久喜。奥会津。

今日は温泉に行ってきました。埼玉県の久喜の先にある東鷲宮駅の近所にある「百観音温泉」です。温泉に行った詳細はこちらに書いているので読んでください。駅から徒歩五分で行ける距離にあるので中々良いですよ;-)。

で、温泉の帰り道、お昼におそばを食べてきました。JR東北本線や東武伊勢崎線の久喜駅よりも東北自動車道久喜インターのほうが近いような気もしますが。「奥会津」。

このおそば屋さん、大食いの人には有名なんですかね?行ったこと無いけど野田にある「やよい食堂」は大盛りラバーの皆さんの”聖地”だと聞いたことがあるのですが、ここのおそばも大爆発なのでありましたf(^^;;。

まずは例によってお店の外観から。

IMG_1375_okaiz_1.jpg

お昼時はずいぶんと混むらしいので温泉に入った後、大体10:45頃にお店に行って15分位外で待とうか。などと思っていたのですが、10:45頃にお店に着いた時にはもう店内に人が入っていました。僕らはすんなりとテーブル席に座れてメニューを眺めて注文できたのであります。

僕が頼んだのは盛りそば大盛り。フツー盛りは525yenで大盛りだと210yen増し。注文時に店員さんに「今日は大盛り頼んだ人、もういますか?」と聞いたら「中盛りはいるんだけどねぇ。大盛り頼んだ人はまだいないわよ。」とのこと。ふむー・・。しばし悩みますが、ここはいっちょ勝負に出るか。って感じ注文したのでありました。ちなみに自称ホッピー友の会会長はかき揚げ丼とうどんのセットを注文しておりました。

で、しばし待ったり、他の人のに出されるものを眺めているのですが、「う゛っ。あれが中盛りか?(–;;。」ワキの下にイヤな汗が流れ出します・・。果たして僕は大盛りは食べられるのであろうか・・。

など悩んでいたら、うひ・・。僕の注文したのが登場です・・。orz。

IMG_1369_okaiz_2.jpg

横に比較のためにiPhone3Gを置いておきました。もう食べる前から既におなかいっぱいになりそう・・。で、食べ始めるのでありました・・。

自称ホッピー友の会会長が注文したものも出てきたようです。フルスペックのかき揚げ丼(つまりミニサイズではないと言うことですね)と半うどんとサラダのセットみたいです。かき揚げはどんぶりから大いにはみ出しております。orz。

IMG_1371_okaiz_3.jpg

僕はこのかき揚げの隅っこをもらいつつ食べそばを進むのですが、結局半分しか食べられず、顔は青くなっていくのでありました。「あぁあ。大盛り頼んだのに残すのかぁ。ダサ。もしくはもったいない・・。」とか、頭をよぎるわけです。orz

ところが。様子はこの後急展開となって行きます。半うどんを全部食べてかき揚げ丼を残り半分な状態となった自称ホッピー友の会会長が「手伝ってやろうか?」などと言いつつ、僕のそばの山から大量のそばを持って行くではありませんかっ!!しかも三回もっ!!

会長は自分のをすべて平らげた後、これだけでは足りなかったのでしょうね。最後、ざるの上に二口分位を残して、下半分は全部会長が食べてしまいました。恐れ入谷の鬼子母神。普段は極悪非道な自称ホッピー友の会会長もこの時ばかりは天使に見えたのでありました;-)。

とわ言いつつ、この人、僕より食べてるよ(@_o)。また、食べ終わって店を出た後、まだもうちょっと食べられたな。などと寝言まで申しているのでありましたX-(。

ちゅーこって、僕はもう年なんでしょうなぁ。とても食べられないと悟ったのでありました。この記事を書いている最中、実はもうそばの写真も見たくないや状態だったのでありました・・。

自称大食いな方は是非チャレンジしてみてください;-)。

GPSポイント
Latitude: 36.055830º N
Longitude: 139.665112º E
Map: 36.055830,139.665112

7 件のコメントがあります。 “久喜。奥会津。

  1. 私は北埼玉郡のとある町で生まれたんで、
    鷲宮町も久喜市も地元のようなもんです。
    「らきすた」の神社には行かなかったのですか?
    板橋区にある下記の温泉のお湯は、
    百観音温泉のお湯に似てます。
    http://www.sayanoyudokoro.co.jp/

  2. ハヤタ隊員さん。こんばんは。
    ごめんなさいー。「らきすた」ってコメントを頂いてからgoogleで検索しましたf(^^;;。私はテレビはあまり見ないので・・(^^;;;;。
    #飲み屋ではニュースなどは見るのですけど・・。
    それにしても自分の「庭」的な感じなのでしょうかね。今回はある程度の近場に行った。みたいな感じですが、大盛りのそばには玉砕でしたー・・(^^;;。

  3. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。 » 久喜。奥会津。(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です