五反野。一松。

北千住から日光方面に行く各駅停車の電車に乗って二個目の駅。五反野。改札を出たら右側にてくてく歩いて行く。北千住方面にもどってはダメ。駅から170mほど歩くと右側に「弘道商店街」と言う看板が現れるのでそこをまかって14mの所にある店。「一松」。

今にもつぶれてしまいそうなたたずまい(失礼!!)に赤提灯が揺れ、お持ち帰り用の焼き鳥を売っているが店でも飲める。

CA340029_ichimatsu1.JPG

店内もこれまた随分と懐かしさを醸し出している。考えてみると、ビートたけしが小さい頃この辺りでイタズラしまくっていたことを考えるとこう言う店でもつ焼きをかじるのもまた格別な味か。

店内には「L字」型の島式テーブルがあり、その周りをぐるっとお客さんが座り、取って付けたようなカウンターもある。地元のおっちゃんたちが酔っぱらいながら、三人の、昭和の頃はそれわそれわ美人だったのであろう店員さんたちと楽しげに話しているのを目を細めつつ酒の肴にしてにごり酒などをぐびりと呑む。

CA340033_ichimatsu2.JPG

さて、もつ焼きであるが、店内にお客さんは居なくともお土産で買って帰る人がいるのでそれはそれで、侮れない味なのである。僕は初めて行く店は「たれ」を注文するのであるがこの店でもまずはタレを味わってみた。もつ焼きの有名店ほどの派手さは無いが、庶民の街五反野で愛されている店の味であるのだろう。期待を裏切らない味なのであった。

CA340031_ichimatsu3.JPG

酎ハイとりごり酒に酔った頭でもつ焼きを食べていると今にも菊次郎が「酒だ酒っ。」ってやって来そうなそんな五反野・一松でのひと時なのでありました。

4 件のコメントがあります。 “五反野。一松。

  1. 菊次郎の世界ですね~
    うちの相方は「おうっ」と、よく真似をしては一人で受けています。
    昭和の香りのするこういう下町のもつ焼き屋さんいいですよね~
    その雰囲気のまま続いて欲しいです。
    うちのそばの密かにお気に入りだったもつ焼きの「味の大黒」もひっそりと閉店してしまいました・・・残念です。

  2. こんにちわー。五反野・梅島辺りはなかなかですよー。
    五反野にはもう一軒、昼間から飲める店が有るんですけど、今の所大事にとっといて有ります;-)。

  3. はじめまして.五反野出身です.とても懐かしい店がでていたので思わずコメントしています.一松のおばさんが昔屋台で営業していたとき(小学生)から食べていました.小遣いもってレバとシロを一本ずつ.煮込みもうまいです.
    珍来などなつかしい店もでていてとても楽しく読ませていただいています.今後も楽しみに読ませていただきます.

  4. takaさん。初めまして。そうでしたか。五反野出身ですかぁ。個人的には五反野の三軒の珍来は既に制覇しているのですが、最近足が向いているのは幸楽です;-)。
    今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください