亀戸。亀戸餃子。

今日は会社を休んで東陽町に来ました。東京に住んでいる人であれば”東陽町”に何があるかご存知な人も多いはず。そーですね。運転免許試験場があるところです。でもってわざわざ東陽町まで行く人というのは、そうですね。過去に違反したことがあって、新しい免許証の色はブルーの人。と、いうことになるんですねX-(。

と、いうことで、今日は朝早くから行ったのですが、講習は二時間もあるので新しい免許証を受け取って帰投するのは大体14:00を回った辺りでしょうかねぇ。
当初は東陽町の駅のある東京メトロ東西線沿線で遊んでから帰ろうかとも思ったのですが、時間が中途半端すぎるのでバスで亀戸に向かうことにしました。

バスに揺られ、JR総武線の亀戸駅近くのバス停で下りたのは時間にして大体14:30くらいでしょうか。そのあと亀戸駅界隈をあちこち散策したのですが、お昼ごはんを食べてないのでお腹が空きました。そして、今日は暑いっ!!
ってんで、駅前のマックの脇の細い道(亀戸に来るとこの道は必ず通る;-)を進み、そこに餃子屋さんがあったので入ることにしました。「亀戸餃子」。

IMG_1806_kmed_kmidgz_1

僕は過去に二回ほど亀戸に来ているのですが、このお店に入るのは今回が初めてです。入った時間が中途半端だったからなのか、カウンターの席が空いていたので奥のほうにに着席し、瓶ビールと餃子を注文しました。
このお店、メニューにあるのは餃子と飲み物のみ。と、いう潔い店ですね;-)。

着席し、あっという間に瓶ビールが出てきました。そして、コプリと一口飲んだ瞬間に餃子も出てきました。すごい早さですね;-)。

小皿の上には辛子が載っていましたが、目の前に醤油・酢・ラードがあったのでそれらを投入し、餃子のタレを作り早速一個頂きます。

IMG_1805_kmed_kmidgz_2

ふむ。美味いですねぇ。餃子の皮は随分と薄いですね。そして具が一杯に詰まっています。見るとネギが入っているようですし、食感として時々硬いがあるので軟骨も入っているんでしょうね。
お昼ご飯を食べていないのでビールと一緒にどんどんと食べ進むのであります。

あ。餃子は二皿、計10個を default で食べるシステムのようです。奥の窓のところにはビール一本と餃子何皿でいくらか? という、計算表が貼ってあったりしました。確かに餃子とビールは合うものなぁ;-)。

 
僕は瓶ビール一本と餃子二皿だけで帰ろうかと思ったんだけど、餃子をもう一皿追加、そして、瓶ビールがもう残りわずかだったので老酒を一杯頂きました。
老酒は常温で日本酒の冷酒を飲む感じのグラスに出てきます。一杯150yen。餃子をつまみに一杯やるにはちょうど良い量ですね。

餃子はそんなに大きくはないのですが具が詰まっていて食べ応えが有りました。そして、今日は随分と暑かったので瓶ビールが嬉しいっ!! って気分でした;-)。
お昼ご飯としてはちょうど良い感じですね。

 
お店の入り口の扉は開いていたのですが、お店の奥のほうはクーラーが効いていて涼しい店内で餃子を頂いたのでありました。

亀戸の名物一つゲットか? ;-)。

 
GPSポイント
Latitude: 35.698548º N
Longitude: 139.826228º E
Map: 35.698548,139.826228

1 件のコメントがあります。 “亀戸。亀戸餃子。

  1. ピンバッグ: もつ焼きオリジナル。 » 亀戸。くら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です