10月 18

西新井。たかの庵。(2)

筆者は毎日毎日飲んだくれているわけではありません。ちゃんと家でも料理などしているのであります;-)。

今回は、この間秩父に行ったときに買ってきたそば粉を使ってそばなどを打ったりするのであります。

まぁ、以前にも一回掲載しているのですが、作ったのはこの二回だけではなく、ちゃんとこまめに打って、日々修行に励んでいるのであります。今回のおそばはこんな感じ。

IMG_5637_takano_an2_1.jpg

IMG_5638_takano_an2_3.jpg

まぁ、切れて短いやつも出てくるのですが、切れずに長いのもあるで、まぁ一応はそばらしくなってきているという感じでしょうか。

ただ、食べた時の食感は表面がザラザラした感じなんだけどそれがいまいち納得いかないかなぁ。と思っています。ちなみに今回はそば粉:小麦粉が五:五と言う配分で、二八そばにも到底及ばないのでありました(^^;;。

さてと。そばが出てきたら、天ぷらは無いのだけど、何か一杯、キュっとやるものが欲しくなるのがこれまた人情と言うもの;-)。おー。そーだ。一年前に作った梅酒がそろそろ飲み頃じゃないかなぁ?と思い引っ張り出してみました。

IMG_5394_takano_an2_2.jpg

ふむ。見た感じの色と、ふたを開けたときの香りはすっかりと梅酒になっています。うーん。良い感じですよ。ロックで飲んでみました。一口飲んで「すっぱーっ!!」(^^;;。作ったときに「砂糖は少なめに」したのでその分甘さが出ていません。裏を返すと梅本来の味とでも言いましょうか。しかし、酸っぱいんだけど多少は砂糖を入れたのでほんのりと甘みがあって、まぁ、飲めないことは無いのでありました;-)。

自分で作ると甘さも調整できるしね。後、35度の焼酎を使ったので、ロックは濃い感じがしてヘベレケになってしまいそうです。炭酸で割って飲むことにしましょう。

そばと梅酒の飲み合わせもちょっとヘンだとは思いますが、どちらも自分で作ったもの。と、言うことでその味を堪能した日曜日の夕まずめだったのでありました。