ピザ・パイの歌。

新年明けましておめでとうございます。

今年もコツコツと書いていきたいと思います。
今年もこのブログを宜しくお願いします。

と、言うことで、新年、2010年の一回目は何にしようかなぁ。と、思ったのですが、まだ飲み屋さんはやっていないのでネタがありません。

今年はrakutenでカニを購入したのですが、ネタ的にはあまりおもろくないのでパス。で、どうしようかなぁ。と思っていたのですが、今まで暖めていたネタで行きましょう;-)。

僕が小学生の頃、確か、五年生だったかなぁ。国語の教科書に「ピザ・パイの歌」 と言うのが載っていて、それが好きで好きで40回以上読んでいました。僕の当時の先生は「読んだ後、回数を書きなさい。”正”って字で。」と言っていたので印をつけていたので良く覚えています。

でもって、他のページの授業でも、勉強が面白くないと、すぐにこの物語を読んでいたんですね。

で、ひょんなことから突然思い出して、色々調べたのですが、どうやら地元の図書館にあるみたいです。

早速借りてきました。表紙はこんな感じです;-)。(写真が小さいサイズで済みません)

CA340002_pzpinut1.JPG

物語は、だいたい以下のような感じでしょうか。

まつじいさんとおばあさんは都市近郊で昔から農家を営んでいたのですが、近隣が都会化して農地を売って大金持ちになったのだけど農作業をしなくなったまつじいさんが毎日ぼんやりしているので、それを見たおばあさんが「これではまつじいさんがダメになってしまう。」と感じ、街にお出かけします。そのときにピザを食べるのですが、おじいさんはその味にとりつかれ毎日一人でピザを食べに行くようになってしまう(「ピザ廃人」とでも言うのか?;-)のだけど、いよいよ自分で作ってみたくなって丁稚奉公としてお店に入り、夜中にこっそり作って、いつしかお店の人よりも美味しいものを作って幸せな気分。うふっ。

写真を撮ったのだけど、これって著作権とか考える必要あるかな?

CA340004_pizpinut2.JPG

そもそも、「ピザ・パイの歌」と言うタイトルも忘れていて、「教科書に載っていたピザの話」で調べ始めたら「バーデンバーデン」のところでコメントを頂いた。と言う感じです。

図書館から借りてきた本は全部で4,5話の物語が載っていたのですが、結局真剣に読んだのはこのお話だけ。と言う雰囲気だったのですが、ちょっと残念だったのが教科書に載っていた挿絵と今回借りてきた本の挿絵が違う点でしょうか。

僕が覚えている教科書に載っていた挿絵は、わらぶき屋根の家が高層ビルに囲まれているってのを覚えているのですが・・。

あぁ。どうしよう・・。話が収束に向かわないや(^^;;。

と、言うことで、昔懐かしい物語を読んで僕もピザを作ってみたくなってしまったのでありました。(強引に収束に向かわせています;-)

と、言うことでこんな風に全然食べ物に結びつかない話も出てくるかもしれませんが、今年も宜しくお願いします;-)。

2 件のコメントがあります。 “ピザ・パイの歌。

  1. いつも楽しく読ませていただいています。
    酒好きで『もつ焼き』にもとても興味があり、いつも「美味しそうだな~」と思って拝見していました。
    昨年東京に出張があり念願の『もつ焼き』を堪能できました。最高でした。
    僕の住んでる地域も去年のB-1グランプリで3位になった「ホルモンうどん」が盛んなんですよ。
    これからも美味しそうな記事楽しみにしています。

  2. ミキタさん こんにちは。
    ご愛読頂きありがとうございます。今後もご期待にそえるように頑張ります。
    って、随分優等生なコメントですが、ただのノンベおやじです。今後とも宜しくお願いします。
    さて。「ホルモンうどん」ですか。どこの街のだろう?と思って探したら岡山県津山ですか。
    で、津山ってどこにあるのだろう?と思って今度は google Map で調べてしまいましたf(^^;;。
    中国地方の真ん中辺りなのですねぇ。行ったことの無い地域です。
    最近は「B級グルメ」が流行っているみたいですねぇ。僕はこの言葉嫌いなんですが。だって食べる人からしたら全然B級なんかじゃないしっ!!って思ってしまうんです(^^;;。
    それにしても東京(と言うか関東)にしか「もつ焼き」って無いんですかね。あぁ。けど、福岡にもありますねぇ。
    と、言うことで今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です