御徒町。珍満。(2)

東京メトロ千代田線を湯島駅で降りると、フツーであれば足は秋葉原方面に向いてしまうのですが、今日は秋葉原散策は無し。と、いうことで秋葉原方面とは反対側に向かうとなると行く先は御徒町もしくは上野方面となるのであります。

が、まずはお昼ご飯をまだ食べて無くてハラが減っているのでお昼を食べましょう。と、いうことになったのであります。

それにしても上野松坂屋は建物が一個消えているねぇ。立て替え中か。などと思いつつ、その路地裏にあるラーメン屋さんに向かうのであります。「珍満」。

IMG_0396_okcmc_mncn2_1

このブログでは今回が二回目の掲載になります。前回掲載したのは2009年 12月ですか。やすりずいぶんとご無沙汰の掲載になりますねぇ。

お昼を一時間くらい過ぎた辺りだったのでカウンターにサクッと座れたのであります。
前回掲載したときにコメントに「このお店はヤキソバが美味しいですよ。」と、言われて、注文するまでそれにしようと思っていたのですが・・。

結局はラーメン大盛りを注文してしまいましたf(^^;;。
で、出てくるまでしばし待ちます。あ、なんか今日はもう餃子が売り切れのようでしたね。後から来た常連さんちっくな人がもう無いと知ってガクゼンとしていました。僕は、今回は餃子はナシで。

で、出て来たのがこんな感じ。

IMG_3828_okcmc_mncn2_2

大盛りなのでドンブリがでかいんですよねぇ。嬉しい;-)。ズルズルと食べるのであります。

なんか、スープの味は「山久」のと似た風味がするかな。と、いうことはこの味が一般的なラーメンの味なのかな?
ズルズルと、ウメイウメイと食べ進むのでありました。

 
それにしても最近、ラーメンのネタが多くて申し訳ないですf(^^;;。

今回、良い機会ので以前から思っていたことをちょっと書いてみましょう。それは『ラーメンのネギは具か薬味か?問題について』です。

長年の僕のラーメン食べ歩き調査の方向性から、きざみネギの使い方はラーメン屋さんによって二つのパターンがあるようです。

1. 最初にドンブリにタレとネギを入れてそこにスープを入れ麺を入れて完成するラーメン。
2. ドンブリにタレ・スープ・麺を入れて具を乗せてネギをトッピングするラーメン。

前者が、僕の言う”薬味”で、後者が”具”に相当すると思うんですけども。
今回行ったこのお店はネギを薬味として使っている。具として使っているラーメンは「珍来」のなんかは解りやすいかなぁ。

僕的には『ネギは薬味』と思っているのでこのお店のようなラーメンのほうが良いかなぁ。などと感じるのですが、だとしたらかけそばのネギはどうなるのだ?盛りそばなんかは別の器に入って出てくるぞ。などと、300億光年の彼方ら声が聞こえてきそうですが、まぁ、今回はラーメンの話なので;-)。
更には別の方面からは、ラーメンの上に載っているネギはどっちでもよいではないか。入っていることが重要なのである。と、いうのも聞こえてきそうな気がしないでもないのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?

どっちゃでもいーかf(^^;;。

 
GPSポイント
Latitude: 35.707649º N
Longitude: 139.774053º E
Map: 35.707649,139.774053

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください