牛田。東菊水。

東武伊勢崎線から見れば「牛田駅」なのですが、京成線から見ると「関屋駅」。筆者は東武線沿線の住人なのでこの辺りの最寄り駅は「牛田」に統一させて頂きたいと思います;-)。

と、言うことで今日は牛田界隈にやってきました。足は自然に「MOANA」に向いてしまうのですが、自称ホッピー友の会会長が「新しい店ができたみたいだ。」と情報を仕入れてきたのでちょいと行ってみることにしたのでありました。

立ち食いそば屋さん「冨士三屋」の向こう側にできたお店ですが、その店を覗いてみたら一杯で入れなかったのでありました。おぉ。このまま行くと酒場難民だ。どうすんべ。とか思うのですが、確か線路沿いに朝から飲めるお店があったはず。というのを思い出し、踏切のほうに歩いて行き、今回のお店に入るのでありました。「東菊水」。

このお店、なんて読むんだろうなぁ?「あずまきくすい」で良いのかな? 覗いてみるとカウンターは一杯でしたが、奥の畳の席は空いていたのでそこに着席するのでありました。

IMG_2356_azmkksi_1.jpg

それにしても座ったところがエアコンの下で良かった。クールダウンできてホッとするのであります。あ。瓶ビールくださーい;-)。まずはグワシグワシと喉に流すのでありました。

落ち着いたところで注文行きます。煮込みとレバカツ。後はメヒカリの唐揚げなどを。更にビールを飲み続けていたらまず煮込みから出てきました。柔らかく煮込まれていて美味い。うんうん。などと思っていたらレバカツも出てきました。

IMG_2361_azmkksi_2.jpg

ほー。ここのはとんかつみたいに出てくるんですねぇ。以前、東向島の「酒呑童子」でレバカツを食べた時もやはりとんかつみたいに出てきました。この辺りでレバカツ食べると「ばん」みたいに串に打ってあるヤツではなく、とんかつみたいに出てくるのですねぇ。ソースをかけて頂くのであります。

この後メヒカリが出てきてそれも頂いてしまうのですが、飲み物はホッピーに移行していきます。

更に追加で何か頂きましょうかね。と、言うことでガツ刺しともつ焼きを頂きます。ハツとカシラを一本ずつと、カモのツクネがあったのでそれを注文します。

IMG_2365_azmkksi_3.jpg

このお店、もつ焼き屋さんではなく大衆酒場だったので、もつ焼きの味についてはあまり期待していなかったのですが、中々どうして。出てきたのを頂いたらそこそこ大きくて柔らかくて美味しくて驚きました。良い意味で期待を裏切られたと言う感じでしょうか;-)。

牛田にもう一軒、中々良い店を発見したなぁ。と思ったのでありました。

とまぁ、そんな感じで牛田の夜は更けていくのであります。この後、北千住まで歩いて行き、どっかもう一軒寄っていくかなぁ?

GPSポイント
Latitude: 35.744266º N
Longitude: 139.810724º E
Map: 35.744266,139.810724

2 件のコメントがあります。 “牛田。東菊水。

  1. 東菊水、落ち着く店ですよね。
    結構ボリュームもあるし。
    牛田もいい店揃ってます。

  2. groove路地裏の散歩者さん。こんにちは。
    駅前通りは短いのですが、濃いめのお店が確かに揃っていますねぇ。
    このお店も確かに中々良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください