9月 28

渋谷。やまがた。

今日は珍しく渋谷で一杯。そして、会社の同僚と一緒なのであります。一軒目に馬肉のお店「毘沙門天」に行ったのですが「もうちょっと、別なモノを食べて行こうかぁ。」と、にり二軒目に行くのであります。一軒目では飲放題だったのでずいぶんと飲んでいるような気がするのですけどねぇ;-)。

それにしても金曜日の22:00前後の渋谷の街というのはお店がどこも空いてないですねぇ。さすが;-)。と、いうことで四軒目でようやっと着席できるお店を発見できたのですかさずズズズと店内に入るのであります。

渋谷のマークシティの向こう側の飲み屋さんが密集している地帯に有るお店。「やまがた」。

同じ店名のお店が確か、R246沿いのJRのガート下にあったような気がしますが、今回行ったのはそこではありません。

IMG_5810_sby_ymgt_1

奥に細長い店内のようですが、今回は一番入り口に近いテーブル席が空いたのでそこに四名で着席し、まずは瓶ビールなどを注文し、あとはパパパと早く出てきそうな馬系ではない料理を注文するのであります;-)。あ。僕はビール飲んでたので料理は注文してないです。他の人が注文しました。

まずは煮込みが出てきました。こーいうのは早く出てくるので良いですね。乾杯後にサクっと出て来ます。

IMG_5813_sby_ymgt_2

居酒屋さんで食べるフツーの煮込みです。けど、一軒目にごっつり食べてきたのでこーいうのがまた良いのであります;-)。defaultで七味が入っているような気がしないでもないですが。

他にもさっぱり目ものものを注文していきます。小松菜のおしたしであるとか、ナスの煮浸しであるとか、そんな感じのものですね。

写真を掲載するのはなすの煮浸しだと思うのですが、もしかしたら違うかも・・。僕が注文してないのでいまいち解らないのと、ほどほどに酔っていた。と、いうか・・f(^^;;。

IMG_5814_sby_ymgt_3

こーいうちょっと軽めのものを頂きつつ、ビールが終わったらするっと帰らずにこのあと、酎ハイに行ってしまうんですねぇ。でもって更に酔が深くなっていくというか;-)。それにしてもサッパリ系の料理がテーブルの上に並んでいくので、それはそれでうめぃうめぃとウシと化しつつ酎ハイ飲みつつ頂くのであります。

まぁ、一軒目のお店ではカウンターにドドドと並んだのですが、今回はテーブル席に着席し飲み物やツマミを囲んでワイワイ、あーでもない、こーでもないなどと話しつつの二軒目なのでした。

あれま。ラストオーダーの時間ですか? それではそろそろ帰ることにしましょうかねぇ。電車はまだあるはず;-)。

 
楽しい渋谷の夜なのでありました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.657721º N
Longitude: 139.699200º E
Map:35.657721,139.699200

9月 27

渋谷。毘沙門天。

今日は会社の同僚五名で馬刺しを食べに行きました。ラクテンだかのクーポンでコース料理が半額らしいんですね。当初はメンバに含まれていなかったのですが、欠員が出たというので呼ばれました。僕、馬刺し好きだし;-)。

渋谷の百軒店通りのちょっと奥まったところにお店があります。場所的には「飯田屋」のちょっと手前辺りでしょうか。「毘沙門天」。

このお店、店名の他に「馬肉 Dining & Bar」という冠もついています。色々な馬肉の部位が食べられるお店で『馬肉専門店』と言っても良いと思います。
それにしてもお店には看板が出て無いのですっかりと見落としますが、お店は二階です。建物の脇にある階段を上がっていったところが入り口です。的確な場所はGPSポイントで確認して頂ければと思います。

IMG_5809_sby_bsmntn_1

さて。迷いに迷ってお店に到達しました。お店の雰囲気は僕の知っている『馬肉を出してくれる』お店にはほど遠くてずいぶんとオシャレな感じです。今回は席の都合でカウンターに五名並んでの宴会のスタートです。コース料理なので待っていれば料理は出て来ます。そして、飲み物は飲み放題。うひひ。まずは生ビールがスタートなのであります。

今回のコースは、馬刺し3種盛り・馬スジ肉煮込み・馬肉ウインナー三種盛り・桜肉ユッケ・辛子蓮根・馬肉シャブシャブサラダ・馬肉寿司2貫・本日のデザートでした。その中から写真を一枚掲載しましょう。

IMG_5797_sby_bsmntn_2

桜肉ユッケです。一人分が小皿に分けられて出て来ました。上に乗っているのはウズラの卵。量的にちょうど良い感じです。そして、赤々としていて美味しい。うふふ。

出て来るコース料理も馬の肉が色々な味で、色々な部位があったりして楽しかったです。あ。辛子蓮根には馬肉は使ってないですね;-)。

 
飲み放題メニューは生ビール->日本酒->芋焼酎ロックへと進んでいくのであります。お店自体は熊本の桜肉を利用しているそうなので、焼酎は九州のモノが色々ありました。それらを飲みつつコース料理を頂くのですが、そもそも、一部料理品目は違いまいすが、普段のコース料理の半額なので追加で色々注文してしまいました;-)。

刺身二点・更にレバ刺し。馬のレバ刺しはコリコリしていて中々美味しかったです。あとはご飯モノを頂きました。
写真を掲載するのはご飯ものですが、僕が注文したワケではないので解らないのですが多分、馬肉フレーク丼だと思います。

IMG_5807_sby_bsmntn_3

温かいご飯の上にコロコロと角切りが乗っています。まばらな量が乗っているんですけどね。けど、これを温かいご飯にかき混ぜると、あらまぁ。溶け出してご飯と混ざってすごいことに。一口食べると、うひょーっ!! って感じの美味さでした。こーいう食べ方もあるんですねぇ。

中々美味しくて、あと、カウンターに座ったからかもしれませんが、仲間内の話はちょっと分裂しましたが、板さんとかと話しつつ頂くのも中々良い感じだったのであります。
お店の雰囲気と出てくる料理の差がありすぎる、中々楽しいお店なのであります;-)。

久しぶりに行った馬刺しのお店、久しぶりに行った百軒店通りだったのでありました。

 
外から確認しただけですが「飯田屋」はまだ健在だったので、今度行ってみようかなぁ。などと思った次第であります。

 
GPSポイント
Latitude: 35.659226º N
Longitude: 139.696456º E
Map: 35.659226,139.696456

9月 23

大師前。涌井。(2)

三連休が二回続くと時間にゆとりが出てくるので、今日は自転車でお出かけしてみました。そして、辺りはもうすっかりと秋の気配ですね。自転車に乗っても暑くないし、この分だとラーメン食べても平気でしょう。みたいな感じで久しぶりにお昼にラーメンを食べるのであります。
自転車で移動しているので駐車場の心配をしなくても良いというのは嬉しいですね。

西新井大師から比較的近いところにあるラーメン屋さんです。「涌井」。

前回掲載したのは2008年03月ですか。ずいぶんとご無沙汰ですね。当時掲載した記事は写真もまだ小さい頃のですから本当にずいぶん前になりますね。

前回掲載したのは夜でしたが、今回はお昼を少し回った辺りの時間帯に行って来ました。一杯飲んだ後の夜の時間帯ではなく、昼間にラーメンを食べる。と、いうのは健康的でなんか良いですね;-)。

IMG_5768_disme_wki2_1

お店に入ると席がまばらに空いていたので入り口に近いカウンター席に着席し、ラーメンの大盛りを注文ししばし待ちます。このお店、カウンターが奥の方までドドドと続いているので中々広いお店です。でもって厨房が良く見渡せるのであります。

そーこーしている間に僕のラーメンができたようです。

IMG_5684_disme_wki2_2

前回掲載したのと同じ写真です。このお店のラーメンは上に乗っているチャーシューが大きいのですが、スープの中に入れると溶け出します。うひひ;-)。

ズルズル。味は濃いめで背脂ちゃっちゃ系って感じでしょうか。その割にはスープがそこはかとなく透き通っています。麺は細打ちのちぢれ麺。濃い味のスープにはちょうど良い感じかな?

チャーシューが柔らかくて、チャッチャ系ちっくなのでちょっとコッテリ感が出ているかなぁ。けど、さいごまできっちり頂いたのであります。ふぅ。

 
それにしてもこのお店、以前は確か03:00くらいまでやっていたような記憶があるのですが、最近の閉店時間は00:00 になったようです。近所からの要望でそうなったのか、お店に来るお客さんの量が減ったからなのかはさだかではありませんが、飲んだ後に食べに行こうと思ったらもう閉まっていた。と、いうのが数回あったような気がします。

今日はお昼に食べに行ったのであります。あぁ。お腹いっぱいだぁ。もう少し自転車乗り回そう;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.779558º N
Longitude: 139.785007º E
Map: 35.779558,139.785007

9月 19

王子。宝泉。

今日は王子に来ております。でもって、一軒目に「山田屋」に行ったのですが、時間的にはもう一軒行けるような気がします。と、いうことで更にテクテクと王子の街を歩き回るのであります。

とは行っても、次に行くお店は「山田屋」から非常に近い場所にあります。そして、公園の真ん前ですねぇ。「宝泉」。

入り口はこんな感じです。でもって、扉を開けて中に入ると。おーっ!!

IMG_5721_oji_hosen_1

入ったところにある「コの字型」のカウンターの他に左側には島式のカウンター席があります。店内はずいぶんと広いですね。今回は店員さんに促されて厨房と直結している「コの字型」のカウンター席に着席しました。

まずは飲み物の注文ですが、ホッピーがあるようですね。でもって、お店の人曰く「フツーのホッピー」と「生ホッピー」の両方があるようです。今回はフツーのホッピーを注文しました。
ちなみに生ホッピーは500yen、フツーのホッピーは300yen。フツーのホッピーは瓶は出て来ません。グラスに注がれて出て来ます。

さてと。自称ホッピー友の会会長と乾杯したあと、料理を注文します。このお店は自称ホッピー友の会会長が好きな脂っこいものが多いようで、一人ではしゃいでいましたが;-)。

隣の人が食べていて美味しそうに見えたポテトサラダ・ハム焼き・角煮卵を注文します。
ポテトサラダはdefaultでソースが出て来ました。うふふ。あと、ハム焼きはその昔TVCMで「ワンパクでもいー。たくましく育って欲しい。」って感じで出て来ました。うひょー。こーいうのは僕も好きです。が、どちらも写真はありません;-)。

写真を掲載するのは角煮卵です。

IMG_5714_oji_hosen_2

僕的にはこれくらいの量のほうが良いですね。他に色々食べられますし。豚バラのほうは赤身の部分少々と卵を半切れ頂きました。きっちりと濃いめの味が付いていておつまみには最高です;-)。

このあと、ホッピーを更にお代わりして、再度おつまみも注文します。もつ焼きを注文したのですが、写真はなしで、もう一個、”やわりめ”というのを掲載しましょう。

IMG_5715_oji_hosen_3

イカの干したのはアタリメと言いますが、それの柔らかいバージョンだそうです。簡単に言うと、アタリメを沖漬けのタレに漬けてある程度柔らかくしたのを炙って出してくれます。
ほんのりと柔らかで味がしみこんでいるので中々美味いですね。これも酒のおつまみにピッタリな味です;-)。

壁には色々なメニューがあったりしてどれを注文しようか迷うほどでしたが、今回はまだ第一回目の来店なので、次回来た時にはまたもっと別のものを注文してみようと思いました。

そこはかとなく酔ってきて、そろそろ帰る時間かなぁ。と思った辺りからお店がドドドと混んできました。僕らが来た時にはタイミングが良かったのでしょうなぁ。

 
さてさて。こんな感じの王子の遠征だったのですが、実際に行ってみると色々なお店があって良い街ですねぇ。また次回来ようかなぁ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.755782º N
Longitude: 139.738510º E
Map: 35.755782,139.738510

9月 18

王子。山田屋。

今日は王子に来ました。最近は飲みに行ってもほぼ同じお気に入りのお店しか行ってないので今回は久しぶりに遠征で飲みに行った。と、いう感じでしょうか。
とわいえ、王子と言ってもこのブログでは既に何軒かのお店が登場していますよね。なので “初めての街” ってことは無いのですけどねえ。自称ホッピー友の会会長が久しぶりに「行くぜー。」というので、それならば。と、いう感じで王子の駅に降り立ちました。

駅からは路地を数回曲がってたどり着くお店ですね。「山田屋」。

ずいぶんとしぶいお店です。入った瞬間に、なんか十条の「斉藤酒場」に雰囲気が似ているなぁ。などと思ってしまいました。

IMG_5705_oji_ymdy_1

あと、お店から出て、写真を撮った後に気がついたのですが、このお店って二個のビルの一階部分がお店になってないかい?と。入り口が二つで、どう見ても建物が別なもののような気がします。

 
さて、店内に入り道路に一番近い長テーブルに二人で向かい合わせに着席しました。そして、まずは瓶ビールを注文します。コプリと一口飲んだ後店内をキョロキョロしたり、カベに貼られた短冊を眺めて料理を注文するのであります。パッと目に付いたのが煮込みだったのでそれを注文。自称ホッピー友の会会長はネギぬたを注文しました。

煮込みは早く出てくるのが良いですねぇ。後からネギぬたが出て来ましたが写真はありません。

IMG_5697_oji_ymdy_2

中華料理屋でチャーハン食べたときにスープが出て来ますが、そのスープが入っているような器に入って煮込みが出て来ました。じっくりと煮込まれているようで味噌味がしみこんでいて美味かったですねぇ。

もう一品掲載しましょう。はんぺん焼き。

IMG_5701_oji_ymdy_3

表面がカリカリで中がフワフワ。醤油とワサビで頂きます。こーいう気取らない料理が出てくるのが大衆酒場ちっくで良いですよね。

ビールが終わったので酎ハイに行こうと思ったのですが、カベに貼られたメニューにはないようです。店員さんに「酎ハイくださいー。」っていうと「はいよー。」って感じだったのであるんですね。氷の入ったグラスといいちこ、ショットグラスを持ってきて作ってくれました。ショットグラスになみなみといいちこが入り、こぼすことなくグラスの中にドバー。さすがっ!!;-)。

あとでメニューを確認したのですが、壁のメニューのところに”いいちこ”がありました。でもって別の壁のところに”炭酸”というのがあったので、なるほど。メニューは個別に注文して酎ハイを完成させるのね。などと思ったのであります。それにしてもいいちこの香りがする酎ハイは美味かった;-)。

 
今回お店に入ったのは20:00を回ったあたりでした。で、このお店は21:00に閉店なので入った時にお店の人に「21:00閉店ですが大丈夫ですか?」と聞かれましたが、十分に飲む時間はあるので腰を下ろしたわけですが、それにしても王子。まだまだ良いお店があったのですねぇ。家からはそんなに遠く無いのでもっと色々探検できそうです。このお店にももう一度来て、次はじっくりと飲みたいものだ。などと思ったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.756003º N
Longitude: 139.738361º E
Map: 35.756003,139.738361

9月 03

インドのカレー色々。

夏休みを利用してインドに行ってきました。インド旅行の詳細についてはよろずなブログにて絶賛掲載中なので是非ご覧頂ければと思います。

で、今回はインドで食べたカレーのお話を少々しようかと思っています。

まず、行く前に「インドに行くと毎回カレー食べることになるよ。」とか「毎回カレーじゃないよ。カレーのようなものを食べるんだよ。」とか色々お話が有りました。が、フタを開けて、実際に自分で体験してみるとカレーと中華の二つしかありませんでしたf(^^;;。中華はインド料理っぽいものと本格中華の二つを食べました。

で、今回このブログで取り上げるのはインドで食べたカレーについてです。

カレーを食べるのはホテルで朝と晩御飯。昼ご飯はレストランで食べたりとか、電車の中でお弁当として食べたりとかありました。

IMG_4283_indiacary_1

写真一枚目。ホテルで食べたカレーです。日本人の場合は手で食べることはなく、スプーンで食べました。これでも十分に辛いのでヒーハー言いながら頂くのであります。

あ。写真にナンは写ってないのですが、ちゃんと出て来ます。インドで食べるカレーにはご飯(シラスのように長細いっ!!)とナンは毎回defaultで出て来ました。

こちらはインド版新幹線に乗った時に出てきた車内食。いやーっ!! 辛かった。電車に乗る前にレストランで晩御飯にカレーを食べてきたのに更に電車の中で食べることになりました。辛いしお腹いっぱいだしf(^^;;。

IMG_6561_indiacary_5

インド最終日にデリーで結構立派な、外国の人が良く利用するレストランに行ったのですが、テーブルに付いてビールで乾杯した後にバイキングのランチを取りに行こうとしたらガイドの人に「あっちのは食べたらダメだよ。辛すぎて食べられないよ。」と言われました。その後、テーブルの上に僕ら専用のカレーが出て来ましたが、目の前のカレーは日本人向けに辛さを調節したモノらしいんですね。

そー考えると電車の中で食べたカレーがひたすら辛いように感じたのには納得行きました。インドに来て僕ら日本人が普段食べているカレーはまろやかに調整されているんですね。

IMG_6591_indiacary_2

最後に中華料理のことを少しだけ。デリーには本格中華のお店があって、インド最後の晩御飯はそこで食べました。チャーハン(卵なし)とか焼きそばが出て来ました。あとはエビチリではなくトリチリだったりするはまぁ、しょうがない。実際に中国人の人が作っているようでした。

ホテルで食べた中華はチャーハンと焼きそばでした。しかし、ほんのりとカレーの香りがしたりしてそこはかとなく辛かったりするのでカレーが抜け切れていないですかねぇ;-)。しかし、インドにも麺の文化があることが解って嬉しかったです;-)。

IMG_6484_indiacary_3

とまぁ、インドを旅してひたすらカレーを食べてきたワケですが、随分と辛い思いをして食べ進みました。インドの場合、水が飲めないのでビールを飲みつつ、首タオル姿でカレーを食べ進む。という構図になるんですけどもね。

しばらくはインドカレーいぃかなー。あと、鶏肉以外の肉が食べたくなるのもインドに行った時の後遺症でしょうかねぇ;-)。