鶯谷。ささのや。

ちょっと早い時間に鶯谷辺りをかぁるくフラつくのでありました。

鶯谷で早いからやっているお店と言えば「信濃路」がありますが、ここに行く前に南口のもつ焼き屋さんはやって無いかなー。とか思って前を歩いてみたら、おぉっ!!もう開いているではないですかっ!!ということでもつ焼きを食べに行きます。「ささのや」。

入り口辺りの焼いているところでは立って食べている人もいますが、このお店、奥にはテーブル席があるみたいなので、今回はそちらのほうに行くのでありました。

IMG_1185_ssnya1.jpg

まずは瓶ビールともつ焼きを注文します。もつ焼きはおもしろいですね。一回の注文で五本づつらしいのですが、二人で行っても五本で良い。と言うのは中々良いシステムです。あ。今回は自称ホッピー友の会会長が一緒であります。

このお店、初めて来たのでもつ焼きはタレでお願いしました。できあがるまでしばし待ちます。後、煮込みでも注文しようねぇ?みたいな感じで待つのであります。が、できたようですね。比較的早く出てきました;-)。

IMG_1187_ssnya2.jpg

七味をパラパラと振りかけて頂くのでありました。

しばらく食べ進んでいくと、自称ホッピー友の会会長が中々おもしろいことを言い出しました。「このもつ焼き、既製品みたい。」つまり、スーパーで売っているようなヤツみたいだと言うのですね。ふふふ。これが「初めて行ったお店ではタレを注文する。」と言う僕の考えの醍醐味です;-)。こー言うリアクションしてくれる自称ホッピー友の会会長にはほんと、してやったり。って感じになります;-)。

で、ここのお店のタレですが、甘いトロっとした感じでちょっとみたらし団子のタレみたいな、食べるとそんな感じがします。塩はモツのうま味が出ると思うのですが、タレはそのお店の”味”って感じがするのでねぇー;-)。

ちなみに僕的にはこんなような感じのタレのもつ焼きを出してくれるお店には何回か行ったことがあるので特に気にもせず「このお店のタレはこーなのねー。」って感じで頂くのであります。

そんな感じで二人でワーワー言いながらもつ焼きを頂くのでありますが、飲み物は酎ハイに移行し、煮込みも頂きましょう。出てきたのはこんな感じです。

IMG_1189_ssnya3.jpg

この煮込みには正直、ちょっと驚かされました。「豆腐と大根しか無いじゃん。」みたいな。けど、下のほうにちゃんとモツなども潜んでいてくれたのでありましたけどね;-)。

大きな大根がゴロンと入っているのはなんかおでんみたいで、これはこれで中々おもしろいなぁ。と思ったのでありました;-)。ほどよく煮込まれた具とさっぱりめの汁をズズズと頂くでありました。

さてと。ビール飲んでもつ焼き食べて酎ハイ飲んで煮込み食べたし、空きっ腹にはだいぶ良い感じになってきましたよー。

GPSポイント
Latitude: 35.720890º N
Longitude: 139.779847º E
Map: 35.720890,139.779847

1 件のコメントがあります。 “鶯谷。ささのや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください