6月 23

大塚。江戸一。

今日は大塚に来ています。その昔、大塚在住だった人(今は京成沿線在住)と一緒です。一軒目は「豚toko」というお店で刺身風なモツと煮込み、そしてホッピーで楽しみました。そのあと『たかじろうさん。大塚で最近有名だというお店に行ってみますか?』とのことなのでトコトコ付いていくことにしました。

JR大塚駅の向こう側の信号のちょっと先のビルの一階にあるお店(こんな説明じゃ、ちっとも解らなですねf(^^;;。GPSポイントで確認してください)です。「江戸一」。

外観は中々シブいお店です。お店の写真撮ったのですが、飲み終わったあとに撮ったら既にのれんがしまわれたあとでしたf(^^;;。本来であれば入り口のところにのれんがかかっています。

IMG_4353_ohsk_edo1_1

連れてきてもらったのにお友達も『このお店に入るのは初めてだ。』と、いうことで、まずはお友達から店内に入りました。

手荷物は入り口のトビラの横にある棚に入れます。あ。今回は初めてのお店だったので店員さんにそう言われましたf(^^;;。

その後店員さんに促されて空いている席に着席します。

このお店はカウンターが「コの字」になっていて、入り口部分が縦棒の辺りです。左側を奥に行くとトイレがあり、その奥にテーブル席がありました。奥に広いお店です。今回僕ら二人は右側のカウンターの一番奥の席に着席しました。

既に飲んでいるお客様の様子を確認しつつメニューを眺めます。このお店では皆さん日本酒を飲んでいるようなので、僕ら二人もそれに合わせました。

眼の前で徳利にお酒を入れている店員さんに「司牡丹を冷でください。」と言い、出てきたところで二人で二人でオチョコで乾杯です。

 
日本酒を肴でチビチビ飲む(この言い方は多少語弊があるか;-)のがこのお店のスタイルのようです。酒の肴にホヤの塩辛を注文しました。
あ。メニューはテーブルの上にもあるのですが、「コの字」の棒の無い部分にはメニューの札があって、そこにあるのも選べます。基本的には日本酒に合う肴が多いです。僕ら二人はこのあと、ツクネ・タタミイワシ・厚焼きタマゴと頂きました。

それに合わせて日本酒も注文。今度は真澄を注文し、それが美味しかったので更に三本追加で頂くのでありました。

 
あ。このお店、店内での携帯電話やスマートフォンは禁止のようで、写真もダメだとメニューに書いてありました。なので店内での写真はありません。

それにしても入り口に近いところで飲んでいたお客さん(二人組だったかな?)は、テーブルの上に徳利を20本くらい並べていたりして、日本酒が美味しく飲める環境・雰囲気が整っているように感じました。

そーいえば、堀切菖蒲園の「小島屋」でボールを飲むとテーブルの上にドンドンとグラスが溜まっていくのですが、このお店の場合には徳利がドンドンと溜まっていく。というのがすごいですねぇ;-)。

 
こういう雰囲気のお店に来たのはずいぶんと久しぶりのような気がします。来た時間帯にお客さんがまばらだった。と、いうのもあり、そう感じるのかも知れません。普段はずいぶんと混んでいるんだよ。と、いうのはお友達の談です。だとすると今回は入れたのが非常にラッキーだったのかもしれません。

ちょっと静かなところで豪華絢爛・山盛りではない酒の肴で日本酒をクイっと一杯やるのが良いときに嬉しいお店ですね。

 
GPSポイント
Latitude: 35.730505º N
Longitude: 139.729411º E
Map: 35.730505,139.729411

6月 22

大塚。豚toko。

今日は大塚に来ました。JR山手線の大塚駅です。駅の改札の前で古くからの有人と待ち合わせ、久しぶりに話をしよう。と、いうことになったのであります。
そして、僕自身、体に悪いモノをドドドと食べるのはずいぶんと久しぶりです。うひひ。

と、いうことで早速散策です。このブログでは何回か大塚界隈を掲載しているのですが、過去に行った(掲載した)ことのないお店を目指します。
さてと。北口の飲み屋街を徘徊し、ズンズンと先のほうへ進みます。あ、ここの「加賀屋」はこの間行った。その向かいのお店はロマネコンティが飲めるんだよねぇ。などと言いつつ歩きます。

そして、そのままズズズと信号の手前まで歩きそこにあったお店に今回は入ったのでありました。「豚toko」。

IMG_4348_ohsk_tntk_1

店内に入るとお客さんはまばらだったので二人がけのテーブル席のようなカウンター席のようなところに着席します。
店員さんはiPadを持ってきてくれました。メニューは店員さんに直接声をかけても良いし、iPadで注文しても良いシステムでした。まずは瓶ビールをiPadで注文します。お店のレジに近い辺りからピっと音がしていたような気がします;-)。

しばらくして瓶ビールが運ばれてきました。一番搾りの大瓶です;-)。二人で乾杯し、積もり積もった話のスタートです;-)。

何か食べましょう。と、いうことになり刺身の三点盛りを注文します。出てきたのはこんな感じ。

IMG_4343_ohsk_tntk_2

ハツ・タン・ガツの軽く茹でたヤツの三点盛りです。いやー。こーいうの食べるの久しぶりだ。盛り方も魚の刺身のようで見ていて中々良い感じですね;-)。醤油とごま油も届いたのでそれで頂きます。
ガツはちょっと漂白剤の匂いがしたかな。ニンニクとショウガが山盛りなのでそれらで頂きます。

 
飲み物は瓶ビールからホッピーへ移行し更に飲み進みます。今回の注文はほとんどiPadで行いましたが、唯一中身だけは店員さんに口頭で注文しましたf(^^;;。あと、このお店の焼酎はキンミヤの25度のヤツを使っているようでフツーにガブガブ飲んだらあっという間に壊れそうな感じなので注意が必要です;-)。

料理をもう一品。今度は煮込みを注文しました。いやはや。こーいうの食べるのも久しぶりのような気がするなぁ;-)。体調悪くて食べなかった。と、いうのではなく、いつも行っている店では食べることがなかった。という感じなんですけどもね;-)。

IMG_4345_ohsk_tntk_3

サッパリめの味噌味です。一緒に行った友人は七味をドバドバかけていました。僕は刺身三点盛りに載っていたニンニクとショウガでアジを変えつつ楽しむのでありました。

 
それにしても久しぶりに来た行きつけのお店ではないもつ焼き屋さん。そして大塚。中々良い感じですねぇ。それでは二軒目に参りましょうかねぇ;-)。

あ。今回一緒に行った友人は中学まで大塚に住んでいたそうで、この辺りには詳しそうなので、あとを付いていくことにします;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.733630º N
Longitude: 139.726645º E
Map: 35.733630,139.726645

6月 11

とうきょうスカイツリー。世界ビール博物館。

今日は以前、『業平橋駅』と呼ばれていたところに来ました。今は『とうきょうスカイツリー駅』と名前が変わっていますが、このブログでその駅名が登場するのは多分初めてだと思われます。

ってくらい、最近は押上やこの辺りには飲みに行ってなかった。と、いうことなのですねぇf(^^;;。

時代は変わり、今はスカイツリーができていますが、今回はその下のビルの中にあるお店に行きました。もう暑い季節になりつつあるので、ビールでも飲むかねぇ。と、いうことになったのであります。
スカイツリーの下の建物の中の7Fにあるお店ですね。「世界ビール博物館」。

一緒に行った人が『割引券あるので行こうよ。』と、いうことで行ったのですが、外国のビールを出してくれるお店に行くと、気がついたときには一人分の料金が8,000yen近くなっていた。と、いうことが多々あるのですが、普段は、そんなことは気にして飲まないのでまぁ。良いかぁ;-)。

今回はほぼ開店と同時ですが、10分程度遅れた11:10に店内に入りました。店内に入ると人はほぼいないのですが、テラス席の日陰の部分には人がドドドといました。昼間はやはり、外で飲みたいですねぇ;-)。今回は一番線路側(あ。東武スカイツリーラインです)の日陰のテーブル席に案内してもらいました。日向はどえりゃぁ暑いんだけど、この席は日陰で風が爽やかに吹き抜けていきます。いやぁ。特等席だぁ;-)。

IMG_4293_sky_wbm_1

このお店は世界の色々なビールがあるのでどれを飲んだら良いか悩みます。最初の一杯は500mlの生ビールを注文しました。『フランツィスカーナー ヴァイスビア』という名です。ドイツのビールです。
国産の生ビール500mlだとあっという間に終わってしまう感じですが、ここのはグラスが縦に長い。白く濁っているビールで、こーいう味、僕好きです。

一緒に行った人はホッピーを注文しました。あ、ホッピーといっても、ちゃんとビールです;-)。

IMG_4268_sky_wbm_2

ラベルにはちゃんと”HOPPY”と書いてあるんですね。『カスティール ホッピー』という名らしいです。こちらは瓶ビールでした。

さてと。料理は最初はニシンのカルパッチョと鉄板焼を注文しました。鉄板焼は牛と羊をチョイス。あとは出てくるが楽しみです。

まず最初にニシンのカルパッチョが出てきました。が、写真はありません。
やっぱりこーいうのはビールに良い感じだよねぇ。早く出てくるしねぇ。と、いうことで早速ビールのつまみに頂きます。
自分で釣ってきた魚でシメ鯖を作る僕ですが、ここで出てきたニシンは身の奥まで酢が染み渡っている割にはアブラが多くて見が柔らかくて美味しいですねぇ。

そして、次にいよいよ鉄板焼が出てきました。正確なメニューの名前は『バーベキュー スキュアー』というようです。
最初、熱い鉄板ノミが出てくるのですが、そのあと串に刺さった野菜やパイナップル・ソーセージ・肉が鉄板の上に落とされ、並べられていきます。

料理はエビ・カジキ・トリ・牛肉・羊の中から二種類選べます。今回は牛肉と羊肉を選択しました。

IMG_4278_sky_wbm_3

牛肉はちょっと大きめ。羊肉のブロックというか、かたまりがドドンと盛られ、ジュージューいっているうちに切り取ってビールのおつまみにするのであります。見応え及び食べ応え十分です。僕はなんかひ久しぶりに肉のカタマリを食べたような気がしますf(^^;;。
シシトウは辛かった・・。うひっ!!

 
このあと、更に何種類課のビールを頂きます。一杯目に500mlの大きな生ビールを飲んだのですが、色々な種類を飲みたいので今度は300ml程度の量で何種類か頂きました。ドイツ・ベルギー・チェコ・アメリカなど、色々なビールを楽しむのであります。

IMG_4285_sky_wbm_4

このビールは『ブルックス ゾット ブロンド』というヤツです。味よりもピエロの絵のほうがインパクトあってそっちばかり覚えていますf(^^;;。

そして、美味しいビールがあるのでもう一品何か食べようとなり、フィッシュアンドチップを注文。白身魚のフリッターとポテトフライです。するっていとイギリスのビールを飲みたくなるねぇ。などと思いつつ、風に吹かれつつビールを頂くであります。

 
今日は11:00くらいからの昼飲み。そして大体二時間程度飲んだり食べたりで、楽しいお昼ご飯を頂いたのであります。

このあと、次の店(このブログに適したお店;-)に行くには時間がまだ早すぎるのでとりあえずは曳舟駅まで歩き、そこから亀戸まで電車で行って、どこか良い感じのお店があれば入ろうかと思ったのですが、特には無いのでそのまま帰投。と、いう感じだったのでありました。

いやぁ。昼飲みの、世界のビールなんだかんだ言って、度数の高いビールも飲んだのでそこはかとなく酔って、ほろ酔いな一日だったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.710517º N
Longitude: 139.812190º E
Map: 35.710517,139.812190

6月 01

ご無沙汰しております。

最近はめっきりと更新が少なくなりました。やはり10年は持たなかったかぁ?というような感じではありますがf(^^;;。

別に酒は飲んでないワケではなく、飲んではいるのですが、あちこち飲み歩かなくなった。と、いうことが多いですね。

と、いうことでネタもなくなっていく。

最近は2,3の店に行ってそこで飲んだり、お客さん同士で話したりして、無理してあちこちの飲み屋さんを探す必要もないのかなぁ。などとも思えているんですけどもね。

 
と、いうことで、酒は飲んでいるのですが、飲み歩かなくなった分、去年の11月頃から体重がガクンと落ちました。大体5kgくらい;-)。

時期的には自転車で足立区の銭湯巡りをしていた頃からと一致しているのですが、風呂に入って自転車こいでいると痩せるんかな?などとも思えたのですが、そもそも、飲み歩かなくなったので煮込みとかもつ焼きを食べる機会が少なくなったのが、主な原因なのではないか?と思えてきました。

以前であれば、もつ焼き屋さんに入って『瓶ビールください。』『煮込みください。』から始まっていたのですが、今は、瓶ビールは飲むけど一品目はもろきゅうとか、ピーマン焼き、しいたけ焼きなどを食べるようになりました。

いつも行っているお店に行くと、煮込みを注文する必要が無いんですね。それが一番大きいのかもしれません。

 
と、いうことで、もつ焼き屋さん巡りをしなくなって、いつものお店に行くようになったおかげでずいぶんと健康的な体になって来たような気がします。

この先、このブログはどうなって行くのでありましょうか・・f(^^;;。

3月 27

桐生市。そばよし。

今日は群馬県の桐生市に来ました。館林・赤城辺り散策で、桐生に寄った。と、いう感じなんですけども。時間的にはお昼の時間、何か食べましょうかねぇ。と、なってのでありますが、桐生と言えばうどんが有名ですね。俗に『上州の三大うどん』などと呼ばれているくらいですが、三大というのはどこだ? というと水沢・館林・桐生がその地です。

以前に水沢うどんは食べたことはあり「三升屋」を掲載したことがあります。今回三大うどんの二つ目の桐生でうどんを食べます。

桐生のうどんといえば幅が広い『ひもかわ』と、よばれるうどんですよね。どんなものなのか、僕も食べてみたくなりました;-)。

まず一番最初に行ったのは「藤屋」と呼ばれる桐生市内では一番有名だそうなうどん屋さん本店です。開店が11:30からなのですが、11:20くらいに着いて、確実に店内に入れそうな気配があったのですが、順番待ちの名前を書くところに『本日のメニューはひも川うどんのみです。』と張り紙があったので断念しました。

まぁ、お客さんが大挙してやってくるであろう日曜日に行った僕も悪いんだけど、メニューが選べないなら無理してこのお店で食べなくてもいーやぁ。みたいな気分になります;-(。

なので、移動。時間はたんまりあるのでまずは上毛電気鉄道の西桐生駅を見学しました。

その後再度移動し、今回うどんを食べたのは「そばよし」という、最寄り駅的には上毛電鉄天王宿駅から徒歩10分程度の距離にあるお店です。

IMG_3733_kiryu_smys_1

お店には駐車場があったのでそこに車を止めて店内に入ります(電車では行ってないf(^^;;)。テーブル席三つと小上がりの席三つそして、入り口右側に個室がありました。
お昼どきの12:30ころに行ったのですが、一個だけ空いていたテーブル席に着席し、メニューを確認します。セットメニューとかは特に無いようなのでメニューから選択します。

今回は二人で行ったので、僕は大盛りひもかわ(フツーに言うと『もりうどんの大盛りでうどんではなく、ひもかわをお願いします。』となります;-)、もう一人はかけうどんのひもかわを注文しました。

メニューを見ていたら『ちょっと物足りない方におすすめ』というのがあり、ハーフ丼があります。迷わず、ソースカツ丼のハーフをお願いします。と追加しました。一軒目に行こうとしたお店だと、多分こーいう注文はできなかったんだろうなぁ。などと思いつつ、あとは出てくるのを待つだけですね;-)。

まず最初に大盛りひもかわです。別にセットでははなですが、ソースカツ丼が一緒のお盆に載っております。ずいぶんと豪華に見えますね;-)。あ。うどんとソースカツ丼を注文すると、漬け物とサラダが付いて来ます。セットメニューみたいな感じですね;-)。

IMG_3731_kiryu_smys_3

そして、こちらはかけひもかわです。

IMG_3729_kiryu_smys_2

初めて見て食べるひもかわですが、このお店のひもかわの幅は3-4,5cmほどあるでしょうか。幅は確かに太いっ!! 厚さは蕎麦みたいな感じで、厚くはないです。ザルからひもかわを取ってそば猪口に入れようとするとあまりにも長いので驚きました。
箸で持ってズズズと天高くに持ち上げないとそば猪口に入りません。その前にザルの上で重なり合っているので持ち上げることすら不可能な状態なのでありますf(^^;;。

幅はあるんだけど蕎麦のように薄いのでは歯ごたえのようなものは無いですが、なんと表現したら良いのだろう・・。食べたことないんだけど、かんすいの入ってないワンタンの皮のみ。って感じでしょうか。うーむ。変な例えだf(^^;;。

かけひもかわですが、こちらは湯がいたあと一旦煮込んであるような雰囲気がします。盛りひもかわよりも柔らかくてひもかわにほんのり色が付いている感じでした。これを注文した人は、まるですいとんのようだ。と申しておりました。僕はそーは思わなかっんですけどね。ただ、やはり今までに食べたことのないうどんでした;-)。

さてと。ハーフとは言え二個のカツが載ったソースカツ丼ですが、うちの実家でかーちゃんが作ってくれるヤツはキャベツの千切りがあったのですが、ここのはありません。ミニだからかもしれませんが。

そして、一口食べたソースカツですが、うめぇ!? が素直な感想です。いやぁ。久しぶりにうまいカツ丼を食べたと思いました。肉は多分ヒレカツだと思います。美味しいなぁ。いやぁ。このお店に来てよかったなぁ。さっき寄ったところだと食べられなかったもんなぁ。などと思いつつ美味しく頂くのでありました;-)。

 
JR桐生駅の中には観光案内所のようなモノがあるので、そこには桐生市内で食べられるうどん屋さんの小冊子があるのでそれで市内のうどん屋さんの場所と、ひもかわがあるかないか、ソースカツ丼があるかはないかわかるので、駅でもらってくるのが良いかと思われます。

今回はできたらソースカツ丼も合わせて食べたいなぁ。と思ったので、一番の、行列は必死と言われている人気店ははずしたのでありました。それはそれで正解だったぁ;-)。

 
『上州の三大うどん』は二個目を制覇、あとは館林が残っております;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 36.417598º N
Longitude: 139.304415º E
Map: 36.417598,139.304415

3月 13

入谷。大勝軒。(3)

今日は、釣り仲間と釣具屋さんに来ました。僕は前回釣りに行ったとき、竿のあんばいが良くなかったので、新しいのが欲しいなぁ。などと思い、そして、購入してしまいました。次回釣りに行くときは大漁だぁ。などと思いつつ楽しみにしているんですけども;-)。

で、新しく釣り竿を購入し、一緒に行った人と『それではラーメンでも食べて行くかねぇ。』などとなり、久しぶりにあのお店に行きました。

入谷にある大盛りなラーメンを食べられるお店ですね。「大勝軒」の入谷店。

このブログでは今回が三回目の登場です。前回登場したのは2012年10月ですね。このお店は釣具屋さんに行ったあとに寄るパターンが多いです。

IMG_3680_iry_tiskn3_1

入り口のトビラを開けると券売機があるのでそこでラーメンの券と大盛りの券を購入します。一緒に行った人はフツー盛りの券を購入していました。
券は店員さんに渡し、空いている席に着席し、あとは出てくるのを待つばかりなのであります。が・・。

出て来たラーメンはこんな感じ。

IMG_3678_iry_tiskn3_2

なんかねぇ・・。見た感じからして、前回食べた時のラーメンとは違うんですよ・・。麺がスープから大量に飛び出ている・・。あれぇ?スープの量が随分すくなくね? が第一印象。

麺はちょっと柔らかいし、そもそも、スープの味が・・。orz
魚介系の風味は薄いし、アブラの量が少ないし、味は薄いしで、インパクトまるで無しのラーメンになっている・・。そして、実は値段も多少上がっているようだし・・。

このお店には3,4回一緒に来ていた、今回一緒に行った人も『あれ?大勝軒のラーメンてこんな味だったっけぇ?』などと首をかしげていました。

 
「大勝軒」て、確か分裂して二つのグループに分かれたんだっけか? このお店もその影響で味が変わったのかな? それとも、今回行ったらたまたまたこんな味だったのかな? (時間的には13:00ちょっと回った辺りに行ったので、もうスープがない。と、いう時間帯ではないはずだけど・・。日曜日だからかな?)

今回行ったのがたまたまたハズレだったら良いのですが・・。次回に期待。スープの量はもっと多くして欲しい(もとの量に戻して欲しい;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.719653º N
Longitude:139.787700º E
Map: 35.719653,139.787700

3月 12

西新井。八潮。

今日はさぶいですね。非常にさぶい。そんな日は銭湯に行くのであります。足立区内の銭湯巡りをしているのですが、今回は「星谷浴泉」というところに行って来ました。非常にわかりにくいところにあり、地図を頼りにたどり着きます。そして、最寄り駅からはずいぶんと遠いところにあるので歩いて行くのも大変でした。

が、しかし、さぶい日に大きなお風呂に入って温まり、その後は自転車で帰るのですが、風呂上がりの一杯。と、いうことでビールを飲めるお店を探すのでありました。

そんなこんなでたどり着いたのが今回のお店。「八潮」。お店ののれんには「大衆酒場 八潮」と書かれています。

IMG_3671_nsari_8shio_1

のれんが二つかかっているのですが、右側のほうにトビラがあるのでそちらから入るのであります。
今回行ったのた風呂上がりなので17:30くらいでしょうか。お客さんは僕一人しかいませんでした。最後まで結局僕一人でしたf(^^;;。

 
カウンターに着席し、瓶ビールを注文しました。瓶ビールはキリンラガーの大瓶が出て来ました。うひょひょ。風呂上がりには苦いビールでぷはーっ!!だぁ。などと嬉しくなってしまいました。”駆けつけ三杯”という言葉がありますが、ゴクゴクと頂くのでありました;-)。

さてと。ノドが一段落したので料理を注文します。カウンターの正面の黒板に書いてあるのでその中から注文します。まずは煮込みを。
お鍋に移してガスで暖めたのが出て来ました。あら。ちょっとシブい。器ではなく、お皿に載って手出て来ましたね;-)。

IMG_3672_nsari_8shio_2

中にはガツ・シロ・こんにゃくが入っております。うーむ。個人的には随分と久しぶりの煮込みだぁ。などと思いつつ頂くのでありますが、そんなことはないか。見た感じ白い煮込みでお皿に出て来たのでそー思ったのかな? f(^^;;。

続いて注文したのはトリ南蛮です。注文したあと、店員さん(お母さんと息子さんかな? お二人でやっているようです)がなにやら色々動き回っているのですが、出て来た料理はこんな感じ。

IMG_3674_nsari_8shio_3

想像したのは焼いた鳥肉を甘カラ仕立てネギ乗せ。を想像したのですが、揚げ物でしたかー。これは予想外でした。お客さんが一人しかいないのに油を使わせてしまい、申し訳ない気分です。

雰囲気的には一口チキンカツに南蛮のタレをかけたような雰囲気で、野菜もそこそこあるので食べ応えアリです;-)。

 
あ。飲み物は既に瓶ビールが終わり、ホッピーに移行しております。このお店のホッピーは大きなジョッキにドドドと注がれたヤツが出てくるので瓶は無しです。ゴプゴプと飲める雰囲気です;-)。

 
そんなこんなで約一時間。このお店で風呂上がりのひとときを満喫したのでありました。お店の料理は手頃な値段で中々良い感じです。その割には他のお客さんが居ませんでしたが。

実は僕は、このお店は二回目なのであります。前回は6,7年くらい前に一回来ているんですね。けど、そのときのお話はここには書かなかったんですけども。

前回来た時はドドドと地元のおとっつあんたちがいて大変に活気があるお店だった印象があるので、今回はたまたま空いているときに僕が行った。と、いうことなのでしょぅかねぇ。今日はさぶかったし。

と、いうことで銭湯帰りに一杯。と、いう感じで寄った久しぶりのお店だったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.771809º N
Longitude: 139.780397º E
Map: 35.771809,139.780397

3月 05

谷在家。まんぷく亭。

東京の北部を走る鉄道(のようなもの、それは日暮里・舎人ライナーと言うんですけども)の沿線は自転車で良く走るのですが、そこで見つけたラーメン屋さんにちょっと行ってみました。

日暮里・舎人ライナーの谷在家駅から鹿浜方面にちょっと入った辺りにある中華料理屋さんです。「まんぷく亭」。

端から見ても、住宅街の十字路(正確にはT字路か)のかどっこにあって外からガラスの店内を覗いてもお客さんはそんなにいるようには見えない(失礼っ!!)ので『このお店大丈夫かな?』などと思い何回か前を通ったのですが、いよいよお店に入ってラーメン大盛りを注文してみました。

IMG_3424_yzik_mnphti_1

僕が行った時間は13:00くらいでしょうかね。年内には三名のお客さんがいました。テーブル席は複数人で来たお客さんのために取っといて、僕はカウンターに着席しました。
厨房とカウンターの間にはガラスのトビラがあるのでカウンターに座ると厨房が一望できます。

水が出てきたので『ラーメン大盛りください。』と、言いあとは出てくるのを待つのみですが、厨房の風景を眺めつつ出てくるのを待つことができるのは中々面白い;-)。

で、フッと気がついた。ここのラーメンの麺は浅草の開化楼の麺を使っているのね。スゲっ。などと発見します。住宅街の中にぽつんとある中華料理屋さんが開化楼の麺を使ったラーメンを出してくれるのかぁ。など、これまた大変失礼なことを思いつつ出てくるのを待つわけですねf(^^;;。

で、出てきたラーメンはこんな感じ。

IMG_3422_yzik_mnphti_2

大盛りです。雰囲気的には中華料理っぽいラーメンですね。多分上に菜っ葉が乗っているからなのかも知れません;-)。ネギはみじん切りのすごい細かいのが入っているのが特徴というか珍しいくらいに細かいですね。
ズルズルと麺を頂きますが『なるほどー。やっぱり開化楼の麺は美味いねぇ。』など、僕ののような人間がそこまでは解るはずもなく、ただ『うん。麺の茹で方がちょうど良くでこの麺はちょっと縮れていて美味しいねぇ。』など考えるのが関の山なのであります(^^;;。

スープは中華料理屋さんのラーメンの味ですが、ちょっと薄味でアブラも薄い感じでしょうかね。フツーに美味しい中華屋さんのラーメンなのであります;-)。

 
それにしてもこのお店、店内は空いているなぁ。と思っても厨房ではお店の人がずっと動きまわっております。そして、オカモチをもった人が絶えず出たり入ったりしているので、なるほど。出前が大人気のお店なのね。わざわざ店内で食べなくとも、家でこの味が食べられるのね。と、いうことが解りました。

僕の住んでいるところまでは多分出前はしてくれないと思うので、僕はこのお店に食べに来る必要が、多分あるんだと思います;-)。

フラッと入ったお店ですが、中々良い感じのお店なのでありました。

 
あ。最後にメニューについてちょっと書いておきます。今回僕が食べたラーメンは500yen、大盛りは100yen増しの600yen。だけど、メニューには”素ラーメン 350yen”というのがありました。”素ラーメン”というのは多分スープ・ネギ・麺のみのなのだろうなぁ。と思うのですが、次回挑戦してみたいわうな気がしないでもありません;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.787614º N
Longitude: 139.766221º E
Map: 35.787614,139.766221

2月 28

亀有。肉の万世。(亀有店)。

環七沿いにあるお店です。フツーファミレスとは違ってちょっと高級でしょうか。あ。個人的な感想ですが(^^;;。

最寄り駅はJR総武線の亀有駅ですが、環七沿いにあるお店に行きました。「肉の万世」。

「肉の万世」と言えば秋葉原のお店が有名で、過去に一回だけ(レストランのほう)行ったことがあります。今回は亀有の街道沿いにあるファミリーレストラン風の「肉の万世」に行ってきました。

IMG_3617_kmar_nknmns_1

お店に着いたのは大体12:40くらい。一番混んでいる時間帯にたどり着いた。と、いうことですね。入り口でボタンを押して予約します。あとはお店の人が順番に呼んでくれるのでひたすら待ちます。大体八組くらい待ったでしょうか。時間にして20分くらい。呼ばれたのでそのままズズズと奥に行くのでありました。

テーブルに着席し、メニューを見ます。defaultのメニューとランチメニューがありましたが、今回はランチメニューからチョイスしました。ランチメニューはレギュラーメニューよりはちょっと安くて16:00まで有効なようです。

今回は二人で行ったので、メニューから選んだのは二品。ハンバーグとステーキの盛り合わせと、ハンバーグとトンカツの盛り合わせ。色々食べたいじゃん。と、いうとこーいうのになってしまうのでありますf(^^;;。
ランチの場合はご飯(おかわり自由。もっと心ときめく言葉で言うと食べ放題;-)と豚汁が付きます。漬物は出ないんだねぇ。あ。定食屋さんではないので当たり前かf(^^;;。

混んでいるので、しばし待って出てきました。その間に水をガブガブと飲んだりしましたが;-)。まずはハンバークとトンカツの盛り合わせです。

IMG_3611kmar_nknmns_2

鉄板の上に乗っています。ジュージュー音がしますが、トンカツの下にはスパゲティが。それにしても「肉の万世」でトンカツってのはちょっと違和感があるような気がしないでもありません。ソースをかけて頂きます。
ハンバーグのほうは180gのヤツをお願いしたのでちょっと贅沢ですね。

でもってこちらがハンバーグとステーキの盛り合わせです。

IMG_3613kmar_nknmns_3

ステーキは醤油風味のタレにしました。そして、ステーキの焼き加減はミディアムレアです。ステーキの量は確か70g、ハンバークは120gだった気がします。

ハンバーグはどちらも同じ味でした。ステーキは口の中に入れるとトロケるのでかなり美味しかったです。たまにはこーいう美味しいお肉を食べるのも良いですねぇ。
焼き肉で食べることはたまにあるのですが、ステーキで美味しいお肉を食べたのはなんか久しぶりでしたf(^^;;。

あ。今回は車でお店に行ったのでお酒は抜きです。その点がちょっと悲しいところかな。けどもまぁ、しょーがない。

 
今回行ったお店は環七沿いにあるので車で移動する場合には良く前を通るのですが、今回初めて入りました。『「肉の万世」と言えば秋葉原だろぉ。』って話もありますが、郊外にある「肉の万世」はこんな感じなんだなぁ。と、いうのが解りました。今度アキバに行った時にはちょっと寄ってこよう;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.770671º N
Longitude: 139.848296º E
Map: 35.770671,139.848296

2月 09

大塚。加賀屋。

今日は大塚に来ました。大塚で一杯やることが目的なのであります。一軒目はサクっと軽く飲み、二軒目に目指すお店にでかけたのですが、行く目的であったお店が予約で満員で入れない。と、いうのでその場で酒場難民決定。
しかし、前回来たときに大塚界隈の飲み屋さんは把握したので、引き続きテクテクと飲み屋街を目指すのであります。

前回確認したお店に行きます。「加賀屋」。の大塚店。

この街にも「加賀屋」があるのですねぇ。前回大塚に来たときにはすぐ目の前の「晩杯屋」と、いうお店に行きましたが、今回は「加賀屋」です。

IMG_3485_otsuk_kgy_1

入り口のトビラを開けると店員さんが『カウンターしか空いてませんが大丈夫ですか?』とのことでしたが、全然問題ありません。カウンターに着席し、ホッピーを注文しました。

カウンターの前にはホワイトボードがあり、本日のおすすめが書かれています。ホタルイカのたたみ焼きという珍しいのがあったのでそれを注文しました。そして煮込みも。

ホッピーが出てきたあと、軽く喉を潤しているとまずは煮込みが出てきました。出てきたのはこんな感じです。

IMG_3476_otsuk_kgy_2

「加賀屋」と言えば煮込みだよねぇ。と、いうことで、注文しますが、このお店の煮込みはネギの量が多いですね。味は味噌味ですが、僕的にはちょっと薄めでした。が、コクがあって美味しいです。そしてモツはプルンプルン。体に良い煮込みですね;-)。

でもって出てきました。ホタルイカのたたみ焼き。見た感じはこんなふうです。

IMG_3478_otsuk_kgy_3

何匹かのホタルイカが集まってグシャっと潰れて板状になったヤツが炙られて出てきました。雰囲気的にはタタミイワシのような感じでしょうかね。手で引きちぎって一個づつマヨネーズを付けて頂きました。
味は濃い目なので、多分ホタルイカの沖漬けを乾燥させたのだろうなぁ。と思うのですが、初めての体験でした。中々美味しいです。

このホタルイカのたたみ焼きを手で引きちぎっていると指などにラー油のような色の液体が付くんですね。なんだろ? これ?とか思っておしぼりで拭いていたら、店員さんが『この料理は中から汁がでてくるんでよね。』とか、言いつつ、片手に新しいおしぼりを持っていてサクッと手元の汚れたのと交換してくれました。
こーいうサービスがうれしいですねぇ。思わず感動してしまいました;-)。

このあとはホッピーを継続して頂き、串焼きはカシラと鶉の卵を頂きました。カシラは美味しい。さすがは「加賀屋」ですねぇ;-)。

 
と、いうことで今回初めて訪れた大塚駅にある「加賀屋」ですが、去年は集中して「加賀屋」に行っていたので今年もか?などと思うのですが、まぁ、今年初めて掲載する加賀屋なのでありました。

このお店、入り口は狭いですが、お店はズズズと奥の方まで続いています。細くて奥までひたすら長い「加賀屋」。

そして、店員さんの対応が穏やかでサービス満点で中々良い感じの「加賀屋」だったのでありました。

 
GPSポイント
Latitude: 35.732878º N
Longitude: 139.728154º E
Map: 35.732878,139.728154