10月 11

高山村。高山亭。

実家は長野県須坂市。今回取り上げるのは高山村です。カテゴリー的には小布施町と高山村は一つになっていますが、正確には長野県上高井郡高山村と小布施町になります。

で、休みの日の午前中に山田温泉に行ってきました。ゆっくり、どふっぷり浸かってきたので中々気持ちが良かったのであります。

そんでもってその帰りにお昼にラーメンにするか、おそばにするか迷ったのですが、以前から前だけ通り過ぎる有名なおそば屋さんに、今回は寄ってみることにしました。「高山亭」。

高山村にある「高山亭」ですが「こうざんてい」と読みます;-)。なんか、長野県を対象にしたミシュランみたいな感じの本があるらしいのですが、そこにエントリーされているお店です。

IMG_0195_tkym_kznt_1.jpg

お店の作りは「蔵の町」っぽいであります。12:40位に行ったので確かに随分と混んでいましたが、タイミングが良かったせいか待つこともなくお座敷の席に通されたのでありました。

今回は二人で行ったのですが、おのおのが自分の好きなのを注文することにしました。が、一個はざるそば二倍(“こうざん盛りそば”)、もう一個は秋のランチセット”もみじセット”にしました。

出てくるまでしばし待ちます。きょろきょろしたりメニューをただ眺めているんですけどもね。それにしてもさすがは北信地方の有名なそば屋さんだけあって、七味唐辛子はちゃんと”善光寺七味”があるんですねぇ。;-)。などと関心しております。が、出てきたようです。

IMG_0204_tkym_kznt_3.jpg

こちらはランチセット。そばと天ぷら、漬け物と後、松茸ご飯があります。左下のフタの乗っているのが松茸ご飯ですが、失敗しました。写真撮る時にフタを取るの忘れてしまいましたf(^^;;。が、しかしっ!!食べる時にフタをとったらぷーんと松茸の風味が辺り一帯に漂うのでありました。これはすばらしい。 今年の初物です;-)。

でもってこちらがこうざん盛りそば。

IMG_0206_tkym_kznt_2.jpg

そば二倍というのとなので、ザルと言うかせいろが二段で出てくるのかと思ったらっ!!こらまた随分とでかいざるの上に山盛りでそばが出てきました。比較のためにお箸を置いてありますが。うひーっ!!(@_o) って感じの量です。

ランチは980yen、こうざん盛りそばは800yenなので、決して観光地の値段と言うこは無いと思います。げんにそばは盛りがすごーく多いような気がします。

そばの味はスルスルスルっとノドを通っていく感じで美味いです。多分2:8よりもそば粉は少ないんじゃないかなぁ。と言う感じがしますが、つなぎに何を使っているかはちょっと解らないので、僕のこの考えは十分に外れている可能性大です;-)。雰囲気的には日本酒で例えると純米酒も美味いけど、ちょっとアルコール添加したお酒は飲みやすいでしょ。みたいなかなぁ。この気持ち、解ってもらえます?

美味しいし、食べやすいのでどんどん行ってしまうんだけど、いやはや二倍盛りの量が多いので嬉しいかぎりなのでありました。美味いそば屋に行って、三回くらい箸を出したらもうおしまい。ってんじゃなくて、とことん食べさせてくれるおそば屋さんだったのでありました。

さてと。午後は家(実家)に帰って、やることたくさんあるぞぉ。

GPSポイント
Latitude: 36.665940º N
Longitude: 138.344607º E
Map: 36.665940,138.344607

9月 18

花巻。金婚亭。

さてと。花巻に行って、一軒目のお店で早速カウンターパンチを食らいます。観光案内所のお姉さんからもらったパンフレットを頼りに一人でもわんこそばができそうなお店に電話で確認しますが「大丈夫ですよ。」というお言葉を頂いたのでそこに行くでありました。

捨てて踏みにじる神あれば拾う神ありとはまさしくこのことでしょうか;-P。自称ホッピー友の会会長が悔しそうにしていて今にも泣きそうだったので本当に助かりました。向かったお店は「金婚亭」。

お店は花巻空港ICのそばのR4沿いにあるけっこうおおきなお店で、バスツアーの団体さんなんかが訪れるお店です。

素直に書きます。最初は色々な意味で「大丈夫かな?」と思ってしまいましたf(^^;;。

IMG_3173_hnmk_knknt_1.jpg

一階の奥に食堂があります。二階は団体さんの昼食用の食堂があるみたいで、僕ら二人は一階の食堂に行き「一人は盛りそば、一人はわんこそばに挑戦したいのですが大丈夫ですか?」とお店の人に言いました。「確認してくるのでちょっとお待ちください。」その後しばらくして「準備に15分ほどかかりますが大丈夫ですか?」と言うことで一人でもわんこそばがチャレンジできることになりました。嬉しいですねぇ。

IMG_3174_hnmk_knknt_2.jpg

準備ができるまでしばし待ちます。自称ホッピー友の会会長はそれはもう大喜びですが、併せて緊張で顔が引きつってきたようですf(^^;;。で、お店の人が「準備が整いましたのでそれではこちらへどうぞ。」と二階に連れて行ってくれます。

なんとっ!!わんこそばは団体さんと一緒の食堂でチャレンジするのだそうです。団体さんが昼食をたべているテーブルからちょっと離れたところで自称ホッピー友の会会長は頑張るのであります。題して「全日本一人わんこそば選手権大会」。って感じでしょうか。でもってギャラリーがすごいたくさんいるんです。団体旅行で昼食食べている人が一斉に自称ホッピー友の会会長に注目するわけです。

僕はその横で盛りそばを食べつつ取材に徹するワケですが、ある意味、僕のほうが恥ずかしいのかな・・f(^^;;。最初は恥ずかしいと思うのですが、そのうちに声援を頂けたりします。こーいうのもなんか面白いかも;-)。

IMG_3142_hnmk_knknt_3.jpg

これが食べるの一式です。薬味が随分と多いですね。あ。僕はもう既に一回チャレンジしているのでよーく知っているのですが。でもって左のおおきな器は残った汁をあけるためにあります。

と、言うことでいよいよ戦いの火ぶたが切って落とされたわけであります;-)。テーブルの前ではお店の人が次々におわんの中にそばを入れてくれます。でもってそれを自称ホッピー友の会会長が食べていくわけです。昼食中の団体さんは自分のごはんを食べるのも忘れて、この「全日本一人わんこそば選手権大会」を注視しているわけです。ときどきおじいさんがやって来て「がんばれー。」などと声援を送ってくれます;-)。いやー。嬉しいですねぇ。

おそばを入れてくださる店員さんは、わんこそばの由来とか歴史とか説明してくださり、それを聞きながら食べるのもまた良いのであります。すごーい良い雰囲気の中で食べ進むのであります;-)。

が・・。最初は絶好調で飛ばしていた自称ホッピー友の会会長も50杯辺りからペースが落ちて、結局84杯でこの選手権大会は終了したのでありました。

IMG_3167_hnmk_knknt_4.jpg

ここのお店では食べたお椀がちゃんと目の前に形となって残るので嬉しいですね。お店の人も一目で分かるし。僕が以前チャレンジした「嘉司屋」(今回行ったけど、断られたお店ですね)では自分の食べた数はマッチ棒を右から左に動かして自分で管理する必要があったので、そんなことは正確にできるワケもなく。と、考えるとこっちのほうがシステム的には優れているかなぁ。と思った次第です。

それにしても戦い終えた自称ホッピー友の会会長、その後はまるで力石と戦った矢吹ジョーのごとく放心状態となっていたのが印象的でした。お疲れ様でした。

それにしても、一回奈落の底に落とされた花巻、最後は満足・満腹で後にするのでありました。東北の旅も、この後の仙台でいよいよフィナーレです;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.415043º N
Longitude: 141.126573º E
Map: 39.415043,141.126573

9月 17

花巻。嘉司屋。

東北の旅もそろそろ佳境に入ってきました。花巻でわんこそばにチャレンジするんだー。と自称ホッピー友の会会長は前日の晩ご飯もセーブして、朝ご飯も抜いて花巻入りしました。

ちなみに花巻に入ったのは09/10の金曜日です。この日から花巻市内はお祭りだったようですが、その情報、僕らは仕入れて無くて、ただ単に「わんこそば食べるぜい。」って感じで花巻に乗り込んだのでありました;-)。

その昔、バイクで東北一周のツーリングをした時に行ったお店「嘉司屋」に目星を付けて、今回も開店前(11:00五分前くらいかな)から行ったのでありました。僕は前回既にこのお店でわんこそばを体験しているので、自称ホッピー友の会会長のみがわんこそばに挑戦し、僕は「もりそばでも食べるべ。」とか思っていたので、僕だけは朝ご飯にわさびそばを食べていたわけです。

で、実際にお店に行って、「わんこそば一人お願いしたいんですが。」と声をかけたわけです。

このお店です。

IMG_3138_hnmh_kjy_1.jpg

するとお店の人は「すみません。わんこそばは二人からなんです。」と言います。あれ?数年前に来た時は僕一人でもわんこそばやってくれたんだけど・・。なんか、イメージが違うので一旦店の外に出ます。僕は既にそば一杯食べているのでわんこそばやっても負ける確率が高い・・。

一旦はわんこそばをあきらめて仙台に向かおうかと思ったんだけど、自称ホッピー友の会会長があきらめきれない様子で、くやしそうな顔をしているので「それなら駅にある観光案内所で他のお店を紹介してもらおう。」と言うことになり、駅を目指すのであります。

で、観光案内所のお姉さんに「一人でもわんこそばできるお店教えてください。」って言ったら、この「嘉司屋」を勧めます。僕がそのお姉さんに「あ。いや。さっきそこに行ったら、一人だとダメだと言われて断られたんですよー。」と言ったら「おかしいですねぇ。ほらね。このパンフレットには一名様からでもOK。って書いてあるでしょ。私が電話して交渉してあげましょう。」と、なんとすばらしいことを言ってくれ、すかさずお店に電話してくれたのでありました。

個人的感想ですが、お祭りを知らずに行った僕らも悪いけど、このお店のおかげで花巻のイメージがガクンと落ちて(なんてったって、足立ナンバーの車が店の前に乗り付けたのにそれを門前払いするお店だからね)いたところに、この観光案内所のお姉さんがもとに戻してくれます;-)。パチパチパチ。

結局、電話に出てたお店の人はすげーイヤがっていたようですが、このお姉さんのごり押しでこのお店で一人でもわんこそばが食べられることになりました。が、再度お店を訪れ、丁寧にこちらから「もう結構ですので。」お断りました。店員さんはすげー喜んでいました。orz。

なんか、12:00から団体さんが入っていたようです。まぁ、そーいうのも全て見越して開店直後と言うか、開店前からお店に行っているんですけどね・・。

観光案内所でもらったパンフレットには花巻市内には全部で四つのお店でわんこそばが食べられるそうです。「やぶ屋本店」さんはパンフレットにちゃんと「二名様から」って書かれているので、こーいうのは良いですね。あきらめがつきます。一名様からOKよ。ってパンフレットに書かれているのに却下されるとは。トホホ。って感じだったのでありました・・。orz

と、言うことで、このお店「嘉司屋」に行く時には、何があっても事前に電話で確認することを強くお勧めいたします。

GPSポイント
Latitude: 39.385795º N
Longitude: 141.119814º E
Map: 39.385795,141.119814

9月 16

遠野。みやもり道の駅。

宮古でお昼に海鮮丼を食べた後、遠野に行きます。宮沢賢治の童話の世界を体験しようかと思った次第であります。

カッパ淵とかめがね橋をじっくりと眺めるのであります。

遠野の街道筋のスーパーでホヤとかカジキの刺身を買って遠野の道の駅で晩ご飯にするのですが、次の日、花巻方面に移動します。途中で休憩したのはみやもりの道の駅。ここで「銀河鉄道の夜」のめがね橋の写真を撮るのでありました。

IMG_3103_tono_wsbsb_1.jpg

で、朝ご飯がまだだったので、道の駅に「そば・うどん」のかんばんがあったのでそのお店で朝ご飯を食べることにしたのでありました。

IMG_3121_tono_wsbsb_2.jpg

お店は立ち食いそばチックな雰囲気です。で、メニューを見たら「わさびそば」って言うのがあるのでそれをたべることにしました。300yen。おそばはフツーの立ち食いそばチックな感じです。ただ、「わさびぞば」って言うのがどんなのか、非常に楽しみなのであります;-)。

出てきたのはこんな感じ。

IMG_3100_tono_wsbsb_3.jpg

天カスはオプションで好きなだけ乗せられます。が、まぁホドホドに;-)。それにしても「わさびそば」の正体とわ。ほー。わさびの茎が入っているのですね。わさびの茎はどうやって味付けしているんだろ?たまり漬けかなぁ?と、思うのですが、早速頂きましょうか。朝ご飯ですしねぇ;-)。

それにしても、実際に食べると辛いっ!!ツーンと鼻からわさびの風味が抜けます。なるほどー。わさびそばだ。これは七味唐辛子が必要ないですね。今回は温かいそばを食べたのですが、わさびの風味が残っていて、これはこれで美味いのでありました;-)。

この道の駅のある宮森辺りはわさびが名産になっているようで、その茎をうどんやそばに乗せて食べるんだそうです。つべたいおそば、温かいおそばのどちらにもあうんだそうです。へー。って感じでズルズルと頂いたのでありました。

さてとー。花巻に行ってわんこそば食べるぞー;-)。

GPSポイント
Latitude: 39.346146º N
Longitude: 141.351643º E
Map: 39.346146,141.351643

8月 30

渋谷。丸亀製麺。

今日は渋谷の道玄坂でお昼を食べます。最近(と言うかできてからもうだいぶ経つかな?)できた讃岐うどんのお店に行きます。

すぐ近所には「小麦房」があるのですが、それよりももうちょっと渋谷駅よりです。「丸亀製麺」。

お昼の12:00になるとドドドと行列ができます。僕は今回は12:03頃に行きました。うどんを注文して天ぷらをチョイスしてお勘定してもらう間がちょっと時間がかかるのみで店内にはまだたくさんの空席があるので余裕で座れるのであります;-)。

IMG_2773_mrgm_smn_1.jpg

今回注文したのは冷やしのかけうどんの大盛り。そこにゲソ天を乗せます。うひひひ。

IMG_2771_mrgm_smn_2.jpg

このお店は”冷やし”のかけうどんがあるのが嬉しいかな。つべたいぶっかけうどんの場合は醤油味になってしまうのだけど、冷やしかけうどんのはダシのきいたつゆで頂くことができるのでねぇ。

自由に上に載せられるのはネギ・ゴマ・ショウガ。自分の好きな分だけ上にドバドバのせるのであります;-)。

すぐ近所の「小麦房」と比較してしまうのは、それはそれでしょうがないんですが「小麦房」には鰹節があったのだけど、このお店には無い。値段はこっちのほうがちょっと安いかな。ゲソ天は「小麦房」のほうが大きくて美味い。

両方とも近いので切磋琢磨して頂きたいものです。お客さんとしては美味しいうどんが食べられるお店は多い方がよいですからねぇ;-)。

なんか二軒をハシゴすると四国香川にいるような感じになるのかな?するっていと飯野山はどこぜおっ!?

GPSポイント
Latitude: 35.658865º N
Longitude: 139.697835º E
Map: 35.658865,139.697835

7月 03

秋葉原。梅もと。

秋葉原へは、いつもなら東京メトロ千代田線の湯島駅からアプローチするのですが、今回は珍しく日比谷線から行ってみました。日比谷線秋葉原駅から地上に出たらおやまぁ。懐かしいお店が。

時間も大体お昼時。今日のお昼はここで頂くことにしましょう。「梅もと」。

IMG_2407_ummt_1.jpg

なんてことはない、街を歩けば時々みかける立ち食いそば屋さんなのでありますが・・。良いのです。僕的には随分と久しぶりなのだからっ!!

丼とソバのセットが500yenで食べられる。と言うのも中々魅力的です。今回はマグロ丼と冷やしソバのセットを頂くのであります。が、なんか今はキャンペーンをやっているみたいでソバ大盛り無料らしいです。では、大盛りにしてもらいましょう;-)。

IMG_2406_ummt_2.jpg

出てきたのはこんな感じでした。これが500yenで頂けるなんて幸せだなぁ。マグロ丼のほうは半分マグロで半分はとろろでした。するっていと「山かけ丼」って感じかな?なんて思いつつモグモグズルズルと頂くのでありました;-)。

さて。上にもチロっと書きましたが、このお店の名前は「梅もと」。その昔、中目黒にまだ「ばん」があった頃、中目黒の駅構内にこのお店があったんですね。で、「ばん」でしこたま飲んだ後、電車に揺られて帰るワケですが、その前についついソバとかラーメンを食べたくなるんです。そこでいっつも食べていたんですねぇ。

しかし、その中黒、街は随分と変わってしまい、はたまた駅構内には今はもう「梅もと」が無くなって随分と経つかと思います。そんな懐かしさもこもっている立ち食いそば屋さんだったのでありました;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.698519º N
Longitude: 139.775212º E
Map: 35.698519,139.775212

6月 12

東松戸。山田うどん。

今日はふらっと郊外に出かけてみました。で、その時にやじろべいの看板が随分と目に付いたので入ってみました。「山田うどん」。

今回入ったお店は「山田うどん」の松戸高塚店。東松戸の駅前にもあったんだけど、その次に見かけた看板のお店に入ることにしました。

僕自身、約20年ぶり位に入ります。以前入ったときは確かうどんが一杯150yenくらいでもっと小汚いと言うか、フツーの立ち食いうどん屋さん的なイメージを持っていたのですが、最近は「うどん一杯300yen」。と看板が出ていたりして「昔より随分高くなったよなぁ。」とか思いつつ、その割には随分とこぎれいなにったよなー。などと思っていたのですが、今回、ようやっと入る機会に恵まれました。まぁ、そんなに大げさなことでは無いのですが;-)。

IMG_2116_ymdudn_1.jpg

本当に雰囲気はファミレスちっくです。でもって行った時間がお昼時だったのでむちゃくちゃ混んでいるのであります。で、やはり今も昔も多分変わらないであろうは、お客さんは運ちゃんとか引っ越し屋さんが多いような気もしますし、以前は見かけなかった地元の人も来ているような感じで、昔の(自分の記憶に残る)雰囲気とは違うようなちょっと複雑な感じなのでありました;-)。

で、注文したのは つけ汁麺 と かき揚げ天丼とうどんのセット。

IMG_2119_ymdudn3.jpg

こちらがつけ汁麺で、そばをチョイスしてつけ麺みたいにズルズルと行くのでありました。ソバはまあ、立ち食いそば屋さんみたいなフニャフニャな麺です。まぁ、安いですしね。

でもってこっちがかき揚げ天丼のセット。うどんをチョイスしたのですが、うどんはまぁまぁ、行けました;-)。

IMG_2120_ymdudn_2.jpg

天ぷらうどんのかき揚げ天ぷらをご飯の上に載せました。と言う感じですが、これはこれで美味いのでありました。って。こっちは僕、食べて無いんだった・・。f(^^;;。一口もらった程度です。

とまぁ、こんな感じで、本当に随分と久しぶりに「山田うどん」に行ったのですが、車で郊外に出かけると時々見かけることがあります。実際に入るか?と言われても中々入らないですかねぇ・・f(^^;;。

と、言うことで実に久しぶりに入った「山田うどん」だったのでありました;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.762985º N
Longitude: 139.940736º E
Map: 35.762985,139.940736

4月 07

渋谷。小麦房。(2)

職場は道玄坂の坂の上にあるのだけど、この近辺には手頃にお昼を食べるところがあまり無いので渋谷駅のほうまでテクテク歩いて行くのであります。しかし、最近、会社の近所に牛丼屋さんとモスバーガーができたのでちょっとは変わりつつあるのかな。

今日のお昼はうどんを食べることにします。道玄坂を降りた「百軒店通り」の向かい側にあるお店、このブログでは二回目の登場ですね。「小麦房」。

IMG_1570_kmgb2_1.jpg

讃岐うどんのお店です。かたーいうどんを頂くのであります。

それにしても讃岐うどんのお店に行くといつもはぶっかけうどん、ヒヤヒヤ(汁も麺も冷たいうどん)を注文するのですが、これはコストパフォーマンスが悪いと言うことがだいぶ分かってきました。

例えば「はなまるうどん」ではかけうどんが一杯100yenから食べられるのですね。それに引き替えぶっかけは高いっ!! 茹であがったうどんは水で一旦してめてから盛るんだからヒヤのほうが温め直す(湯がく)行程が無い分安くてもええんでないの?とか思うんですけどね。

まぁ、そんなことはどーでも良くて、今回はかけうどんを頂きます。前回行ったときはヒヤだったんですけどね。

IMG_1569_kmgb2_2.jpg

と、言うことで今回はかけうどんの大盛り。後は、うどんにはこれしか無いっ!!と僕が勝手に思っているゲソ天。上には無料のオプションである天かすとゴマをパラパラ。後ばズルズルと頂くのであります。

汁が暖かいと天ぷらを沈めたときに美味しくなるのが良いですね。ヒヤの場合はそれが無いのがちょっと悲しいのだけど。しかし、熱いんなうどんは冬限定だなぁ。もうそろそろ食べられない季節になっていきます。今の時期に食べないと。

大盛りを頂き、汁も美味くてズズスと飲んだ(全部は飲んでないですよ;-)のでお腹もふくれて満足なお昼ご飯だったのでありました;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.658761º N
Longitude: 139.697578º E
Map: 35.658761,139.697578

3月 31

上野。つるや。

僕は長野県人なのですが、”上野駅”と言うのは一種独特な雰囲気を醸し出しているのであります。歌にもこんな感じでありますしねぇ。

上野発の夜行列車降りたときから
(JASRAC: 092748928(うそ))

長野県人とか、東北方面の人は上野駅と言えば「聚楽」がきっとパッと思い浮かぶと思うのですが、今回行ったおそば屋さんもその場所に随分前からあるような気がします。若い頃から入っていたような気がします。するっていと、はやり心に残る上野の味なんでしょうかねぇ?「つるや」。

立ち食いそばのお店なのですが、そんなに心にはの残って無いかな?(^^;;。JR上野駅の不忍口の信号の向こう側にあるのであります。

IMG_1480_tsuruya_1.jpg

入り口で食券を購入し、カウンターに出します。後は自分の席を確保しつつできあがるのを待つだけなのであります。

今回食べようとしているのはかけそばとカレーのセット。生卵はもれなくサービスキャンペーンをやっていたのでもらって来ました。

豚坊」で飲んだ後、まだ少し小腹が空いていたのでちろっと頂くのでありました。

IMG_1481_tauruya_2.jpg

先ほどのお店は頼んだモノが全然出てこなかったのですが、ここは立ち食いのお店。サクッと出てきて、ズルズルっと頂くのでありました。うん。昔からの上野の味だ。って多分どこで食べてもきっと一緒だとは思うのですけどねぇ(^^;;。場所と名前が頭の中にずっとある。って感じなのであります。多分。

さてと。今日はこれで帰投することにしますかねぇ。

あ。上に JASRAC に申請してないインチキな番号書いているのですが、確か、この間 JASRAC の正式なコメントがありましたね。「ブログに歌詞かいたら著作権料払わなかあかんぜぉ。」って。どうやって徴収するか、もうルール決まっているのかなぁ?このブログでは三回目の歌詞の掲載だぞぉ;-)。

ちゅーこって、もう一個どうでも良い話を。新しく kinmiya.com と言うドメインを取得しました。金宮焼酎の瓶を見ると http://www.miyanoyuki.co.jp/ のURLがもう既に書いてありますね。なので “kinmiya” と言う文字列には特には固執してないのでしょうなぁ。

とわいえ、ホッピー.jp を持っている僕ですが、次は kinmiya.com を取得したのですけども、使い道どうしよう。まだ考えていません。勢いで取ってしまった感じです(^^;;。もしかしたら一年で手放すかもしれませんが、このドメインの使い方はちょっと考えてみたいと思います;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.711395º N
Longitude: 139.774783º E
Map: 35.711395,139.774783

3月 06

五反野。まるみ。

お昼もろくに食べれないほどドタバタしている一日というのもたまにはあるのでごさいます。そんな日はお昼ご飯も食べずにいたのでおなかがすいたのですが、ちょっと五反野に行く用事があったので駅で降りたら「いつかは一回は入ってみたいものだ。」と思っていた立ち食いそば屋さんが開いていたので吸い寄せられるように入ってみました。

東武伊勢崎線五反野駅前にある立ち食いのおそば屋さん。「まるみ」。

IMG_1295_marumisb1.jpg

時間が非常に中途半端だった(大体15:00位)のと、僕的には夜の部のおなかのスペースもとっとかないといけないので、すぐ横ある「珍来」はパスしておそばにしたのでありました;-)。

この季節の立ち食いそばと言うのは頼むのは大体決まっています。たぬきそば。

入って右側が厨房、左側は壁に沿ってカウンターです。しかし、椅子があります。椅子に座りつつ、しばしまって出てきたのがこんな感じです。まぁ、フツーの立ち食いそば屋さんのたぬきそばですね(^^;;。

IMG_1293_marumisb2.jpg

パラリと七味唐辛子をかけて、ズズズと頂くのでありました。スープの味は色も濃いですが、それに比例して味も濃いですね。よく言うとしっかと味が付いている。って感じでしょうか。僕は、こー言うのキライではないです;-)。

ちなみに、このお店、五反野に住んでいる地元の人から聞いたのですが、もう随分前から駅前にあるので歴史は長いそうです。一旦、お店の建物を建て替えたのですが、その時に「ここに交番ができるんだー。」と誰も(?)が思った(喜んだ)そうですが、立て替え後にもきっちりと立ち食いそば屋さん(つまり今のこのお店ですね)ができたので、やはりソコソコ人気があるお店なんでしようねぇ;-)。

それにしても、上にも書きましたが、五反野に来ると「珍来」に行ってしまうので、今日はこのお店に入れて良かったです;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.766119º N
Longitude: 139.808922º E
Map: 35.766119,139.808922