ジンバランで魚料理。

ウルワツに行った帰りに魚料理でも食べよう。と、言うことでジンバランにたどり着きます。海岸沿いに道が一本あり、たくさんの魚を食べさせてくれるお店が並んでいます。どこかの店に入るのですが、そのまま店内を通り過ぎて砂浜に出ます。砂浜の波打ち際にテーブルがたくさん並んでいて、そこでご飯を食べるのです。

IMG_3017jmbrn1.JPG

店のエントランスで魚を焼くコーナーがあって、更に先に進むとポンポコとバリの竹の楽器の音が聞こえてきます。

そこを通過し、波打ち際のテーブルに着席し出てくる料理を待ちます。まずはおつまみとすーぷ。牛テールの入っているスーブです。これもバリの味。後は辛ーいスパイス。うひぃ・・。

IMG_3013_jmbrn2.JPG

でもって、しばし待ち本日の真打ち登場;-)。魚介類の焼いたやつ。見た目は大したこと無さそうなんだけど、直径50cmくらいある器なのです。

IMG_3016_jmbrn3.JPG

左上が伊勢エビ。二つに割ったやつがどどん。これは日本で食べる伊勢エビとほぼ同じ大きさなので、それと比較しても器の大きさが良くわかります。後は真ん中に鯛の焼いたのと貝が三つ。カニ一匹、ブラックタイガーみたいなエビ三匹、イカ一匹。どどーーんとオンパレードです。

これが一人分で後はご飯が付きます(@_o)。

でもってビンタンも注文しているので食べ終わったときにはもーお腹いっぱい。ぐる゛じぃ゛ーー。状態なのでした。

バリでは生では魚は食べないので、こうやって焼いたのが出てくるのですが、調味料が辛いのでビールもご飯もドンドン進んでしまうのでした。

あ゛・・。食べるのに夢中で海見るの忘れてた・・。

2 件のコメントがあります。 “ジンバランで魚料理。

  1. 以前香港に駐在していましたので、夏休みは毎年バリ島に家族で出かけてました。朝晩は涼しくて食事も美味しいし、バリは最高ですね。ジンバランも必ず行きました。イカンバカール(赤い魚という意味らしい)というBBQは病み付きになる美味しさですね。香辛料の効いた特製のタレをつけて食べる伊勢海老や赤い魚。しかも夕暮れ、南十字星を眺めながら海の音を聞く、最高の贅沢ですよね。

  2. shigeさん。こんにちは。
    まだ、一回しか行ったことないので多くは語れませんが、良い所だと僕も思いました。
    ジンジランの魚屋さんの列はすごいですよねぇ。確かに。
    今度はいつ行けるかしら・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください