12月 25

赤羽。龍光。

最近の週末は自転車であちこち走り回っております。今週は赤羽・東十条・王子方面に行きました。途中の東十条では廃線となった線路を見学したりと、車ではできないより小回りの効いた動きができるのであります。

全行程が22.2kmで、荒川河川敷では最大速度38km/h出したりと、そこはかとなく走りこんでいるんですけどもね。

で、今回は赤羽に着いた時に『一杯やろうかねぇ。』などと思い「いこい」の前まで行ったのですが『ふむ。なんか特に酒は飲まなくともよいか。』などと随分マジメな発想になりました。そのまま自転車に乗り、更にその先に進むのですが、遅い時間のお昼にラーメンを食べることにしました。

JRの赤羽駅からちょっと遠いところに有りますが歩いていけると思います。「龍光」。

IMG_0437_akbn_ryuko_1

看板には「スタミナ ○ ラーメン」と書かれていますね。こーいう看板の中華料理屋さんはあちこちでみかけるのですが、屋号が違う。どーいうシステムなんだろう・・。
普段、赤羽からバスで帰るときにこのお見の前を通るので、車窓から『このお店に一回行ってみたいモノだ。』などと思っていました。今回ようやっと行けた。と、いう感じですね。ちょっとオーバーかもしれませんが;-)。

店内はお昼を二時間くらい過ぎた感じで空いていました。カウンターに着席し、ラーメンの大盛りを注文します。あとは出てくるのを待つだです。

それにしても自転車であちこち走り回ったあとなので風は冷たくとも体は熱い。ラーメン食べたら体はもっと熱くなるだろうけど外は冷たい風が吹いているのでそれは非常によいことですね;-)。

などと思っていたら出てきました。

IMG_0433_akbn_ryuko_2

このお店はネギが薬味として利用されていますね。中華料理屋さんにおけるラーメンのネギの使い方については前回書いたんですけどもね;-)。
あと、このお店、ワカメではなくエンドウが載っているようです。早速ズルズルと頂くことにしましょう。

スープは最近良く食べる中華料理屋さんのスープの味です。この味の元祖ってのはどこなのだろうなぁ?色々な中華料理屋さんのラーメンを最近は食べ歩いているので、味の違い(この場合は同じ味がするということ)がだいぶわかってきた。非常に気になるなぁ;-)。

スープの味が一緒だとすると、他のお店と違いを出すとなると上に載っている具や麺で差別化を図る必要がある。スープの味不変的な位置づけなんだろなぁ。

今回のラーメンの麺は中太のストレートの麺で、ある意味独特なラーメンとしてズルズルと頂きました。

 
それにしても最近はラーメンのネタが多くてすみません。それも有名ドコロのお店ではなく、どこにでもあるような中華料理屋さんで食べるラーメンばかりで、エントリを読んでくださっている方からしてみるとおもしろみが全くないですよねf(^^;;。

けどもまぁ、ここんとろあちこち行っている中華屋さんで食べるラーメンのスープの味がほぼ一緒。ってのは中々大発見。元祖とかルーツが知りたくなってきた。これが東京ラーメンの味なのかな?

街の中華料理屋さんで食べるラーメンは今後も継続して行く予定です。つまらなそうなネタですみません。

 
GPSポイント
Latitude: 35.780668º N
Longitude: 139.722306º E
Map: 35.780668,139.722306

12月 20

御徒町。珍満。(2)

東京メトロ千代田線を湯島駅で降りると、フツーであれば足は秋葉原方面に向いてしまうのですが、今日は秋葉原散策は無し。と、いうことで秋葉原方面とは反対側に向かうとなると行く先は御徒町もしくは上野方面となるのであります。

が、まずはお昼ご飯をまだ食べて無くてハラが減っているのでお昼を食べましょう。と、いうことになったのであります。

それにしても上野松坂屋は建物が一個消えているねぇ。立て替え中か。などと思いつつ、その路地裏にあるラーメン屋さんに向かうのであります。「珍満」。

IMG_0396_okcmc_mncn2_1

このブログでは今回が二回目の掲載になります。前回掲載したのは2009年 12月ですか。やすりずいぶんとご無沙汰の掲載になりますねぇ。

お昼を一時間くらい過ぎた辺りだったのでカウンターにサクッと座れたのであります。
前回掲載したときにコメントに「このお店はヤキソバが美味しいですよ。」と、言われて、注文するまでそれにしようと思っていたのですが・・。

結局はラーメン大盛りを注文してしまいましたf(^^;;。
で、出てくるまでしばし待ちます。あ、なんか今日はもう餃子が売り切れのようでしたね。後から来た常連さんちっくな人がもう無いと知ってガクゼンとしていました。僕は、今回は餃子はナシで。

で、出て来たのがこんな感じ。

IMG_3828_okcmc_mncn2_2

大盛りなのでドンブリがでかいんですよねぇ。嬉しい;-)。ズルズルと食べるのであります。

なんか、スープの味は「山久」のと似た風味がするかな。と、いうことはこの味が一般的なラーメンの味なのかな?
ズルズルと、ウメイウメイと食べ進むのでありました。

 
それにしても最近、ラーメンのネタが多くて申し訳ないですf(^^;;。

今回、良い機会ので以前から思っていたことをちょっと書いてみましょう。それは『ラーメンのネギは具か薬味か?問題について』です。

長年の僕のラーメン食べ歩き調査の方向性から、きざみネギの使い方はラーメン屋さんによって二つのパターンがあるようです。

1. 最初にドンブリにタレとネギを入れてそこにスープを入れ麺を入れて完成するラーメン。
2. ドンブリにタレ・スープ・麺を入れて具を乗せてネギをトッピングするラーメン。

前者が、僕の言う”薬味”で、後者が”具”に相当すると思うんですけども。
今回行ったこのお店はネギを薬味として使っている。具として使っているラーメンは「珍来」のなんかは解りやすいかなぁ。

僕的には『ネギは薬味』と思っているのでこのお店のようなラーメンのほうが良いかなぁ。などと感じるのですが、だとしたらかけそばのネギはどうなるのだ?盛りそばなんかは別の器に入って出てくるぞ。などと、300億光年の彼方ら声が聞こえてきそうですが、まぁ、今回はラーメンの話なので;-)。
更には別の方面からは、ラーメンの上に載っているネギはどっちでもよいではないか。入っていることが重要なのである。と、いうのも聞こえてきそうな気がしないでもないのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?

どっちゃでもいーかf(^^;;。

 
GPSポイント
Latitude: 35.707649º N
Longitude: 139.774053º E
Map: 35.707649,139.774053

12月 19

茅場町。カミヤ。(2)

今日は勝どきで仕事がありました。なんとか定時で終わったので、久しぶりにどっか寄っていくかなぁ。月島・門仲・森下。うむー。色々ありそうですなぁ。

などと思っていたのですが、久しぶりにあの、もつ焼き10本のお店に行って見ようかと思いました。

茅場町にも支店があるお店です。「カミヤ」。

つい最近上野の「カミヤ」に行った(その時の様子はここには掲載していない;-)のですが、そのとき店内に「カミヤ」店舗一覧みたいなのがありそこに”茅場町店”というのが書かれていたんですね。
あれ?僕、青森の一店舗を除いてカミヤは全店制覇しているはずだけど、茅場町のお店は記憶にないなぁ。などと思って、このブログを確認してみると・・。
あぁ。確かにもう既に行っていますね。前回掲載したのが2008年 07月ですかー。随分とご無沙汰です。そして、当時の写真はちっこい版だし、GPSポイントも掲載されていないときのものですねぇ。

なので、今回は再訪なのであります。

IMG_0419_kybc_kmy2_1

前回はもっと明るい時間帯に行っているようですね。今回は仕事帰りに行ったので夜のトバリが降りているのであります。で、トビラを開けるとっ!! うひっ!! 店内には人であふれています。カウンターには着席できなかったので奥の第二カウンターのようなところに何とか着席したのでありました。

それにしても茅場町のおとっつあんたちはきっちりとこーいうお店で一杯やって帰るんですねぇ。なんか嬉しい気分;-)。

 
まずは瓶ビールを注文します。上野の「カミヤ」の場合はアサヒの中瓶が出て来たのですが、ここではきっちりとキリンラガーの大瓶です。嬉しいですね;-)。そして、お通しかな?お漬け物が出て来ました。

IMG_0420_kybc_kmy2_2

女将さんが『ここから二つ選んでー。』と、一言だけ;-)。「カミヤ」を知っている人にとってはそれで十分ですね。メニューの張り紙の中から今回は鳥ネギとカシラをタレで注文しました。

お漬け物をつつきつつ、ビールを飲みつつ『今日は混んでいるなぁ。』などと思いつつもつ焼きが出てくるのを待つのでありますが、考えてみると、僕はこのお店に来るの、まだ二回目で、普段の状況とかよく把握してないんだったf(^^;;。

さて。掲載するのはカシラのタレのほうです。ちょっと甘い感じのタレです。

IMG_0424_kybc_kmy2_3

最初に鳥ネギタレ五本が出て来ましたが、その写真はなしで、カシラタレ五本の写真を掲載です。小ぶりのもつ焼きですが、全部で10本食べるのでこのくらいの大きさの方が良いかな。
このカシラは美味かった。赤身とアブラ身が一個おきに串に打ってあったりとか中々気が利いています。

瓶ビールが終わり、そのあとはホッピーに移行していきます。このお店は三冷ホッピーが出て来ます。それをグビリといき、残ったもつ焼き及び焼き鳥を食べるのであります。

 
こーいうお店はダラダラいたらいかんですね。と、いうか、もつ焼き10本食べたあと、更に五本食べるかぁ?と、考えると、ふむ。「カミヤ」はもつ焼き専門店だしね。となり、まぁ、とりあえずは10本食べたしもう良いかねぇ。と、結論が出るのであります。店内は混んでもいるし、サクっと飲んでサクっと食べて次の人のために席を空けてあげるのが良いかねぇ;-)。

それにしても、本当に久しぶりに来た茅場町なのでありました。普段あまり来ない行かない通らない街だしねぇ。また、気が向いたときに来ようかなぁ。

 
GPSポイント
Latitude: 35.679148º N
Longitude: 139.780404º E
Map: 35.679148,139.780404

12月 12

渋谷。桂花。(3)

今日は会社の忘年会でした。忘年会で利用したお店の掲載はなしです。ふつーのチェーン店系の居酒屋さんちっくなお店だったしねぇ。

と、いうことで、忘年会が無事終了し、二次会に行く人、帰る人などがいるのですが、僕はそのままラーメン屋さんに突入したのであります。

僕の会社は渋谷の道玄坂の上にあり、今回の忘年会の会場は渋谷のマルイの向こう側で、そこに行くにはほぼ渋谷を縦断するようなかたちなんですね。でもってセンター街・井の頭通りをトラバースするような感じでお店に向かうのですが、そのときにふと思いついたのが『今日は忘年会が終わったら、あすこでラーメン食べて帰ろう。』ってことですね。

で、そのラーメン屋さんというのは、渋谷センター街の脇道に入ったところにあるお店です。「桂花」。

このブログでは三回目の登場ですね。前回掲載したのは2010年12月なのでちょうど四年ぶりですね。

IMG_0388_sby_kika3_1

入り口を入ると一階のカウンター席が空いているようですね。食券を購入し、店員さんに勧められるがままに席に着席し、出てくるのをしばし待つのであります。
ちなみに今回は桂花ラーメンの券と大盛り券を購入しました。大盛り券の他に替え玉券も売っていましたが、僕は大盛りにしました;-)。

で、出て来たのはこんな感じ。

IMG_2121_sby_kika3_2

白いスープの上に黒いアブラがドバーっとかかっている、熊本ラーメンですね;-)。中太で丸いストレート麺は桂花のラーメンですね。ズルズルと行くのであります。

それにしても、久しぶりに食べた桂花のラーメン、最初の頃はウメイウメイなどと思いズルズルと食べ進んでいたのですが、大盛りで量が多いので後半はちょっと辛くなってきました。あと、やはりそこはかとなくギトギト系でしょうかね。アブラもこたえてきました。

そんなときは中に入っている茎わかめとか食べつつ、つべたいお茶をごくんと飲み、再度ラーメンを食べ進むのであります。

 
それにしてももう年かねぇ?アブラっぽいラーメンがダメになって来たのと、大盛りもそろそろ厳しくなってきたかなぁ。まぁ、飲んだでもあるんですが。

久しぶりに食べた桂花のラーメンだったのでありますが、次回食べるのはいつくらいになることやら・・f(^^;;。

 
GPSポイント
Latitude: 35.660222º N
Longitude: 139.698691º E
Map: 35.660222,139.698691

12月 11

御茶ノ水。博多天神。(そのに)

それにしても、都営新宿線小川町駅と東京メトロ丸ノ内線淡路町駅は近所生に呼び方が違うし、そこから徒歩で三分くらいのところには東京メトロ千代田線の新御茶ノ水があり、そこから先に行くとJR中央・総武線の御茶ノ水駅があったりと、この辺りは多少坂はありつつも駅が密集しているんですねぇ。さすがは都会です;-)。

と、いうことで居酒屋の「志波多」でいっぱいやったあと、一緒に行った人が『ラーメンが死ぬほど食べたい。食べないと死ぬー。』などと抜かしやがるので、ラーメン屋さんの多い、JRの御茶ノ水駅界隈を目指したのであります。

九州ラーメンのお店に入りました。「博多天神」。

IMG_0368_ocnmz_hkttnjn_2_1

この辺りには「博多天神」があちこちにあるようですねぇ。御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口から出て、信号を渡ったとこにあるお店には以前行きましたが、今回は違うところにあるお店です。

入り口はそんなに広くないですが、奥に向かってお店が深いです。今回は入り口に近いテーブル席に二人で着席し、ラーメンを注文しました。当然、替え玉も食べる予定でいますが;-)。

九州ラーメンは出てくるのが早いです。そこが良いところでしょうかね。出てきたのはこんな感じ。

IMG_0367_ocnmz_hkttnjn_2_2

なんか、最近渋谷の「博多天神」や、他にあちこちで食べてもゆでたまご載ってないんですよね。僕が「博多天神」のラーメンを東京で一番最初に食べたのは新宿三丁目のお店(今はもう無いラニシントンパレスの向かい。その横には東京インターネットがあった)だったのですが、その美味さに感動したモノでした。

で、このお店ですが、その古き良き時代の「博多天神」のラーメンの見てくれを踏襲してくれていて僕はなんだか嬉しくなってしまいました;-)。『博多天神のラーメンはやっぱりたまご半分が載ってないとねぇ。』などと一人で感動していたんですけどもね。

まぁ、原材料の値上がりとか、家賃の値上げとか考慮してラーメンの値段変えないとなると、一番最初に消えゆく運命なのはたまごなのかなぁ?なども思えなくはないですがf(^^;;。

早速ズルズルと頂くのであります。替え玉を注文し、出てきたところでニンニクと高菜投入。二杯目は味を変えて楽しむのでありました。

それにしても久しぶりにゆでたまごが載っている博多天神のラーメンを食べました。ここのお店ではまだ、ゆでたまごが載っているラーメンが食べられるのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.699497º N
Longitude: 139.764501º E
Map: 35.699497,139.764501

12月 10

小川町。志波多。

会社の帰り道、東京メトロ半蔵門線の神保町駅を降りると、そこからは御茶ノ水に歩いたり、小川町、淡路町など、比較的アプローチが良くて、そして歩いていて中々楽しい界隈なのでありますね。
今回は新御茶ノ水辺りに用事があったのでそこまでテクテク歩き『スキーシーズンだねぇ。』などと、スポーツ用品屋さんがたくさんある通り(靖国通りで良いのかな?)をズズズとトラバースなどしていくのであります。

で、用事が終わったので、ちょっと一杯やっていこうかねぇ。などと、思い、通り沿いから一本路地に入ります。そこには中々シブい雰囲気のお店があったのでちょっと入ってみたのでありました。

路地裏に輝く赤い看板の居酒屋です。それにしてもなんと読むのかな?「志波多」。

入り口を入ると右側に大きなテーブル席、左側に四人がけのデーブル席が二つ。その奥が厨房とカウンターになっております。今回は二人だったので四人がけのテーブル席に着席し、宴会のスタートです。

IMG_0362_ogwmc_sbt_1

店内、大きなテーブルには五人のお客さんが、カウンターには一名、で、僕ら二人。という布陣です。
まずは瓶ビールを注文しましたが、お。赤星が出てきました。中々良いですね;-)。

二人でビールをフパーっと飲みつつ喉を潤し、料理などを注文するのであります。

まず最初はチーズフライ。そして、煮込みを注文しました。チーズフライはこんな感じでした。

IMG_0356_ogwmc_sbt_2

思っていたのは餃子の皮にくるまれたチーズが揚がっている、あちこちのお店で出てくるようなヤツなのかと思いましたが、今回出てきたのは、雰囲気的にはちくわの磯辺揚げ、それのチーズ版。と、いう雰囲気がします。一口食べると確かにチーズフライなのですが、青のりの風味もする。これはこれで中々面白い食感というか、食べ物ですね;-)。

そのあとに出てきたのは煮込み。まぁ、今回行ったのは居酒屋さんで、もつ焼き屋さんではないのし、なのでこーいうのでも良いですね。ビール飲みつつこれらを突くのであります。

IMG_0357_ogwmc_sbt_3

具はモツ・豆腐・こんにゃく・人参・大根・ごぼうなど、煮込みの具としてはほぼオールスターキャストですね。七味をパラリとかけて頂くのであります。

 
飲み物はホッピーもあったようですが、瓶ビールが終わった後は酎ハイに移行しました。一緒に行った人はライムサワー、僕は梅サワーを注文しつつ、料理はそのあと、カワエビの唐揚げなどを注文し、ズイズイと進むのであります。
酎ハイは濃い味ですね。シロップがたくさん入っているので濃い感じのする飲み物でした。

 
さてと。お店の雰囲気をちょっと書いておきましょうか。
時期的に、シャバ(わかりますよね?とある方面の『業界用語』だと思うんですけども;-)は忘年会シーズンです。でもって時間的には一次会が終了し二次会に行く人がたくさんいる状態でしょうかね。
ここで飲んでいるときも、六名とか、10名なんですけど。って、人が来たりしました。皆さん二次会の酒場難民なんですねぇ。

しかし、お店の人は『今日はもうお客さん来なくてもジューブンだもんねぇ。』みたいな感じ(この辺り、シーナ誠のマネちっくに昭和軽薄体な文章で;-)で、そこはかとなくおっとりと構えているんですね。ドタバタしてないし、お店にギューギュー詰め込む気もないみたいだし。中々面白いお店だなぁ。などと思ってしまいました。

お店は女将さんともう一人の店員さんで切り盛りしているようでした。

うちらはもう既に店内に入って一杯ヤっているので、どちらかと言うと、ドドドと大人数が入ってきても困るなぁ。と考える側にいる立場なので、その気持ちをじゅーぶんに解ってくれているのか、まぁ、とにかく中々面白い雰囲気のお店だったのでありました。

 
普段、この辺りでは中々飲む機会というのは無いのですが、今回行ったこのお店は中々楽しい(面白い)雰囲気の中でお酒が飲めたのでありました;-)。

会社帰り、神保町から新御茶ノ水辺りは徒歩で動き回れるので今後はあちこちに行ってみようかなぁ。などと思ったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.695557º N
Longitude: 139.766152º E
Map: 35.695557,139.766152

12月 06

西新井。山久。

最近は天気の良い週末は自転車に乗ってあちこちに出掛けていますが、そのついでに中華料理屋さんでラーメン大盛りを食べる。と、いうのが続いています。

さぶいんだけど天気が良い。そんな日は本当にラーメン日和ですね。熱いラーメンをハフハフ言いながら食べて、お店の外に出るとふぅー。っと心地よい涼しさ。ってんですか;-)。

こんな感じで今日も路地裏にある中華料理屋さんに行くのでありますが、東武伊勢崎線、最近はスカイツリーラインと言っていますが、その西新井駅から歩いて少し行くとあります。「山久」。

以前行った谷在家の「山久」の『山久のれん会』の一派のお店ですね;-)。
店内に入り、通りに面したテーブル席に着席し、ラーメン大盛りを注文するのであります。

IMG_0298_nsari_yama9_1

このお店、場所の説明が非常に難しいので、下に掲載しているGPSポイントを参考にして頂ければと思います。
店内は僕が行った時はお客さんは誰も居ませんでした。あとから一人来てテーブル席に着席し、チャーハンを注文しておりました。そのあと、三名のお客さんが来たので、まぁ、それなりにお客さんは来るのでしょうなぁ。

などと思っていたら、僕のラーメンができたようですねぇ。出て来たのはこんな感じです。

IMG_0296_nsari_yama9_2

ん?僕は半ライスは頼んでないんだけど、このお店はdefaltでラーメンに半ライスが付くのかな?嬉しいサービスですね。

でもって、後から来てチャーハンを頼んだ人のことろにも出て来たのですが、その人は出て来た自分のチャーハンを見て開口一番『う。結構量多いなぁ。』でした。このお店は盛りがちょっと多いんでしょうかね?;-)。

メニューにもジャンボラーメン(麺2.5玉)ってのがあったりして(どうして三玉ではないんだーっ!!)、なかなかやってくれそうな雰囲気です;-)。

で、ラーメンの味ですが、ふむ。なるほど『山久のれん会』の一派のお店だけあって、谷在家のお店のと味は似ています。ガラの風味はこっちのほうが弱いかな。けど、このお店は量で勝負しているんだろうなぁ。と、いう感じがしたので、それはそれである意味じゅーぶんに戦えるぞぉ。などと思いつつズルズルとラーメンを食べ進むのでありました;-)。

あ、写真を見比べると上に載っている具も随分と違いますね。お店ごとに色々な特色を出してそれで勝負しているんでしょうかねぇ。

 
他の「山久」にも今度行ってみよう;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.777223º N
Longitude: 139.786920º E
Map: 35.777223,139.786920

11月 30

扇大橋。末広。

今日は自転車であちこち走り回りました。そして、お昼に、走行中にみつけた中華屋さんに入ったのであります。

日暮里から伸びる日暮里舎人ライナーは荒川を渡って足立区に入る(あれ?熊野前駅って足立区だったっけか?)のですが、その一個目の駅が扇大橋駅です。尾久橋通りの幹線道路沿いにある中華料理屋さんで今日はラーメンを食べました。「末広」。

IMG_0325_ogohs_hrse_1

橋のたもとにある中華料理屋さんですが、やっているのか閉まっている(お昼時のあとの時間帯)のかいまいち解らないのですが、一応『営業中』のフダがかかっていたので入ってみました。

時間は13:30くらいでしょうか。店内にはお客さんがいません。道路に面したカウンターに着席し、ラーメン大盛りを注文します。あとは出てくるだけです。

このお店、店の形が綺麗な「L字型」っぽく、カウンターのある側と、入り口奥にテーブル席があります。水はセルフで、そっちのテーブル席のあるほうにテクテク歩いて行ってくんで来ました。

などなどしていたら出来たようですね。

IMG_0324_ogohs_hrse_2

透き通るスープにアブラが浮いたラーメンで、ワカメがドドドと載っています。そして、このお店のラーメンにもなるとが載っていますねぇ;-)。ズズズとスープを一口。ふむ。上に浮いているアブラがある割にはサッパリ目の味ですね。
その後ズルズルと麺を頂くのであります。大盛りを注文した割には麺の量がすごく多い。と、いう感じはしなかったのでここのお店では100gくらいの麺の玉を使っているのかな?

東京ラーメン系のサッパリとした味だったのであります。それにしても、こうして写真を見ると透き通ったスープの色が良いですねぇ;-)

 
最近はだいぶ涼しくなってきたので健康のためなどと勝手に思い込んであちこち走り回っていますが、こーいった感じのフツーの中華屋さんのラーメンを食べ歩くのを楽しみにしております。今後ももしかしたら回数は増えるかもしれませんが、懲りずに読んでやって下さい;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.762390º N
Longitude: 139.770583º E
Map: 35.762390,139.770583

11月 23

千住大橋。八ちゃん。

自転車の旅をしています。今回は泪橋辺りを散策し「芦屋酒店」と「大坪屋」でサクっとノドを潤し、そのまま帰投かと思いきや、帰り道は町屋経由にしようかとも思ったのですが、千住大橋経由にしました。
でもって千住大橋だと普段は「とりかず」に行くのですが、今回は違うお店に行ってみました。

京成線千住大橋駅の改札の真ん前にあるお店ですね。「八ちゃん」。

IMG_0290_snjohs_8chan_1

お店の外でも飲めますし中でも飲めます。外はテラス席で座って飲めます。店内では立ち飲みになっております。
外でうろちょろしていたらお店の人が「入り口はあちらでーす。」と、いうのでスススっと入りカウンターが空いていたのでそこで立ち飲みの開始です;-)。

まずは酎ハイを注文しました。そして、壁に貼られている短冊メニューやホワイトボードに書かれている本日のおすすめなどをチェックします。

が、カウンターの中に何やら怪しいおでんがあったのでそれを注文しました。ここでは味噌味のおでんが食べられます。僕は多分初めてだと思うなぁ。大阪に行くとどて焼きなどは味噌味なんだけど、ここのはおでんが味噌味です。

こんな感じで注文しました。

IMG_0283_snjohs_8chan_2

ふむ。周りは味噌味だねぇ。フツーのおでんのように中には味が染み込んでいない感じですが、周りに付いた味噌ダレちっくな味が美味しい。酎ハイが進みます。

それにしても土曜日の夕方、この辺りには色々お店があるのですが、このお店にもお客さんがそこはかとなく多いです。そんな中にまじって一緒に立ち飲みなのであります。

食べ物はこのあと、もつ焼きというか焼き鳥を三本注文しました。が、写真はありません;-)。

 
料理の写真がないのは飲み物の写真を掲載するためです。酎ハイが終わったので、次に何を飲もうか考えていたら『お。ホッピーあるじゃーん。』と、いうことで注文します。注文したあとにトイレに行ったのですが、戻って自分がいたカウンターの上に置かれたホッピーを見たらアゼン(o_@)。

IMG_0286_snjohs_8chan_3

な、なんですかこれは?! 焼酎がグラス上まで入っていてホッピー自体を入れるスペースがありませんっ!! うひっ。思わずお店に人に『これ、入りすぎじゃありません?ホッピー入らないですよ。』などと言ってしまいました。お店の人は笑ってましたf(^^;;。

焼酎が多いのは非常に嬉しいのですが、その分酔っ払ってしまうんですよねぇ・・f(^^;;。

チビチビ飲んで空きスペースができると上からホッピーをちょっとずつ注ぎ、またちょっと飲む。というのを繰り返しました。当然『中ください。』はありません;-)。

 
千住大橋にはそこはかとなく良く行くのですが、今回のこのお店は初めて入りました。駅前の立ち飲みで、中々下町チックなお店で、ふぅ。と飲めるのでありました。

今回だけかもしれないですが、それにしても焼酎多すぎです。無事に家までたどり着けるかなぁ・・f(^^;;。

なかなか楽しいひとときなのでありました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.742519º N
Longitude: 139.797163º E
Map: 35.742519,139.797163

11月 22

南千住。淀屋酒店。(2)

今日は三連休です。でもって天気が良いので自転車であちこち走り回ります。前回は田端から南千住に行ったのですが、今回は町屋から南千住へのルートにしました。そして、その途中は都電荒川線沿いを走りつつの移動となったのであります。

と、いうことで三ノ輪辺りを散策し、お店が開店する17:00までまだ一時間以上あるようなので久しぶりにJR常磐線を超えて泪橋方面にまで行ってみました。そしてその辺りを散策するのですが、その中で「大林」の前も通りましたが、今回はパス(と、いうか、永遠にパス? まぁ、その前に出入り禁止かもしれんけど;-)し、どうすんべな。と、悩み、角打ちのお店に行くことにしました。

泪橋の交差点を白鬚橋方面に向かいカクンと左に曲がったところにあるお店です。「淀屋酒店」。

IMG_0272_mnmsnj_ydysktn_1

このブログでは今回が二度目の登場です。前回は2009年11月ですか。ちょうど五年ぶりですね。そして、お店に訪れたのとここに掲載するのが同じ回数となってしまうのでありますf(^^;;。
入り口に自転車を止めて、店内に入るのであります。

入り口にいるおやっさんに色々注文します。今回は缶ビールと乾き物系イカかまぼこをチョイス。第一回戦です。

IMG_0266_mnmsnj_ydysktn_2

テレビに近いテーブル席に着席し競輪や競馬を見つつ飲み始めます。時間はまだ16:00を回ったところなのでお客さんもまばらです。ふむ。地元の人より僕のほうがだらしないんかい? f(^^;;。などと思えなくもないですが、お酒は17:00から飲むもの。とか雰囲気があるんでしょうなぁ。その後、ドドドとお客さんが来ましたが・・。

第一回戦は終了し、第二回戦に挑みます。こんどはコップ酒と、キュウリの漬物。酒は剣菱を冷やで。注文した自分も『ずいぶんとシブいべ。;-)』などと思いつつコプリと喉に流すのであります;-)。

IMG_0268_mnmsnj_ydysktn_3

しかし、どちらの写真もずいぶんと殺風景ですねぇ。けど、これが『角打ち』というものですね;-)。

とまぁ、こんな感じで時間を過ごすのでありますが、帰り際になると上にも書いたとおりドドドとお客さんが来て随分と店内も賑やかになってきました。入ってくるお客さんが入り口でおやっさんと会話する風景が見られるので常連さんが多いのでしょうなぁ。

僕はこのお店の雰囲気はそこはかとなく好きですねぇ。もしかしたら、ただ単に早い時間から酒が飲めるからなのかもしれませんてけどf(^^;;。

 
さてさて。”外様”はこの辺りで退散し、いつものお店に行くことにしましょうかねぇ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.729879º N
Longitude: 139.801841º E
Map: 35.729779,139.801841