスな車両で感動しました;-)。

それにしても電車の中では缶ビール一本だけにして、車窓からの眺めを満喫しつつ、終着駅アンドロメダじゃなかった。鬼怒川温泉駅に着いたらご飯でも食べるべ。などと楽しみつつの旅なのでありました。

途中、惑星タイタンで途中下車し戦士の銃などを手に入れつつ終着駅の鬼怒川温泉に着いたのですが、駅を降りてみたらびっくりしました。機械化人が出迎えてくれたりしてくれたんですねぇ。メーテル!!って・・。もう 999 ネタはおしまいで良いかーf(^^;;。

駅前広場ってんですかっ!! 随分と開けていて驚きました。普段、この辺りは車で行っているので駅前は全然知らなかったんですけどね。

でもって駅前広場から見える色々なお店があるのですが、あちこち眺めつつ、駅を背にして右側の路地に入ったお店に行くのでありました。「らいふ」。

電車はほぼ一時間置きに駅に到着し、人がご飯を食べるのが一時間単位だとしたら、前の人が食べ終わった頃にお店に行く。みたいな感じで、店内は満員なんだけどタイミングと言うか回転が良いように思いました。

IMG_0680_kngwonsn_life_1.jpg

このお店は店内に竈があって、ピザなどを出してくれます。テーブル席に着席した後、本日のお勧めランチを注文するのであります。

一個はピザのセット “Aランチ”。もう一個はハンバーグのセット “Bランチ”。最初、店内に入って着席する前に人が食べているピザを見たらかぁなり大きいので随分と驚きました。メニューを眺めるとランチセットのピザは30cmあるそうな。うひー;-)。ちなみにランチで注文するピザは六種類から選べました。

今回はマルガリータを注文。まず最初にサラダが出てきました。後は飲み物のコーヒー。

IMG_0674_kngwonsn_life_2.jpg

サラダを食べつつ待っているとピザが出てきました。そー言えばトレーダー分岐点で会ったトチローはスルメと清酒美少年だったなぁ・・。僕はピザ;-)。って・・。もう 999 はいらないかーf(^^;;。

IMG_0676_kngwonsn_life_3.jpg

横にタバスコの瓶を置いて写真を撮ったのですが、それと比べても随分と大きいのであります。食べ応えあります。カワの部分が薄めなのでガンガン食べられます。でもってチーズとか具か多い(マルガリータ自体は具がそんなに無いか;-)しチーズの量も多いので美味しく頂けました。

厨房に竈(かまど)があるからなのか、店内はポカポカしているのであります。食べ進むにつれて体が温かくなるのでありました。

こちらはハンバーグのセットです。サラダは一緒で、そしてここにライスが付くのであります。

IMG_0677_kngwonsn_life_4.jpg

鉄板の上でジュージュー言っているのをはふはふしながら食べるのでありました。ハンバーグは国産牛肉100%だそうで、考えてみると僕は牛肉100%のハンバーグを食べるのは随分と久しぶりではないかなぁ・・。まぁ、ハンバーグ自体を最近食べた記憶があまり無いと言うか・・f(^^;;。

それにしてもこのお店、ランチのセットが1,200yenだったのですが、ずいぶんとお腹が一杯になりました。いやぁ。「世は満足じゃ」状態とはまさにこのことでしょうなぁ;-)。

日光とか、鬼怒川辺りに行くと「おそばと湯葉っ!!」みたいな固定概念が自分の中ではあったりするのですが、たまに食べるイタリアンをそれも旅先で頂く。と言うのもまた良い感じでしょうか。

そこはかとなく幸せな気分でお腹も満足で鬼怒川温泉を後にするのであります。

さてー。この後は川治温泉まで行って思う存分温泉に入るぜぃー;-)。

GPSポイント
Latitude: 36.824533º N
Longitude: 139.717148º E
Map: 36.824533,139.717148

2月 25

渋谷。味源。

最近、渋谷でお昼にラーメン食べる機会が多いような気がします。週一かぁ?;-)。「勝手にセンター街のラーメン屋さん全店行ってみよー」キャンペーンの第四弾です。

前回掲載した「天下一品」で、一応再訪は終わりました。今回からは新規開拓と言うか、今まで行ったこと無かったお店にどんどん行ってみようーっ!! って感じなのであります;-)。

今回行ったの北海道ラーメンのお店。「味源」。

渋谷センター街には「味源」は二店舗あるような気がするのですが、今回行ったお店はセンター街からちょっとずれてしまっていますf(^^;; 109 の向かいにあるんですけどね。まぁ、”センター街” と言うこことにして頂ければと思いますf(^^;;。

IMG_1596_sby_ajgn_1.jpg

それにしても「勝手にセンター街のラーメン屋さん全店行ってみよー」キャンペーンを実施中なのにどうしてセンター街から外れたこのお店に来たのか?なんか、店の外にあるメニューを見たらラーメン一杯600yenだったんですよねぇ。あれぇ?「味源」のラーメンてこんなに安かったっけ?とか思い入ってみたのでありました。

入り口で食券を買います。醤油ラーメンにします。でもってついでに大盛り券も購入するのであります。大盛りは100yenアップ。
でもって券売機の上には「ラーメン注文の方ライスサービス。」とか書かれています。うひひひ;-)。

カウンターの空いている席に着席し、出てくるのをしばし待つのであります。

でもって出てきました。

IMG_1594_sby_ajgn_2.jpg

「味源」で利用している “麺” と言えば、北海道から空輸される「小林製麺」のちょっと太くてかたい感じの黄色い麺なのであります。後、スープは野菜(醤油ラーメンの場合はもやしか)を炒めて、そこにスープを入れて味を付けたのをドンブリの麺の上にドバーっと掛けたヤツですね。スープには野菜の旨みがまざってこれが美味いのであります。

ドンブリの中のスープの色は醤油味っぽくない感じですが、ズルズルと行くとこれまた美味いのでありました。あ。ここに半ライスが付きます。嬉しいですねぇ;-)。

それにしても「天下一品」で食べたのと似たような感じ(「ラーメン大盛りとご飯のセット」って意味です;-)なのですが、麺の量が圧倒的に違う。でもって値段も違う。「味源」てこんなにコストパフォーマンス良かったかなぁ?などと思ったのでありました。

ちなみに僕が「味源」に行ったのは何年ぶりだろう? その昔新宿三丁目の今は多分もうないラシントンパレス辺りで働いていた時にはすぐ近所に「味源」があって、食べていたりしたなぁ。あのお店はその後「味名人・源」とか言う名前に変わったりしていたし。

その後、原宿で働いていた時には「じゃんがらラーメン」の近所にもやはりあったと思います。そこで食べたのが近々では最後かなぁ・・。

と、言うことでなんか、このお店の良さが再確認したのでちょっと嬉しいお昼ご飯だったのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.659975º N
Longitude: 139.698765º E
Map: 35.659975,139.698765

2月 23

町屋。みつぼ。

今日は町屋にやってきました。と、言うか、帰り道なので実質的には「途中下車の旅」って感じでしょうか。町屋と言えば「亀田」とか「ときわ食堂」に良く行くのですが、「亀田」で飲んで二軒目に「ときわ食堂」へ向かいテクテク歩いて行くと、途中の路地で緑色に光る提灯を見かけるわけです。「いつか行ってみたいものだ。」などと思っていたわけですが、今回ようやっとその機会に恵まれました。

揺れている緑の提灯の横の階段を上っていったところにあるお店。「みつぼ」。

以前、このブログで同じ名前のお店を掲載した(つまりは行ったことがあるということですね;-)ことがあります。このときに掲載した「みつぼ」は尾竹橋通りを荒川方面に行った辺りにあったのですが、それとは別のお店です。看板には 「x5」と書かれていますが「五号店」と言う意味なのでしょうか?

IMG_0627_mcy_mitsubo_2_1.jpg

ちなみに緑の提灯は “地産地消のお店” でしたっけ?地のモノをがんばって出すお店。と言ういみのお店だったと記憶していますが。星の数でその度合いを示しているとか。

まぁ、そんなことはちょっとおいといて、早速二階に行ってみることにしましょうかね;-)。

入り口付近はカウンタール席、入って右側にはテーブル席(あれ?小上がりだったかな?)があります。今回はなんとかカウンターに着席できたのでありました。あ。自称ホッピー友の会会長と一緒なのであります。

飲み物にホッピーを注文して、最初の料理はモヤシのナルムを頂きます。これが美味い。ホッピーと合う。が、写真はありません。でもってもう一品注文するのはレバ刺し。出てきたのがこんな感じ。

IMG_1582_mcy_mitsubo_2_2.jpg

そーそー。ここのレバ刺しはごま油の中に浸っているのよー。などと、前回行った同じ名前のお店のことを思い出してきました;-)。ここにダイレクトに塩をふって頂くのであります。たくさんのごま油がお出迎えしてくれるであります;-)。

そして、その後はもつ焼きですね。今回は自称ホッピー友の会会長と一緒なので四本注文しました。カシラとアブラを二本ずつ。

IMG_1585_mcy_mitsubo_2_3.jpg

アブラのほうは “豚トロ油” と言う名でした。サクサク系の脂身ですね。自称ホッピー友の会会長は大喜びで食べるのですが、僕は一個だけ頂きました。僕は専らカシラを食べるのであります。もつ焼きとやっぱりホッピーは合いますね。

この後、もう一回生ものに行きます。タン刺身。ちょっと厚みがあってこちらも食べ応えがあります。が、写真はありません;-)。ハラが減っている自称ホッピー友の会会長はもういっちょ注文します。煮込み。ミソーって感じで、シロモツもよく煮込まれていて中々美味しいのでありました。が、その写真もありません;-)。

全体的にまとまっているものが出てきて「もつ焼き屋さんだなー。」と感じました。なので安心して食べられますし、何よりもお客さんがたくさんいるのでまさしくその通りなのでしょうなぁ。僕ももつ焼き食べてホッピー飲んで幸せな気分になるのでありました。

それにしても町屋には「みつぼ」と言うお店は全部で何店舗くらいあるのでしょうか?路地の裏の裏まで散策して色々な「みつぼ」を見つけて行ってみたくなってしまったのでありました;-)。

あ。ちなみにこのお店、無線 LAN が利用可能でした。

GPSポイント
Latitude: 35.743237º N
Longitude: 139.781932º E
Map: 35.743237,139.781932

2月 20

五反野。串銀。

今日はちょっとヤボ用で東武伊勢崎線にある五反野駅に行きました。その後、家までテクテク歩いて帰ろうかと思い、実際に歩き始めたのでありました。がっ!! R4 を越えようかなぁと思い信号待ちをしていたらあぁれまぁ。なんか良さげな感じのお店がありますよぉ。

実は以前から行ってみたいと思っていたのですが、中々開いているタイミングというのがなかった。今回、赤提灯が揺れているので入ってみるべ。と思ったのでありました。「串銀」。

お店は R4 沿いにあるので五反野駅からは12,3分くらい歩くのであります。けど、その間の時間もまた期待に胸が膨らんで良いかもしれません;-)。

今回行ったときは開店直後っぽく、一人の先客がいたのみで僕が二番目でした。

IMG_1558_gtnn_ksgn_1.jpg

お店は R4 に面して「L字型」になっています。広い入り口があってどこからでもカウンターに着席できるのであります。

このお店には下町ハイボールがあるので、今回はそれから飲み始めることにしました。ビールは無しです;-)。でもって合わせて料理も注文します。「レバ刺しくださぁーい。」ボールをグビリと飲みつつで馬刺しが出てくるの待つのでありました。

IMG_1560_gtnn_ksgn_2.jpg

出てきたのがこんな感じなのですが、その時にハタと考えました。フツー、レバ刺しを注文するときって店員さんとニンニク・ショウガ・ゴマ塩とか色々やりとりすることが多いのですが、このお店ではヒトコトだけ「レバ刺しください。」と言っただけ。
まず最初にごま油と小皿が出てきて、その後に本体が出てきたのですが、僕の欲しいものが全て揃っている。んー。これはラクだ。ただ、一言「レバ刺しください。」って言ったら全部が揃う。こーいうのがやっぱり良いですねぇ;-)。

とろけるレバ刺しの上にネギ・ニンニク・ショウガ少々を塩を沈めたごま油に漬けて頂くのでありました;-)。
ちなみに余ったニンニク・ショウガなどは他の料理に利用したしります。例えばもつ焼きに付けて食べたりとか。もったい無いってのもあるのですが、色々な味が楽しめるのでよくやってます;-)。

もつ焼き屋さんなので、もつ焼きも食べてみましょう。あ。ボールおかわりください。注文したのはカシラ・ハツは塩で、シロはタレで。しばし待って出てきました。お皿が一枚多くなってしまって申し訳ないですが・・。

IMG_1562_gtnn_ksgn_3.jpg

いやぁ。出てきた時、驚きましたね。大きいんですよ。これで一本100yenとわっ。串がフツーのより長いのを使っているんですね。なので大きい感じに見える。まぁ、実際にちゃんと大きいのですが。食べ応えがあるので中々ぐーです。

後、カラシと辛子味噌が付いてくるのも良いですねぇ。僕は「ばん」でもつ焼きを知ったので、もつ焼きには黄色いカラシが合うと思っているのですが、このお店ではそれが付いて来ました。後、味噌も。ちょっと贅沢な気分なのであります;-)。

最後に「ザク」と言うのを注文しました。写真は無いですが。キャベツのざく切りが串に打ってあるのであります。なるほどー。「するっていと、これがシャー専用だとどうやって出す?」などと、酔った頭で考えつつ、再度ボールをおかわりしつつ、時間は過ぎていくのでありました;-)。

それにしてもこのお店、日曜日なのに開いていて嬉しいですねぇ。機会があったらまた行ってみたいと思いました。

GPSポイント
Latitude: 35.768436º N
Longitude: 139.803734º E
Map: 35.768436,139.803734

2月 17

渋谷。天下一品。(2)

さてさて。「勝手にセンター街のラーメン屋さん全店行ってみよー」キャンペーンの第三弾です。前回は「神座」でしたが、今回もやはり、以前掲載したお店の再訪。と言う形になります。

ラーメンのスープに箸が立つのではないかと言われているラーメン屋さん。「天下一品」。

でもって随分とご無沙汰ですが前回行ったときは確か京都に旅行に行った後、本店に行けなかったので渋谷のお店に行ったと記憶しております。

会社は道玄坂の上のほうなので、この辺りのお店はあまり来ないのですが、足を伸ばして、コッテリしたラーメンを食べに来たのでありました。

IMG_0611_sby_tnk1pn2_1.jpg

お店に入ると席が空いていたので一番奥のカウンター席に着席します。何を注文しようかと思ったのですが、中華セットにしました。ラーメンと半ライスのセットですね。でもってラーメンは大盛りにしてもらいました。

出てくるまでしばし待ちます。テーブルの上にあるものをチェックしたりしているのであります。「辛子味噌かー。辛そうだなぁ。けど、後でちょっと入れてみるかなぁ。」とか思っていたら僕のが出てきたようです。

IMG_1493_sby_tnk1pn2_2.jpg

ドロリとしたスープを麺にからめでズルズルと頂くのであります。まだ、数回しか食べたことないですが、やはりここのラーメンを食べると「んー。コッテリだ。」などと思ってしまいます。スープは麺と一緒にどんどんと無くなっていくのであります;-)。途中で辛子味噌を投入し、ごはんも食べつつ、味を変えて頂くのでありました。

大盛りだけと麺の量はあまり多くないかな。けど、その分ご飯があるのでちょーど良いかなぁ。欲を言えば、お漬け物がちょっとだけでも付いてきてくれると非常に嬉しいかな。ご飯のおかずにもなるし、コッテリしたラーメン食べていると口の中さっぱりさせたいこともあるしねぇ・・。あ。独り言です;-)。

それにしても今回食べて驚いたんだけど、ここのラーメンて700yenもしたっけかなぁ?結構な値段のするラーメンだなぁ。とちょっと驚きつつズルズルと食べてきたのであります。まぁ、(毎週とか月一ペースではちょっと無理で)たまに食べる、ユニークなラーメンなのでそれはそれで良いでしょうかねぇ;-)。

食後は胸焼けとかするかな?

GPSポイント
Latitude: 35.660707º N
Longitude: 139.698053º E
Map: 35.660707,139.698053

2月 14

赤羽。串かつでんがな。

まだまだ赤羽にいるのであります。「のんき」でもつ焼きや刺身系を食べたのですが、自称ホッピー友の会会長にとってはまだまだ足りないようで、ガッツリ食べたい。と申しております。

なので赤羽の飲み屋さんのたくさんある辺りをうろつくのであります。それにしてもあの辺りも最近は随分と新しいお店ができたり、建物が建て変わったりしているのですなぁ。時代を感じます。

そんな新しい感じのお店に入ったのでありました。「串かつでんがな」。

この間、北千住の「天七」に行ったばっかりのような気がするんですが、ガッツリと大阪の味を楽しむことにしましょうかねぇ。幸いにして席も空いているようですしね;-)。

IMG_0590_akbn_ksktdngn_1.jpg

窓際のテーブル席に着席し、宴会のスタートであります。まずは飲み物ですが、大阪のお店なのにホッピーがあるようですねぇ。ではそれにしましょうかねぇ;-)。そして、串揚げの五本セット、そしてドテ焼きにしましょうかねぇ。店名からしてもコテコテちっくな大阪のお店みたいですしねぇ。

と、言うことで串揚げ(大阪ではカツでなくとも『串カツ』って言うのかな?)の写真はありません。そのかわりドテ焼きの写真いきましょうきねぇ。

IMG_0582_akbn_ksktdngn_3.jpg

ショウガとネギが乗っかるらしいのですが、一個はサラの状態でもらいました。パラパラと七味を掛けて頂くのであります。味噌はちょっと甘い感じてしょうかね。けど、ネットリとしていて中々良いっ!!って感じです。

串揚げ食べつつ、これ食べつつホッピー飲みつつ。けど、アブラっぽいのが好きな自称ホッピー友の会会長がいるのでこの手の食べ物はあっと言う間に終わってしまうのであります。

もう一回、串揚げ注文しつつ、今度は牛スジを頂きましょう。またまた串揚げの写真は無いのでありますが;-)。

IMG_0586_akbn_ksktdngn_2.jpg

味的には牛すじ酢って感じでしょうか。皮ポン酢の牛すじ版ですね。さっぱりしていてこれはこれでグーです。でもって先ほどのドテ焼きの余った味噌をつけて頂いたりするのでありました。

ふむー。大阪の味に触れるとなんか、またまた大阪に行きたくなりました。天満橋辺りで一杯飲みたいなぁ。そんな感じでこのお店で過ごすのでありました。串揚げとドテ焼きも再度追加で注文したりしてるんですけどね。

ちなみに、このお店の裏の辺りにも新しい、似たような感じのお店がありました。赤羽もどんどん変わっていくのでしょうかねぇ。まぁ、それは良い意味でも悪い意味でも両方なのですけどもね。

自称ホッピー友の会会長もタラフク食べたようで満足げな顔をしております。さてと。そろそろ帰投の準備に入りましょうかね。

GPSポイント
Latitude: 35.779559º N
Longitude: 139.721126º E
Map: 35.779559,139.721126

2月 13

赤羽。のんき。

赤羽に来ております。一軒目はかぁるく「丸健水産」に行っておでんを食べた後、すぐ近所の「
まるます家
」に行こうかと思ったのですが、一杯で入れず。あいやー。と、言うことで OK横町 を散策するのでありました。この横町では以前に「八起」に行っているので今回はちょっと別の店を探します。

でもって「まるます家」の裏の路地を更に進むと、うひょー。掘切菖蒲園のあのお店の支店がここにあるじゃないのさぁ。しかもすぐに座れるみたいだよー。と、言うことで入るのでありました。「のんき」。

本店は掘切菖蒲園のお店で、支店は確か、ここ赤羽と後、四谷にあると聞いたことがあるのですが、掘切菖蒲園以外の「のんき」に入るのは初めてなのであります。早速入ります。

IMG_0579_akbn_nnk_1.jpg

店内に入ると右側がカウンター、左側がテーブル席になります。今回は自称ホッピー友の会会長と二人だったのでカウンターにしました。でもって、一番最初の飲み物は当然「ボール」;-)。ここでは掘切菖蒲園辺りで出てくるグラスバージョンとジョッキバージョンがありますが、僕はジョッキで頂きました。それにしても赤羽で「ボール」とは。なんか嬉しい;-)。

IMG_1423_akbn_nnk_2.jpg

さて、続いて食べ物を注文しましょう。「のんき」に来たら生ものを行かねばなりませぬ。今回は上タン刺身を注文してみました。ちなみに一日限定数皿のみ。らしいです。今回は注文したらまだありました。幸せです;-)。

IMG_0570_akbn_nnk_3.jpg

量は決して多くはないのですが、厚切りでアブラがたくさんありますねぇ。ごま油と塩で頂くのですが、美味いですねぇ。量的にもこれくらいで十分です。うひひひ。

ちなみに生はこの後もう一品、レバ刺しに行くのでありますが、食べるとトローンととろける美味さなのでありました。が、写真はありません。

「ボール」をおかわりしつつもつ焼きも注文します。シロタレ・カシラの塩・豚バラ。それにしてもやはり名物のシロタレは外せないですね。きっちりと注文します。

IMG_0572_akbn_nnk_4.jpg

美味いは美味いです。「のんき」の味が出ています。あえて一言だけ言わせてもらえるのであれば、見た目の美しさかなー。掘切菖蒲園のお店のシロはシロモツを折りたたんだように串に打ってあるのね。でもって、見た目が綺麗な長方形。
ここのはボコっと出っぱったのがあるんですね。がっ!!実はそのジャバラになっていない出っぱったシロモツが、実はアブラが乗っていてこれまた美味い。ふむー。悩ましいですなぁ;-)。

と、言う感じで、赤羽に「のんき」があることをすっかり忘れていて、それを偶然思い出したかのごとく見つけてサクっと入れて、城東地区の味を満喫できたのでありました。非常に嬉しいことですねぇ。
こっち方面に住んでいる人は掘切菖蒲園に行くのは随分と遠いので、ここにこのお店があると言うのはそれなりに嬉しいとおもいますねぇ。

僕も「のんき」を満喫できて嬉しかったです。今度は掘切菖蒲園のお店に行ってみよう;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.780114º N
Longitude: 139.720157º E
Map: 35.780114,139.720157

2月 12

赤羽。丸健水産。(2)

それにしても昨日は雪がガンガン降りましたな。なので家の中でじっとしていたのですが・・。今日は雨ですが、自称ホッピー友の会会長が「どっか飲みに行こう。飲まないと死ぬー。」などと申しておるので、んだば。と言う感じで赤羽を目指したのでありました。

自称ホッピー友の会会長は二軒目からの合流として、僕は先に一人で行ってみたいお店があったのでそこに行くことにしました。「丸健水産」。

このブログでは二度目の登場です。前回掲載したときから随分と日が経ちました。何か懐かしいモノがありますねぇ。このブログ書き始めの初期に訪れたお店ですねぇ。お店自体には数回行っているのですけどもねぇ。

大きなお鍋の前に立って「いやぁさぶいですねぇ。セット熱燗でお願いします。」とお店の人に伝えるのでありました;-)。

IMG_0566akbn_mrknsisn2_1.jpg

既に先客で立ち飲みで食べて飲んでいらっしゃる方が大勢います。いやぁ。良いですなぁ。お店自体はアーケードの中なので雨の心配はありませんしなぁ;-)。後は「お土産でお願いします。」ってお客さんもひっきりなしに来ているのであります。

僕のが出てきました。おでんセットには飲み物が一個ついて700yen。飲み物はビール・日本酒・酎ハイからチョイスできますが、おでんのタネはお店の人が選んでくれます。

IMG_0562akbn_mrknsisn2_3.jpg

お酒は唯一の東京の地酒だそうです。「丸眞正宗」んー。熱燗ですねぇ。温まります。おでんと一緒に頂くとこれまたからだがポッカポカです。さぶいこの季節なのでなおさらですねぇ。

お鍋のワキで頂くのであります。

IMG_0565akbn_mrknsisn2_2.jpg

おでんを食べ終わり、熱燗を飲み干して「ごちそうさまー。」って言ったらお店の人が「おでん汁入れてあげようか?」と言ってくださいました。あちゃー。お酒、全部飲み干しちゃったよー。ってちょっと残念だったんだけど、お店の人曰く「飲み方色々だよー。」ってことでした。

空いたワンカップのグラスにドボドボと入れてくれたのでありました。その瞬間ぱっと頭をよぎったのが “飯田割り”。渋谷のおでんやさん「飯田屋」で初めて飲んだのですけどもね。熱燗のコップ酒半分飲んだところにおでんの汁をドバドバと入れるんです。熱燗とおでん汁、これが中々合うのであります。

更にお店の人が続けます。「おでんのスープにはほんのちょっと七味唐辛子を掛けて飲むと美味いのよ。」だそうで、入れてくださいました。ふむー。これは確かに美味い。七味とおでんの相性は良いみたいです。お酒を全て飲み干したのがちょっと心残りだったので、次回は一口分残してからスープを入れてもらおう。と思ったのでありました;-)。

スープを全てのスープを飲み干して、心も体もポカポカになってこのお店を後にするのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.780073º N
Longitude: 139.720838º E
Map: 35.780073,139.720838

2月 10

北千住。藤や。(2)

北千住にいるのでございます。一軒目に「天七」でかぁるく飲んだ後、じゃ。次行きますかー。となり、無理だと解っていても「大はし」を覗いてしまいたくなるのは人のサガか。果たして入れはしないのでありました。

それならばと言うことで今度は「徳多和良」を目指すわけですが、あいや。こちらも入れない。北千住における酒場難民と化すわけですね・・。

では、今日は久しぶりにナナメ向かいのお店に行ってみましょうかねぇ。「藤や」。

このブログができたての頃、確か筆者は、串打ち煮込みと言うものを初めて知って、都内のあちこちのお店に出かけたのであります。過去に行ったお店の名前をあげるとちょっと大変なので割愛しますが、このお店もその時に行ったと言うか、当時はそれなりに良く行っていたなぁ。と言う感じなのであります。

のれんをくぐりガラガラと戸を開けて入るのでありました。

IMG_0552_ktsnj_fujiya2_1.jpg

「Lの字」の、そんなに人がたくさん座ることができないカウンターがあり、角っこに煮込みの鍋があるのであります。

このお店は、女将さんとおやっさんのどちらかがお店に立っています。行く日によってどちらがいるのか解らないのですが、女将さんもおやっさんもどちらも話好きな方で嬉しいです。今回はおやっさんの担当の日みたいでした;-)。僕らより先客のお客様が一人いらっしゃったのですが、輪の中にスーっと入れてもらえたのでありました。今回はおやっさんの担当の日みたいでした。

IMG_1404_ktsnj_fujiya2_2.jpg

ここから串打ちの煮込みをお皿に盛ってくれるのであります。お皿の写真は無いのであります。ちょっとピンぼけの写真だった・・。つまりは失敗したのでありますねf(^^;;。

出てきたのはフワ・ハチの巣・牛すじ・シロモツ・ゆで卵などであります。どんな感じかは、前回掲載した写真を見てくださいf(^^;;。

自称ホッピー友の会会長はフワが好きなので「フワで有名なところと言えば、あ、川口オートの場内のお店のは美味しいですよねぇ。」とおやっさんに行ったら、知っていたようで「あすこのは美味いねぇ。モツ煮は大井競馬場のも美味いよ。」などといきなり会話に花が咲いたりしたのでありましたf(^^;;。

煮込みの他にもう一品頂きましょう。おやっさんの後ろの黒板にメニューがあります。アジ酢があるみたいなのでそれを注文します。

IMG_1405_ktsnj_fujiya2_3.jpg

串揚げの後は煮込みなので、こー言うサッパリしたものが食べたくなったのでありました。が、このお店の煮込みも非常にサッパリとした味なのですけどね。煮込みの箸休めに頂くのでありました。

僕らより先にいたお客さんとおやっさんと自称ホッピー友の会会長は “江戸っ子” なので、その辺りについて何か三人で盛り上がっていました。僕は長野県人なので一人カヤの外・・。
それにしてもおやっさんが言っていましたが「千住の人」は “江戸っ子” じゃないんですってね。「南千住の人」は “江戸っ子” らしいです。んー。奥が深い下町;-)。

僕よりも遙かにこのお店を楽しんだ自称ホッピー友の会会長だったのでありました。いやほんと。確かに居心地が良いお店ですねぇ。

最後に一点書いておきましょうか。前回行ったときの記事には流しのギターのおやっさんが登場したと書いているのですが、おやっさんに聞いたところ、大体半年くらい来ていないようです。「何かあったのかなぁ?」とのことでしたが、確かに昔は飲み屋横町の辺りでも良く見かけた流しのおやっさんですが、最近見かけなくなっていてちょっと気になっていたのですが。元気な姿を見てみたいものです。

GPSポイント
Latitude: 35.749713º N
Longitude: 139.801520º E
Map: 35.749713,139.801520

2月 09

北千住。天七。

今日は北千住に来ました。まぁ、ただ単に会社からの帰り道なのですけどもね。自称ホッピー友の会会長と待ち合わせて「飲み屋横町辺りにでもちょっと行こうか。」などととなったのでありました。

ズズズっと飲み屋横町を奥まで行きます。「大升」はちょっとスルーして更に奥に進み「五味鳥」に行くのですが、既に店内は人であふれかえっているので断念。元来た道を戻るのでありました。orz。

と、言うことで入り口まで戻ってきました。それにても「永見」のすぐ横の立ち飲みのお店、前はすげー良く通るんですが、一回も入ったことが無い。このお店にちょっと入ってみましょうか。そんな感じで入ったのでありました。「天七」。

IMG_0551_ktsnj_ten7_1.jpg

このお店も北千住では有名なお店ですね。でもって立ち飲みの串揚げ屋さん。なんで今まで一度も入ったことないんだろ?って感じで入り口で空いている席があるか聞いたら店の奥のカウンターがあいているそうなのでそこで頂くのであります。

まずは、瓶ビールを注文。後はひたすら串揚げを注文するのみです。システム的にはラクチンで良いですね。目の前のソースの横にはキャベツがあるのでそれをバリバリと食べつつ出てくるのを待つのであります。

まず頼んだのはウズラのタマゴ・キス・エビです。一本160yenから190yenくらいの値段で二本セットで注文します。なので二人で行くと色々食べられて良い感じでしょうか。

IMG_1401_ktsnj_ten7_2.jpg

目の前のお皿に載せてもらったら、ソースを一回つけて自分のお皿に載せ、その後でガシガシと頂くのであります;-)。あ。ソースの二度付けはアカンですよ。

あ。そーそー。写真を撮るときに店員さんに「写真撮って良いですかー?」と聞いたら「厨房は撮らないでください。自分の料理はOKですよー。」とのことでした。なので料理の写真は大丈夫です;-)。

サクサク・ホクホクしていて美味いですねぇ。ウズラのタマゴは揚げたてで熱くて中々良かったです。

この後、飲み物は酎ハイに移行しつつ、もう一回注文します。イカ・豚カツ・鳥カツ。ちょっと時間がかかるものが多いのでまたまたキャベツをバリバリ行きます;-)。

IMG_1403_ktsnj_ten7_3.jpg

これは鳥カツですが、ホネの部分が串になっていて、中々オシャレです。お店によってはこーいう感じの鳥カラを「チューリップ」って言う場合ありますよねぇ。

そんな感じでこの時間を過ごすのでありますが、こう言うお店は長居をしてはいけませんね。次の人のために席を空けることにしましょうかね。

それにしても、飲み屋横町の一番入り口にあるお店なのに今回行ったのが初めて。やはり「揚げ物」ってのが自分の中で引っかかっていたのかな?ちなみに東京で “串揚げ屋さん” に行ったのは田町の「串揚げたけちゃん」以来でしょうなぁ。どっちにしても随分と久しぶりに串揚げ屋さんに行ったのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.749339º N
Longitude: 139.804107º E
Map: 35.749339,139.804107