大師前。みかく。(4)

今日、掲載するのは東武スカイツリーラインの西新井駅で下車し、鉄ちゃん用語では『盲腸線』と呼ばれる大師線に乗り、一個目の駅で降り(盲腸線なのでひと駅で終着)西新井大師の裏辺りまでテクテク歩いたところにあるお店ななります。

僕はそこはかとなく良く行っているんですけどもね。「みかく」。

このブログでは今回掲載するのが四回目でしょうか。前回掲載したのは2009年12月ですかー。まぁ、時間的にも久しぶりの掲載になりますねぇ。

IMG_6976_disme_mkk4_1

入り口はだいたいこんな感じです。右側でおとーちゃんがもつ焼きを焼いております。左側ののれんをくぐりお店の中に入るのであります。

すると、右側にカウンターがあり、混んでいるときはいつもの顔ぶれが揃います。奥のほうにお座敷があるのですが、キャパはずいぶんとあるので30名程度の大宴会もできるようです。けどもまぁ、大宴会が開かれるときには店内はほぼ戦場と化すので、常連さんの注文した料理は中々出てこないんですけどもね。

そんなこんなでカウンターに着席し、ホッピーを注文します。このお店のホッピーは三冷ホッピーで、氷が入っていません。

掲載する料理はお店にメニューとしてあるときは僕がよく注文するモノです。今回の一枚目は鳥の刺身。

IMG_6704_disme_mkk4_2

アプラ分のないサッパリとした部位が出てきます。これを醤油わさびで頂くのであります。

このお店、以前はレバ刺し(ブタ)もあったのですが、この間(と、言ってももう随分と前か)の牛生レバ事件以降置かなくなりました。そー考えるとこれが今、このお店で食べられる生ニクなのであります。

もう一品掲載しましょうかねぇ。今がちょうどシーズンですね。かつおの土佐作り。

IMG_6717_disme_mkk4_3

この間北千住のとあるお店に行ったときに食べたヤツは小さくて薄っぺらいカツオの刺身が四切れぐらいしか載っていなくて非常に悲しい思いをしました。今年はカツオが取れなくて貴重だ。と、いうのはよく知っているのですが、北千住の”あの”お店が『こんな悲しいのを出すのかぁ・・。』と唖然としたのであります。
そのお店で食べたやつよりは税込み160yenアップするのですが、今の時期、こちらのお店のはずいぶんと豪華なカツオの刺身が載っていたので嬉しくなってしまいました。倍くらいの質と量でしたうふふ。

あ。なんかステマちっくかぁf(^^;;。そんなことは無いです。ただ単にカツオの大きさ・量に感動しただけです;-)。

 
とまぁ、こんなようなモノを頂きつつ、ホッピー飲みつつお隣の人・お店の人と話しつつ時間は過ぎていくのであります。
あ。そーそー。僕はこのお店ではホッピー二杯・酎ハイ二杯と決めております。最近はこれ以上飲むと次の日が厳しいのでねぇ。随分と年を感じますがf(^^;;。

 
それにしても、僕はだいたい10年くらいこのお店に通っていますが、ここ2,3年はお客さんとして新しい顔が増えたような気がします。古参の常連さんの他に新しい人がちらほらと来るお店ってのも、今後に明るい期待が持てますかねぇ;-)。

それは多分、跡継ぎの看板娘の影響もあるんですしょうかねぇ;-)。どっちにしてもこのお店の未来は安泰だぁ。僕も安心して飲みに行ける;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.782327º N
Longitude: 139.777100º E
Map: 35.782327,139.777100

1 件のコメントがあります。 “大師前。みかく。(4)

  1. ピンバッグ: 足立区西新井。じんのび。 « よろずなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください