11月 30

扇大橋。末広。

今日は自転車であちこち走り回りました。そして、お昼に、走行中にみつけた中華屋さんに入ったのであります。

日暮里から伸びる日暮里舎人ライナーは荒川を渡って足立区に入る(あれ?熊野前駅って足立区だったっけか?)のですが、その一個目の駅が扇大橋駅です。尾久橋通りの幹線道路沿いにある中華料理屋さんで今日はラーメンを食べました。「末広」。

IMG_0325_ogohs_hrse_1

橋のたもとにある中華料理屋さんですが、やっているのか閉まっている(お昼時のあとの時間帯)のかいまいち解らないのですが、一応『営業中』のフダがかかっていたので入ってみました。

時間は13:30くらいでしょうか。店内にはお客さんがいません。道路に面したカウンターに着席し、ラーメン大盛りを注文します。あとは出てくるだけです。

このお店、店の形が綺麗な「L字型」っぽく、カウンターのある側と、入り口奥にテーブル席があります。水はセルフで、そっちのテーブル席のあるほうにテクテク歩いて行ってくんで来ました。

などなどしていたら出来たようですね。

IMG_0324_ogohs_hrse_2

透き通るスープにアブラが浮いたラーメンで、ワカメがドドドと載っています。そして、このお店のラーメンにもなるとが載っていますねぇ;-)。ズズズとスープを一口。ふむ。上に浮いているアブラがある割にはサッパリ目の味ですね。
その後ズルズルと麺を頂くのであります。大盛りを注文した割には麺の量がすごく多い。と、いう感じはしなかったのでここのお店では100gくらいの麺の玉を使っているのかな?

東京ラーメン系のサッパリとした味だったのであります。それにしても、こうして写真を見ると透き通ったスープの色が良いですねぇ;-)

 
最近はだいぶ涼しくなってきたので健康のためなどと勝手に思い込んであちこち走り回っていますが、こーいった感じのフツーの中華屋さんのラーメンを食べ歩くのを楽しみにしております。今後ももしかしたら回数は増えるかもしれませんが、懲りずに読んでやって下さい;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.762390º N
Longitude: 139.770583º E
Map: 35.762390,139.770583

11月 23

千住大橋。八ちゃん。

自転車の旅をしています。今回は泪橋辺りを散策し「芦屋酒店」と「大坪屋」でサクっとノドを潤し、そのまま帰投かと思いきや、帰り道は町屋経由にしようかとも思ったのですが、千住大橋経由にしました。
でもって千住大橋だと普段は「とりかず」に行くのですが、今回は違うお店に行ってみました。

京成線千住大橋駅の改札の真ん前にあるお店ですね。「八ちゃん」。

IMG_0290_snjohs_8chan_1

お店の外でも飲めますし中でも飲めます。外はテラス席で座って飲めます。店内では立ち飲みになっております。
外でうろちょろしていたらお店の人が「入り口はあちらでーす。」と、いうのでスススっと入りカウンターが空いていたのでそこで立ち飲みの開始です;-)。

まずは酎ハイを注文しました。そして、壁に貼られている短冊メニューやホワイトボードに書かれている本日のおすすめなどをチェックします。

が、カウンターの中に何やら怪しいおでんがあったのでそれを注文しました。ここでは味噌味のおでんが食べられます。僕は多分初めてだと思うなぁ。大阪に行くとどて焼きなどは味噌味なんだけど、ここのはおでんが味噌味です。

こんな感じで注文しました。

IMG_0283_snjohs_8chan_2

ふむ。周りは味噌味だねぇ。フツーのおでんのように中には味が染み込んでいない感じですが、周りに付いた味噌ダレちっくな味が美味しい。酎ハイが進みます。

それにしても土曜日の夕方、この辺りには色々お店があるのですが、このお店にもお客さんがそこはかとなく多いです。そんな中にまじって一緒に立ち飲みなのであります。

食べ物はこのあと、もつ焼きというか焼き鳥を三本注文しました。が、写真はありません;-)。

 
料理の写真がないのは飲み物の写真を掲載するためです。酎ハイが終わったので、次に何を飲もうか考えていたら『お。ホッピーあるじゃーん。』と、いうことで注文します。注文したあとにトイレに行ったのですが、戻って自分がいたカウンターの上に置かれたホッピーを見たらアゼン(o_@)。

IMG_0286_snjohs_8chan_3

な、なんですかこれは?! 焼酎がグラス上まで入っていてホッピー自体を入れるスペースがありませんっ!! うひっ。思わずお店に人に『これ、入りすぎじゃありません?ホッピー入らないですよ。』などと言ってしまいました。お店の人は笑ってましたf(^^;;。

焼酎が多いのは非常に嬉しいのですが、その分酔っ払ってしまうんですよねぇ・・f(^^;;。

チビチビ飲んで空きスペースができると上からホッピーをちょっとずつ注ぎ、またちょっと飲む。というのを繰り返しました。当然『中ください。』はありません;-)。

 
千住大橋にはそこはかとなく良く行くのですが、今回のこのお店は初めて入りました。駅前の立ち飲みで、中々下町チックなお店で、ふぅ。と飲めるのでありました。

今回だけかもしれないですが、それにしても焼酎多すぎです。無事に家までたどり着けるかなぁ・・f(^^;;。

なかなか楽しいひとときなのでありました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.742519º N
Longitude: 139.797163º E
Map: 35.742519,139.797163

11月 22

南千住。淀屋酒店。(2)

今日は三連休です。でもって天気が良いので自転車であちこち走り回ります。前回は田端から南千住に行ったのですが、今回は町屋から南千住へのルートにしました。そして、その途中は都電荒川線沿いを走りつつの移動となったのであります。

と、いうことで三ノ輪辺りを散策し、お店が開店する17:00までまだ一時間以上あるようなので久しぶりにJR常磐線を超えて泪橋方面にまで行ってみました。そしてその辺りを散策するのですが、その中で「大林」の前も通りましたが、今回はパス(と、いうか、永遠にパス? まぁ、その前に出入り禁止かもしれんけど;-)し、どうすんべな。と、悩み、角打ちのお店に行くことにしました。

泪橋の交差点を白鬚橋方面に向かいカクンと左に曲がったところにあるお店です。「淀屋酒店」。

IMG_0272_mnmsnj_ydysktn_1

このブログでは今回が二度目の登場です。前回は2009年11月ですか。ちょうど五年ぶりですね。そして、お店に訪れたのとここに掲載するのが同じ回数となってしまうのでありますf(^^;;。
入り口に自転車を止めて、店内に入るのであります。

入り口にいるおやっさんに色々注文します。今回は缶ビールと乾き物系イカかまぼこをチョイス。第一回戦です。

IMG_0266_mnmsnj_ydysktn_2

テレビに近いテーブル席に着席し競輪や競馬を見つつ飲み始めます。時間はまだ16:00を回ったところなのでお客さんもまばらです。ふむ。地元の人より僕のほうがだらしないんかい? f(^^;;。などと思えなくもないですが、お酒は17:00から飲むもの。とか雰囲気があるんでしょうなぁ。その後、ドドドとお客さんが来ましたが・・。

第一回戦は終了し、第二回戦に挑みます。こんどはコップ酒と、キュウリの漬物。酒は剣菱を冷やで。注文した自分も『ずいぶんとシブいべ。;-)』などと思いつつコプリと喉に流すのであります;-)。

IMG_0268_mnmsnj_ydysktn_3

しかし、どちらの写真もずいぶんと殺風景ですねぇ。けど、これが『角打ち』というものですね;-)。

とまぁ、こんな感じで時間を過ごすのでありますが、帰り際になると上にも書いたとおりドドドとお客さんが来て随分と店内も賑やかになってきました。入ってくるお客さんが入り口でおやっさんと会話する風景が見られるので常連さんが多いのでしょうなぁ。

僕はこのお店の雰囲気はそこはかとなく好きですねぇ。もしかしたら、ただ単に早い時間から酒が飲めるからなのかもしれませんてけどf(^^;;。

 
さてさて。”外様”はこの辺りで退散し、いつものお店に行くことにしましょうかねぇ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.729879º N
Longitude: 139.801841º E
Map: 35.729779,139.801841

11月 19

品川。夢や。

今日は品川にやって来ました。古いお友達が、大阪から東京に出張でやってくる。と、いうので、同じく東京に住んでいる古い友人が集まり、帰りに楽ちんなところで宴会です。

それにしても、最近の品川駅というのは人が多くて驚きました。僕が田町の会社に行っていたころ(20年くらい前かぁ?)にはもっと人が少なかったような気がするのですが、歴史というか、時代は流れているのですねぇ。

と、そんなこんなで宴会の開始は18:00。僕はちょっと遅れて海側の階段を降りて怪しい細道に入ったところに煌々と輝く看板を発見しました。今日の宴会はこちらでやるようですね。「夢や」。

IMG_0218_sngw_yumeya_1

入り口を入ったところにあるテーブル席で懐かしいメンバの顔が見えました。生ビールで乾杯したところで後一名来る。と、いうので三階のお座敷席に移動します。本日は大阪からの出張一人を含む全部で五名が集まりました。

やーやーやー。などと言いつつ乾杯です。
今回のメンバは日本酒好きが多いですし、僕も含めてその昔 “日本酒ML” に入っていた(知っている人は知っていると思いますけど、インターネット聡明期に日本の企業がJUNETに接続していた頃のお話です;-)人もいたので日本酒にドドドと流れていきます。そして、このお店にはさまざまな日本酒があるのでちょうど良い;-)。久しぶりに清泉なんかも飲みましたしねぇ。

と、いう、ことで日本酒に合う料理というか、おのおのが食べたい料理を注文して行くのであります。

まずは簡単に思いつくところでもつ煮込みなどをいただききます。写真はこんな感じ。

IMG_0220_sngw_yumeya_2

それなりに大きめな器でモツにはアブラプルルンな部分がついていて中々美味しいですねぇ。七味をパラリとかけて日本酒と一緒に頂くのであります。

今回は五名での宴会でしたが、いろいろな日本酒を飲みいろいろな肴を注文していきます。その中から料理の二枚目の写真はこれ。

IMG_0225_sngw_yumeya_3

まぁ、例のごとくというか、いろいろなお店で食べたり、自分で作って写真を掲載したりしてますが、しめ鯖。基本的に好きなんですよねf(^^;;。
ここのしめ鯖もキラキラと輝いているので中々美味しそうです。こーいうのが日本酒にピッタリですねぇ;-)。

 
さてさて。日本酒はいろいろ頼みましたがトックリに冷で出てきました。今回、一緒に飲んだメンバの中に、空いた徳利をわざわざ倒す人がいたんですが、まぁ、確かにそーですよねぇ。僕もそれには賛成;-)。空っぽなとっくりを取っておちょこに傾けても何も出てこないのは悲しい。で、一目でカラだとわかるしねぇ。

とまぁ、いろいろ、ウダウダとお話しつつの懐かしいメンバでの飲み会だったのでありました;-)。
しかし、どんな日本酒を飲んだか書かれていない。と、いうのは本当にあれ、飲んだくれオヤジですねぇ・・f(^^;;。俗に『覚えない。』とも言いますが・・。orz

 
GPSポイント
Latitude: 35.629055º N
Longitude: 139.742499º E
Map: 35.629055,139.742499

11月 16

御茶ノ水。一 (ぴん)。

今日は土曜日なのですが、御茶ノ水で飲んでおります。一軒目はちょっと贅沢な日本料理のお店「」に行きました。

JR 御茶ノ水駅界隈までテクテク歩いてきて(とは言っても一軒目のお店からは五分程度で着きます)、さてと、どーする?もう一軒行く? と、なるのであります。

まぁ、せっかくなので、もう一軒行きましょうかねぇ。などと思い、JR 御茶ノ水駅の前の道を歩き、建物と建物の間の細い路地に入るのであります。で、そこあるお店は「一 (ピン)」。

立ち飲みピンとか、そーいう名前で、要は”いち”ですね。

IMG_0194_ocnmz_pin_1

このお店の前を更に進むと「徳兵衛」と、いうお店があります。

店内に入ると若者で随分と混んでおります。先ほど行った「夷」は静かなお店だったのですが、こっちのお店は学生さんと思しき人々がハイボールグラス片手に(ハイボールグラス”のみ”とも言う;-)和気藹々と盛り上がっております。

僕と自称ホッピー友の会会長は窓際のテーブル席が空いていたのでそこに着席し、宴会のスタートです。

このお店はサントリー系なんでしょうかね?角ハイボールがメインです。一杯目が安いようだったので僕はそれを注文し、自称ホッピー友の会会長はジンジャーハイボールというのを注文しました。
先ほどは日本酒を飲んでいたので今度はガブガブと飲むことができる飲み物です;-)。

と、いうことで、ノドも潤ったのでおつまみを注文します。レバーペースト(正しい名前はちゃんとある)、お店の人に『レバペください。』と言っても通用しませんでしたf(^^;;。”レバペ”というよりは”パテ”ですね。

IMG_0195_ocnmz_pin_2

出てきたのがこんな感じ。大きなお皿に随分と綺麗に盛られています。流石ですね;-)。食べてみるとパン粉がちょっと多いような気がしましたが、そーいうのモノなのかもしれません。が、一軒目とは違う味なのでこれはこれで嬉しいですね;-)。

 
おぉ。このお店はホッピーもあるんですね。二杯目はホッピーに移行していきます。そして、自称ホッピー友の会会長はコッテリ系が食べたいみたいだったので豚バラの料理を注文しました。コンフィーというみたいですね。

IMG_0199_ocnmz_pin_3

こちらも随分と大きなお皿に出てきました。大きなお皿で出てくると見た感じが随分と豪勢に見えますね。そして、こちらもホッピーや角ハイボールに合う味なのであます。

 
土曜日の夜、御茶ノ水はやはり学生の街だった。と、再確認できるのであります。平日だとサラリーマンもいると思うのでまた違った雰囲気になるのかもしれないですね。

今度は平日、会社帰りに来てみようかな。などと二人で話をした土曜日の夜の御茶ノ水の飲み屋さんだったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.699488º N
Longitude: 139.763571º E
Map: 35.699488,139.763571

11月 15

御茶ノ水。夷。

今日は御茶ノ水でいっぱいやることになりました。自称ホッピー友の会会長が「お店予約したので19:15に新御茶ノ水集合ね。」などと号令をかけてきたのであります。

土曜日にアキバを徘徊し、CPU WARS というカードを購入し、その後徒歩で御茶ノ水というか、小川町まで移動します。

通りに面したスキー用品屋さんの列からちょっと中に入った辺りにあるお店です。「夷」。

日本料理のお店で、ちょっと贅沢な感じですが、入り口は随分とハデですf(^^;;。階段を降りて店内に入るのであります。

IMG_0163_chnmz_ebs_1

今日は土曜日なので、この辺りは学生の街ですからね。ちょっと雰囲気の良いお店は店内が空いております。今回は予約で行ったのですが、カウンターに着席し、宴会のスタートです。

二人だけなのでコース料理などではありません。席だけ予約です。しかし、自称ホッピー友の会会長いわく、予約すると刺身の盛り合わせのサービスがあるらしいよ。とのことで、最初の一杯100yenのエビスの生ビール小グラスを注文しつつ、刺身の盛り合わせもお願いするのでありました。

で、出てきた刺身の盛り合わせはこんな感じ。真ん中に本マグロががドーンといます。

IMG_0184_chnmz_ebs_2

左からヒラメ・アオリイカ・マグロ赤身・トロ・タイと並び、彩り豊かな器に載って出てきました。多分、メニューのフルスペックの刺身盛り合わせだと思われます。これがサービスとは恐れ入りました。

飲み物は日本酒のほうが合いそうな感じですねぇ。

と、いうことで一番最初にお刺身が出てきたので、他にも注文していくことにします。

マグロとアボガトのブルスケッタと言う、フランスパンの上にマグロとアボガトが載っている料理。黒ゴマを利用するとは中々珍しい。

こんな感じです。

IMG_0188_chnmz_ebs_3

他には名前失念しましたが、ブランド豚の鉄板焼。これば自分で焼いて食べるのですが、豚バラのアブラまで上品な味で自称ホッピー友の会会長は大喜びでした。
他にはかもつくねも注文しました。

全体的に雰囲気の良い中で食べる日本料理。って感じがして、ちょっと贅沢な感じがしますね;-)。

 
今回は日本料理だったのでお酒は日本酒にしました。色々な銘柄があるのですが、今回は飲み比べセットにしました。50mlのグラス三つ選べて1,000yenです。お店のメニューにあるモノなんでもグラスに注いでもらえます。量も適量で、二人で全部合わせて三回注文したので九種類のお酒を飲んだ。と、いうことになりますね。

IMG_0186_chnmz_ebs_4

普段はもつ焼きとか立ち飲みに行っているのですが、たまにはちょっと贅沢。と、いう雰囲気だったでしょうか。
それにしても刺身の盛り合わせは中々ぐーだったのであります;-)。

 
場所的には最寄り駅としては新御茶ノ水が一番近いでしょうかね。しかし、まぁ、この辺りは小川町・新御茶ノ水・御茶ノ水と、アプローチはどこからでもあるわけでして、今回は御茶ノ水にしました;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.695315º N
Longitude: 139.763564º E
Map: 35.695315,139.763564

11月 08

谷在家。山久。

“谷在家”などと言われても、どこにあるのか解らない。と、いう人のほうが多いと思われます。JR山手線日暮里駅から日暮里舎人ライナーという、東京都交通局が運行している路線があるんですけども、そこの途中にある駅です。

近所には都内でも有数の広さを持つ舎人公園というのがありますが、今回登場するのはその近くにある中華のお店になります。「山久」。

お店の名前はたぶん「やまきゅう」って読むんだと思います。場所は一番下のGPSポイントを参考にしてください;-)。

舎人公園まで自転車で遊びに行く途中、住宅街を抜けていったときに忽然と現れたのであります(ちちょっとオーバーな言い方かな?f(^^;;)。
舎人公園まではフツーであれば尾久橋通り経由で行くのが良いのですが、その道は普段車で通ることができるしねぇ。と、いうことで。

IMG_0109_yzik_yama9_1

何回か、お店の前は通ったことがあったのですが、今回初めて行ってみました。行ったのはまだ早い時間で、お客さんが誰もいませんでした。僕が一番のお客のようです;-)。カウンターに着席し、ラーメン大盛りを注文しました。あとは出てくるのを待つだけです。

しばし待ったあとに、ラーメンが出て来ました。

IMG_0108_yzik_yama9_2

街の中華屋さんで食べるラーメンの味。ってんでしょうかね。透き通った感じの醤油味のラーメンで、スープにはガラの味が混ざっていて、スープを一口飲んだとき、ふむっ!! などと思ってしまいました。それ以降は慣れた味になってんですけどもね。

麺は大盛りだと多分二玉です。食べ応え十分な量です。チャーシュー・わかめ・シナチク、そしてナルトが載っている、見た目も中華屋さんのラーメンでした;-)。

 
実は「山久」って中華屋さんはあちこちで見かけていたのですが、入ったことが無かったんですね。今回初めて入ったのですが、入り口のトビラの上辺りには『山久のれん会』という寄せ木細工みたいなのがありました。都内など色々なところにこの店名や、ちょっともじった店名のお店が20店舗くらいでしょうかねぇ。記載されていました。

チェーン店とは違うのだろうけど、他のところで見かけたときには是非とも入ってみたいモノだぁ。などと思ってしまったのであります。今回は記念すべきその第一回目。と、なったのでありますねぇ;-)。

続編を待て。

って感じでしょうか。ただ、そんなん待ってもショーが無いじゃん。って意見はジューブンにあるとは思うんですけどもねf(^^;;。

 
GPSポイント
Latitude: 35.789744º N
Longitude: 139.775220º E
Map: 35.789744,139.775220

11月 01

赤羽。喜多屋。

最近のエントリでは赤羽のお店が続いてしまいました。しかし、どこも良い感じのお店だったのでそれはそれで良いのであります。などと、自分で思っているんですけども。

そして、今回も、もう一回だけ赤羽が登場しますf(^^;;。

一軒目に、自称ホッピー友の会会長が『ワインが飲みたい。』とのことだったのでピザなどを食べられるお店に行ったのですが、そのあと『こっちに中々良い感じのお店があるからさぁ。』と、言うのであとを付いて行くのであります。

あれあれ?こっち方面には「いこい」があるんでないの?とか思ったのですが、そことは別のお店に連れて行ってもらいました。「喜多屋」。

今回行ったこのお店はちょっと路地裏ちっくなところにありましたが、赤羽には何店舗かあるのかな?

IMG_0078_akbn_kitaya_1

「ニの字」のカウンターと、それを背にして壁側にもカウンターがあり、全部で四レーンの立飲みカウンターがあります。「二の字」のカウンターなので当然入り口は二つあります。トイレに行くには一旦お店の外に出て別の入り口から入り直す必要があります;-)。
店内はそこはかとなく混んでおります。そして、このお店も店内では携帯電話禁止の使用なお店でした。赤羽はそーいうお店が多いですね。

とりあえず壁側のカウンターが空いていて、そこを進められたので席を確保した後壁に貼られたメニューから好きなモノをチョイスするのであります。

僕は瓶ビール、自称ホッピー友の会会長はレモンハイを注文しました。そして、早く出てくるモノ。ということで僕はタケノコ煮を選択。なんか「たきおか」みたいですが;-)。

そして、珍しくシメサンマがあったのでそれも注文しました。城東地区だとサバ以外の青モノ系はアジ酢・サンマ酢・イワシ酢などと呼ばれていますがここではシメサバみたいな呼び方ですねぇ。

IMG_0075_akbn_kitaya_2

これらをつつきつつ、ビールをコプリと頂くであります。このあと、モツ煮込みなどを注文し、立飲みを満喫しつつ、酎ハイなどに移行時間は流れて行くのであります。

 
このお店、支払いは伝票でした。立飲みだとキャッシュアンドデリバリーが多いのですが、中々珍しいです。お店に入って注文したときにすかさず『このお店はキャッシュアンドデリバリーですか?』と、聞いてしまいましたが、伝票がもらえて、自分の飲んでいるスペースに置きつつ飲み、注文するときにはその伝票を渡すシステムになっていました。

あと、営業時間が「いこい」とは違いますかねぇ。開始時間は正しい飲み屋さんの開店時間である17:00からになっていました;-)。

 
とまぁ、ここ何回か赤羽の夜を満喫したのですが、中々楽しい街であると、再確認できたのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.777490º N
Longitude: 139.721900º E
Map: 35.777490,139.721900