月島。大島や。

月島には煮込みの美味しいお店があります。そして、決して値段の安くはないもんじゃ焼きやさんがたくさんあります。

そんな街に、駅から階段を上がってきて、月島西仲通り商店街に入らず左にカクンと曲がって約48mほど行った辺りにシャレた立ち飲み屋があるのでちょっと入ってみることにしましょう。「大島や」。

CA340007_osmy1.JPG

店の作りは昭和の建物を改装して立ち飲み屋にしている感じがします。決して広くは無い店内は「コの字」カウンターがあって、皆さん壁に寄りかかりつつ飲んでいます。カウンターの奥が厨房になっているのですが、なんか良いなぁ。こんな感じの店なら僕もやってみたいなぁ。と、漠然とですが思わせてくれる雰囲気が漂っているのでありました。

まずはホッピーを注文。キンキンに冷えたグラスとホッピー。グラスの中には凍ってシャーベット状になった焼酎が入っています。上からホッピーをドバドバーっと入れると焼酎が溶けるのですが、これまたキンキンにつべたい。良いなぁ;-)。

CA340008_osmy2.JPG

最初、ホッピー半分だけ入れて、中身はおかわりしようかと思っていたのだけど、こらダメだ。ちょっち濃すぎる。しょーがないのでホッピー全部入れてしまえっ!!って感じなのでした;-)。

何か食べましょう。とりあえずはガンモと大根の京風の煮物。ふむー。このお店の雰囲気にはあまり似つかわしくない(失礼っ!!)上品な味でうまいですねぇ。汁も京風っぽい感じがします。いやはや。美味しいです。けど、写真は無いです;-)。だって一口食べた後に写真を撮ってないことに気が付いたんだけもの・・(^^;;。

けど、次にふつーのメニュー。ポテサラ行ってみましょう;-)。

CA340009_osmy3.JPG

今度はちゃんと写真撮りました;-)。これはどちらかと言うと立ち飲み系のつまみです。ふふふ。つべたいホッピーをボコリと飲み、ポテトサラダにソースをポチッと垂らして頂くのでありました。

このお店、カウンターの向こうとこっち側でお客さん同士が会話したりしています。その位の広さなのだけど、常連さんもちゃんと付いているのですねぇ。僕もほんのちょっとだけ会話に加えさせてもらいほんのちょっぴり常連さんの気分を味わえたのでありました。

それにしても、雰囲気的は中々良いお店だったのでありました。

3 件のコメントがあります。 “月島。大島や。

  1. 前回は入れなかった岸田屋の煮込みを楽しみに出かけました。その前にちょっと気になっていた清澄通りの枝村酒店の軒先で缶ビールとワンカップで先客と世間話。そしていよいよ岸田屋へ。ラッキーなことに1席だけ空いていました。熱燗2合と煮込みそれにほうれん草のおしたしを注文しました。煮込みのお味はまとまっていて美味でしたよ。煮込み以上だったのが、お店で働く若い女性2人、いやいや美しいですねえ。てっきり禿げたおじさんが出てくると思っていたら、嬉しい驚きです。それにしても今日のお客はオバサンばかり、何なんですかネエ。それから月島方面に歩く事7、8分。左手に大島やの暖簾が目に飛び込んできました。前日にこのHPを見ていたので、すぐに入りました。そしてホッピーと牛スジ煮込み、ポテトサラダを注文しました。凍った焼酎とホッピー、いいですねえ。あれあれ狭い店内だけど女性が3分の一以上。しかも岸田屋と違って若いよ。一人で立ち飲みに来ているOLとか。勝どき、月島エリアは居酒屋は女性のためのものなんだ、そうか、いい勉強になったなあ、3軒めだよ。3千円で下町情緒を満喫できました。

  2. shigeさん。こんにちは。濃いコメントありがとうございます。そしてたくさんのネタも。一個ずつ返していきます。
    おぉ。勝どき駅から橋を渡ってすぐの酒屋に行きましたか。あすこ、前回前を通った時、次回は絶対行くぜい。って心に固く誓ったまま、まだ前を通っておりません。
    続いて岸田屋ですが、ダメですよー。僕のブログにも書きましたが、美人の店員さんは全部で三人じゃないですかー。一人の方は少々お年を召しておりますか;-)。それにしても良い店ですよね。
    そして、大島やですが、牛スジ煮込み食べましたか。僕が行ったときは売り切れておりました。それにしても良い雰囲気のお店ですよねぇ。僕も月島辺りに職場があったらちょくちょく通ってしまいそうな感じです。

  3. このお店、無くなったと思うんですけどねぇ。再開発でビルがドーンとできるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください