祐天寺。忠弥。

いやぁ。城南地区のすばらしい店。土曜日は開店前に行列のできるお店。祐天寺の「忠弥」。

IMG_0897_chuya1.JPG

今回は14:00から並び始めた。お店の前には本日の開店時間が掲載されているので目安にはなるかな。今回は14:30の開店予定だったのだけど、実質14:20にはお客様がお店の中にぞろぞろと吸い込まれて行きました。

IMG_0898_chuya2.JPG

忠弥はここが本店で、白金と中延に支店があると聞きますがそれで正しいのかなぁ?

この日は開店と同時に行ったのでもつ焼きの札がひっくり返っている(つまり、売り切れの品がまだ無い状態)ものが無いのでがんがん頼みました。

しかし、忠弥と言えば煮込みは絶対に食べなぁあきまへん。透き通った塩味のスープの中にぷるぷるのモツが入っている。ただただうなだれるしか無いもつ煮込み。

IMG_0902_chuya3.JPG

スープまで奇麗に完食。いやぁ。うまい。
もつ煮込みマニアの間では「忠弥系煮込み」と言う言葉があるらしいけど、それはまるで「横浜家系ラーメン」に通じるものがある;-)。

そうこうしている間に注文したビールが終わったので、「忠弥カクテル」と黒ビールを注文。忠弥カクテルは通称「忠カク」。これをキリンの黒ビールで割って飲むのがこの店のスタイル。んーー。マンダム。

で、そーこーしている間に注文したもつ焼きが焼き上がってくるわけですよ。これがうまいねぇ。

IMG_0903_chuya4.JPG

写真はつくね。その後ろはピーマン。ピーマンはかじってもいいし、つくねをくるんで食べてもいい。これが忠弥スタイル。いいねぇ。

しかし、さすがは城南地区。うかうかしていると一人3,000yenはあっと言う間に突破してしまう。この辺りが下町ちは違うんだけど、うまいものはうまい。また来たくなる店の内の一つです。

ちなみに、この後、ばん に行って更にホッピーをあおった。と言うことは言うまでもない;-)。

3 件のコメントがあります。 “祐天寺。忠弥。

  1. はじめまして。43歳の中年おじさんです。
    おじさんは20年ぐらい前に「忠弥」に通ってましたv(^o^)
    まだ、あるんですね~
    昔は恵比寿にあったんですよ。
    それが祐天寺と中延にのれんわけしたのは知っていますが、白金は初めて知りましたね~。
    昔は骨髄の刺身があったけど、今はないかな(*^.^*)エヘッ

  2. はじめまして。書き込んでいただき有り難うございました。
    今後とも宜しくお願いします。
    白金のお店は 鈴木屋 と言うみたいです。白金高輪にあるそうです。僕は行ったことがないんですけどねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください