板橋。喜多八。

今日はJR埼京線の板橋駅にやって来ました。池袋駅から一個向こうなので、近いと言えば近いですね。が、中々行く機会も無いので、無理して出かけるのであります。で、前回はいつ板橋に来たかと思って調べてみたら「基順館」に行った時以来、でもって板橋本町の「カミヤ」に行った時には通過しているのみですね。

と、言うことで随分ご無沙汰な板橋駅で下車しました。今日の目的地は西日暮里にもあるあのもつ焼き屋さんに来たのでありました。「喜多八」。

駅からテクテク歩き、細い路地に入ると青いヒサシが見えます。でもってその上には店の名前が空いてあります。早速中に入ることにしましょうかね。ちなみにこちらの「喜多八」、僕は今回初めて行きました。

IMG_0514_itbs_kita8_1.jpg

扉を開けるとすぐ目の前でもつ焼きを焼いております。でもってその奥にカウンターが続いているのですが、なんとか二人座れる席があったので、焼きの前に着席します。それにしても随分とお客様が入っているようです。一階のカウンターは一杯、二階も一杯で後から来たお客さんが全然入れませんでした。その込み方は西日暮里のお店とまるで一緒ですねー。

まずは瓶ビールを注文し、煮込みも注文します。でもってもつ焼きも。自称ホッピー友の会会長と一緒なのですがこの人、アブラ身が好きなので早速、シビレを注文しておりました。僕は一個だけあれば良いので残りは全て食べ、更に後からもう一本追加しておりました・・X-|。

IMG_1184_itbs_kita8_3.jpg

タレで出てきました。でもってこのお店は一本ずつでも注文できるのですね。西日暮里のお店は二本からだったのでそれに比べると融通が利くみたいです;-)。
もつ焼きは他にもコブクロ・タン・豚バラなどを頂きました。大きくてそして美味しいですねぇ。やっぱり「喜多八」だなぁ。と再確認します。

僕はレバ刺しを頂きましょう。

IMG_1187_itbs_kita8_2.jpg

ニンニク・ショウガ半分ずつで頂きます。んー。とろけますね。美味い美味い;-)。今年二度目のレバ刺しかな。ホッピーと一緒に頂くのでありました。

それにしてもこのお店、大変混んでおります。でもってもつ焼きもガンガン焼かれています。もつ焼きを焼いているところの前の席にいるとケムリで目が痛くなってくるのですが、これはご愛嬌;-)。後、焼いているマスターは「お宅探訪」と言うテレビ番組に出てくる人に似ているなぁ。などと、こっそり思いつつホッピーを頂くのでありました。

帰り間際にお店の人に「西日暮里には良く行くのですがこちらは初めてです。」と言ったら「こちらも宜しくお願いします。」と言われました。板橋のこのお店は今年で46年、西日暮里のお店は20数年だとお聞きしたので、こちらのお店が元祖なんですねぇ。

板橋にはあまり来る機会が無いのですが、来た時にはまた寄りたいなぁ。などと思いつつこのお店を後にしたのでありました。

GPSポイント
Latitude: 35.746839º N
Longitude: 139.719018º E
Map: 35.746839,139.719018

2 件のコメントがあります。 “板橋。喜多八。

  1. こんにちは!。
    板橋、おいでになったのですね!。
    ご主人は本当にお客様本意ですよね。また、優しい・・・。
    お母様は奥の方のおいでになりますので、なかなか話せないですが、凄く優しい方です。
    ここは、ご常連の皆様が私のような一見客にも優しいのです。
    これまでの訪問で、カウンターの奥のご常連の顔ぶれがいつも同じだったことは凄いです。
    今度、おいでになる際は「がつ刺」も召し上がってみてください。
    ポン酢仕立てで、しょうがorにんにくでいただきます。
    大根、にんじん、きゅうりの超千切りに、スライスされた柔らかなガツがたっぷりの一品です。

  2. おーさん。こんにちは。
    はいっ。行ってきましたー。以前、西日暮里のお店の時にコメントを頂いていますね。その時もガツ刺し美味かった。って書いてらっしゃいますね。
    今回はレバ刺し食べたのでガツ刺しはパスしたのですが、ちょっと失敗しました。次回行った時(いつになるか解りませんがf(^^;;)には是非食べてみたいと思います。
    それにしても常連さんのお店なのですねー。僕、着席できて良かったですー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください