神田。カミヤ。

神田なのです。仕事帰りのおとっつあんの街。新橋にも負けず劣らずの街なのです;-)。

神田にあの「カミヤ」があると知ったのは随分前だったのですがようやっと行く機会が訪れました。

JR神田駅北口を皇居側に出て、大手町方面に進みパチンコ屋の角を曲がり約31mほど進んだ左に入る細い路地の中程に赤提灯が揺れております。

CA340002_knd_kmy1.JPG

縄のれんに腕を通し、早速店内に入ってみることにしましょう。店内はこぎれいな雰囲気です。「L字型」のカウンターがあり、角の所に備長炭の焼きコーナーがあります。

まずは瓶ビールを頼みます。おぉ。この店は上野のカミヤと違い、クラシックラガーの大瓶ではないかっ!!これは良いぞー。って感じにさせてくれます;-)。

まずは焼き鳥を注文しますが、ここの店は「10本縛り」がありません。メニューには「二種類を二本づつ注文してください。」と書いてあります。「おぉー。この店は四本縛りかぁ。」などと嬉しいような悲しいような気分にさせてくれます(^^;;。まずは四本注文。帰り際にも二本を注文していますけど;-)。

焼くのが出来上がる前に何か食べたいので、煮込みなどを・・。と思いメニューを見たら「串打ち二本250yen」とかあるので「おぉ。串打ちだぁ。」と感動して注文。しかーーしっ!!。出て来たのがこんな感じ。

CA340003_knd_kmy2.JPG

鍋の中では確かに串に打ってあるんだけど、皿に盛るときに串を外してくれます。でもってそれだけでは何なんで、とか行って、上からドドドと更にモツを追加してくれるのです。んー。嬉しい誤算だ。しかし、串に打つ必要あるんかな?(^^;;。

ビールが終わりつつあるのでホッピーに切り替えます。ここのカミヤにはホッピーがあります。でもって焼酎が異様に濃い。これもまた嬉しいのであります。が、そんなこんなしている間にイヨイヨ焼き上がったようです。僕のもつ焼きが;-)。

CA340004_knd_kmy3.JPG

いやはや。多くを語るのはヤボです。美味いです。この後更に追加で鳥肉を頼んだのですが、これが絶妙の焼き加減なのです。

話は変わりますがメニューの裏面にこの店の説明が書かれていました。写真に取って来たので読める大きさでここに置いておきますね。この店は上野店からのれん分けだそうです。が、僕的には、既に上野を超えているような気がします。

それにしても「カミヤ」は新橋の店が一番だと思っていたけど、いやいやどうして。強力なライバル出現ですよー;-)。

残るは茅場町と五反田だぁ;-)。

2 件のコメントがあります。 “神田。カミヤ。

  1. このカミヤ神田店のメニュー裏の「理念」という文章には感動いたしました。
    良い意味でとても「普通な文章」です。素直にそのまま読みとって、
    このお店にまた来たいと思わせる文章ですね。
    カミヤといっても、やはり場所によって本当に違うようですね。

  2. 居酒屋探偵DAITENさん。こんばんは。
    実は帰るときに「上野店より美味いですね。」って言ったら、マスターが師匠を立てたんでしょうね。随分とご謙遜していました。
    後二店舗ありますが、ここが僕の中では今までで一番っぽいです。美味かったです。肉も良いものを使っているし、ニンニクホイル焼きに(国産)って書いてある店、初めて見ました;-)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください