東十条。みとめ。

大衆酒場「斎藤」を後にして近所を調査した後、十条銀座商店街を通って東十条駅を目指すことにします。商店街はちょうど時間的に閉店フェーズに移行している段階で閉まっている店や、閉店の特売セールをしているお店などがまざっております。

あ。考えてみると、若い頃僕は三ヶ月位この街に住んでいたんだった。懐かしいなぁ。と、言う感じで商店街を終わりまで歩いて、東十条駅の北口を目指します。途中信号がありセブンイレブンのその向こうに何やら怪しげなお店があるみたいです。青いヒサシを見ると「大衆酒場」と書いてあるようです。

二軒目はこのお店にしましょう。「みとめ」。

なんか、ハンコみたいな名前ですねぇ(^^;;。早速中に入ります。

CA340007_10jmtm1.jpg

扉を開けて中に入ると「コの字」のカウンターがあるのですが、そこはかとなく混んでいるみたいです。右側の列に空いている席があったのでそこに座ります。しかし、入り口とか店内はそこはかとなく中華料理屋さんに見えるのは僕だけでしょうか;-)。

一軒目でビールは飲んだので今回はホッピーから行くことにしましょう。でもってメニューを選びます。壁にかかれていた「スタミナ」と言うのは何なのかお店の人に聞いたら、お肉と野菜の炒めたやつらしいので、それを注文します。

いやはや。出てきたのを見て驚きました(@_o)。

CA340008_1-jmtm2.jpg

中華皿に山盛りのスタミナ炒め。って感じで、思いっきりその存在感に圧倒されます。食べるとこりまた美味しい味なのですが、食べ進んでいくともっと驚きます。いったい何種類の食材が入っているのだっ!!と、言うことで早速調査してみました。

キャベツ・豚肉・ししとう・ニラ・もやし・ゴウヤ・キクラゲ・エノキ・カイワレ・ピーマン・エンドウ・しめじ・ニンニク・椎茸

ざっとこれだけの食材が目視により確認できました。長崎チャンポンリンガーハットも顔負けの数です。思う存分に色々な野菜を堪能するのでありました;-)。

それにしても、これは到底ホッピー一杯だけで許されるモノではありませんねぇ(右京さんのマネ;-)。中身をお変わりし更にもう一本頂くのであります。

CA340011_10jmtm3.jpg

それにしても珍しいものがありました。栃尾揚げ。僕も久しぶりに食べます。周りをサクと焼いてくれるのですが、このお店のはこんな感じ。僕が良く食べていたのは上にネギとショウガとカツオ節が載っている感じだったのだけど、ここのは中にネギが入っていて、めんつゆみたいなので頂くのでありました。

そー言えば、栃尾揚げは中に色々挟んで食べる食べ方もあったよなー。など思い出すのでありました。

もうだめ。お腹いっぱい。でもってほろ酔い気分だぁ。と言う感じでこのお店を後にするのでありますが、中々(僕的には)すばらしい(めずらしい?)モノが食べられた感じだったのでありました;-)。

さてとー。これから東十条の駅の向こう側に行くかいなー。とか思っても、もう既に良い気分だしお腹も一杯だし、駅の向こうにあるもつ焼き屋さんにはたどり着けないよー。ってな感じで北口から京浜東北な電車に乗って帰投するのでありました。

この辺りはあと2,3回は来なければなるまい;-)。

GPSポイント
Latitude: 35.764631º N
Longitude: 139.724765º E
Map: 35.764631,139.724765

2 件のコメントがあります。 “東十条。みとめ。

  1. まぼさん。おはようございます。
    おぉ。情報、ありがとうございます。「B級的」と言うのが怪しさを醸し出していますね(^^;;。是非参考にさせて頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください