堀切菖蒲園。喜楽。

字はこれで良いのかなぁ?「きらく」の「き」の字は「七」が三つの字です。

堀切菖蒲園の駅前の信号を渡り、右に進みすぐに細道を入った辺りには赤提灯がたくさん揺れているのでついつい引き込まれそうになってしまうのだけど、右側に出てくるお店です。「喜楽」。

入り口はふつーっぽいお店なんだけど、中に入るとこれまた驚き・・。

CA340016_krk1_1.JPG

もう、中に入ると明らかに「大衆酒場」と言う風情が全面に押し寄せてきます。玄関入って右側が「コの字」カウンター。真ん中がテーブル席、左側が小上がり。店のキャパはたくさんあるんだけど、小上がりのテーブルの下には新聞がたくさん・・。ふむーー。し、しぶい・・。

まぁ、今回はテーブル席に座ったのだけど、メニューもすごい。

まずはこの辺りでは常識と言うか当たり前田のクラッカー的なハイボールを注文。キンっと冷えた炭酸を入れてもらった後、店のあちこちにある一升瓶からどぼとぼと注いでくれます。

ふむー。すごい。ではこれまた短冊がたくさんの中のメニューから煮込みを注文。

CA340013_krk1_2.JPG

まぁ、出て来て驚き。パーツの一個一個がばかでかい。大根は1/4の大きさ、シロモツも一切れがやたらどでかい。すんばらすぃーー(^^;;。けど、味がしっかりついているので中々ぐーなのよ。

続いて、お店のママさんおすすめの「ホタテのひも」の盛り合わせを注文。出て来たのがこんな感じたなんだけど、これまたビッグっ!!。でもって色々な部分があるので味的にはじゅーぷん楽しめて満足。それでいて生なので美味しい;-)。

CA340014_krk1_3.JPG

しかし、メニューには「ホタテ刺身」と言うのがどこを探しても無い。ふむー。どうして「ひも」だけのメニューが存在するんだぁ?などと、ミステリーな一面も持ち合わせているお店なのでした;-)。

それにしても、このお店、常連のおとっつあんのみで形成されている雰囲気も中々よろいしい。いかにも地元に愛されているチックなお店なのもまた良い。

僕も常連になりたいものですー。

2 件のコメントがあります。 “堀切菖蒲園。喜楽。

  1. 喜楽いいですね~以前は娘さんが仕切っていたのですが・・・・
    今は某居酒屋の店長になっていて、代わりにオヤジさんが仕切ってます
    ハムカツは分厚くて美味しいですし刺身もいいものが安く食べられますね。

  2. ティコティコさん。
    もしかして、堀切菖蒲園辺りは思いっ切りテリトリーですか?すごくよくご存じですねぇ;-)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください