門前仲町。大阪屋。

勝どき辺りで仕事があがり、終わった時間が何やらちょうど良い。それならば。と隣の駅に電車で向かい、降りて目指すはもつ焼きの店。

なんか,唄が歌えそうなフレーズだなぁ。と、言う感じで、門前仲町の駅の五番出口から地上に出て、ガソリンスタンドの角を曲がったちょっと先にあるお店。「大阪屋」。

串打ちの煮込みを出すお店なのですが、噂によるとカウンターだけの小さなお店で行ってもきっと座れないだろう。と話を聞いていたので、おそるおそる扉を開けると・・。

CA340015_oosky1.JPG

「へ」の字型のカウンターには既に人があふれております。しかし、左を見ると壁に沿って第二のカウンター席があって、そこは空いているではないですかっ!!と、言うことで無事に滑り込むことが出来たのでした。

席を確保したらすかさず瓶ビールを注文しますが、女将さんお一人で切り盛りしているようで、ちょうど忙しいみたいなのでしばし待ちます。注文は、瓶ビールと煮込みを六本。これでOK。

出てくるまで店内に飾られた色紙を眺めます。おぉ。あのおっちゃん(眼鏡かけて、最近はチャリンコで酒場を徘徊しているあの有名人ですね;-)も来てるんだねぇ。などと思っていると出て来ました。僕の分が。

カウンターのおっちゃん達(お客さんのことです)はシロを注文しているようです。ここはシロ・ナンコツ・ふあの三種類があり、僕のは二本づつ乗っておりました。

CA340013_oosky2.JPG

煮込み鍋は「へ」の字カウンターのてっぺん辺りに有ります。黒い味噌味のスープがグツグツクと煮えたぎっているのです。出て来た煮込みを一口食べて驚きましたが、ここのは味がしみ込んでいるのだけど、しょっぱくないです。ほんのりと甘い、これまた上品な味なのでした。

シロは内側の脂身がしっかりとついていて噛み締めると味噌の味とプルンプルンな味が一緒に味わえるので、六本なんてのはあっという間に終わってしまうのでした。

それにしてもこの店、食べ物メニューは「煮込み」「オニオンスライス」「たまごスープ」のみ。いやはや簡素で、けど、思いっきり主張していてイサギ良いじゃありませんかー。

次のお客様のためにサクサクと切り上げたのですが、短い時間でもそれなりに堪能できたお店だったのでした。

さてと。これで関東の串打ち煮込みのお店は全店制覇したかな?「弁慶」「藤や」「小林」「ささもと」、そしてこの「大阪屋」。

けど、神田の「カミヤ」みたいにふつーに出してくれるけど串に打って煮込んでいるお店もあるだろうし。

まだまだ探すのが楽しみな串打ち煮込みのお店なのでしょう;-)。

6 件のコメントがあります。 “門前仲町。大阪屋。

  1. 初めまして。いつも楽しく拝見させて貰っています!
    同じく酒場巡りを趣味とするMoodi(41歳♂)と申します。
    僕も都内の串煮込み屋は色々廻ったんですが、この中では北千住「藤や」さんだけ未踏です。
    「弁慶」「ささもと」辺りはなかなか一見では入り難いですよね!
    「大坂屋」も相当ビビって入ったんですが、常連さん、女将さん共に大変優しく迎え入れて頂きました。
    後、都内で行った串煮込み屋としては、勝どきのサンスクエアの地下にある「千福」と、
    月島の路地裏にある半屋台の「げんき」辺りでしょうか?両方とも温かい女将さんが迎えてくれますよ!
    (但し、「げんき」は営業時間が〜18半と早いため、なかなか難しいと思いますが‥)

  2. Moodiさん。おはようございます。
    貴重な情報ありがとうございました。また、いつもご覧頂いているようでありがとうございます。
    勝どきのあのかどっこの大きなビルの地下にそんなお店が有ったのですかー。来週勝どきに行く予定なので帰りに是非酔って^H^H寄って来てみたいと思います。
    げんきも行けそうかなぁ・・。勝どきの帰りに・・。

  3. このページを見て、10日に行って来ました。6時前だったので、常連さん、居酒屋めぐりが趣味の中年と私。私は52歳なのでどう分類したらいいのやら。常連さんと女将さんとの昔話を聞きながら、モツ煮込みをいただきます。串打ちの味噌煮込みは初めてでしたが、なかなか美味。ただし、いくらでも食べられちゃうんですよね。1本130円、20本ぐらいはかるいですね。これで酒、焼酎をぐいぐいやるとねー。瓶ビール1本にしておけば安上がりかも。

  4. shigeさん。
    僕はこのお店、サクッと食べてサクッと飲んで帰って来ました。中々良い雰囲気ですよねぇ。

  5. はじめまして☆
    私もモツ&ホッピーが大好きです^^
    美味しそうなお店がたくさんですね♪参考にさせていただきます~♪

  6. millyさん。こんばんは。
    初めまして。門仲俳諧ですかー。今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください