9月 02

伊東。伊豆っ子ラーメン。

今回は伊豆半島に来ています。夏のど真ん中を過ぎた伊豆ですが、やはりまだまだ暑いです。素直に涼しい山奥に行ったほうが良かったかなぁ?などと、純粋に思うわけですけども・・。

と、いうことで土肥で一泊したあと、伊東に来ました。伊東では二泊しました。近場で二泊というのはまぁ、なんと贅沢なことでしょうか;-)。しかし、日頃の行いをお天道様が見ていたのかは不明ではありますが、天気があまり良くなったですかねぇ。雷が落ちて大室山のリフトが運転停止になっていたりましたし。

そんなこんなで伊東市内の周りを車で走り回っていたわけですが、お昼どきになったので何か食べようと思い、海産物は夜などに食べていたので街道筋で見つけたラーメン屋に行ってみたくなりました。

そんな状況のなかで立ち寄ったのが「伊豆っ子ラーメン」。と、いうことになるわけですね。

海沿いを走るR135の脇にあるお店で、お店の前に車を止めるスペースがあったのでそこに止めて店内に入ります。とは言いつつ、カウンターのみのお店でトビラは全開。するっと空いている席に着席し、ラーメン大盛りと、一緒に行った人は塩ラーメンを注文しました。

出てくるのをしばし待ちつつ店内をキョロキョロ。なるほど。このお店はセットがお得のようですね。ラーメ・ンライスと餃子とか、ラーメン・レバニラ・ライスとか色々なパターンがありました。あと、カウンターがタイル張りってのもめずらしい。なんかお風呂に入っているような雰囲気です;-)。

などと、思っていたら出てきました。ところがフツーのラーメンはフツー盛りで、塩ラーメンが大盛りになっておりました。味と麺の量が逆だぁ・・。まぁ、そのまま食べることにしましょうf(^^;;。

こちらが醤油ラーメンのフツー盛り。たくさんのメンマと大きなチャーシュー、かまぼこがアクセントですかねぇ;-)。

でもってこちらが塩ラーメンの大盛りです。上に乗っているのは醤油ラーメンと一緒ですが、スープの色が当然違いますね;-)。

まぁ、こちらも、当然と言えば当然すぎますが、ドンブリの大きさが違いますね;-)。僕が頼んだのは醤油ラーメンなので、ズルズルと行くことにしましょう。

見た感じは中華屋さんのラーメンのようですが、スープの味はそんなことはなくて、サッパリ系の味なんだけど、どこか独特の味。って感じです。チャーシューはだんだんととろけて来て美味しくなっていくのであります。

塩ラーメンは、ちょっと食べさせてもらいました(僕の分の麺も入っているし;-)が、澄んだスープの中に塩味があって、スープのダシが出ている。と、言う感じでしょうか。こちらもサッパリめの味でした。ズルズルと食べ進むことができるのであります。

 
伊豆と、いうか、伊東に来たら海鮮丼。と、いうイメージがあるのですが、今回は二泊するので、夜にドドドと地のものを頂いたりしているため、お昼はそっち方面に走る必要はないかなぁ。などとも思ってのラーメンだったのであります。

 
駅前の駐車場に車を止めて市内散策などもしましたが、駅前にちゃんとアーケードなどもあって熱海みたいな雰囲気もあるのですが、やっぱり伊東は『伊東』って雰囲気が出ていました。

夏休みの伊豆の旅。だったのでありました。そして、お昼に食べたラーメンのお話なのであります;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 34.977602º N
Longitude: 139.093749º E
Map: 34.977602,139.093749

8月 30

早川。港のごはんやさん。

伊豆に行く途中です。伊豆に行くときには小田原の早川漁港に寄って、朝ご飯を食べていく。と、いうのが、我が家の普段の習わしになっているような状態なのでありますが、今回は茅ヶ崎で朝から用事があったので、早川漁港に着いたのは11:30頃ですかね。お昼ご飯の時間帯でした。

早川漁港では漁協の上の「魚市場食堂」と、いう食堂が有名ですが、営業時間が変わったようですね。開店時間平日及び土日全てが10:00からになったようです。時間的にはばっちりだったのですが、待っている人が多すぎて断念しました。

それでは。と、いうことで最近良く行く「港の台所 なみ」というお店に行こうとしたのですが、こちらは営業していないようでした。臨時休業かな?

さてと。難民と化しました。と、いうことで港界隈を散策していると、こぢんまりとした、今まで行ったことがないお店を発見したので、そこに行くことにしてみました。「港のごはんやさん」。

外からお店を見るとだいたいこんな感じです。小田原水産会館というんでしょうかねぇ?大きな建物と、いうか、市場ちっくな建物の一角にあります。このお店のすぐ横のお店は包丁屋さんでした。

 
お店の外にはメニューがぶるさがっていたので確認してみると、港で獲れたアジが美味しそうですね。今日はここで、時間的にはお昼ご飯を頂くことにします。

店内に入るとそんなに広くはありません。テーブル席が四つと小上がりのテーブル二つ。時間的にも店内はそこはかとなく混んでいましたが、テーブル席に着席し、おすすめ定食を注文。今回は二人で行ったので二個です。

そのうちの一個がこちら。サバの塩焼き定食です。

こちらの定食には地元産のアジが刺身付いてきます。

もう一個はまぐろ丼とアジフライのセット。

アジフライは一個分けてもらって頂きました(アジ刺身とトレードって感じですねぇ)が、ホクホクしていて身が柔らかくて美味しかったです。アジの刺身は身が柔らかかったので、2,3日置いたアジでしょうかね。

サバはヤリイカ釣りに行ったときにときどき外道として釣れるのですが、僕の釣ってくるサバは身がパサパサで美味しくないのがほとんどなのですが、このサバはアブラがジューシーで美味しいですね。ご飯が進みます;-)。

今回は二人で、二つの定食があるので、おかずをちょっとずつ交換しつつ、これらをおいしく頂いたのであります。

ちなみに、ご飯は大盛りもしくはおかわりが一杯100yenです。おかずの量がちょっと多いかな?などと思ったら、すかさず追加でおかわりをする。と、いう案が良さそうですね。『食べすぎだろ。』って話もありそうですが;-)。

このお店、お味噌汁がもうすこし美味しいと嬉しいのですが、その点だけがちょっと心残りだったのでありました。

 
最近テレビでちょくちょく登場している市場の上の食堂は長い行列ができていたので今回はパスしました。まぁ、過去に一回行っている。ってのもあるんですけどね。なので、早川漁港の周りには他に色々食べることがあったので、今回は別のところに食べに行った。と、いうことになるのですけども。

 
さてと。おなかも一杯になったことですし、これから箱根を超えて土肥を目指すのであります。

 
GPSポイント
Latitude: 35.240503º N
Longitude: 139.149752º E
Map: 35.240503,139.149752

8月 22

目黒。能登の夜市。

私事ではありますが、職場が目黒に移転しました。別に転職したわけではなく、今の会社の本社機能が目黒に移転した。と、いうことなんですけども。

城北地区に在住の僕が城南地区への勤務ににりました。すると、今まで行ったことのないお店に色々といけるようになるねぇ。などと思うのですが、夏は暑すぎてあちこち出歩こうとは全く思わず、今の所は駅の近所さえもあまり散策していない状態なのであります。

が、会社の同僚と飲みに行ったのでそのお店を掲載したいと思います。目黒と言えば駅前の、飲み屋さんがドドドと入っているビル『サンフェリスタ目黒』が有名ですかねぇ。過去にこのブログには「」などを掲載していますが、今回もそのビルに入っている飲み屋さんでの宴会となりました。

幹事さんがお店を選択して、六名での宴会だったのでコース料理にしているようです。お店は『サンフェリスタ目黒』の地下に降りたところにあるお店。「能登の夜市」。

入り口はこんな感じ。いかにも『サンフェリスタ目黒』内にあるお店のたたずまいですねぇ;-)。緑の地産地消の提灯が揺れております。
店内は行って一番奥に小上がりがあり、そこで宴会のスタート。まずは瓶ビールで乾杯します。そして、その後、料理のことも考えて日本酒に移行していくのであります。

料理はコース料理でした。サラダ・刺身・煮魚・焼き魚・鳥肉のグリルなど、一応一通り出て来ます。が、お店の名前からしても魚料理がメインですね。一番最初はシーザーサラダが出て来ました。わかめ(あれ?ノリだったかな?)たくさんでした。続いて、コース料理の刺身の盛り合わせが出て来ました。

七点盛りで、見た目豪華ですねぇ;-)。一応、魚の名前がわかるように名札があるのですが、こいつがクセモノ。なんとっ!!土地の言葉(この場合は、店名から考えて能登半島の言葉かな?)で書かれているので何が何やらちっとも解らない。同僚はスマートフォンで色々調べつつつまんでいました。つまりは、魚の名前まで酒の肴になってしまう。と、いうことですねぇ。

次に出て来た料理はアラの揚げたやつですが、掲載はナシ。その次に出た来たのが煮物です。こっちの写真を掲載しましょう。

これで一人前なんだから、かぁなり量が多いです。これらを日本酒で頂くのでありました。

今回の宴会、飲み物は飲み放題のコースをチョイスしているようです。生ビールの他に、日本酒は地酒が三種類で、計五種類の日本酒がありました。これらを順番に飲み進み、進み、このお店の料理を満喫するのでありました。

 
お店から出るとき、店内にはチラホラととお客さんがいたのですが、このお店にフツーに飲みに来るとどんな感じなのかなぁ? 今日は宴会のコース料理だったのでもしかしたら普段のフツーの雰囲気とは多少違うのかもしれません。

 
宴会の、(店名からして多分)能登の料理を満喫しつつ、仕事のプロジェクトの成功を祝いつつ、夜は更けていくのでした。

え? もう一軒、行くの?

 
GPSポイント
Latitude: 35.634310º N
Longitude: 139.714850º E
Map: 35.634310,139.714850

8月 19

大門。82ALE HOUSE。

今日は東京タワーに期間限定でできた(と、思われる)ビアガーデンで17:00からジンギスカンとビールの宴でした。19:00に終わり東京タワーを後にしつつ一路浜松町駅を目指します。

しかし、浜松町というのは駅から「秋田屋」より先に行ったのはずいぶんと久しぶりです。考えてみると東京タワーも30年ぶりくらいに行ったのではないかと思われますが;-)。それはつまりは、大門よりは中々先に行ったことが無かった。と、いうことですね。

そんなこんなで東京タワーから大門を通り過ぎ、目の前の交差点のところにあるお店を二軒目にチョイスしました。「82ALE HOUSE」。

ジンギスカンパーティーから何人かは帰ったのですが、その残党での二軒目になります。

お店の雰囲気は「HUB」(リンク先は北千住店ですが・・)のような感じです。ブリティッシュ系のパブでビールとウイスキー、そしてチップアンドフィッシュのお店です。

このお店「HUB」のようですが「HUB」とは違うのかな?けど、名前が違ったその系列店なのかもしれませんが、僕には良く分かりませんf(^^;;。

ウィスキーが豊富に揃っているお店でした。一軒目でビールは飲んでいたので、ちょっと濃い目のお酒が飲みたかったのでちょうどよい感じです。

まずはおすすめウイスキー飲み比べセットをカウンターに行ってニコニコ現金払い(俗に言う『キャッシュオンデリバリー』)でもらってきて、人数が多いのでお店の奥のテーブル席で頂きます。残党はおのおの自分の好きな飲み物をカウンターで仕入れ乾杯。ぷはー。濃いぃ味のウィスキーだぁ。チビチビと飲み、イングランドの湖水地方(行ったことないけど)に思いを馳せつつ頂くのであります(そんなことしていたかぁ?)。

ふむ。今日はかっこが多いなぁ;-)。

つまみは一人500yenずつ出し合い灰皿の中に入れます。これでみんなでシェアできる料理を注文。

ブリティッシュ系のパブに来たらはやりフィシュアンドチップは外せないですね。賛同者多数で購入決定。
他にも盛り上がりに欠かせない何品かのつまみを購入しつつ話はあちこちに飛びつつ盛り上がりを見せるのでありました。

他にも色々料理は注文し、飲み物と一緒に美味しく頂きました。写真には甘エビ唐揚げとか撮ってきたのですが、掲載はナシです;-)。

 
このお店、普段はスポーツバーみたいな雰囲気であちこちに次回の店内イベント(それはスポーツイベントがある日のお知らせのようなもの。と、いうことですね)が張り出されております。しかし、今日は土曜日。静かなオフィス街なので、店内も比較的空いておりました。まぁ、平日のこの時間帯に来たことがないので、普段の状況は把握できておりませんがf(^^;;。

 
今回はコンピュータ系のちょっと濃い話をしつつなにか怪しい集団として一部盛りかがっていたような気がしますが、それはそれ。まぁ、たまには良いでしょう;-)。

 
そんなこんなで夜もふけてきました。そろそろ酔いも回って来たようですので、残党の面々より、ひと足お先においとまし、電車に乗って帰投するのでありました。ジンギスカンとビールとウイスキー。いやぁ。非常に満足な一日でした;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.656466º N
Longitude: 139.754882º E
Map: 35.656466,139.754882

8月 18

神谷町駅。TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN ROOFTOP ジンギスカン。

今日は何年かぶりに東京タワーに来ました。最寄り駅をどうするか、悩ましかったのですが、自分が乗り降りした駅をチョイスしました。

それにしてもどうして東京タワーに行ったか? というと、夏の風物詩、ジンギスカンとビールを腹一杯頂くためなりであります。

東京タワーの建物の屋上にやたらと名前の長い、千葉のマザー牧場の出張所みたいなお店があるのであります。「TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN ROOFTOP ジンギスカン」。

今日はここで、毎年ジンギスカンを食べに行くメンバで集い、タラフク頂くのであります;-)。

東京タワーに付いたら、エレベーターに乗って屋上に行きます。すると、その上には東京タワーがズドンとあるのですが、ビルの屋上にはビアガーデンが待っているのであります。

お店の開店は17:00だったのですが、たどり着いたのがその五分くらい前。お店の一番最初のお客様として10名がゾロゾロと支払いを済ませ、テーブルに着席するのであります。

あ、エレベーターに乗る前に見かけた看板はこちら。

大人一人4,500yenで食べ放題飲み放題です。

着席直前にお店の人にシステムを聞きます。なるほど、生ビールはすこ、お肉はここから自由に自分たちで取ってきて、テーブルの上で焼いて頂く。と、いうことですね。では、早速肉と野菜、そしてビールをドドドと取りに行くことにしましょう。

お店の開店直後だったので他にお客さんがいないので自分の好きなモノを好きなだけ、待つこともなく取り放題。と、いうのが良いですねぇ;-)。

一番左は牛肉、その右側がスライスのジンギスカン、その右側がブロックのジンギスカン。白いのが脂身で、鉄板の上に乗せてアブラを出します。

その横には鳥カラ・チャーシュー角切りがあり、写真には写ってない、更に左側には野菜やポテトサラダなどがあり、そのまた左側が飲み物のコーナーで生ビール飲み放題。となっているのであります。

 
それにしても失敗しました。ジンギスカン鍋の上で焼いている写真を撮るのを忘れてしまいました。食べるのに忙しすぎた。と、いう感じですねf(^^;;。

これらスタンバイされている肉を何回もお代わりして、ビールが終わると走って取りに行き、それは夢のようなひとときはあっという間に終わってしまうのでありました。

ちなみに、牛肉も食べたのですが、ちょっと固い感じがして、やっぱりジンギスカンのほうが柔らかくて美味しかったです。
あと、ジンギスカン食べ放題のお店では中々お目にかかれないジンギスカンのブロック肉、ジンギスカン鍋の横にそっと置いといて、スライス肉をガシガシ食べている間にいつの間にか焼き上がる状態なのですが、これが美味かった。こーいう珍しいのは良いですね。あ。ちなみに骨は付いてませんでした。

 
と、いうことで夏と言えばビールとジンギスカン。今年も十分に満喫したのでありました。美味かったー。二時間食い続けて腹一杯だぁー;-)。

最後に、帰り道。見上げた東京タワーの写真を一枚。



 
GPSポイント
Latitude: 35.658556º N
Longitude: 139.745365º E
Map: 35.658556,139.745365

6月 24

秋葉原。九州じゃんがら。

秋葉原に来ました。実は昨日、車を買い替えて、初の遠出が秋葉原。と、いう雰囲気でしょうか。まぁ、そんなに遠くはない場所ですがf(^^;;。

それにしても秋葉原という街は11:00前に行ってもほとんどお店が開いてないですねぇ。車はUDXの地下駐車場に入れたのが10:30頃。新しい車にiPhoneと無線機を取り付けるべく小道具を買いに行ったのですが、ほとんどのお店の開店が11:00から。と、なっており、路頭に迷うワケでありますね。あぁ。駐車場代がもったいない。などと思いつつ・・。

そんなこんなで一本路地を入ったらなんとっ!! 10:45にして既に開いているラーメン屋さんがあるではありませんかっ!! 朝ご飯食べずに来たので朝昼合わせて九州ラーメンを食べることにしました。10:45に行っても開いているお店。「九州じゃんがら」。

最近、秋葉原にも色々食べるところが増えましたが、ここと「サンボ」は昔からあるご飯を食べるお店ですね。
このブログでは二回目の掲載になるかと思われます。前回掲載したのは2008年01月なのでずいぶんとご無沙汰です。ちょうど10年ぶりかぁ・・。まぁ、店の前を通ると行列ができているので中々入る機会が無い。と、いうのが実情ではありますが。

しかし、今日はまだ11:00前なのでスルっと店内に入ることができました。そして、すかさずフツーのラーメン(それはつまりはトッピングなしなラーメン。と、いうことですね;-)を注文します。麺の硬さはフツーで。

九州ラーメンの良い点は早く出てくるところ。嬉しいですね。

フツーの九州ラーメンにゴマと紅しょうがを乗せた図。中々良い感じですねぇ。ズルズルと食べ進むのであります。そして、麺を3/5ほど食べたところで替え玉を注文。こちらも比較的早く出てきます。
今度はそこに高菜とニンニクを投入し、一玉目とは少し味を変えて二玉目をズルズルと頂くのであります。
このあとアキバ散策が待っていますが、多少ニンニク臭くても問題はありません。(個人的感想;-) ラーメンをいかに美味しく頂くか。に命をかけるのであります。(ラーメン食べるだけなのに命かけてどないするんじゃい?って声が聞こえてきそうですがf(^^;;)。

 
さてと。二玉食べてお腹もイッパイになりました。時間は11:15くらい。もうそろそろお店が開いてくる時間ですね。これからアキバの路地裏のお店を散策して、色々と小道具を見つけてみましょうかねぇ。

 
GPSポイント
Latitude: 35.700789º N
Longitude: 139.770664º E
Map: 35.700789,139.770664

6月 12

勝浦。てっぱつ屋。

銚子で朝ご飯を食べたあと、一応観光などもするのであります。とりあえずは犬吠埼灯台の見学ですね。あぁ。僕は灯台好きなのかな?色々なところに行ったなぁ;-)。
続いて、銚子に来たので当然銚子電鉄の駅の見学をします。今回は終点駅である外川駅を見てきました。

で、そのままズズズと南下して、九十九里海岸の脇を通る道を進んできました。この道、海も見えないし、あまりおもしろくないですねぇ。などと思っていたら、雨が降ってきて、そして勝浦に到着です。時間的には13:00ちょっと前くらい。お昼どきですね。せっかくなので、勝浦担々麺でもいただきましょう。と、いうことになりました。

久しぶりの勝浦坦々麺ですが、以前「松野屋」と、いうお店で食べたことがあるのですが、美味い。という印象はあまりありませんでした。今回のお店はどうなんだろう?

市内にある、お店の前は何回か通ったことがあるのですが、いつも開店前の早い時間に通っているので開いているとろこを目視により確認するのは今回が初めてです。「てっぱつ屋」。

崖の下に、貨物列車のようないでたちであるお店ですが、別に貨物列車ではありません;-)。店の前に車を止めて雨の中、ダダダとダッシュで店内に入ります。

入り口の券売機で食券を購入し、右側の厨房の前にいる人に渡し、左側のテーブルあるスペースで頂きます。

僕は醤油ラーメンの大盛り。一緒に行った人は初めて勝浦担々麺を食べます。僕は、前に一回食べていてコリているのでフツーのラーメンにした。と、いう雰囲気です。

店内はお昼の時間が過ぎたのと、多分雨だからでしょうかね。比較的空いています。店内が涼しいのが嬉しいですが、そーこーしている間に出てきました。

まずは醤油ラーメンの大盛りから。

スープは味がしっかりついていて、ほどほどにアブラも浮いているのでズルズルとすすると美味いラーメンですね。麺は太めのちょっとちぢれ麺。なるほど。スープと絡んで良い感じです。

続いて勝浦担々麺。

勝浦担々麺というのはひき肉と玉ねぎのみじん切りが、ただただ辛い唐辛子のスープの中に沈んでいて、ごまの風味もしない赤いラーメンって印象があります。まぁ、上の写真もそんな感じです。

ここの担々麺はベースとなる、僕の食べたラーメンのスープを利用しているからなのか、この間食べた勝浦担々麺よりはコクがあり、美味しく感じました。ただし、辛いですf(^^;;。

担々麺は僕が注文したわけではないし、僕は辛いのが苦手なのであくまでスープをちょっびりとラーメンを一口食べただけですけども。

 
勝浦担々麺というのは担々麺の具(玉ねぎとひき肉)が全部スープの下に沈んでいて(それだけスープの量が多い。ということかな?)赤いスープがひたひたで、ドンブリがドデーンっ!!となっているラーメンなのであろう。と、いう認識なのでありました。
僕はフツーのラーメンのほうがやっぱり好きだなぁ;-)。

一口だけ食べただけだけど、汗が吹き出てきました。勝浦でラーメン食べるとしたら、辛いのが得意な人は勝浦坦々麺を是非食べてみるべきだと思います;-P。

 
さてと。食後はもう少し南下して安房小湊を目指すのであります。そして、千葉のお話は、とりあえずこれでおしまいです。

 
GPSポイント
Latitude: 35.150293º N
Longitude: 140.315537º E
Map: 35.150293,140.315537

6月 11

千葉県銚子市。まいわい。

晩ご飯は銚子駅前の大衆酒場「ドリーム」で頂きました。お酒を飲んでしまったので車での移動はなし。そのまま泊まった(車中泊)のであります。

で、朝です。
どこか、朝ご飯を食べられるところはないかなぁ。と探したら08:00からやっている食堂があったのでそこで朝ご飯を食べることにします。幸い、車で五分走ったところにありました。

昨日、お昼にうな重を食べたところは「レストラン水産センター」ですが、ここは印旛沼漁協の直営店でした。朝ご飯を食べるところは銚子漁港の直営店「まいわい」です。漢字で書くと「万祝」となります。

新しい建物のほうにあります。

漁がある日は市場の見学もできる建物のようで、その一角にこのお店があります。

入り口を入ると本日のメニューが掲載されているのでその中から食べたいモノをチョイスします。本日のメニューはこんな感じでした。

写真で掲載されているのでビジュアル的に見ていて楽しいですね;-)。僕は魚介フライ定食900yen、一緒に行った人は焼きサバセット600yenを選択しました。

行った時間は08:05頃。ほぼ開店直後ですね。しかし、お客様はもうドドドといました。入り口でお会計を済ませ、テーブルに着席し、お茶などをくみコプリと飲みつつ見学です。テーブル席から厨房が良く見えるのですが、焼く前のサバの切り身がドドドとあったり、『お。今から僕の揚げ物を揚げるんだね。』などと見ることができます。

そして、出て来たのがこんな感じ。まずは魚介フライ定食から。

今回は揚げ物が四種類。あとは刺身と、温泉卵。今回、ご飯はフツー盛りです。千葉県内を移動するのでもしかしたらあちこちで何か美味しいモノに巡り会えるかも知れないですしね;-)。

もう一つは焼きサバセットです。こちらも出て来ました。

この定食は600yenなのでコストパフォーマンスが良いかなぁ。と、思いました。

朝ご飯にしてはおかずが色々あって目移りします。
他のメニューには鉄火丼とかねぎとろ丼などがありましたが、朝ご飯としては定食のほうが良いかなぁ。などと思い、二人で二種類の定食を頂きつつ朝から千葉の銚子の味を満喫するのであります。海沿いの、漁協直営の食堂で美味しいモノを食べる朝なのでありました。

さてと。これから灯台に行って、そのあと車で九十九里を南下しつつ勝浦を目指すことにします。

 
GPSポイント
Latitude: 35.733804º N
Longitude: 140.840299º E
Map: 35.733804,140.840299

6月 10

千葉県銚子市。ドリーム。

久しぶりに銚子に来ました。前回銚子に訪れたのは2008年11月なので、ほぼ10年ぶりですね。個人的なお話なのですが、このたび車を買い換えるのであります。そして、前回銚子に行ったのは今乗っている車を購入したときに来たので、購入直後と手放す直前に銚子にいるのであります。

 
銚子では港のすぐ脇に車を止めて、夜の駅前の散策をします。そして、地のモノが食べられるとろこで一杯。って感じですね。
今回は、前回来てホっと一息ついたお店「うめの」をを探したのですが、見つけることができませんでした。当時のエントリにはまだGPSポイントが書かれていないので、探すのは困難でした。もしかしたらもうなくなっているかもしれませんが、残念でした。

 
と、いうことでJR銚子駅を目指して進み、駅で記念写真を撮り、そこから近いお店に行くのであります。「ドリーム」。正しい名前は上に『大衆酒場』と付くのでしょうなぁ。大衆酒場・ドリーム。ってのがお店の名前かな?

以前銚子に来たときには駅前に一杯できるお店がなかったのですが、最近は色々できましたね。しかし、こーいう雰囲気のお店は中々ないのでスルっと入るのであります。が、店内はかぁなり混んでおります。17:20くらいに入ったのですが空いている席のほうが少なく、なんとか無事に座れた。と、いう感じです。

瓶ビール(中瓶)を注文し、早く出てきそうな、店の名物になっていると思われる豚ハラミ煮込みを注文します。
本来であればすぐに出てくるようなのですが、僕の注文は忘れ去られていたようで、店員さんに確認したら出て来ましたf(^^;。まぁ、食べられたので良いんですけどね。

とろける豚ハラミと豆腐が入っております。一緒に行った人は大喜びでした;-)。

 
せっかく銚子に来たので魚をドドドと行きます。カツオの刺身・いわしの酢漬け、そしてマグロとオニオンのサラダ。

ビンチョウマグロとオニオンスライスでドレッシングと合わせた一品ですね。これ、家でも作れそう。みたいな;-)。
カツオの刺身は美味かった。とろける美味さで、まるで戻りカツオのようでした。いわしは銚子でも名物でしょうか。時期的にも今のいわしは大きくてアブラ乗ってて美味しいですね。

 
そして。最後に掲載するのは揚げ物です。ホウボウのホネの唐揚げ。

三枚におろしたホウボウで身の部分は刺身に利用し、残ったのは素揚げで食べる。この発想は良いですねぇ。無駄がない。ちなみにこれは30cmくらいあるホウボウでした。値段は400yen。安いっ!!しかし、その分食べるところはあまりないですけどねf(^^;;。

 
飲み物はビールからホッピーに移行し、そのあと地酒を二杯頂き、地元の味を満喫したのであります。一緒に行った人はガリガリ君サワーを注文していました。酎ハイの中にガリガリ君が入っている酎ハイで、つべたくでグー。って感じのようでした。僕的には甘かったですけどね;-)。

 
それにしても、久しぶりに来た銚子で満喫できた夜だったのであります。以前来たときにはなかったお店でしたー。満足の銚子の夜でした。

 
GPSポイント
Latitude: 35.730425º N
Longitude: 140.827822º E
Map: 35.730425,140.827822

6月 09

成田。レストラン水産センター。

今日は千葉の上のほうに来ました。約一年前には千葉の下のほうをグルっと半周しているので今回は上のほうを回る感じでしょうか。目的地は銚子、そして、勝浦辺りまで降りていく。と、いうルートです。

で、まずは成田山新勝寺をめざすのですが、この辺りではうなぎが有名なのであちこちリサーチしてみました。新勝寺の表参道辺りで食べても良かったのですが、一緒に行った人がよさげなところを見つけてくれたのでそこで食べることにしました。

印旛沼の脇にある印旛沼漁協の「レストラン水産センター」。
この漁協直営のレストランはJR成田駅からは随分と遠いところにあるので徒歩では無理ですね。自動車で行くのが良いかと思われます。

レストランに着いた時間帯はお昼のど真ん中、12:10くらいです。席がそこはかとなく空いていたので着席し、何を食べるか検討します。ここは、うなぎの他にナマズも食べられるようです。

僕がチョイスしたのはうな重の『上』です。そしてそれの大盛り。うな重は並・上・特上の三種類から選べます。
ちなみに、うな重の『上』は3,100yenでした。大盛りは+100yen。手頃な値段で頂けます。

メニューをパラパラ眺めていたらできたようです。比較的早く出てきました。

僕がうな重を食べるのは何年ぶりだろう?って感じなくらいご無沙汰です。ちょうど一年くらい前に「吉野屋」うな丼食べてますが、あれは純粋なうなぎではなく、くりから焼きちっくだったしなぁ。

早速頂きます。おぉ。美味い;-)。良くかんで、味わいつつ頂くのであります。

それにしても、ここのうな重は山椒の他にうなぎのタレが出てくるのが嬉しいですね。ご飯大盛りだと食べがいがあるので、更にドドドとタレをかけて美味しく頂くのであります;-)。

 
さて。一緒に行った人はなまずの天丼を注文しました。出て来たのはこんな感じ。

ちょっと頂いてみましたが、なまずは白身で味が特に無い感じです。火を通したスズキとかに近い味かなぁ?天ぷらで食べると良い雰囲気です。そして、うなぎとはやはり別モノですね。うなぎが取れないのでなまずで代用しよう。って話がありますが、この二つはやはり別モノ。一緒にしたらなまずに申し訳ないですね。

 
と、いうことで成田近辺でのうなぎ。美味いですねぇ。このあと、新勝寺に行って表参道を歩き、何件かうなぎ屋さんの前を通ったのですが、既に心身胃袋ともに、うな重で満たされていたので『ふふん。』って感じで前を通り過ぎたのであります。

それにしても、成田と言えば、うなぎなのでしょうなぁ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.785896º N
Longitude: 140.256330º E
Map: 35.785896,140.256330