新宿。ささもと。

新宿。思い出横町。ウゴウゴルーガでは「恋で横町」ってなっていたけどねー。その中の名店。支店だか本店は銀座にあるんだけど。「ささもと」。

通称、しょん横。けど、トイレはキレーだよーって・・。そんなことはどーでも良くて、この「ささもと」、店には看板が有りません。埼玉屋パートワンとパートツーの間に挟まれた店です。JR新宿駅、さくらや側から入ると上に店名一覧があるのでそこで確認すると良いでしょう。

でもって入り口には味噌な鍋がぐつぐつと煮立っていて、でーーんっ。と構えています。

CA340002_ssmt1.JPG

でもって、もつ焼きも有るんだけど、この店は串に打ってあるもつ煮。これが目当てで行くのであります。このブログも過去に三ノ輪橋「弁慶」・北千住「藤や」・町屋「小林」と攻めていますが、今回が四店目であります。

って・・。都内に、串に打ったもつ煮を出してくれる店って後何件あるんだろ・・?

しかし、この店、銀座にも店があるだけあってひじょーに高いです。串一本190yen。焼いても煮ても同じ値段。今回はふあとなんだか忘れてしまったけど(^^;;、二本頼みました。

CA340001_ssmt2.JPG

しかし、串に打ってある煮込みが食べられる店は都内でも残り少ないので、取材だと思って行ったのであります。味もまぁ、いけます。上がりに串に打ったキャベツの煮たのを食べたのですが、こーいうのが、お客様を引きつけるんだろうな。高いのに満員、外にも行列が出来ているのでした。すごいなぁ。

お酒の話もしましょう。写真は焼酎なんだけど、「宇ち多゛」みたいに冷えてない焼酎をどばどばっとグラスに注いで、ほんの一滴だけ梅シロップが垂れたやつが出てきます。ここでは金宮焼酎なんだけど、常温の焼酎をぐびりと頂くのでした。

CA340003_ssmt3.JPG

この店は長居しては行けません。焼酎は二杯まで。ぱっと呑んでぱっと帰る。で、次の人に席を譲る。それがこの店のシステムです。

けど、正直に言うと、多分この店はもう行くことは無いと思います。今回は本当に取材のために行ったようなものだなぁ。串打ち煮込みの名店なので一回位は足を運ばないとねぇ・・。

最近のしょん横も随分と高い気がするしねぇ・・。やはり僕には「弁慶」の雰囲気のほうが好きかもしんない。

5 件のコメントがあります。 “新宿。ささもと。

  1. いつも楽しく拝見しています。
    わたしも、「弁慶」には行ったことがあります。「弁慶」は1串40円ほどだったように記憶しています。しかもおいしくて、すいてて、ひとりで飲みやすい感じの店でした。
    もつ煮串は、あと3店あるんですね。いつかきっと行ってみたいと思います。

  2. こんにちは。
    そーですね。串煮込みは弁慶が一番安いですねー。弁慶に一番最初に行ってしまったら、他の店に行ったときにすんごーーい躊躇してしまいます。
    今回だってまさしくそーなんですけど・・。「あぁ。弁慶だったら六本食べられるよ。」みたいな(^^;;。
    とある本によると、串煮込みを出してくれる店は都内では五店舗ほど確認されているそうです。後一店舗あるんですけど、店が狭くて、一見さんにはしきいが高いみたいなのでちょっと躊躇しております・・。

  3. ご存知かもしれませんが、串に刺したモツ煮といえば門前仲町の大阪屋はどうでしょうか。あそこは、森下の山利喜の煮込みに似たデミグラソースっぽい煮込みなんですけど美味しいと思います。卵を殻ごと鍋に入れて作ってくれる卵スープもうまいです。

  4. こんにちわー。
    都内には五店舗ほど、串打ち煮込みが食べられる店があるのは知っているのですが、msakaiさん がおっしゃるとおり、僕の行ってない最後の一店が門前仲町の大阪屋です。
    ここ、簡単に入れるんですかねぇ?店が狭くて、一見さんお断りで、ぱっと入って飲んでぱっと出てこなければいけない。と言う噂を耳にしたのですが・・。
    まぁ、それにしても門仲には他に良い店がたくさんあるのでそれはそれで良いとは思うのですけどねぇ。

  5. 確かに私も最初は行ったことある人に連れて行ってもらいました。ほとんど真ん中に鍋があって(というかカウンターに食い込んでる)、その前に5~6人くらいしか座れません。後ろにもあと2・3人座れますが、最初はちょっと緊張するお店かもしれませんね。でもぜひトライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください