押上。松竹。

さてと。ゴールデンウィークも明けました。がんがん仕事しましょうっ!!ガンガンホッピー飲んでもつ焼き食べましょうっ!!そんな気分で今日は会社帰りに途中下車の旅です;-)。

こないだ押上に行った時に見つけたお店。僕は「亀屋」に通っていた時、信号の向こう側をメインに行っていたのでこっち側(駅に近い方向)には「まるい」しか無いと思っていたのね。けど、あったのよー。

東京メトロ半蔵門線とか京成線とか都営線の押上駅を京成線とは反対の口から出て、地上に出たらローソンかの角っこを曲がって160mほど進むとあるお店ですねぇ。「松竹」。

その角を左に曲がって約78mほど進むとそこには「まるい」があるんですけどね。けど、今回は「松竹」に行きます。扉が前と左側にあるので空いている席の側から入ることにしましょう。

CA340001_sutk1.JPG

「L字型」のカウンターの直角の部分に座り、瓶ビールを注文しす。でもってーー。まずはレバ刺しを食べ見ましょう。出てくる前にゴブリと一口、ビールを喉に流します。

それにしてもこのお店、400yenと480yenがメインの料理がラインナップされていて中々解りやすいですねぇ。そこはかとなく混んでいるみたいですが、常連さんがメインみたいです。などと思っているうちに出来たみたいです。

CA340002_sutk2.JPG

とろーりとしたレバ刺しです。いやぁ。中々ええですなぁ。このお店、切り盛りしているのはお母さんと娘さんかな?と、言う感じがします。でもってもつ焼き担当はお母さん;-)。まぁ、そんなことはどうでも良いことにしておいて、次、ホッピー行きましょう。

でもってもつ焼きも注文しましょう。このお店は四本セットで頼むのですが、二種類でもOKなので、シロとタンをお願いします。二本ずつ出てきます。

CA340003_sutk3.JPG

まぁまぁ、行ける感じです。ホッピー飲んでいるのでねぇ。ふふふ。と、言う感じです。この後、もう一品煮込みを注文してみましょう。写真は無いですが、こんにゃく美味いよぉ。と壁に書いてあるのでねぇ。ふむ。確かにもつ煮込みだ。ふふふって感じで。飲み物も酎ハイに行きましょう。

ってな感じでお店の時間を過ごしたのですが、このお店、カウンターの向こう側は調理場ですが、その向こう側にも席があり、後ろから厨房を眺める感じになります。それはそれで面白い感じです。

それにしても角っこにあるお店なりで右や左からこのお店を確認できるので開いているかはすぐ解る感じでしょうか。

押上と言えば「亀屋」か「まるい」だったのですが、探すとまだまだ有ります。実はもう一軒目星を付けているのですが、そこにはいつ行けることやら;-)。

4 件のコメントがあります。 “押上。松竹。

  1. 亀レスで恐縮です
    若女将は女将の娘さんではなく
    長男のお嫁さんです
    海外赴任前に通っていたので
    内部事情も少し知っているのです
    夏場は向かいの銭湯で
    ひとっぷろ浴びてから
    店先のテーブルで飲むのが好きでした

  2. くろねこさん。こんにちは。
    古い記事を読んで頂き有り難うございました。
    常連のお店だったのですね。僕は「亀田」のほうに一時期通ってましたが。
    あの辺りってあまり行ったことが無いんですよね。向かいの銭湯に入って湯上がりにビールともつ焼きですかー。良いですねぇ;-)。けど考えてみるとそー言ううまいい具合にそろっている環境ってあまりないですよね。

  3. 向かいの銭湯こと「泉湯」は
    廃材でふんわり炊いているからか
    肌あたりが柔らかくて湯温が高すぎず
    猫肌の小生にぴったりでした
    常連さんの中に
    銭湯帰りに連れ立っていらっしゃる
    ご近所の仲良し老夫婦があり
    小生も真似してみたのです

  4. くろねこさん。こんばんは。
    なるほどー。常連さんの影響を受けて。なんですね。けど、確かにまねしてみたい雰囲気がある時もありますよねぇ。
    銭湯の近くの飲み屋さんですかー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください