9月 24

iPhone5 からのアクセス。

iPhone5 の iOS6 、 Safari からのアクセスで、 このページは無事に見えていますか?

僕の手元にある iPhone4 + iOS6 の Safari では無事に表示できているんだけど、 iPhone5 では枠の部分の gif が正常に表示できていないみたいで・・。

CSS を変更するべきか、僕の iPhone5 での表示がおかしいのかちょっと解らないので、コメントもしくは twitter (@motsuyakiorg) で 何かしらご意見など頂ければと思います。

おかしいよなぁ・・。

1月 02

新年のご挨拶。

新年明けましておめでとうございます。今年もこのブログ共々宜しくお願いします。

とわ言いつつ、去年の後半は更新も減りつつあったんですけどもね。

このブログは「今日は飲みに行った。」という感じではなく、「ここに行って来ました−。」みたいな感じにしているので、毎日行くお店なみたいなのは連チャンでは書いていないんですけども・・。

最近は「あの駅で降りて飲みに行くとしたらあすこだな。」や「あの駅のあのお店は中々良かったのでまたあすこに行こう。」みたいな感じで思ってしまうので、同じお店に行ってしまうことがあり、飲みに行ったとしてもネタにならないパターンが非常に多くなってしまいつつあるんですよね。

そんなこんなで、飲みたいなぁ、と思う各駅にはそれぞれ「今日はこの駅なのであのお店に行こう。」みたいな感じになってしまっている、自分の中では新規開拓、つまりは新しいお店に行ってみる。という気持ちがずいぶんと萎えてきている。と、いう感じでしょうか・・。

そんな感じなので、もしかしたら今後はずいぶんと更新が遅くなったりするかもしれませんが、お許し頂ければと思います。

ただ、飲んでいるとき、写真撮ったりしているので twitterfacebookgoogle+ などにはつぶやいているので、そのときにはそちらを参照して頂ければと思います。

と、いうことで今年もひとつ宜しくお願いします。

10月 30

ヒラメをおろしてみる。

昨日、片貝辺りに釣りに行ったのですが、ヒラメが四枚ほど上がりました。うひひ。

せっかく釣ったお魚なので、きっちりと食べたいと思います。と、言うことで、早速ヒラメを五枚おろしにトライです。

僕は長野県人なので海の魚は得意ではありません。そして大型魚の解体などしたことがないのであります。レッツトライ;-)。

まず、釣り上げた後、ヒラメを締めるところからはじめます。俗に言う「活け締め」というやつですね。

20111003_1.jpg

ヒラメをひっくり返してエラの上の部分に背骨があるのでここをブチっと言うまで出刃包丁で切ります。後はしっぽの付け根の背骨をやはりブチっと切ります。

これで「活け締め」の作業が完了。この段階で死後硬直化するので保存が利くようになります。この後血抜きと言う作業があります。

釣りに行ったとき、船の上の足下には海水がジャバジャバ流れているバケツがあるのでその中にだいたい30分沈めておきます。海水が抜けてきた血でだんだん濁ってくるので捨てたりします。水はジャンジャン流れてきているのでそれを数回繰り返し30分もすると綺麗な海水になるので、これで血抜き完了。

ビニール袋に入れて氷のたくさん詰まったクーラーの中に入れて終わりです。

以上、ここまでが船の上でやることです。

 
次に家に帰ってきてからの作業。表と裏の鱗(ウロコ)を包丁で取ります。そのときには表面のぬめりもも取れます。シンクの中で水を流しつつゴリゴリ包丁でやればそこはかとなく綺麗に取れます。ヒラメは皮が厚いのでそれなりにゴリゴリやっても平気でした。

その後でしっぽと頭を取ります。そーするとこんな感じ。

20111003_2.jpg

しっぽはザクっと切り落とすのですが、頭の部分は、エラより上側がザクっと切ってしまって良いのですが、下の部分は内臓があるので表面の皮と肉を切る感じで優しく切ります。上から下に鯖折りみたいにして頭を取ると内臓も併せて出てきます。
取り出した内臓があった部分に血合いがあるのでそれを水で洗い流します。

これで完了。後は、どんな料理にしても良いと思います。基本的にはここから「料理スタート」になると思います。あ。尾頭付きの料理には向かないですね・・f(^^;;。

 
次の行程はいよいよ五枚におろします。

真ん中の骨の上、両ひれの部分に包丁を入れます。皮が固いので包丁はよぉく研いでおきましょう。合計三カ所に切り込みを入れたら、後は真ん中から上に、真ん中から下に、骨に沿って身を削り取っていきます。

20111003_3.jpg

ふぅ。だいたいこんな感じ。

それにしてもこの魚は「活け締め」はできたんだけど、血抜きが上手にできなかった。他の魚は上手に血抜きできていたのに。活け締めするときにはほぼ即死状態にし、血抜きを完璧にしたほうが身が白くなります。船の上での作業がいかに重要か、家に帰ってきてみると良くわかりますね。
ちなみにスーパーで買ってきたヒラメの場合は多分「活け締め」と血抜きは完璧に行われているので切り口は真っ白だと思います。

話がちょっとそれましたが、後は、裏もやはり同じやり方でおろします。これで五枚おろしの完成です。

 
色々調べてみたのですが、この行程で身と一緒に縁側を取ってしまうか、上記のように縁側を残しつつ身だけとるかの二つのパターンがあるようです。
縁側と身を一緒に取る場合は切り込み先をひれのすぐわきを切ると良いです。ただ、この時、ひれの骨の部分を切断するのではなく、ヒレ骨に沿って切っていくようにしなければなりません。ここが注意点です。

いやね。三枚の内、一番最初にやったのが魚に対して垂直に切ったので失敗したんですよ。エラ骨が縁側についてしまって縁側からエラ骨を取り除くことが不可能なってしまいました。そうならないように、骨に対して水平に切ると良い。というのは身をもって体験しましたf(^^;;。

 
次は皮むきです。

20111003_4.jpg

いやー。ヒラメの皮は厚いので助かりました。皮の部分を下にしてウニウニと包丁を進めていて行けば比較的容易に皮がはがれます。この時は柳刃包丁があると簡単で良いですね。あくまでも切り進んでいかないと身と皮がはがれません。切り進んでいきます。

 
そして、ふぅ。完成。

20111003_5.jpg

約二枚分のヒラメのサクです。これをお刺身にして食べれば良いわけですね。

釣ってきたヒラメは新鮮で美味い。っての、あれはウソですね。冷蔵庫に2,3日保存した後のほうが熟成されてねっとりして美味くなると思います。

釣ったその日に、四匹の内の一匹を五枚におろしたのが初体験で、そのあと、この二匹分をおろしました。一匹おろすのにだいたい15分程度でしょうかねぇ。
刺身を作っているんだけど手の体温で刺身ではなくなってしまいそうな気がしたので手を氷水で冷やしながら作業しました。

あ。あと、こうして身を並べてみると良くわかりますね。赤っぽいのは血抜き失敗しているってことですね。上のほうに並んでいる身のほうが白いですよね。

 
後は縁側。骨に残した縁側を今度はひれ骨に沿ってそぎ落として皮をむきました。

20111003_6.jpg

 
ふぅ。ヤリイカと違って、ヒラメっていうのは料理するための手順が大変ですね。ずいぶんとくたびれました。

今晩はヒラメのお刺身を味わう予定です。そして、あと一枚は頭としっぽを切った状態にしてあるので何にしようかなぁ。煮物?唐揚げ?;-)。

10月 06

ウラジオストク。ノスタルジア。

さてさて。極東ロシアを旅しております。昨日までハバロフスクにいたのですが、夜はシベリア鉄道の車中泊。晩ご飯は食堂車で頂き電車の中で夢を見て起きたらそこはウラジオストクだったのでありました。

ウラジオストクを散策し、夕方にお腹が減ったので晩ご飯はロシア料理のレストランで頂くことにしましょう。

Twitter でも教えて頂いたお店です。このお店、モノの本や観光案内なんかを見ると「日本人の間では一番有名なロシア料理のレストラン」だそうで、僕らもそこでご飯を食べたのでありました。「ノスタルジア」。

本当のお店の名前はなんと読んだら良いのでしょうねぇ。「ノスタルギーヤ」とか「ノスタルギア」など色々呼び方があるみたいですね。

IMG_2345_russia3_1.jpg

今回はこの入り口から入りました。他にも違う入り口とかあるのかなぁ?玄関入ってすぐ右側はお土産屋さんでした。で、左側に行くとカフェの部分になっています。そこで店員さんが出てきて「ランチですか?食事ですか?」と英語で聞いてきてくれます。「レストランをお願いします。」と言うとワキの細道から奥の部屋に案内してくれます。なるほど。こっち側がディナー用の席なのですね。

IMG_2346_russia3_2.jpg

ちょっと贅沢な感じのお部屋ですね;-)。

入った時間が17:30とちょっと早めだったので空いていました。案内された席に着席し、しばし待つとメニューを持ってきてくれました。パッと見「うげっ。ロシア語じゃん。」とか思うのですが、よくよく見ると英語でも書いてある。けど、そもそも各料理には写真があるのでビジュアル的にも注文できるのでほっ。って感じになるのであります。

IMG_2349_russia3_5.jpg

飲み物は赤ワインを注文します。ロシアにおいてはワインというのはちょっとお高めらしいです。が、まぁ、ビールとかウォッカばっかりだったのでここは一つ、ワインにしてみました。

頼んだ料理は豚肉の焼いたヤツとタマネギ。それと本当はサーモンのステーキを頼んだはずだったのにオヒョウのステーキが出てきてしまった・・。orz。これは僕のミス。写真は豚肉のフライだか、焼いたみたいなヤツ。

IMG_2356_russia3_3.jpg

これがメインになりますね。横には辛いタレが付いて来て、それに付けて食べるのであります。味が膨らむ感じですね。で、後、ここにパンが付きました。

前菜も頼んでいるのですが、キュウリのスモークサーモン巻きって感じかなぁ。

IMG_2357_russia3_4.jpg

中にはキュウリとポテトサラダみたいな、ちょっと味的にアクセントがついたモノがまざっているヤツも一緒に巻いてあって、これは美味かった。日本でも出てきそうだけど、ロシアーって感じだった。赤ワインにもグーだったです。

もう一品前菜を頼んでいます。色々な魚のみじん切りみたいなのがカクテルグラスに入ってマヨネーズが上からかかっているの(メニューの写真的にはカクテキグラスだけど、実際にはガラスのお皿に載って出てきた)。

そんなこんなで、ちゃんとしたロシア料理のお店に入るとちゃんとした料理を堪能できるのですね。後、英語で書いてあるのが嬉しい。それと写真だね。最後の最後で美味しいロシア料理が頂けたのでありました。

なお、ウラジオストクの詳細については よろずなブログ のほうに書いたのでそちらも是非お読み頂ければと思います。
また、写真は もつ焼き写真館 のほうに掲載しているので併せてご覧頂ければと思います;-)。

 
あと、今回はちゃんとしたお店だったのでGPSポイントを掲載してみたいと思います;-)。東経はまぁ、日本でも観測できそうですが、北緯は43度なので日本ではないわなー。という感じがします。
そして、google Map では道がありません。極東ロシアの情報が地図になってないんですよね。Bing Map だと道のある地図が表示されるので場所はそちらでご確認ください;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 43.112309º N
Longitude: 131.879025º E
Map: 43.112309,131.879025

10月 05

シベリア鉄道の食堂車でご飯食べてきました。

10月の第一週目は会社のリフレッシュ休暇というヤツを頂き、一週間のお休みを取得することができました。そのお休みを利用して、ちょっとロシアに旅行に行ってきました。

ロシアと言っても、モスクワとかバイカル湖などではなく、俗に言う極東ロシア、ユーラシア大陸のハズレの方なんですけどもねf(^^;;。成田から飛行機で約二時間。行きは成田からハバロフスクへ。帰りはウラジオストクから成田までという感じで大体札幌(千歳空港)のその先へ行くような感じの旅なのであります。

全行程三泊四日のまぁ、あまり長くは無い旅ですね。そもそもロシア−成田間というのは四日に一回しか飛行機が飛ばないので、三泊四日を逃すと強制的に六泊七日とかになってしまうのでありますf(^^;;。

一泊目: ハバロフスク泊
二泊目: シベリア鉄道車中泊
三泊目: ウラジオストク泊

そんな中で、今回のお話はシベリア鉄道の食堂車なのであります。ハバロフスクからウラジオストクまで大体230km、時間にして13時間。ハバロフスクを出る時間は21:00なので食堂車でご飯を食べるには持ってこいの時間帯。うひひ。

と、言うことで、シベリア鉄道に乗り、一段落した後に食堂車に向かうのであります。なお、シベリア鉄道の詳細については よろずなブログ のほうに書いたのでそちらも是非お読み頂ければと思います。
また、ロシアで撮ってきた写真は もつ焼き写真館 のほうに掲載しているので併せてご覧頂ければと思います;-)。

IMG_2164_russia2_1.jpg

さてさて。前置きが長くなりました。シベリア鉄道の車内、三両目から食堂車のある六両目までテクテク歩いて行きます。22:00くらいに行ったら席が全部埋まっていて座ることができない。一時間後に再度トライ。けど、それでも五分くらい待ってからようやっと着席できたのでありました。
ハバロフスクから電車に乗った人はきっと食堂車で大宴会でもやっているんでしょうなぁX-(。

二人で四人がけの席に着席、相席となりました。相席に座っていた人はロシア人なんだけど、サハリンの人だったので英語ができました。なので会話は片言の英語で。

でもって食堂車の係の人がメニューを持ってきてくれたんだけどそれを見ると・・。orz。全てロシア語じゃん。全然解らないよこれじゃ・・。

と、言うことで目の前のロシア人のおやっさんに手伝ってもらってなんとか注文できたのでありました。途中ウエイターのロシア人のおっちゃんは随分不機嫌で「忙しいんだから。まったく。ロシア語読めないなら出て行ってよ。」みたいな感じで・・。まぁ、確かにその通りなのですけどもね・・f(^^;;。

なんとか注文できたのはこんな感じ。

IMG_2178_russia2_2.jpg

牛肉の煮込んだヤツ。煮物みたいな感じかな。そこにキュウリ・トマト・グリンピースが載っているです。でもってポテトフライ。奥の黒パンはサービス みたいでした。ふむー。思っていたのとは違うのが出てきましたが、そこはそれ。ロシア語のメニューが解らないのでしょうがない・・f(^^;;。

目の前に座っていたサハリンのおやっさんに英語で説明して、そのおやっさんにウエイターにロシア語で注文したので・・。それにしても目の前にロシア語と英語が解る人が居てくれて助かりました。

で、ビールが飲みたかったのでそのおやっさんのオススメでアサヒスーパドライを注文。シベリア鉄道の中でまさか、日本のビールを飲むとは思いもしなかったf(^^;;。そのおやっさん曰く「日本の北海道には良く行くんだ。小樽にね。ビール?スーパードライだろ。」だそうで・・。うひっ!!;-)。

シーナ誠の本なんか読んでいると「ロシアのビールは馬ションビール。」馬のションベンのようなビール。ってことらしいですが、それは過去の話で、最近は美味しいビールがたくさんあるようです。スーパーとかコンビニに行くと色々な種類のビールが売っています。

アルコール度数も高くて7%とか9%とかいうのもあったりします。が、こーいうのは栓を開けると5%くらいに下がるらしいです。そーいうのがラベルとか缶にちゃんと書かれているんですけどね。どーいう仕掛けなんでしょうかね。

 
魚料理も注文していたのですが、後から出てきました。オヒョウとタマネギのホイル焼き。

IMG_2181_russia2_3.jpg

極東ロシアに行ったらやっぱりサーモンたべ。とか思っていたのですが、夢が叶いませんでした。orz。しかし、このオヒョウ、あ。オヒョウというのはカレイのでかいヤツだと思ってください。アブラがけっこう乗っていてそれはそれで中々美味いのでまぁ、ヨシとしておきましょう。

 
そんなこんなで悪戦苦闘しつつなんとかシベリア鉄道でのディナータイムを何とか無事に終えることができたのでありました。ふぅ。疲れた・・f(^^;;。

 
と、言うことで、ロシア語が全く解らないのであれば無理してトライすることは無いと思います。今回は本当にサハリンのおやっさんと相席になったので助かりました。ありがとうございました。

このあと、自分の個室まで戻って、横になりつつウォッカでも飲みつつ外の景色でも眺めつつ(とはいえ夜なので全く何も見えない)シベリア鉄道の夜を満喫するのでありました。

7月 23

休日のお昼ご飯。

ラーメンのネタばっかり続いて申し訳ありません。そろそろネタ切れと言うか、ちょっと思ったことを書いてみたいと思います。いやぁ。夏は暑いでねぇ・・;-)。

休日のお昼というのは比較的悩むのでありますが、僕の場合はインスタントラーメン。そして朝ご飯であまったご飯。保温なんてしてないのでつべたいご飯。俗に「冷やメシ」という感じでしょうか。

自分のお昼ご飯の写真を撮ってみました。

IMG_2718_ohrghn_rmn.jpg

ラーメンライス。って感じなんですが、ご飯はつべたい。

考えてみるとこの組み合わせ、子供の頃から食べていて好きなんですよねぇ。土曜日に学校から帰ってきて自分でラーメン作って食べるとか。もう体にしみこんでいると言うかf(^^;;。
インスタントラーメンは素ラーメンであったり、冷蔵庫を開けて余っている野菜などを投入して作るんですけども。

で、休日のお昼にこれを食べていてハタと思いついた。

夏の暑い日に更にクソ熱いラーメンなんざ食べていられないのですが、ご飯がつべたい冷や飯なので、これをレンゲにもってラーメンの汁につけてたべるとこれがまた良いあんばいの温度になるんですよ。このときのライスが熱いと全然ダメですよ。ラーメンの温度が下がらないので。

僕的にはラーメン+冷や飯のラーメンライスのセット、全然アリです;-)。

で、こーいう組み合わせ、どっかの定食屋さんとか中華屋さんとかでお昼のランチにでしてくれたら嬉しいなぁ。「ラーメンライス。ザ・冷や飯バージョン。」みたいな感じで。これがあると夏でも美味いラーメンが食べられるなぁ。みたいな。

お店にとっては夏の風物詩冷やし中華に続く名物になること請け合いです;-)。

すっかりと、酔っ払いの戯れ言だぁ;-|。

6月 02

World IPv6 Day に向けて。

今回は、非常に技術的かつ、筆者のエゴ的、動機的なエントリーですみません・・。

2011/06/08 は World IPv6 Day というイベントがあります。世界中の色々なサイトが IPv6 Ready になる日です。 08:00 から 翌日の 08:59 までだったかな。

Windows を利用している人は Teredo インターフェース経由でパケットが出て行くかもしれません。そーなるとちょっとウェブの表示が遅くなるカモですね。

このウェブサイト(motsuyaki.org)は随分前から、ネットワークの調子が良ければ IPv6 Ready なサーバとなっています。なので 2011/06/08 の World IPv6 Day に向けて、このブログでは IPv4 でアクセスしているか、IPv6 でアクセスしているかを表示するようにしてみました。

右上に表示されます。

青い字で IPv6 Access と表示されていれば読んでくださっている方の環境は IPv6 Ready な環境です。
赤い字で IPv4 Access と表示されれば IPv4 環境からのアクセスということになります。

皆さんのインターネット環境はどんな感じですか?

あと、話は全然関係ないんですが、各エントリーの下のほうには色々なアイコンを並べてみました。皆さん、是非利用してみてください;-)。

3月 13

東北地方太平洋沖地震について

このたびの東北地方太平洋沖地震により、被害に遭われた地域の皆様におかれましては、心よりお見舞い申しあげますとともに、一日も早い復旧をお祈り申しあげます。

去年の夏休みには東北一周旅行に行き彼の地を訪れ、あちこちのお店に行き、そして掲載したのですが、今でも無事であれば良いなぁ。と思っております。

なお、もつ焼き・オリジナルのブログですが、サーバは「足立インターネットデータセンタ」(自宅とも言う;-)に設置してあり、そこは東京電力の 計画停電 の範囲内に入っているため、その時間帯においては閲覧ができない状態となります。ご了承頂ければと思います。

また、サーバについてですが、本来であれば電力消費軽減のためパワーオフしたほうが良いのではないかと言う意見もあるとは思いますが、そもそも普段から消費電力を押さえて運用しています。サーバの消費電力の詳細についてはこちらを参照して頂ければと思います。

1月 05

よっぱらいのご挨拶。

年が明けました。遅まきながらのブログ更新です。皆様今年も宜しくお願いします。

新年一発目は確かいつもお店の記事ではなく、ただ単にどーでも良いと思えるようなことを書いていたと思うので、今回もそうします;-)。

年が明けてまず最初にこのブログの Copyright を更新しました。2010 から 2011 へ。

まず、そのいち。日本語ドメインどーすっかなぁ。
このブログは motsuyaki.org でアクセスできるのですが、他にも もつ焼き.jp と ホッピー.jp でのアクセスも可能です。日本語ドメインは当時一年 660yen だったので空いているのを取得したのであります。今新規に購入すると二倍の 1,200yen位していて倍っ!! とか思ったのですが、さっき見たら更新手数料は 660yen のままでした。と、言うことでもう少し利用するかなぁ。

後、 kinmiya.com ってドメインも持っていて、こいつは公開していないのだけど、どうしよう。って感じです。オークションとかに出したら高く売れるのかなぁ?とか思うのですが、なんかあった時に 宮崎本店さん に申し訳ないかなぁ。と言う感じがするので、更新せずにエキスパイアさせたほうが良いかなぁ。などと考えておりますが・・。
ちなみに shochu@kinnmiya.com で僕のところにメールが届きます。人に聞かれた時「メールアドレス? 金宮焼酎どっとこむ。」みたいな;-)。

そのに。GPS ポイントについて。
このブログの各エントリーの一番下には 「GPS ポイント」が掲載されています。これはお店の位置情報を掲載しているので、Map: に書かれている数値を google マップなどに食わせてあげるとお店の場所にピンを打ってくれます。
飲みに行って酔っ払ってお店の連絡先聞いて来るの忘れたり、後から食べログで調べるなどと言う、本末転倒なことはしたくなかったので GPS ポイントを掲載するようにしました。どうぞ皆様ご利用ください;-)。

後、実は iPhone アプリ作ろうとしていたのね。GPS ポイントとお店の名前を iPhone に詰め込んで、今いる場所に近いお店無いかなぁ?とかに利用できるでしょ。また、駅からお店三軒ハシゴする時に地図上に最短ルートの線を引いてくれたりとか。楽しいでしょー;-)。

エントリが 20 個位しか入らないのは無料版、もつ焼き・オリジナル から勝手に GPS ポイントを取ってきてどんどん蓄積するのが有料版で 115yen 位かなー。なんて思ったりもして、実際に開発も始めたんだけど、途中で頓挫しました・・。orz。しかし、この構想はまだ捨てていませんので、いつになるか解りませんが、このブログの GPS ポイントと連動する iPhone アプリは是非リリースしたいなぁ。などと思っております;-)。

そのさん。ブログの記事。
去年は自分でも、新規に訪れたお店が少なかったなぁ。などと思っております。アクセスログも去年は一昨年より少なかった。魅力的なコンテンツが少なかったのですね。多分。もしくは僕の文章に嫌気がさして来たとか;-)。

あ。ちなみにこのブログ、写真は多くて四枚と決めております。訪れたお店の写真集ではなく、筆者(ほどんど酔っ払いの戯れ言)の文章力で勝負する読み物系のブログなのであります;-)。

と、言うことで、今年は新規のお店をどんどん掲載するぞーっ!! とか思うのですが、けど、そーではなく、以前行ったお店の再訪をしたいなぁ。と思っております。このブログ、開始したときはちっこい写真だったんですね。その後写真の大きさを1.5倍にした。これが第二世代かな。かっちょよく言うと 2G か;-)。で、3G はと言うとGPSポイントが追加された世代。って感じでしょうか。

なので、今年はちっこい写真を掲載していて、その後再訪していないお店、GPS ポイントがまだ掲載されていないお店などに行けたらよいなぁ。などと思っております。一回行っただけでそれを記事にして、あーだこーだ書いていてもちょっとヘンだと思うので、久しぶりにまた順次訪れてみよう。などと思っております。

と、言うことで年明けそーそーずいぶんとどうでも良いことを書いてしまったような気がしますが、今年も宜しくお願いします。

11月 11

天羽飲料製造(有)。

今日はちょっとヤボ用で会社を休みました。千駄木辺りまで行って用事を済ませた後、健康のためにちょっと歩き回ったのであります。千駄木->谷中->日暮里->三ノ輪。それにしても気候と天気が良いので歩きやすい。本当に良い季節になったものです;-)。

で、三ノ輪にたどり着き、酒屋さんを見つけた瞬間思い出しました。「あぁ。あすこへ一升瓶を買いに行こう。」と。早速iPhone4を取り出して場所を確認します。「ふむ。R4の向こう側なのね。」と言う感じでテクテク向かったのはあのお店。「天羽飲料製造」。

通称「下町ハイボール」の中に入れる梅シロップを製造しているところなんですね。お店では無いのですが、販売もしてくれると聞いていたので行って見ました。

http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000461003230001

詳細についてはこちらを参照してください。掘切菖蒲園好きな筆者にとって「天羽の梅」と言うのは非常に魅力的なのであります。「小島屋」と他二軒が元祖だと言うし;-)。

お店と言うか工場と言うか倉庫と言うかみたいな感じの中に入るとうずたかく一升瓶が並んでおります。

IMG_0155_tmnnum_1.jpg

今回対応してくれたのはおばあさんでした。「一本ください。」と言って新聞紙にくるんでもらったのですが、その時に2,3お話できました。

「飲み方は解りますか?」
「はい。掘切菖蒲園の『小島屋』さんに良く行くので知っています。」
「あぁ。そぅ。それなら大丈夫だわね。」

みたいな;-)。おばあさんのお話によると、センを開けたら長くは持たないので冷蔵庫に保存するか焼酎で割って保存してください。とのことでした。なるほどー。「小島屋」のはポットの中に焼酎と梅シロップがブレンドされたヤツが、確かに入っていますね。そー言う意味だったのですね。
後、氷は入れないで、冷やして飲んだほうが美味しいですよ。とのことでした。

IMG_0536_tmnnum_2.jpg

帰りしな、「飲み方」と書かれた紙を一枚頂きました。それによると・・。

IMG_0158_tmnnum_3.jpg

梅シロップ1に対して焼酎2、炭酸は3で作ると理想的な「下町ハイボール」になるそうです。ふむふむ。とか思うのですが、さて、ここで計算してみましょう。

天羽の梅一升・焼酎甲類二升・炭酸三升必要になるわけです。つまりは10,800mlと言うことですね。でもってグラス一個が350mlだと想定すると、全部で30杯の下町ハイボールを飲むことになります。一日三杯飲んだとしても10日。うひっ。
けど、考えてみると「小島屋」ではグラスを10個位並べて飲んでいる人もいる(ハタから見ると「あの人ボーリングできるなぁ。」などと、いつも思ってしまうんですけどもねf(^^;;)ので実はそんなに大変なことではないのかなぁ?

と、言うことで僕の家にはドーンと一升瓶があります。あ。値段は800yenでした。これからほぼ毎日下町ハイボール行くかねぇ。って感じなのでありますが、欲しい方居ましたらペットボトルでお分けします。ご連絡頂ければと思います。

そー言えば、その昔、祐天寺の「ばん」からホイスの原液一本(一升瓶)もらってきたことがあるなぁ。原液マニアだぁ;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.726256º N
Longitude: 139.793215º E
Map: 35.726256,139.793215