東向島。酒呑童子。

今日は東向島と言う駅で降ります。この駅、どこにあるかと言えば、東武伊勢崎線の曳舟の次の駅なのです。快速電車の止まらない駅なのです。「東向島駅」。その駅でぶらり途中下車の旅なのです。

駅の改札を出て線路の右側を次の駅方面に向かって歩きます。約120mほど歩くと、おぉっ!!。それなりな雰囲気のお店が見えてきました。今日はここに入ってみましょう。「酒呑童子」。

秋田料理を出してくれる感じのお店ですが、きっちり下町風な雰囲気も醸し出しているし、他にこの手のお店が無い街でもあるので、今風な作りも醸し出している。いやはや。不思議な雰囲気のお店です。

CA340012_sindhj1.JPG

今回は一人なのでカウンターに座ります。それにしても店内はかぁなり広いです。入り口を入って右側は奥まで続くデーブル席。正面がカウンターで、左側が大きなテーブル席。って感じです。

まずは瓶ビールを注文。中瓶が出てきました。僕自身、なんか久しぶりに飲む中瓶ですが、まあ、あまり気にしないことにしましょう;-)。

料理のメニューは壁に書かれていたり、本日のおすすめ料理があったりしますが、基本的に290yenだったり390yenだったりするので安い感じがします。

まずは手始めに本日のおすすめに書いてあったカツオのたたきを行ってみましょう。

CA340009_sindhj3.JPG

これはちょっと高めでしたが、土佐造りなので、タマネギ・ミョウガ・にんにくなどが入っていてポン酢で食べるのですが中々ぐーです。カツオ好きにはたまらない感じです;-)。

これとほぼ同じタイミングで「レバかつ・290yen」と言うのも行ってみましょう。

CA340010_sindhj2.JPG

まーっ!!出てきたのを見て驚きました(@_o)。とんかつみたいに大きいしっ!!。でもってコロモは細かいパン粉を使っているので竜田揚げみたいな感じでしょうか。食べ応えが十分にあります。

食べ始めて、ちょっと味が薄い感じがするのでソースをかけたいのですが、テーブルの上には無いのでカウンターの向こうの若いにぃちゃん(つまり店員さんのことですね;-)に声をかけたのでありました。

このにぃちゃん最初、中濃ソースを持っていたのですが、ハタと気づいたんでしょうね。ウスターソースを器に入れて僕に出してくれました。僕的にはどっちでも良かったのですが、「おぉ。このにぃちゃん中々やるなっ。」とか思ってしまったのでありました;-)。考えてみればレバかつにはウスターソースだもんねぇ;-)。

ちょっと嬉しい気分になったのでありました。

飲み物は、ジョッキでハイボールなどを飲んだりしたのですが、これも下町のハイボールが出て来るし。なんだかんだ言って押さえるところはそこはかとなく押さえている、ちょっと不思議なお店なのです。

それにしても食べ物が290yenでいろいろ食べられるのですが、レバかつの量が多かったのでもうこれ以上は食べられそうにありません。それがちょっと心残りだったのでありました。

また行く必要があるかもしれないんだけど、普段は降りない駅なのでねぇ・・。

3 件のコメントがあります。 “東向島。酒呑童子。

  1. 東向島っていうと、旧「玉乃井」ですな!
    青線地帯の時代の、梅割り焼酎の話が滝田ゆうの漫画によく出てきて、そのたびに旨そうで、よく「梅の香」で、梅割りを作って飲んだモンです。
    さすがに足をのばすのもナンなので、いづみやでも行こうかな!
    しかし、このレバかつは旨そうだ!

  2. ぼさのばさん。こんにちは。
    名前を付けて公開しておきました;-)。
    業平橋も行かねばならん。と思っています。あの辺り、風の噂では昔は楽しいところだったと聞いておりますので;-)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です